ここから本文です
さくらの花びらの「日本人よ、誇りを持とう」
保守の会会長 松山昭彦のブログ

書庫全体表示


気ブログランキングに参加しています。 
まずはここをポチッとお願いします イメージ 2


イメージ 1


憂国の士で、保守の会顧問でもありました三宅博先生(前衆議院議員)が、424日にご逝去されました。
 
謹んで哀悼の意を表しますとともに、本日は三宅先生を偲んで記事を書かせて頂きますことを、どうかお許し下さい。
 
三宅先生と言えば、やはり国会の委員会で、NHKの偏向報道、腐敗、受信料、高額給与などを徹底追求して、最後には「NHKは解体するしかない!」と切れ味鋭いあの「三宅節」が印象に強くあります。
 
しかし、実際にお会いすると、特に保守派には非常にやさしく接して下さり、あの反日左翼に対する闘争心丸出しの三宅先生とは違うものです。
 
私が初めて三宅先生にお会いしたのは、田母神俊雄先生と西村慎吾先生のある集まりであった。
 
その時、保守の会が日頃ご指導を賜っている元満洲特務機関の門脇朝秀先生(現103歳)を尊敬していた三宅先生と、門脇先生のお話で親しくさせて頂き、以来、保守の会の講演会や保守の会の会報『保守』へのご執筆を頂きました。

イメージ 2
 
昨年の参院選挙には急遽、維新の会から出馬されましたが、その第一声はNHKの前だった。三宅先生らしい選挙戦スタートだった。また拉致問題にも長く取り組まれてきた三宅先生は朝鮮総連の前でも拉致について演説をされていた。
 
この選挙期間中に三宅先生に連絡をしたら非常に喜んでいたことを思い出す。
 
最後に連絡したのは今年の331日。世を騒がせていた「森友問題」で三宅先生が沈黙していた中、はじめて「森友問題」について自身のブログに書いた時だった。私はあの一文を読んで、すぐに電話した。
 
その時、三宅先生は声がほとんど出ない中、いろんなことを訴えてくれました。私は「三宅先生、体調が悪そうなので、後日またご連絡します」と言っても、話し続けていました。
 
しかし体調の悪い三宅先生は布団に寝ながらも私に延々と話し続けた。まるで別人のような三宅先生の声だった。ほとんど聞き取れないような声でしたが、必死で聞いた。
 
三宅先生は「あの森友の文は、松山さんに書いたものです」と言った。驚いた。

森友をブログで書き続けていた私に、三宅先生は何か言いたかったのだと感じた。私にとって、あの文は三宅先生の貴重な遺言となってしまった。・・・
 
三宅先生はNHKや拉致問題の他、日教組とも戦ってこられた国士である。
 
三宅先生いわく「議員で文教である教育に関わろうとする人間は非常に少ない。文教はみんなが避ける分野です。なぜならば闇が深く、闘うには相当なエネルギーや嫌がらせがあるし、お金や票にもならないからです。誰もやりたがらないが日本にとって大切な教育問題。だから私はその分野で闘うのです」
 
この言葉に日本の教育がよくならない原因、三宅先生の政治姿勢がよく表れている。
 
今の日本の問題は、日本のために身を捨てて闘う国士が国会議員になれないことではないか。

私は今の日本の、そこに警鐘を鳴らしたい。
 
三宅先生は、実は昨年、大腸がんを患い、次々と転移したらしく、入退院を繰り返していたという。そのことは絶対に誰にも言うな、ということだったらしい。私もそのことを知ったのは今日である。三宅先生らしい・・・
 
自分の身体がどんどん蝕まれていく中の昨年の急遽の参院選出馬だった。これが三宅先生の最後の選挙となってしまった。
 
結果は落選だったが、選挙後、少し間をおいて、三宅先生は次のような一文を書かれた。三宅先生が訴えたいことがここに凝縮されているので、最後にそれを一部掲載させて頂き、三宅先生へのお別れとしたい。・・・
 

三宅博と国民による救国の闘いのご案内
今回の参議院選挙におきましてご支援を頂きました全国各地の皆様、本当にありがとうございました。私自身の力不足により議席を獲得することはできませんでしたが、その残念さ以上に国家の命運を前面に掲げて闘い抜いたというさわやかな達成感を感じております。
 
選挙の余韻も静まり国政の状況を眺めるに、果たして今のような国会の現状でこれから迎えるであろう大きな国難を克服できるであろうか大きな危惧を感ずる
 
特に参議院全国区では芸能人やその他の知名度のある候補者か、大きな組織力や財力を背景にした者以外は当選が困難になってきたと思わざるを得ない
 
結果的に今の衆参両院を眺めても、大きな財力を持つパチンコ屋の家族や労働組合に支援された組織内候補及び宗教団体から選出された国会議員など、非常に限定された背景を持つ国会議員が大半を占めるようになってしまったのではなかろうか。

こういった議員諸侯は、自分を議会に送り出してくれる原動力となった企業や組合及び団体の意向を護り、またこれを最優先しなくてはならない立場に身を置いている。
 
しかしながらこれから日本が直面する国難は歴史上もかつてないような姿で押し寄せ、我が国が危機的状況に突入していかざるを得ないのだ
 
果たして今の国会議員諸侯に、身命を賭して闘う覚悟有りや否やと問い糾したい

過去の安定期の政治と全く姿を異にする、文字通り命がけの闘いをする政治家を祖国日本は今求めているのである

それができなければ、歴史上の一時期繁栄しながらもローマの攻撃によって紀元前150年前に滅亡した地中海の商業国家カルタゴと同じ運命を日本も辿ることになる。
 
これは誇大妄想的被害者意識で国民の方々を脅しているのではないのだ。もうすでに残された時間はあまりにも少ない。日本は直ちに覚醒し国家としての生き残りを図らなくてはならない。そして国会に於いては日本の存続を最優先とする議論と政策が実行されねばならない。
 
私は皆様に語り掛けたい。
もし日本を従前同様にこれからも存続させると共に、この平和と美しさと豊かさを護りたいと願うのであれば、私三宅博と救国の闘いを共に戦おうではありませんか。
 
その為に三宅博を皆さんのお力でご支援頂きたいと心からお願いしたいと存じます。

私は身命を賭してこの戦いに一身を投じます。どうか皆様、三宅博と一緒に日本を護ろうではありませんか。 (三宅博)

イメージ 3

・・・・・・
人気ブログランキングに参加しています。 
三宅先生、日本のためにありがとうございました、と思った方はここをポチッとお願いします
                       イメージ 2 


この記事に

  • 顔アイコン

    ショックです、信頼、尊敬出来る稀有の政治家でした。

    必ず御霊になって日本を護って下さる、
    残された我々も頑張らなくては・・
    謹んでご冥福をお祈り申し上げます。 削除

    [ 普通の人 ]

    2017/4/25(火) 午前 7:18

    返信する
  • 顔アイコン

    リアルタイムでお電話でお聞きしていたので複雑な思いです。
    桜の季節を終えたら吉野の宮司さんにお会いして、三宅先生のご容体を聞きに行こうと思ってました。
    会ってお話をお聞きしたかった・・・

    心よりご冥福をお祈り申し上げます。

    転載させて頂きます。

    ナイス&クリクリ

    鉄人軍団

    2017/4/25(火) 午前 7:28

    返信する
  • ご冥福をお祈り致します。
    仰るように、国家、国民のために必死に尽くそうとする議員が少ない。

    ナイス!

    [ MTK212 ]

    2017/4/25(火) 午前 7:49

    返信する
  • ご冥福を心よりお祈り申し上げます。

    合掌★

    so-kei♪

    2017/4/25(火) 午前 8:38

    返信する
  • 顔アイコン

    三宅先生の明快な語り口が忘れられません。根っからの愛国者で、これからの活躍を期待していたのに本当に残念です。先生の愛国心を引き継いでいきます。ご冥福を心よりお祈りします。

    [ miy*y* ]

    2017/4/25(火) 午前 10:34

    返信する
  • 顔アイコン

    先日の渡辺昇一先生に続き、大変貴重な方の訃報に胸が痛みます。

    片や、団塊世代を中心に、さっさとくたばるべき反日サヨクどもがまだまだ我が物顔で醜く蠢いています。これらの駆逐が、先生方への最大の供養かと存じます。 削除

    [ 反日サヨク撲滅 ]

    2017/4/25(火) 午前 10:45

    返信する
  • 顔アイコン

    謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

    森友の文 初めて拝読し、鋭い指摘に深く同感致しました。先生のような政治家が活躍されていたら、日本はもっと真っ当な国になっていたと残念でなりません。

    三宅先生 ありがとうございました。 削除

    [ nogiku ]

    2017/4/25(火) 午前 11:07

    返信する
  • 顔アイコン

    桜の花びら様、三宅博前衆議院議員の人となり、詳細に書いて下さり有難うございました。

    三宅氏の様な国士が国会議員になれない今の日本のおかしな仕組み。愛する国の未来を憂い志半ばで旅立たれた政治家三宅氏の胸中を思い、胸迫りました。

    数少ない正義感あふれる勇気ある政治家として心から支持応援しておりました。

    本当に、余りにも惜しい惜しいお人でした。
    謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

    [ hanamizuki ]

    2017/4/25(火) 午前 11:09

    返信する
  • 顔アイコン

    気迫あふれる言行一致のご活躍、三宅烈士のご冥福をお祈りいたします。我々も頑張ります。天国で見守ってください。 削除

    [ ohgachaman ]

    2017/4/25(火) 午前 11:20

    返信する
  • ご冥福をお祈り申し上げます。

    散位 アナリスト杢兵衛

    2017/4/25(火) 午後 0:32

    返信する
  • 顔アイコン

    国のために一命を投げうる政治家
    だがその政治家を選ぶ国民の目がどうなんでしょう

    曇った眼で選んでも国士と呼べる議員を選ばない・・・・
    民主主義が正しいのか疑問です・・・

    [ 道後 ]

    2017/4/25(火) 午後 1:59

    返信する
  • 顔アイコン

    惜しい方を失くしました。これからの日本になくてはならない方でした。そんなにお身体が悪かったとは存じあげませんでした。ご冥福をお祈り申しあげます。

    [ xyb*p9*9 ]

    2017/4/25(火) 午後 3:05

    返信する
  • 顔アイコン

    三宅さん逝去の報に目を疑いました。
    大変残念です。
    心からご冥福をお祈りします。

    [ tom*t*1600 ]

    2017/4/25(火) 午後 3:55

    返信する
  • ご冥福をお祈りいたします。

    桃太郎

    2017/4/25(火) 午後 6:05

    返信する
  • 顔アイコン

    ご冥福をお祈り申し上げます。

    意志はつながれてますよ!ご安心を!!

    たま

    2017/4/25(火) 午後 6:49

    返信する
  • 顔アイコン

    ***** 「三宅 博[皇紀2609年(昭和25年)4月7日(金)生まれ、前衆議院議員]先生が皇紀2676年(平成29年)4月24日(月)にご逝去されました報に接し、謹んで哀悼の意を表します。」 *****

    [ ttuErika ]

    2017/4/25(火) 午後 7:51

    返信する
  • 顔アイコン

    国憂う気高い方は平和ボケの衆愚に倒されてしまう・・・
    三宅先生が仰る通り、第二のカルタゴが今の日本の姿、いやそれより悪いかもしれません。
    先生の御意志を継いでいきたいです。
    ご冥福をお祈りいたします。

    [ nadarechan1113 ]

    2017/4/25(火) 午後 8:29

    返信する
  • 顔アイコン

    「渡る世間は反日だらけ」のこの日本で、代議士間でもタブー視されている諸問題についても鋭く切り込んで、孤軍奮闘されている三宅博先生のお姿は立派でした。
    渡部昇一先生に続き、三宅博先生までもが未だ67歳の若さにして亡くなられたことは、日本にとって大きな損失であり本当に残念でなりません。

    敬愛する三宅博先生のご冥福を心からお祈り申し上げます。 削除

    [ 歴史の真実 ]

    2017/4/26(水) 午前 3:40

    返信する
  • 顔アイコン

    三宅博先生は全力で日本を守って来られました
    長い間本当にご苦労様でした。
    先生が残してくれたものは日本人なら誰もが忘れません

    先生がまいた種はやがて芽を出し豊かに実るでしょう

    先生のような熱い心を持った若者達が
    大勢育つと信じています
    どうぞ安らかにお休みください

    [ god*ew*t*yac*bu ]

    2017/5/1(月) 午前 8:13

    返信する
  • 顔アイコン

    三宅博先生は全力で日本を守って来られました
    長い間本当にご苦労様でした。
    先生が残してくれたものは日本人なら誰もが忘れません

    先生がまいた種はやがて芽を出し豊かに実るでしょう

    先生のような熱い心を持った若者達が
    大勢育つと信じています
    どうぞ安らかにお休みください

    [ god*ew*t*yac*bu ]

    2017/5/1(月) 午前 8:14

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(1)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事