ここから本文です
さくらの花びらの「日本人よ、誇りを持とう」
保守の会会長 松山昭彦のブログ

書庫全体表示


気ブログランキングに参加しています。 
まずはここをポチッとお願いします。 イメージ 2


イメージ 1


今上陛下が「日本人が忘れてはいけない4つの日」と仰せられた一つが「815日」である。
 
「栄光の死は屈辱の生にまさる」
 
オランダ戦犯に問われた海軍中将の醍醐忠重侯爵の罪状は、ポンテアナクで現地人を逮捕して拷問、殺害を部下に命じたというものであった。
 
ポンテアナクの抗日事件は華僑が武装蜂起して守備隊を全滅させようとしたのが発覚して首謀者が処刑された事件であった。
 
この事件の責任は醍醐にないとする部下から裁判でその旨を主張するように言われた醍醐は「自分という最小の犠牲でこの事件が解決することを念じている」と答えた。この結果、逮捕者は出なかった。
 
醍醐は処刑の前に、オランダ刑務所長から「言い残すことはないか」と聞かれ「日本は絶対に正しかったとは言わないが、今回の戦争は多分に日本にとっては米国から追い詰められ仕掛けられた戦争であった。私はいずれ後世の歴史家が日本のやむを得ざる立場を明らかにしてくれることを信ずる」と言い、国歌「君が代」を歌い、「天皇陛下万歳」三唱して処刑された。
・・・
 
日本人として考えたい。英霊は時代の犠牲者ではない。そして慰霊は決して哀れむことではない。「後を頼むぞ」と託された我々日本人が、日本人として英霊に続くことを誓うことである。國體を中心としたこの縦のつながりこそ「民族の紐帯」である。

本日は心安らかに、「國の鎮め」(陸軍)、「水漬く屍」(海軍)を拝聴したい。







・・・・・
人気ブログランキングに参加しています。 
後は任せて下さい、と思った方はここをポチッとお願いします。
                    イメージ 2 

  • 顔アイコン

    安心して任せて下さいと言える日本に戻さなければ成りません。

    合掌。

    ナイス&クリクリ

    鉄人軍団

    2017/8/15(火) 午前 8:33

  • 顔アイコン

    「罰せられるべきは戦勝国にあり」

    国家間条約違反、民間人無差別大量虐殺、
    捕虜への非人道的行為、
    仕組まれた結果ありきの誘導裁判
    自身の犯した数々の罪に目を背け続け
    全ての罪を敗戦国になすりつけている

    神の目に映る彼らの姿は偽善者そのものです

    地球は丸い、果たしてその意味は
    地球のどの地点からでも
    投げられたどんなボールも
    やがてあなたの元に戻ってくる

    これが全てのものへ課せられた天の定めです

    滅びゆく暗黒世界で日本は「光」です
    日本は悪に屈する事がなく「希望の光」として
    サタンと戦い 獣と戦い、
    勝利を世界にもたらせなければなりません。

    それが神の国日本の使命です

    [ god*ew*t*yac*bu ]

    2017/8/15(火) 午前 8:43

  • 英霊の方々が、今の日本をどう思われるでしょう。
    安心できる日本に戻さなければなりません。

    ナイス!

    [ naruchan6612 ]

    2017/8/15(火) 午前 10:19

  • こんな時代錯誤の話をしても仕方ないですよ。
    過去の全否定から始まり現在の日本があるんですから。
    まるで過去が尊かったような考えのようですが、もし過去の考えが正しかったなら国は滅んでいません。片や現在の日本は押すに押されぬ発展した一流国です。
    恐らくブログに出てきた人も生きながらえていたなら多分考えが変わっていると思いますよ。

    [ ssm**i ]

    2017/8/15(火) 午前 10:23

  • 顔アイコン

    先ず汚れた魂の排除が必要ですね

    世界平和は日本人しかできないかもしれません。

    [ laf*elc*n*o ]

    2017/8/15(火) 午前 10:29

  • 顔アイコン

    過去の全否定なんて日本はしたことがないし、今でも国は亡ばず存在してるし

    [ aka***** ]

    2017/8/15(火) 午後 4:24

  • 顔アイコン

    無駄にしか生きれないクズ連中」が、特攻隊の事を
    「美化するな、彼らは犠牲者だ、無駄死にだ❗️」と言ってる事こそ笑えるわ!

    特攻隊の”負の部分だけ”を懸命に探し、でっち上げ、
    「何とか特攻隊の価値を下げよう」と企んでいるけれど、

    特攻隊員らの『遺書』や『手記』には
    『人の心を打つ真実性』があり、
    読めば読むほど否定のしようがない❗️
    中には「命令」に近いものもあったかもしれないけど、
    それでも特攻隊員は不足しなかったし、
    『自ら志願する者がはるかに多かった』からね。

    特攻隊が命を懸けて守り抜きたかったものは、
    『国の独立維持と伝統を守り抜く力』だと思います。
    その為に、みな命を懸けて戦ったのですから。

    [ tsu***** ]

    2017/8/15(火) 午後 5:25

  • 顔アイコン

    ↑続き…。

    もし日本こそが『人種差別主義や植民地主義の犠牲者だ』
    という真実が伝われば、
    中国人や朝鮮人は【アジアの裏切り者】であり、
    アメリカは【単なる虐殺者】とバレるからです。

    だからこそ、特攻隊や日本の大東亜戦争を【侵略】や
    【無謀】などと、メディアを使って、執拗に毎年毎年、
    ”貶めまくる”んだと思います。

    ⭐️『人知れず 海の藻屑と消ゆるとも 国の為には おしまざりけり』
    ⭐️『かくすれば 国難突破できるなら いかでや軽き 我が命かな』

    彼らの『この深い愛国精神』に、
    イチャモンつけれる奴らこそ、気が狂っているのでは?

    [ tsu***** ]

    2017/8/15(火) 午後 5:26

  • 顔アイコン

    戦後ますます日本は自虐の道を歩んでいる気がしますが、ネットの普及で少しずつ状況は変わりつつあります。それにしても左翼連中は見事なまでにネガティブだ

    [ 知床桜 ]

    2017/8/16(水) 午前 8:29

  • >特攻隊員らの『遺書』や『手記』には
    『人の心を打つ真実性』があり

    遺書や手記には検閲があり本心など書けない仕組みになっていたのを知ってますか?
    そこである隊員が本心を書いた遺書を枕の中に入れて戦後発見された。
    そこには人の命をなんとも考えない上層部や自分達を爆弾等の機械の一部としか考えていないことなど激しい非難で綴られています。
    また特攻などしたくないと号泣する隊員も割といたそうです。
    しかし美談化する人達にとってはあってはならない事実だから当然無視している。

    戦争最後の方では他がやってるからウチもといったような感覚で命令が下っていている。
    その挙げ句重爆や練習機で突っ込めと言い出す始末。
    酷いのになると部下に特攻を命じ自分は危険な前線から妾を伴い特別機で日本に帰還したのまでいるのだ。
    しかしこんな輩が軍法会議にすらかけられていない。こんな軍で勝てるわけがないだろう。
    命令を出した方は多くが戦後を生き延び天寿を全うしている。中には特攻を美談化した書物を出すのもいた。
    そういうものを読んでこれが真実などと思ってはどうしようもない。

    [ 世直し ]

    2017/8/16(水) 午後 3:53

  • 続き

    勿論、隊員には辞世の句のように考えていた人もいただろう。デタラメの極地と思い憤慨していた人もいただろう。また俳優の故西村晃のように仕方ないと考えていた人もいたろう。

    生きていれば国にもっと貢献できただろう爆弾代わりにされた若い命。突入直前のハチマキ巻いたパイロット見て戦後もトラウマに悩まされた米兵。命令出しておいて戦後も生き延び恩給貰い天寿を全うした人。
    こうして爆弾代わりに人を使えたのも旧憲法の賜物だ。統帥権は天皇にあり上官の命令は陛下の命令とされ、爆弾代わりの起用も陛下の命令ということになる。
    だから命令出したほうは何の後ろめたさもなく恩給を貰い戦後も生きながらえ天寿を全うしたことに何ら疑問などないのだ。
    こういう実態をよく知りもっと思慮を巡らせてほしいものだ。

    [ 世直し ]

    2017/8/16(水) 午後 3:53

  • 顔アイコン

    勝者は正義かもしれないが、それ以上に悪そのもの。
    敗者の罪も背負わねばならない。

    [ IB ]

    2017/8/16(水) 午後 6:16

  • 顔アイコン

    >世直しさん
    存じておりますよ。卑怯で狡猾な奴等もいたことを。
    「悪い奴ほど 生き延びる」って事かなとも思いますが、
    しかし、やはり特攻隊は「無駄死にではなかった」と思っています。

    なぜなら、敵軍の元帥達も「神風特攻隊の偉業を讃えています」
    ↓■RLウェアマイスター海軍中尉
    「神風は米艦隊の撃滅には成功しなかったが、多大の損害を与えた。
    在来の戦法ではとてもこんな成果を上げられなかったであろう。
    日本の飛行機に関する数字が正しいものならば、
    日本が失った飛行機の12%で、
    米損傷艦艇の約77%、
    米海軍人員の死傷者中約80%をやっつけたことになる。

    すばらしい戦果といえよう。

    また神風の特攻があったため、
    多数の米高速空母がハリツケになったことも、
    大きな成果のひとつである。

    もしも神風攻撃がなかったら、これらの空母は、
    自由に日本本土の基地や工場を破壊することができたはずである。」

    [ tsu***** ]

    2017/8/19(土) 午前 0:02

  • 顔アイコン

    本当に大切なものを守るために、泥水すすっても生き抜く気概も必要かと思いますが。

    [ mas*si*95* ]

    2017/8/20(日) 午後 8:57

  • > tsu*****さん
    >「悪い奴ほど 生き延びる」って事かなとも思いますが

    それだけ・・・ですか?
    あなたにとっては正直言ってそんなことはどうでもよくそれより作られた美談を後世に残したり魂の昇華を讃えたりすることが何よりも大切なのでしょう。
    結局は自分の命の危険のないところで発言する他人事なんですよ。

    あなたの話を聞くと「戦争を美化するものはその場にいなかった(当事者でない)者達だ」という格言通り。
    爆弾代わりにされた本人や遺族はたまったものではないだろう。
    かつて戦地から復員してきた人が戦死した戦友の遺族を訪ねると決まって「(ウチの息子は死んだのに)あんたは生きて帰って来なさったんか?」と理不尽なことを言われ遺品などがあっても届けられないのが現実だった。
    そんな時代には特攻を美化するなんて有り得ない話。もし貴方が「息子さんは立派に国体を守ったのです」なんて言おうものなら言い終わらないうちにぶっ飛ばされていたでしょう。

    また戦後、回天の発案者の遺族が回天特攻の遺族から激しく非難されたのは有名な話です。

    [ 世直し ]

    2017/8/22(火) 午後 3:11

  • 続き

    それに神風の戦果をことさら大きくとらえているようですね。またその海軍中尉の話は特定のHP以外からは見当たりません。
    正史のひとつである戦史叢書では撃沈護衛空母3駆逐艦13上陸用舟艇などその他艦船39となってます。
    基本的に作戦行動に殆ど影響を与えない数字です。
    大中破はそこそこあっても特攻では撃沈まで至らないのです。

    何故急降下爆撃機があるか分かりますか?真珠湾でも活躍した99式や彗星などがそれに当たります。
    軍艦の装甲は厚く爆弾が落ちても跳ね変えさえるので急降下しながら投下し加速度を増して命中させてはじめて徹甲弾は甲板を突き破り内部で爆発させることができ艦に大きなダメージを与えることができるのです。
    特攻は飛行機がそのまま体当たりするだけだから殆どが甲板上で爆弾が爆発するだけで壊す程度に終わるのですよ。
    海軍もそれは認めていて効果がないことに悩んでいましたが結局敗戦まで続けてしまった。

    [ 世直し ]

    2017/8/22(火) 午後 3:12

  • 顔アイコン

    > 世直しさん

    公開された米国立公文書館の「米海軍機密文書」には、特攻隊の命中率は39%、至近弾も含めると56%、4月には61%が命中している。

    これでも全く戦果ないといえるか。

    保守の会会長 松山昭彦

    2017/8/22(火) 午後 3:59

  • さらに続き

    もし米空母がハリツケになっていたなら何故日本の上空を縦横無尽にグラマンが飛んでいたのでしょう?グラマンは艦載機です。日本近海に空母が存在してなければ飛んでくるはずのない戦闘機です。

    さらに石巻やら仙台など太平洋沿岸は艦砲射撃まで食らってます。もはやここまで来たら終わりで悠々日本の回りを航行しながら撃って来てるのです。
    何れも神風がいたから攻撃できなかったなどという中尉の発言と史実は大きく異なっています。
    それに大和を撃沈した米航空隊は僅か10機の損失で大和や矢矧や浜風その他を沈め3000人以上を戦死させた。
    その中尉の言う特攻の戦果よりパーセンテージで遥かに高い。

    その中尉は恐らく外交辞令で讃えるようなことを言ったのでしょう。
    事実関係を知っていれば直ぐにおかしいと気づく話です。

    [ 世直し ]

    2017/8/22(火) 午後 8:12

  • > さくらの花びらさん

    その資料は米側のもので何%とは出ていますがその分母の根拠が分からない。
    つまり飛来した特攻機の数をどうやって調べたのか?編隊組んで来るわけはないので数えるとしても多く数えてしまう可能性があります。

    資料というのは付き合わせなくてはなりません。
    日本側の資料で航空特攻出撃の数は3841で撃沈は55なので撃沈率0.1%。大中破は約390隻なので確率は約10パーセント前後。日本と米国の資料を突き詰めるとこういう結果になります。

    小沢郁郎氏は出撃数と米の被害数を精査しフィリピン戦期で23.5%。沖縄戦では7.9%と結論づけています。
    沖縄戦特攻隊員の証言がありますがそれによると米はとんでもない数の戦闘機を上げて待ち伏せしていてとても爆装した機が突破できる状態ではなく、その人も爆弾を海中投下し一目散に逃げ帰ったがそれでも散々撃たれ不時着するしかなかったそうです。

    ニミッツ提督は5月の段階で「自信を持って神風を撃退できるまでになった。もはや脅威ではない」と言ったらしいが上記の数値や証言を聞くと見事に一致している。もはやたどり着ける状況にすらなか

    [ 世直し ]

    2017/8/23(水) 午後 11:44

  • 顔アイコン

    不毛!
    ・司令部の将軍たちは、統計から損得勘定をするだけ
    ・戦場の兵士には、最期の瞬間まで何が起こるか分からない
    戦争というものは、この二つが理不尽に交錯する

    [ IB ]

    2017/8/24(木) 午前 4:46

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事