ここから本文です
さくらの花びらの「日本人よ、誇りを持とう」
保守の会会長 松山昭彦のブログ

書庫全体表示


気ブログランキングに参加しています。 
まずはここをポチッとお願いします。 イメージ 2


イメージ 1

------------------------
桐生悠々と防空演習 週のはじめに考える
北朝鮮が弾道ミサイル発射を繰り返し、国内では避難訓練も行われています。かつて関東上空での防空演習を嗤った桐生悠々なら何と評するでしょうか。
 
きょう九月十日は明治後期から昭和初期にかけて健筆を振るった反骨のジャーナリスト、桐生悠々の命日です。その筆鋒は軍部にも向けられます。信毎時代の三三(同八)年八月十一日付の評論「関東防空大演習を嗤(わら)う」です。
 
掲載の前々日から行われていた陸軍の防空演習は、敵機を東京上空で迎え撃つことを想定していました。悠々はすべてを撃ち落とすことはできず、攻撃を免れた敵機が爆弾を投下し、木造家屋が多い東京を「一挙に焦土たらしめるだろう」と指摘します。悠々の見立ての正しさは、その後、東京をはじめとする主要都市が焦土化した太平洋戦争の惨禍を見れば明らかです。
 
北朝鮮が繰り返すミサイル発射や核実験は、日朝平壌宣言や国連安保理決議などに違反し、アジア・太平洋地域の安全保障上、重大な脅威となる許し難い暴挙だということです。
 
今、国連を主な舞台にして、北朝鮮に自制を促すさまざまな話し合いが続いています。日本を含む関係各国が「対話と圧力」を駆使して外交努力を惜しんではなりません。軍事的な対応は憎悪が憎悪を呼び、問題の根本的な解決にならないからです。
 
戦力不保持の憲法九条改正を政治目標に掲げる安倍晋三首相の政権です。軍備増強と改憲の世論を盛り上げるために、北朝鮮の脅威をことさらあおるようなことがあっては、断じてなりません
 
国民の命と暮らしを守るのは政府の役目です。軍事的な脅威をあおるよりも、ミサイル発射や核実験をやめさせるよう外交努力を尽くすのが先決のはずです。
 
そもそもミサイルが現実の脅威なら、なぜ原発を直ちに停止し、原発ゼロに政策転換しないのでしょう。(2017.9.10 中日新聞)
------------------------
 
中日新聞は大東亜戦争の防空演習を「敵機を東京上空で迎え撃つ演習をしたが都市が焦土化した」と書く。
 
これは「今行われている住民避難訓練は無駄。迎撃ミサイルも役に立たずで都市は焦土化する」ということを言っている。今も昔も反日左翼は日本の不幸を嗤うのだ。
 
その上で、日本にはこう言う。
 
「北朝鮮は許し難い暴挙だが、だからと言って軍事的対応は憎悪が憎悪を呼び、根本的な解決にならない。軍事的な脅威を煽るよりも、ミサイル発射や核実験をやめさせるよう対話と圧力の外交努力を尽くすのが先決。ミサイルを脅威と言うなら直ちに原発ゼロにすべきだ」
 
原発を停止しても廃炉にするには相当の年数が必要である。北朝鮮のミサイル危機は今あるのであって、万が一弾道ミサイルが命中しても同じことである。つまりここで「原発ゼロ」を言うのは、北のミサイルにこじつけて反原発していこうという魂胆が見え見えなのである。
 
さて、TBSサンモニはじめ朝日や中日、東京新聞など、反日左翼が主張するのはほぼこの論調である。
 
「対話」で北朝鮮と話がつくならばとっくに拉致問題は解決している。またミサイルを迎撃するのはほぼ困難であるので、被害の確率を考えれば敵基地攻撃するのが一番危機にならない。
 
さらにより最善は日本に撃てば報復されるという「抑止力」を持つことである。同時に攻撃できる憲法を持つこと。北朝鮮も「力」を持つ国には撃てない。
 
結局、反日左翼のこういう論調はどこからきているのかと言うと、日本人の頭がいつまでも「敗戦国」のままでいるからである。
 
「戦争責任」と言えば必ず「日本の戦争責任」だけを追及する。過去の問題で批判されるのは常に日本だけであって、過去の日本の行動を非難することが”正義”であるかのように大半の日本人が思い込んでいる。
 
日本人は戦後、戦争に関して米国の責任を追及するという発想で歴史を検証したことがない。コミンテルンの存在もこれほど明らかになっているのに陰謀論だと否定する。
 
すべて日本が悪かったから、日本は二度と軍事力を保持しない。憲法も平和憲法だから変えてはいけない。今のままで幸せではないか。だから何も変える必要なんかない。
 
彼らの中には工作員か、その手先がいるのだ。70年以上も敗戦国のままで自分ばかり責めているのも異常な姿であるが、これでは“情報戦”で勝負ありだ。
 
勝てば官軍、負ければ賊軍。ならば次は勝てばいいではないか。
一度の敗戦でいつまでもウジウジする必要はない。
 
どんどん原発再稼働して、中日新聞を嗤ってやろう。
 
・・・・・
人気ブログランキングに参加しています。 
もう普通の国になろう日本、と思った方はここをポチッとお願いします。 
                    イメージ 2  

この記事に

  • > さくらの花びらさん
    >兵器も自国産の防衛産業を育成する・・皇室典範も戻す

    全く意味のない復古主義者で時代錯誤も甚だしい。70年以上前の帝国主義時代の遺物を復活させようということ自体異質だし歴史に何も学んでいない証拠だ。
    戦前のやり方が正しければ数百万の同朋は死んでないし滅亡することもなかったし今だに占領政策が続いていることもない。

    防衛産業にしても国産に固執するべきではなく性能面で優れているものは外国産のものを使うべきなのはかねてから指摘されていること。
    世界有数の軍事力を持つ自衛隊があるのに軍隊を取り戻す等とおかしなことを言う。
    現代では新たに提起された人権について加憲するところが増えているのに人権に制限のある北朝鮮や中国に近い内容の旧憲法を復活させろと言う。
    自らは現憲法の持つ人権条項の恩恵を享受していながらそれが気にいらないとは本当に不思議だ。
    教育勅語にしてもその内容を知っているのかも不明。
    反日左翼は別の意図があるとか別の意図が何を言ってるのか不明だが恐らく妄想ではないか?

    [ ssm**i ]

    2017/9/12(火) 午後 6:53

    返信する
  • 顔アイコン

    日本のみを「加害者」に見立てて固定して論じるからおかしくなるんです。この前提からが間違っています。

    大国の影響を完全にシャットアウトして受けないで済む国などは、現在でもそうそうありません。経済活動を進展させれば、必ず何らかの影響が、国境の外から、経済圏の向こうからやってくるんですよ。
    ソ連ロシアや中共の近隣国をよくみなさい。もちろん米国の裏庭だってそうですよ。

    戦前の日本の方針がどうとかではなく、これは国際社会の宿命みたいなものです。まして日本が敗戦したからと、戦前の日本の在り方を完全否定するのは、視野狭窄の近視眼的な見方です。 削除

    [ ]

    2017/9/12(火) 午後 7:18

    返信する
  • 顔アイコン

    先の大戦が欧米露列強の圧迫に対する日本の自衛だったことは自明です。彼らは支配するためにやってきた。その危機をアジアに呼びかけても、それだけのちからが無かった。

    局面の判断ミスは、戦勝国にも敗戦国にも当然にあることです。苦しい局面であれば、ミスが増えるし妥協も生じます。内部で意見も割れます。古今東西、どこの国でもあることです。正義や政治思想とは関係なく生じることです。

    ですから、戦後の日本が正しいと言えるかどうかも、即断できることではありません。特に外交は一方通行的にできるはずもないのですから。
    戦前回帰を単純に過去の再現をするかのようなイメージに決めつけて論じるなど、ナンセンス極まりません。
    国柄と国是と外交とすべてが完璧で、整合させて完全一致させることは、どこの国でも困難です。現在でも言えることです。これを、ただ日本にのみ適用して否定するのは、偏向しており不公平でもあります。 削除

    [ ]

    2017/9/12(火) 午後 7:19

    返信する
  • 顔アイコン

    「ssm**i」さん、私の質問に是非、答えて頂きたいです。

    知識をひけらかすのは結構ですが、

    今の北朝鮮の脅威に対して結局、貴方は何が言いたいのか、結論を聞いているんですよ。

    [ ちびっこライダー ]

    2017/9/12(火) 午後 7:43

    返信する
  • 顔アイコン

    あ、無駄に長い過程は結構ですので、

    結論だけお答えください。

    [ ちびっこライダー ]

    2017/9/12(火) 午後 7:45

    返信する
  • 顔アイコン

    「ssm**i」さん、返事をお待ちしていますが、未だに返事がありませんので、質問の内容をもっとシンプルにしましょうか。

    貴方と貴方の家族に何の理由もなく銃を突きつけている連中がいます。

    さて、今にも撃たれそうになっている貴方はどうしますか?

    家族のために戦いますか??

    それとも家族を置いて自分だけ逃げますか??

    極論ですが、二択でご回答頂けるようお願いします。

    [ ちびっこライダー ]

    2017/9/12(火) 午後 9:28

    返信する
  • 顔アイコン

    > ssm**iさん

    貴殿をネタに反論記事を書く。

    さくらの花びら

    2017/9/12(火) 午後 10:36

    返信する
  • 顔アイコン

    >ssm**i
    >歴史から何も学んでいないまさに愚民である。

    自己紹介ですか?(笑)
    ちびっこライダーさんからの質問に対する回答を待っていたのですが、無いのは何故ですか?

    ならば、私から質問です。
    これを見て「世界の識者」の方々の証言を論破してみて下さい。
    話はそれからです。

    【10分で自虐史観の洗脳が解ける魔法の動画】
    ttp://www.dailymotion.com/video/x133wy5_

    妄想に耽るのは貴方の勝手ですが、それは貴方の頭の中だけに留めておいて下さい。 削除

    [ 歴史の真実 ]

    2017/9/12(火) 午後 11:07

    返信する
  • 顔アイコン

    「ssm**i」さん、お仕事で大変かとは思いますが、是非、ご回答頂けるよう宜しくお願い致します。

    もし、根拠のある書物や文献がありましたら教えて下さい。

    [ ちびっこライダー ]

    2017/9/12(火) 午後 11:07

    返信する
  • 顔アイコン

    > 歴史の真実さん、ちびっこライダーさん

    続きは今晩の拙ブログでお願いします。

    さくらの花びら

    2017/9/12(火) 午後 11:09

    返信する
  • 顔アイコン

    「さくらの花びら」さん、はい、分かりました。

    [ ちびっこライダー ]

    2017/9/12(火) 午後 11:12

    返信する
  • > ・さん
    >先の大戦が欧米露列強の圧迫に対する日本の自衛だったことは自明です。

    それは違うでしょう。
    例えば太平洋戦争直前中国に展開していた外国軍は多くても数千人それに対し日本は数十万人です。領土的野心を持たなければあり得ない数値なんですよ。常識的に考えて。
    この状態で列強の圧迫があったというより中国の内戦に乗じて積極的に攻勢仕掛けて領土を拡張していたのが紛れもない歴史的事実です。
    さらに日本は南京空爆のために九州から渡洋爆撃を行います。その護衛戦闘機として設計されたのが零戦なのはご存じですよね?

    >戦前回帰を単純に過去の再現をするかのようなイメージ

    過去の歴史が再現することはない。
    しかし歴史に向き合わず「開放のために戦ったのだ」など荒唐無稽なことを論じているようではどうしようもない。
    前の大戦の名目に「アジアの開放」などと唱っていたが当時の参謀本部の参謀でさえ「気でも狂ったのか」と思ったことを述懐している。
    対立の結果封鎖され日頃の物資すら不足する状態で日本人の生活も滞っているのに他国の開放なんて考えるわけはない。

    [ ssm**i ]

    2017/9/13(水) 午後 1:58

    返信する
  • 顔アイコン

    > ssm**iさん

    まず太平洋戦争と言う言葉は当時海軍の一部が使っていただけで、日本が戦ったのは閣議決定された大東亜戦争である。貴殿の頭の中は昭和20年12月8日のスミス・ブラッドフォードの対日戦争工作「太平洋戦争史」なんだろうね。

    また「列強の圧迫」で支那事変を例に出しても筋違い。話のすり替えだ。
    ABCD包囲網、それ以前からの列強の圧迫って何か知っているか?知っていること全部言ってごらん。

    また東亜解放は全く荒唐無稽ではない。安機関の一部はは戦後どうしたか知ってるか?
    荒唐無稽で戦後インドネシアに残って独立のために命を捧げて戦うか?

    他国の解放を考えられないのは貴殿の頭では考えられないのだろう。

    封鎖は”対立”の結果ではなく、モラルエンバーゴは米国の一方的な経済圧迫行為であったのはご存じか?
    これはどうして起きたのだ?答えてくれるかな。

    まずは貴殿の歴史に対する認識を確認しておくのでよろしく。

    さくらの花びら

    2017/9/13(水) 午後 2:53

    返信する
  • 顔アイコン

    > ssm**iさん

    それと歴史の真実さん、ちびっこライダーさんも貴殿の回答をお待ちしています。そちらも無視しないでよろしく。

    また更新記事は貴殿のために書いておいた。コメントがたくさん来ている。反論よろしく!

    さくらの花びら

    2017/9/13(水) 午後 2:55

    返信する
  • 顔アイコン

    > ssm**iさん

    >領土的野心を持たなければあり得ない数値なんですよ。常識的に考えて。

    貴殿の常識は自虐の非常識だから。
    日本が領土的野心を持っていたという証拠を出してくれる?
    支那事変で軍を派遣するのは当然。対する蒋介石国民党の兵力は?毛沢東共産党の兵力は?こちらも同時に見ないと不公平だよね。

    また日本を支那に引き付けるためのスターリンの工作はいつからどのように行われていた?

    国民党中央宣伝部国際宣伝処のフランク・プライスは何をしたか知っている?
    プライス委員会は米国務省に対日圧力、支那支援をどのようにやっていた?そのためにどれほどの資金を投入した?

    国民党工作員とアメリカ共産党関係者のアメリカ委員会は対日工作に何をしてきた?

    回答よろしく。

    さくらの花びら

    2017/9/13(水) 午後 3:07

    返信する
  • 顔アイコン

    > ssm**iさん

    元KGBアレクサンドル・ヴァシリエフの9冊のノートにはどういうことが書かれている?

    ルーズベルト政権で司法長官を務めたマーフィー(後に最高裁判事)は非米活動調査委員会でどのように発言したかご存じか?

    こちらも回答よろしく。

    さくらの花びら

    2017/9/13(水) 午後 3:13

    返信する
  • > さくらの花びらさん
    >日本が戦ったのは閣議決定された大東亜戦争である

    その閣議決定は戦後既に無効になっている。正確には太平洋戦争も政府の正式名称ではない。だから公式の場では「先の大戦か戦争」等という表現を使う。
    覚えていた方が良いのでは?

    ABCD包囲網について大統領が正式には認めていない。歴史学者も明確にそのようなものがあったとは言い難いというのが通説だったはず。悪化する日米関係により米が圧力をかけて他国が同調したと言う事実があるだけ。
    ABCD包囲網という国家間の正式な取り決め文書があるなら出典を示してみてくれ。

    >東亜解放は全く荒唐無稽ではない。安機関の一部はは戦後どうしたか知ってるか?

    これこそ語るに落ちるだ。
    戦争の大義名分では開放のはずなのに何故それが戦時中ではなく戦後なのだ?
    それに昭和40年代の国会答弁において「日本が開放してくれたとか進駐したことに戦後国家として謝意を正式に述べた国があるか?」との問いに「そのような国はない」とはっきり

    [ ssm**i ]

    2017/9/16(土) 午後 9:30

    返信する
  • >日本が領土的野心を持っていたという証拠を出してくれる?

    逆にそうではないという方がすごいというより呆れる。
    まともな歴史学者で当時の日本が領土的野心を持っていなかったと断ずる人がいるのか?
    それに理由は前述した通り。
    だいたい「支那事変だから当然」って何を言ってるのか?何で日本の領土でない大陸に何十万の日本軍が展開する?そして何で各地を占領する?
    そしてその結果仏印にまで手を出して米と決定的に対立してしまい石油を止められその時になって慌てて座して死するより打って出ろとGDPにして20倍以上の米と戦争を始めたのが動かしようのない史実でしょ。
    何故確実に起きた史実を認めない?
    現実に満州事変を起こした石原完爾は「石油が欲しくて国の存亡をかけ戦争するバカがどこにいるか!」と痛烈に非難している。当時から石油のために戦争を始めたという認識があった証拠だ。

    また誰それのスパイ或いは共産主義者が米の幹部に入っていたとかそれがどうしたというのだ?
    それらがいなかったなら大きく歴史が変わった等と言うのかな?
    そして起きなかったことに対する証明が出来るのか?

    [ ssm**i ]

    2017/9/16(土) 午後 9:30

    返信する
  • 顔アイコン

    ssm**iさん

    その過去からアンタが学んだことを現在にどう活かすのって話。

    ダラダラと自分の主張ばかりしてないで、結論だけコメントしてくれや。

    [ ちびっこライダー ]

    2017/9/16(土) 午後 10:02

    返信する
  • 顔アイコン

    ssm**iさん

    都合の悪い質問はスルーかい?

    器が知れるね。

    [ ちびっこライダー ]

    2017/9/16(土) 午後 10:24

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事