ここから本文です
さくらの花びらの「日本人よ、誇りを持とう」
保守の会会長 松山昭彦のブログ

書庫全体表示

気ブログランキングに参加しています。 
まずはここをポチッとお願いします。 イメージ 2



イメージ 2


戦後教育から消された橋本景岳(橋本佐内)という大人物がいる。
あの西郷隆盛が「自分にはとても及ばない」と言わしめた橋本景岳がなぜ教えられなくなり、消されたのか?
 
戦前の「修身」教科書に「人間の度量」として西郷隆盛のことが書かれてある。
 
-------------
西郷隆盛が江戸の薩摩藩の屋敷にいた時、福井藩の橋本景岳という人物が来て「ぜひお目にかかりたい」と申したので会ってみると20歳の色白い女のような若者であった。
 
隆盛は心の中で「これはさほどの人物ではあるまい」と見くびると、橋本景岳は軽蔑されていることを悟ったが、少しも気にかけず「あなたはこれまで国事に尽くされ、私もあなたの教えを受けて国のために尽くしたいと思います」と言った。
 
すると隆盛は、こんな若者に国事を相談することは出来ないと思い「それは大変な間違いです。私のような愚か者が国のためをはかるなど思いもよらぬことです」と相手にしなかった。
 
それでも橋本景岳は落ち着いて「あなたのご精神はよく承知しています。お隠しにならず打ち明けて下さい」と言って、国事について自分の意見を述べた。
 
隆盛はじっと聞いていたが、橋本景岳の考えがいかにもしっかりしていて、国のためを思う真心があふれていたので、すっかり感心した。
 
隆盛は橋本景岳が帰ると友人に「橋本はまだ若いが、意見は実に立派なものだ。見かけで相手にしなかったのは、自分の大きな過ちであった」と言い、深く恥じた。
 
隆盛は翌日、橋本景岳を訪ね「昨日は誠に失礼しました」と詫び、それから二人は親しく交わり、こころを合わせて国のために尽くした。
 
橋本景岳が死んだ後も、隆盛は「学問も人物も、自分が及ばないと思った者が二人ある。一人は水戸の藤田東湖、一人は橋本景岳である」と言ってほめていた。(参照:「第四期尋常小学修身書 巻五」)
--------------
 
では、西郷隆盛は橋本景岳のどのような考えに感心し、自分にはとても及ばないと思ったのであろうか。
 
それは橋本景岳の國體と世界観にある。
 
幕末、橋本景岳は日本の国情を憂い、これを救うために前途を打開しようとした。特に橋本景岳は外国の学問に練達し、外国の書物を通じて世界の大勢を知った唯一の人物であった。
 
橋本景岳は「支那の地理の書物は嘘ばかりで実にデタラメである。その点、西洋人の書いた書物は実に正確である」と言った。
 
また橋本景岳は「今日外国へ出かけることは法令で禁じられているが、禁令は間もなく解除されるであろう。我々は全世界を闊歩する気性がなければならぬ」と言った。
 
橋本景岳は西郷に次のように説いた。
「世界各国がどんどん東洋にやって来る時に、日本だけが戸を閉ざして外国と交際しないなどということは出来ないのは一目瞭然である。
 
そこで日本がなすべきことは二つある。一つは国内の内政改革、一つは外交問題。外交は今後世界がどういう方向に向かうかを推定していかなければならない。
 
自分の考えでは世界は万国が一堂に会して相談してやっていく傾向になると思う。その場合、牛耳るのは英国か露国であろう。
 
日本が独力で立っていくには満洲や朝鮮などを合併し、米国やインドに領地を持たなければ思うようにいかない。しかしそれは難しいから他国と同盟しなければならず、同盟するとなれば英国や露国など世界の盟主と同盟するのがよい。
 
同盟締結をすると同盟しなかった国と戦いとなろう。国内は挙国一致の体制を取らねばならない。そこで天下の有名、陪臣に係わらず抜擢して重要な地位に就ける。露国や米国などから学術指導者を招聘して学術工芸を指導してもらう」。
 
さらに橋本景岳は「世界はスラブとアングロサクソンの戦いになっているから、どちらかと同盟し、どちらかと戦うことをしないと世界の競争の場に乗り出していくことは意味をなさない。

そのためには国内を固めておくことが大切である。天皇陛下をお守りし、京都の守護は尾州に因幡の池田候を配し、副官に彦根を採用した方がいい。国内を統一するために國體の根本がわかっている一橋慶喜を第一とし、任命は天皇陛下よりされなければならない」と言った。
 
橋本景岳は彦根は使えると考えていた。
 
しかし、彦根の井伊直弼が大老になると、橋本景岳を危険視した。
 
安政六年、橋本景岳は「主君の許しを得ずに天皇に手紙を出した」という罪に問われ、江戸の牢獄につながれて、取り調べの結果、「島流し」にされた。
 
しかも、この「島流し」の刑に井伊直弼は自ら筆をとって「死罪」に書き改めた。井伊にとって橋本景岳は自分を脅かす恐るべき相手であり、ここで命を奪っておかなければならないと考えた。
 
橋本景岳、処刑。26歳であった。これが世に言う「安政の大獄」である。
 
隣国の清国が西欧の植民地と化し、その勢力が日本に津波のように迫り、いつ外国の餌食となってしまうかわからない時に、橋本景岳は徳川幕府ではもはや対応できないことを知っていた。
 
日本は本来の天皇陛下を中心にした国にして、新たな体制をつくらねば、間違いなく日本も外国の植民地になってしまう、という強い危機感を持っていた。
 
ちょうどこの頃、佐内は次のような詩を詠んだ。
 
数曲のあでやかな音楽が流れる中 うまい酒を酌み交わす 
美しい着物で飾り 海から出る月を迎える 
誰が知っているであろうか この美しい月光が 欧米の餌食となったマカオで 
人々の白骨をかつて 照らしていたということを
 
楽しい酒の場で美しい光景を見ていても、橋本景岳の眼には、国の独立を失い、悲惨な運命に苦しんでいるアジアの国々の光景が、日本の未来と重なり合って見えた。
 
西郷が「とても及ばない」と言った橋本景岳の国家観と世界観は、その後の歴史を見れば、如何に正確に見ていたか、今を生きる日本人としても感心するばかりである。


イメージ 1
橋本景岳

・・・・・
人気ブログランキングに参加しています。 
なぜ橋本佐内を教えないのか、と思った方はここをポチッとお願いします。 
                    イメージ 2  

この記事に

  • 顔アイコン

    素晴らしい記事ありがとうございます。
    転載させていただきました。
    歴史に学ぶべし。

    [ いかづちまる ]

    2017/10/9(月) 午前 1:07

    返信する
  • 顔アイコン

    転載&FBシェアしました。

    [ nar*sa*a_ik**u ]

    2017/10/9(月) 午前 2:10

    返信する
  • 顔アイコン

    歴史を知らない、教えられない今日の若者たちを気の毒に思います。

    ナイス
    ランクリ

    釜坂信幸

    2017/10/9(月) 午前 2:23

    返信する
  • 顔アイコン

    私も橋本左内が戦後何故の学校で教えられなくなり、歴史から抹殺されたのか!・、・・・これのGHQの意向であったのか?、知りたいものです。
    恐らく橋本左内の世界観、将来を見通す目、天皇を元首とした日本國體を、此れが日本国が瞬く間に近代化を達成してう欧米と肩を並べる力を付けた原動力であった事をGHQは知り意図的に消し去ったのでしょう。

    大西郷が『自分にはとても及ばない!』と言った事が理解で出来ます。
    現今の日本には橋本左内のような人物が必要だ!と言わざるを得ません。

    ☆ナイス!〜

    [ gre*n*hub*32 ]

    2017/10/9(月) 午前 5:56

    返信する
  • 顔アイコン

    転載させて頂きます。

    [ ayukaw ]

    2017/10/9(月) 午前 6:05

    返信する
  • 転載させていただきましたm(__)m

    ナイス!

    [ naruchan6612 ]

    2017/10/9(月) 午前 6:25

    返信する
  • 顔アイコン

    いい話を教えていただきました。

    [ man*ek*55 ]

    2017/10/9(月) 午前 7:02

    返信する
  • つくづく思いますね、日本はやはり教育を変えていかなければならないと!

    [ ctu*703*g ]

    2017/10/9(月) 午前 7:14

    返信する
  • 顔アイコン

    先を見る目を持った人物もいるんですね

    あっちゃん

    2017/10/9(月) 午前 7:33

    返信する
  • おはようございます。

    教育、日本の偉人をしっかり教えてほしい物ですね。

    桃太郎

    2017/10/9(月) 午前 8:27

    返信する
  • 顔アイコン

    転載させて頂きます。
    facebook転載します。

    まだまだ歴史上消された偉人が
    日本にはいたのでしょうね
    今の私達は知らねばなりません

    [ sec***** ]

    2017/10/9(月) 午前 8:31

    返信する
  • 顔アイコン

    良いお話を有り難うございます。

    戦後教育から天皇陛下に忠義を尽くした偉人達がことごとく消し去られています。
    歪んだ教育を元に戻さなくては日本国再生は成し遂げる事が出来ないと思います。

    まずは日教組の解体からでしょう。

    ナイス&クリクリ

    鉄人軍団

    2017/10/9(月) 午前 8:40

    返信する
  • 顔アイコン

    私が少年の頃から尊敬している偉人が橋本佐内と西郷隆盛です。西郷は佐内からの書簡を自刃する時もわが身の横に置いていたといいます。10月7日に斬首されました。
    14代将軍の継次問題を一橋慶喜とし、慶喜に大政奉還させることを二晩と三日で固片付けてしまった、これが守旧派の井伊直弼には理解できず許されない事だったようです。 削除

    [ 越前之守 ]

    2017/10/9(月) 午前 9:03

    返信する
  • ~~ヾ(^∇^)おはよー♪
    凄い「人物」ですね〜
    転載を御願い致します。m(_ _)m
    ナイス

    メイ

    2017/10/9(月) 午前 11:08

    返信する
  • 顔アイコン

    さすが適塾出身者であります

    [ 陸奥掃部助 ]

    2017/10/9(月) 午前 11:24

    返信する
  • 顔アイコン

    中韓に蝕まれてしまっている自民党内に、この様な志を
    持った若者が育ってほしいです。 削除

    [ 一国民 ]

    2017/10/9(月) 午後 2:46

    返信する
  • 顔アイコン

    だから、昭和の軍人や役人は道を踏み外して勝手な行動したんだね。盲目的に偉いと勘違いして、第一次世界大戦に参戦しているにもかかわらずそれによって世界を学ばず、勝手に行動し、世界の趨勢を読み違え、同盟を誤り負け戦という蟻地獄から抜け出せなくなった。
    大事な事は、見渡す千里眼あれども、その更に裏を行く事だろう。今はその時代にある。日本国の平和の為。 削除

    [ 平民 ]

    2017/10/9(月) 午後 7:37

    返信する
  • 顔アイコン

    >見かけで相手にしなかったのは、自分の大きな過ちであった
    父親から「人の話は良く聞け」と云われて育った私は、敬天愛人の西郷さんの有難い言葉が胸にしみます。
    とても良いお話しをありがとうございます。

    ナイス、ランクリ、転載させていただきます。

    [ nadarechan1113 ]

    2017/10/9(月) 午後 7:59

    返信する
  • 顔アイコン

    良い勉強をさせて頂きました。ある女流漫画家が、橋本佐内にぞっこん首ったけといふ話を聴いたことがあります。
    ランクリ、転載させて頂きます。

    [ koreyjp ]

    2017/10/9(月) 午後 11:26

    返信する
  • 顔アイコン

    安政の大獄・・・単なる年号と言葉しか覚えていない世代としては目からウロコでした。いつの世も政治の世界は魑魅魍魎です。

    [ 知床桜 ]

    2017/10/10(火) 午前 6:21

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(1)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事