ここから本文です
さくらの花びらの「日本人よ、誇りを持とう」
保守の会会長 松山昭彦のブログ

書庫全体表示



人気ブログランキングに参加しています。 
まずはここをポチッとお願いします。 イメージ 2



イメージ 1

--------------------------
年金というのは、生きるリスクに対してかける保険
65歳から全員に年金給付していたら、実は消費税を30%にしてもダメなんですよ。これはもう明らかなこと。でも年金給付年齢を引き上げるとか、消費税増税を言い出すと、「弱者切り捨てだ」と世論がパニックになってしまって。
 
そもそも日本人は、社会保障に対して誤解をもっています。自分が90歳まで生きると思ったら、90歳まで生きる分のお金を自分で貯めておかないとダメなんですよ。保険は不測の事態に備えるものなんですから。今の日本の問題は、年を取ったら国が支えてくれると思い込んでいることです。そんなことあり得ないんですよ
 
保険料にしても税金にしても、誰かがどこかで払っているお金。天から降ってくることはないんです。極論ではなく、常識的な話だと思うんですが、日本は常識を言うとバッシングされたりするんですよね。
(みんなの介護 第13回 賢人論)
---------------------------
 
「自分が90歳まで生きると思ったら、90歳まで生きる分のお金を自分で貯めておかないとダメ」

「年を取ったら国が支えてくれる、そんなことあり得ないんです」

 
こういうことは民間議員として政府に携わっている竹中氏が言う言葉ではないのではないか。しかも払えなくなってから言うのはあまりにも無責任極まりないのではないか。
 
そう言う竹中は今まで散々日本国民をダシにして儲けているからお金は貯まっているのだろう。

しかし竹中が主導した構造改革によって格差を助長された人達はそうはいかないのではないか。その辺、もう少し自覚すべきではないか。
 
今や年金破綻は国民の常識です。世代間扶養の日本の年金制度は成り立たず、自分の老後は自分でやらねばならないというのが若い人の意識です。
 
しかし年金というのは始まって以来、人口統計でどうなっていくかは計算できるものです。にもかかわらず年金が払えないというのは別の理由があるのではないか。
 
竹中は、かつて日本開発銀行に勤めて財政投融資に関わっていましたが(実際はアメリカなどに行っており、ほとんど在籍していなかったのですが)、かつてこの財政投融資というのは郵便貯金簡易保険公的年金を大蔵省の理財局資金運用部に預託して政府系金融機関や道路公団への投資と国債・地方債として活用されて、この国民から集めた資金が地方経済に還流して地方も潤っていた、日本はよい社会だったのです。
 
それを壊して地方を疲弊させたのは郵政民営化を推し進めた竹中氏ではないか。
 
何のために推し進めたか?
 
日本の300兆もの郵政資金で米国債を買い支えるためではないか。
対外債務国に転落した米国が国債の安定購入先として目を付けたのが郵貯であり、その手先になって日本を切り売りした実働工作員が竹中平蔵ではないか。
 
郵便貯金は財政投融資の原資です。これで公共投資をして地方経済を支えていたのに、民営化という名で米国債を買うというのは、実質米国に郵貯マネーを差し上げるということではないか。
 
”差し上げる”と言うのは、米国債は決して売ることが出来ないからです。これを売ると言うと中川昭一さんのようにやられてしまうのです。
 
特に竹中は小泉内閣の不良債権処理の問題で、柳澤伯夫金融担当大臣が「不良債権問題は銀行に公的資金投入しなければならないほど深刻ではない」と言っているにもかかわらず、竹中経済財政担当大臣は金融担当でもないのに公的資金の投入を言って柳澤大臣と対立し、結果、柳澤大臣を更迭させて、自分が金融担当大臣と経済財政担当大臣を兼務して、日本の大手銀行を「竹中プラン」でウォール街の投資銀行などを日本に呼び込んで儲けさせたのではないか。
 
しかも竹中によって無理やり破綻させられた「りそな銀行」の監査法人の若い平田というやり手の人が自殺する事件まで起こしましたが、これは竹中の責任ではないか。
 
国賊ともいえる竹中が安倍政権の産業競争力会議の民間議員として、パソナ会長として、自分の儲けとアメリカのために日本を“ダシ”にしていることを、日本国民はよく覚えておくべきでしょう。

・・・・・・
人気ブログランキングに参加しています。 
とんでもない奴だ、と思った方はここをポチッとお願いします。
イメージ 2

この記事に

  • 顔アイコン

    竹中平蔵は同和、朝鮮人です。
    国賊と読んでもおかしくない男ですが国賊というとどうしても日本人、同胞のイメージが働き同じ日本人が。。。と、云うことになってしまいます。

    だからはっきりしましょう朝鮮人だから日本を売り、日本人を苦しめることに生き甲斐を感じ得意となっているんですよ。

    小泉も『同じ穴の貉』朝鮮人は同胞で周りを固めます。当然です。

    本質を見極める目を養いましょう。4〜5年前なら資料は見つかりましたが今は片っ端から消しているでしょう。

    日本国民が『日本人に成りすました朝鮮人に騙されているんだ日本の税金を食いつぶすシロアリだ』という事実を知ることができたならこいつらの居場所はなくなり『通名』も禁止にできます。

    静かに日本人同士に知らせましょう。朝鮮人に気が付かれないよように。 削除

    [ 通名 ]

    2016/5/6(金) 午後 3:20

    返信する
  • 顔アイコン

    ポアするしかないですね、この国賊は。

    [ 大日本臣民 ]

    2016/5/6(金) 午後 10:36

    返信する
  • 顔アイコン

    不健全な競争を促す「新自由主義」、確かに有害である。

    「競争」とは本来、技術を互いに高め合う為の「競争」であり、他人を蹴落としてでも「自分だけが勝てばいい」という意味での「競争」ではない。

    「新自由主義」の元での「競争」は、大勝ちする者がいる一方で、全くと言って良い程競争に「勝てない」者が出てきた。競争に敗れたものの生活は下手すれば破綻状態に近い。

    そうなると、競争に敗れ続ける者は食うに困る為、不正な手段を用いてでも競争に勝とうとする。そうなるとそういった分野は倫理精神が低下し、ブラック産業へと成り替わる。

    [ MMM ]

    2016/5/7(土) 午前 0:04

    返信する
  • 顔アイコン

    最近では「努力すれば、それなりに成功する」というわけでもなくなってきた。むしろ、そこまで大きな努力をしなくても不正な手段を用いた方が「儲かる」者の方が多い。これは、余りに非情ではないか。

    三菱自動車等が「不正」で非難されているが、「不正」がいけないのはその通りだと思うが、一方で、産業分野も近年は成長が停滞気味で、利潤追求の為に不健全な競争を強いられ、こういった新自由主義の悪しき側面が浮き出てきているのではないか。

    竹中等の新自由主義推進者達が、こういった不健全な競争を促して、日本の産業構造を破壊していった一方で、「タックスヘイブン」だとか、「パソナ」利権だとかで私腹を肥やし続ける。

    一般人からすれば、無理な生活を強いられ、産業を破壊しつくす新自由主義者には、怒りを通り越して、●してやりたい気分になる。

    その上、「年を取ったら国が支えてくれる、そんなことあり得ないんです」だと?

    お前が言うな。

    [ MMM ]

    2016/5/7(土) 午前 0:04

    返信する
  • 顔アイコン

    野党議員は、こういうところを突いたらどうなんだ?
    日本国民にとって、こういう問題は大きいんだよ。

    できないとしたら、同じ穴のムジナか無能なんだろなと認識しておきます。 削除

    [ 窮余迷彩 ]

    2016/5/7(土) 午前 2:40

    返信する
  • おはようございます

    ちゃぶ台をひっくり返す」とはこの事ですね

    年金は100年安心だったはずです、それが90でダメです。

    100年というのはウソだったということ、、政治家だけは100年安心だつたのでしょう。

    桃太郎

    2016/5/7(土) 午前 7:29

    返信する
  • 転載しました。

    [ ひさ ]

    2016/5/7(土) 午前 10:13

    返信する
  • 顔アイコン

    在日にはナマポを降らせてやっているじゃないですか!

    ODA は、在日祖国=中韓以外にも世界中に金をくれてやっているじゃないですか!

    日本人の血税は日本人以外には空から降ってくるようにくれてやり、日本人には渡さない。こんな馬鹿な話は日本が世界中の献金先諸国の植民地か属国みたいです。此奴だけは排除すべし!

    [ トンビ母 ]

    2016/5/7(土) 午後 10:18

    返信する
  • 顔アイコン

    やはり此奴は帰化人系でしょう。
    中韓人 DNA を洗い出し公表するのが先決でしょう。
    他にもイッパイ蔓延っているはずです。
    在日・反日リストは消されても消されても又載せるべし!

    [ トンビ母 ]

    2016/5/7(土) 午後 10:22

    返信する
  • おい、竹中!おまえが非常識。

    [ a ]

    2016/5/8(日) 午後 8:44

    返信する
  • 顔アイコン

    うーん
    この部分しか読んでないけど、竹中さんの言うとおりなんじゃないの?
    年金は長く生きるリスクに対しての保険って、当たり前やし。
    それが怪しければ、個人で何らかの対策をすべきと思います。 削除

    [ a ]

    2016/5/9(月) 午前 3:39

    返信する
  • > aさん
    いや、だからね、強制なのが
    おかしいのよ。
    怪しい年金に加入するか、個人で対策するか、ならわかるけど。

    [ mayu ]

    2016/6/13(月) 午前 10:58

    返信する
  • 年金運用失敗したのが原因なのに、
    何故消費税30%にしないとダメなの?

    [ mayu ]

    2016/6/13(月) 午前 11:02

    返信する
  • 顔アイコン

    そうおっしゃるのでしたら、毎月払っている年金を自分の老後の為に貯金させて下さい。もう年金は止めましょう。 削除

    [ さやけかり ]

    2016/8/19(金) 午後 9:16

    返信する
  • 米国の意志により中韓と対立させられ、米国債を買わされて通貨価値を毀損させられ、株は売り仕掛けられる日本。
    そういうことをなぜマスゴミ批判しない?
    そろそろ我慢の限界。

    [ lon*se*s*nrevu* ]

    2016/8/19(金) 午後 10:49

    返信する
  • えっ?これ、どう考えても竹中平蔵氏の言ってること、正しいですよね?
    色々政府側に問題があって、それに対して物申す!っていうのはわかるんだけど、じゃあ、批判したら国からお金が出てくるか?って。問題を指摘して糾弾するのと、問題にどう向き合うべきか、問題をどう解決すべきかっていうのがごっちゃになってない?飛躍して嫌韓論にまで発展してるおバカさんまでいるし、どうにも論理が破綻してるんだあよなぁ・・・。

    > lon*se*s*nrevu*さん
    米国債買われて困るのは、アメリカなんだけどなー・・・。
    ドルの価値を下げて輸出を伸ばしたくて金融政策を打ち出してるのに、米国債を買うために大量のドルを買われちゃう。で、そのせいでドルが上がっちゃうんだけど、国債買ってくれるから文句が言いづらい。
    米国債は信頼性と流動性の高い投資なので、日本はむしろ米国債が欲しいんですよ。困ったら、どっかに売っぱらっちゃえばいいし。

    なんか我慢の限界みたいですが、ちょっと調べて冷静に考えたら、ストレスもだいぶ減ると思いますよ。

    [ めりぃけん ・ω・ ]

    2016/8/21(日) 午前 6:43

    返信する
  • 顔アイコン

    > めりぃけん ・ω・さん
    お前の言っていることは訳が分からない。年金問題をどうするか?それは、簡単なことです。政府が赤字を増やしてでも、社会保障にお金をかければいいだけです。

    [ さき ]

    2016/9/20(火) 午後 0:27

    返信する
  • 顔アイコン

    政治家が私腹を肥やしても、構わない、、、ただ、それなりの働きを見せて頂きたい。
    税金上げるのもかまわんよ、その代わり、病院、医療費、福祉、高速道路、市営交通手段、タダとか、なんでもいいよ税金を有意義に使います。なんらかの形を見せて頂けるなら、、、

    お金、血税を吸い上げるだけのやり方、禁止でお願いしたい、、、

    世が世なら、一揆ですよ!! 削除

    [ 一揆 ]

    2016/9/21(水) 午前 11:57

    返信する
  • 顔アイコン

    そんなこと言ってよ、自分だけ金儲けしたいだけなんだろ?竹中のウンコ糞野郎 削除

    [ かなかなかな ]

    2016/9/21(水) 午後 10:35

    返信する
  • 顔アイコン

    ウンコ竹中。てめーが先にあの世へ行きなよ 削除

    [ さんやまなか ]

    2016/9/21(水) 午後 10:40

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事