ここから本文です
さくらの花びらの「日本人よ、誇りを持とう」
保守の会会長 松山昭彦のブログ

書庫全体表示


人気ブログランキングに参加しています。 
まずはここをポチッとお願いします。 イメージ 2



イメージ 1
被害者ぶっていますが、所詮、日本に忠誠のない外国人。政治活動はできないはず・・・

--------------------------------
デモ中止 法に守られた自由
在日コリアン3世、崔江以子さんは変わらず発信を続けていた。いつにも増して思い定めてマイクを握ったのは5月16日、東京弁護士会が開いたシンポジウムでのことだった。
 

「私は、私たち家族は、私たちの地域は、朝鮮人が一人残らず出て行くまで、じわじわと真綿で首を絞めてやる、死ね、殺せと言われている。きのうもきょうも明日も怖い。子どもを守れるか怖い。安全な場所で研究をし、安全な場所で正義だけを言う人たちはこの法案は不十分だからなくてもよいと考えるのか」

 
参加者十数人を千人規模の市民が取り囲み、デモは10メートルほど進んだところで主催者が続行断念し中止となった。そのことをもって言論の自由の弾圧ではないか、といった声が上がる。
 
そうした言説は、私には「差別の邪魔をするな」「日本人の表現の自由は絶対で、それを守るために、在日コリアンは死ね殺せと言われることに甘んじていろ」と言っているようにしか聞こえない。
 
出自を隠す。思うままを生きられない。

表現の自由の以前に守られるべき人間としての尊厳を踏みにじるのがヘイトスピーチの本質だった。(2016.6.15 神奈川新聞)

--------------------------------
 

在日の崔某は最近よく取り上げられて名前も顔も知られてきた“活動家”です。普通の人はテレビにも出ないし、たとえ出たとしても顔は露出せずに名前も伏せます。

 
まして大勢の前でマイクを持って涙が出ない泣き声で訴えている顔はドン引きだ。
イメージ 2
 
「きのうもきょうも明日も怖い。子どもを守れるか怖い」。
外国人なのだから怖くて嫌ならば自分の国に帰ればいい。他の国で同じことを言えば間違いなく「帰ればいい」と言われます。

出自を隠す?
朝鮮人は悪いことばかりしているという自覚があるからでしょう。
 
日本は差別国家で酷い国だと言うならば”法律”までつくらせて居座ることはないのです。
 
ただ、ここでおかしなことがあります。
「外国人には政治活動の自由はあるのか?」ということです。
 
今回の一連の在日の運動・活動は日本の政治的意思決定に影響を及ぼす事態となり、ヘイト法までつくられました。
 
外国人の政治活動の自由については「マクリーン事件」の最高裁判決があります。そこには外国人が日本の政治的判断に影響を及ぼすような政治活動は禁止されており在留許可も取り消されています。
 
ヘイト法を成立させた政治家やマスコミは、この最高裁判決を無視していますが、どうなのか。
 
元はと言えば在日特権など他の外国人と違う扱いをしてきた日本の政治が悪いのです。そのことに政治家が反省もなく在日に寄り添っているから対立を生んでしまうのです。
 
昭和40年に日韓が国交回復すると、在日の扱いを決めた「日韓法的地位協定」を締結しました。この時、どうしても朝鮮に帰りたくないと言う朝鮮人の帰国を猶予してやり、永住許可された者の直系卑属として日本で出生した在日の日本居住を協定発効25年までとしました。
 
つまり1991年に在日の永住資格はなくなっていたのですから、そのままお引き取り願えばよかったのです。

しかし民団や公明党や民主党などが騒ぎ出し、宮沢喜一総理と河野洋平官房長官の売国コンビによって在日の法的地位及び待遇に関して日韓覚書が結ばれて「特別永住者」が生まれてしまいました。
 
野党は言うに及ばず、自民党は特別永住者という不要なものを生み出し、それはおかしいことだと気付いた日本人が「廃止すべきだ」と言うと、この政治の不始末を日本人にモノが言えないように”法”で抑えるという「悪政」をやってのけたのです。

政治の不始末を日本人に押し付けるな、ということです。

・・・・・・
人気ブログランキングに参加しています。 
在日(外国人)の政治活動はおかしい、と思った方はここをポチッとお願いします。
イメージ 2 

  • 転載させて下さい。

    あまり政治に興味がなかった学生時代の先輩が、さくらの花びら様の記事が面白い、と言ってくれています!

    [ タンポポ党代表 ]

    2016/6/18(土) 午前 9:55

    返信する
  • 憲法では自国民を優先するのはやむを得ないとしているのに、他国民を優遇するとは愚かです。

    ナイス!

    [ MTK ]

    2016/6/18(土) 午前 10:04

    返信する
  • 顔アイコン

    この朝鮮女の発言は意味不明ですね。完全に妄想の世界に浸っているとしか言いようがないと思いますね。

    朝鮮半島には「泣き女」と呼ばれる職業がありますが、別に職業でなくとも、多くの朝鮮女が「泣き」を武器にしている事が多いというのは事実だろうと思います。

    泣き叫ぼうが何だろうが、嘘は嘘、特権は特権であり、事実は覆しようがありません。

    いい加減、在日に対して、甘っちょろい対応をしたり、特権の事実の隠蔽のために、ふざけた法律の制定などやめるべきだろうと思いますね。

    [ MMM ]

    2016/6/18(土) 午前 10:21

    返信する
  • なんで、こんなに甘いのかな?(笑)

    やつらに恐怖を与える政治やってくれないかな。。

    たま

    2016/6/18(土) 午前 10:50

    返信する
  • 顔アイコン

    オナガ・ユージ新風会は、保守系でなく、きむちサヨク系ですよね。

    [ ttuErika ]

    2016/6/18(土) 午前 11:33

    返信する
  • 顔アイコン

    .1.

    【補充版3】ヘイト抑止法=「帰化未帰化在日韓国人(加害者)」から「米国人、ドイツ人、ロシア人など(被害者)」を守る法律
    =====

    平成28年5月24日(火)に衆議院本会議で可決された=国会で成立したヘイト抑止法は、

    ●ヘイト抑止法において、【加害者】を「日本人なりすまし帰化未帰化在日韓国人」および「日本人なりすまし帰化未帰化在日韓国人マスコミ各社」とし、【被害者】を「(米国軍基地を含む)米国人」、「(ドイツ、オーストリア、スイス、リーヒテンシュタイン、ノルウェー、フィンランド、エストニア、ラトヴィアなどの出身の)ドイツ人」、「ロシア人」などとすれば、第一次資料(事実)に基づき、ぴったりと当てはまります。

    ●それに、ヘイト抑止法案作成に直接または間接に関わった自民党、公明党、偽民進党などの各議員の様々な発言から、ヘイト抑止法は、〃沙訴訟法を始めとする現行諸法律の欠缺を補充し、◆峙化未帰化在日韓国人(加害者)」を一斉に摘発、検挙および国外追放する法律である、ということが理解できます。←neu

    [ ttuErika ]

    2016/6/18(土) 午前 11:34

    返信する
  • 顔アイコン

    .2.

    [1] ヘイト抑止法は、「帰化未帰化在日韓国人(加害者)」のための法律ではありません。

    [2] 「日本人なりすまし帰化未帰化在日韓国人」および「日本人なりすまし帰化未帰化在日韓国人マスコミ各社」による韓国式捏造に基づく韓国式ヘイトから、国内適法居住の(米国軍基地を含む)米国人、(ドイツ、オーストリア、スイス、リーヒテンシュタイン、ノルウェー、フィンランド、エストニア、ラトヴィアなどの出身の)ドイツ人、ロシア人などを人権救済する法律であり、

    [3] 国内適法居住者の(米国軍基地を含む)米国人、(ドイツ、オーストリア、スイス、リーヒテンシュタイン、ノルウェー、フィンランド、エストニア、ラトヴィアなどの出身の)ドイツ人、ロシア人などを韓国式捏造に基づき韓国式ヘイトする「日本人なりすまし帰化未帰化在日韓国人」および「日本人なりすまし帰化未帰化在日韓国人マスコミ各社」は、ヘイト抑止法の「日本以外の国の出身者で適法に居住するもの」に全く該当しなくなり=国内違法居住者になり、 「(日本国籍を放棄して)日本国から出て行って韓国へ帰還してね!」と言われることになります。

    [ ttuErika ]

    2016/6/18(土) 午前 11:35

    返信する
  • 顔アイコン

    .3.

    [4] あたしたち(保守)と政治的立場が全く正反対の福島瑞穂女史を始め社民党全員(サヨク)も、「対日工作する帰化未帰化在日韓国人を始め帰化未帰化在日韓国人全員は、ヘイト抑止法の『国内適法居住者』で全くないため、ヘイト抑止法の保護対象でなく、ヘイト抑止法の規制対象である」と理解して、ヘイト抑止法に絶対反対すると同時に、有田ヨシフ(偽民主党)、香山リカ(通名:中塚尚子、渋谷区や世田谷区での呼ばれ名:香山ニカ)こと金 梨花(立教大学現代心理学部映像身体学科教授)を韓国式裏切者として激しく批判しています。

    [5] 罰則を付けることは言論弾圧かつ日本国憲法違反になるため、罰則を付けることはできません。

    [6] ヘイトとは、韓国式捏造に基づき韓国式デタラメ誹謗中傷し追放することです。大まかに言えば、ヘイトとは、韓国式捏造に基づき韓国式デタラメ誹謗中傷することです。

    [7] 第一次資料(事実)に基づき真実を述べることは、ヘイトに全く該当しません。

    [ ttuErika ]

    2016/6/18(土) 午前 11:36

    返信する
  • 顔アイコン

    .4.

    [8] ヘイトを抑止する方法は、第一次資料(事実)に基づき真実を述べることです。それゆえ、第一次資料(事実)に基づく真実を韓国式捏造に基づき韓国式デタラメ誹謗中傷することは、ヘイトに該当し、韓国式言論弾圧かつ韓国式共産主義になります。

    [ ttuErika ]

    2016/6/18(土) 午前 11:36

    返信する
  • 顔アイコン

    *****

    立教大学、関西学院大学、同志社大学なども、帰化未帰化在日韓国人の対日工作拠点です。

    日本国民の一人一人が、公安調査庁長官へしっかりと具体的に通報しましょう!

    *****

    [ ttuErika ]

    2016/6/18(土) 午後 1:03

    返信する
  • 顔アイコン

    転載させて頂きました

    7月9日以降、帰化していない半島人は
    入国管理局に通報すればよいのです。

    [ sec***** ]

    2016/6/18(土) 午後 1:41

    返信する
  • 顔アイコン

    >野党は言うに及ばず、自民党は特別永住者という不要なものを生み出し,・・・・・・。

    おしゃる通りです。
    売国行為は、国会議員に何かメリットがあるかも!?

    [ man*ek*55 ]

    2016/6/18(土) 午後 4:50

    返信する
  • 顔アイコン

    >man*ek*55 さん
    >>野党は言うに及ばず、自民党は特別永住者という不要なものを生み出し、…。

    >おしゃる通りです。
    売国行為は、国会議員に何かメリットがあるかも!?

    貴方の仰る通りです。
    皆、「朝鮮マネー」に犯られているのです。
    帰化人政党である「野党」は言うに及ばず、「自民党」までもが昔から「朝鮮カルト」である「統一教会」や「創価公明」とズブズブの蜜月の仲なのですから。 削除

    [ 歴史の真実 ]

    2016/6/18(土) 午後 7:24

    返信する
  • 怖いなら、本当に、自国へ帰ればいいのに。
    帰る=もっと怖い・・のかな?

    [ hidekyo ]

    2016/6/18(土) 午後 7:48

    返信する
  • 顔アイコン

    寄生・・・日本ほど便利な居心地の良い国はかの人民には無いのでしょうね!

    [ 知床桜 ]

    2016/6/18(土) 午後 7:55

    返信する
  • 顔アイコン

    こういう捻くれた根性だから本国にさえ嫌われるのです。

    ナイス、ランクリです。

    [ nadarechan1113 ]

    2016/6/18(土) 午後 7:57

    返信する
  • 顔アイコン

    特別永住者が出来たいきさつはそういう事だったんですね。それにしても韓国人ってどんどん主張してきますね。李氏朝鮮時代からの伝統でしょうか?
    転載させて下さい。

    [ 暢気な家主 ]

    2016/6/18(土) 午後 9:09

    返信する
  • こんばんは!
    凸&転載させていただきました<(_ _)>

    れい

    2016/6/19(日) 午前 0:38

    返信する
  • アバター

    おかしいですね。
    ナイス・クリックです。転載させて下さい。

    [ 初詣は靖国神社 ]

    2016/6/19(日) 午前 6:53

    返信する
  • 顔アイコン

    生きる権利だと?日本で特権をむさぼり日本人以上に優遇されている連中がその事実を言われたらヘイトスピーチと騒ぐ。それをマスゴミが擁護する。人権という言葉ほど薄汚い手あかがついた言葉に思えてきた。

    [ miy*y* ]

    2016/6/19(日) 午前 9:45

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(1)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事