ここから本文です
さくらの花びらの「日本人よ、誇りを持とう」
保守の会会長 松山昭彦のブログ

書庫全体表示


気ブログランキングに参加しています。 
まずはここをポチッとお願いします。 イメージ 2



イメージ 1


「がんばれ、敵の奴等に負けるな、やっつけろ!」
日本の村の男の子は、声を張り上げて跳び回っていた。
 
昭和の初め、村の男の子供の遊びは棒切れを振り回しての「戦争ごっこ」であり、集団で隣村の子供達と戦うのであった。その子供達の中で、洗濯をほとんどせず、食べかすや鼻水でガスガスした着物を着て、赤ん坊を背負って走り回っている子供は祖父であった。
 
祖父は大正9年に7番目の男の子として生まれた。8人兄弟全て男である。
 
祖父は非常に頑健である。今でも農業を続け、よく働く。しかし、医学的には昔マラリアを患ったせいか肺が悪く、生きていることさえ知り合いの医者は不思議に思っているのである。
 
また、この前は心臓の大手術をしたが、退院して一週間後にはもう、三脚という三本足の農業用梯子に乗って働いているのである。当時、祖父は82歳であった。
 
祖父は日本の陸軍兵として支那大陸、仏印(ベトナム)、シャム(タイ)に出兵し、捕虜となった時期を含めて戦地に6年いた経験を持つ。「戦地に6年」とは、私が物事に挫けそうになった時、よく祖父が私を励ますために使う言葉である。
 
食うや食わず生きるか死ぬかの戦地にいた祖父の苦労に比べれば、平和で豊かな現代に生きる私の苦労などは小さなものなのであった。
 
祖父の子供の時もまた貧しかった。学校へ持っていく弁当は、漬物とご飯で、肉や魚は正月か祝日に口に出来る程度であった。

ある日、小学校の祖父が弁当を開けると黄色い卵焼きが入っている。「やった」と思って喜んで頬張ると実は奈良漬けであってがっかりしたという話をよく聞いた。
 
祖父の通う小学校でも同じように祝日には「君が代」を皆で歌い、校長が「教育勅語」を読み上げていた。紀元節(二月十一日)ともなれば兄のお下がりの袴をはいて式に出席した。
 
私の家の近くの神社に小さな建物がある。その白い建物は常に扉が閉まっている。子供の頃から、私はこの建物が何であるか不思議に思っていた。神様を祀るならば常に格子から中が見えるはずであるが見えない。しかも神社の境内の不自然な所にある。しかし厳かに祀られている。この建物は「奉安殿」という。

戦前の小学校には「奉安殿」と「忠魂碑」が置かれていた。
「奉安殿」の中には天皇陛下の御写真が飾られ、教育勅語が大切に収められている。

「忠魂碑」には、その小学校の地区出身の戦死した方の名前が彫られている。

戦前の児童はこの二つの前を通る度に、深く頭を下げた。

イメージ 2
 
祖父が20歳となった昭和1512月に出兵することとなった。村の神社で祖父及び他の2人の出兵の壮行会が盛大に行われた。

村長が励ましに言葉を述べ、祖父が3人を代表して答礼の辞を述べ3人は出発する。神社から一番近くの駅まで約1里(4キロ)ある。それは今でも変わらない。3人はその駅まで徒歩で向かう。そして村の元気な者は皆、この3人を囲んで駅まで共に歩いた。
 
歩きながら、様々なことを話す。父と幼い時の話、母との思い出、友人との思い出、残された家族のことなど話すことは沢山あった。いくら名誉あることといっても戦場へ向かうのである。生きて帰れる保証はない。
 
やがて駅に着き、汽車が来た。汽車に乗ると、他の地方から乗ってきた出兵の若者で車内は込み合っていた。祖父の戦友となる人達である。

イメージ 3
 
汽車は出発すると祖父達は窓から乗り出して手を振り、見送りの父母兄弟友人親戚はちぎれんばかりに手を振った。今生の別れかもしれない、そう思う母達は涙をこらえるのに精一杯であった。そして駅に万歳の声が木霊(こだま)した。
 
戦場へ我が子を送り出す父母の心はいかほどであったであろうか。
しかし、その悲しみに堪えなければならない時があるのである。
 
国が危機に直面していた当時、国は若者の力を必要としていたのであった。
そして、当時の日本の若者の背中には、日本の子供達の笑顔、平和の内に暮らす日本の老人、そして我等戦後日本人の運命が乗っていたのである。
 
それを知っていればこそ、若者は勇気を出して命を犠牲にし、守られた日本の児童はその犠牲に感謝し小学校の「忠魂碑」に深々と頭を下げるのであった。
 
そして私は、ある感動を抑えられないのである。
 
世界が白人達の植民地支配の中、玉子焼きと奈良漬けを間違え、ガスガスのボロ着物を着、一番上の兄の子を背負いながら遊んだ、貧しい祖父達日本人が国の為に命をかけて、裕福な欧米人と戦い、当時世界中を覆っていた理不尽なる秩序を打ち破ったのである。
 
実に尊いことではないか。欧米人は恥であるから、その事実から目をそらすが、これは事実であり歴史なのである。
 
我等日本人はこの事実を正しく理解せねばならない。
 
祖父達が命をかけて戦った戦争は一体、何であったのか。
そして、日本人の精神は正しかったのか。
歴史は厳然と事実を語っているのである。
(参照:『祖父たちの大東亜戦争』より)

・・・・・
人気ブログランキングに参加しています。 
悪いのは植民地支配した白人達であり、我々の先人達は自存自衛と東亜解放の正義の戦いであった、と思った方はここをポチッとお願いします。 
                    イメージ 2 

この記事に

  • 顔アイコン

    この様な話に触れる度に、私は偉大なる先人の方々に感謝するとともに誇りに思います。
    「奉安殿」と「忠魂碑」はGHQの洗脳戦略(WGIP)の実施によって、破壊され日本の学校から消えました。
    これらも教育勅語とともに何れは復活させた時が日本国の再生が為された時です。

    ☆ないす!〜

    [ gre*n*hub*32 ]

    2018/4/14(土) 午前 0:35

    返信する
  • 顔アイコン

    転載させていただきました。

    もし日本が日清、日露戦争をせずにいたとしたら今の日本はありませんし私らのほとんどは生まれてこなかったでしょう。それは日本に住むすべての人達、日本人も在日外国人の人も含めてです。

    [ いかづちまる ]

    2018/4/14(土) 午前 1:21

    返信する
  • 顔アイコン

    転載&FBシェアしました。

    [ nar*sa*a_ik**u ]

    2018/4/14(土) 午前 3:35

    返信する
  • おはようございます(*^^*)

    素晴らしいお話をありがとうございます。
    ご先祖様が護ってきた日本を、これからも護っていかなければ。

    [ naruchan6612 ]

    2018/4/14(土) 午前 4:50

    返信する
  • 顔アイコン

    転載させて頂きます。

    [ ayukaw ]

    2018/4/14(土) 午前 5:00

    返信する
  • 顔アイコン

    こんにちは、今の世の中?日本だけなのかも知れませんが?大切なものを遠い昔に置き忘れてしまったのでしょう?早期復活!が待たれます! 削除

    [ 天照大御神 ]

    2018/4/14(土) 午前 5:10

    返信する
  • 顔アイコン

    岡潔先生は、「日本人は懐かしさの情緒の中にある」と喝破されました。ランクリ、転載させて頂きます。

    [ nip***** ]

    2018/4/14(土) 午前 5:26

    返信する
  • 顔アイコン

    美しい国復活祈

    あっちゃん

    2018/4/14(土) 午前 5:59

    返信する
  • 同じ日本人として、先人達を見習いたいものです。誇りを持ち、胸を張って暮らして参りたいものです。そして、子供達にも、この思いを伝えられる大人でありたいですね。

    ナイス☆&ランクリ

    so-kei♪

    2018/4/14(土) 午前 6:07

    返信する
  • 顔アイコン

    >我々の先人達は自存自衛と東亜解放の正義の戦いであった

    ◎これが真実でもハッキリ言えない日本。

    [ man*ek*55 ]

    2018/4/14(土) 午前 7:01

    返信する
  • 顔アイコン

    こういった誇りある先人達が戦ってくれたおかげで、今の日本と自分、それに世界があるのです。

    日本がアジアを開放しなければ、世界情勢が全く違って、白人至上主義がまかり通っていた事でしょう。


    誇りを持てる記事を有り難うございます。

    ナイス&クリクリ

    鉄人軍団

    2018/4/14(土) 午前 8:22

    返信する
  • 顔アイコン

    転載させて頂きます。
    facebook転載します。

    日本国民として誇りを持てるお話を

    ありがとうございます

    [ sec***** ]

    2018/4/14(土) 午前 9:32

    返信する
  • 顔アイコン

    >私が物事に挫けそうになった時、よく祖父が私を励ますために使う言葉である
    私も辛い時は「もっと大変な人はたくさんいる」と思うようにしています。
    家族と国家と日本の将来を背負って戦った先人を誇りに思います。
    尊いお話しをありがとうございます。

    ナイス、ランクリです。
    転載させていただきます。

    [ nadarechan1113 ]

    2018/4/14(土) 午前 9:59

    返信する
  • 顔アイコン

    こんにちは!今日もありがとうございます。
    シェア・リブログさせていただきます。

    [ yos**oka* ]

    2018/4/14(土) 午後 0:33

    返信する
  • おはようございます。

    >食うや食わず生きるか死ぬかの戦地にいた祖父の苦労に比べれば・・・


    本当にそうですね、今の日本は平和すぎます。

    桃太郎

    2018/4/14(土) 午後 0:36

    返信する
  • 顔アイコン

    やっぱしね。きむちアカヒ新聞も、他の各きむちマスコミ各社と同様、韓国キムチ独裁主義や共産シナ独裁主義が大好きですね。

    [ ttuErika ]

    2018/4/14(土) 午後 0:48

    返信する
  • 第二次世界大戦の戦勝国、米英仏露中こそ真の侵略国!

    そして世界最強の米と勇猛果敢に渡り合ったのが我が国、日本。

    しかも真っ正面からの戦いで。

    こんな国他にありますか。

    欧米列強は有色人種である日本の活躍を恐れていたため、徹底的に叩き潰したわけです。

    現行憲法と東京裁判史観で。(日本の二大元凶)

    今こそ、この二大元凶の打破が必要なんですね!

    [ ctu*703*g ]

    2018/4/14(土) 午後 2:02

    返信する
  • 顔アイコン

    自存自衛の為、植民地解放、人種差別撤廃の為に戦った日本、支那進出の為に目障りだった日本を叩き潰すために戦争に追い込んだアメリカ。景気対策として公共事業としての戦争をしたアメリカ。

    日本は植民地解放、人種差別解消と言う大きな戦争目標
    を達成しました。この事による計り知れない恩恵を我々の世代は受けています。

    アメリカは戦争により好景気を満喫し、イギリスから覇権国家を受け継ぎました。一方アメリカは支那の共産化により進出の夢は破れ、その後共産主義との戦いである朝鮮戦争、ベトナム戦争とせざるを得なくなり、好景気は一時的な物となり戦争目標の達成は出来ませんでした。

    戦争目標の達成と言う点で言えば日本は大東亜戦争に勝ったのです。その事を誇りに思い劣等感からのこれまでのような無批判にアメリカの制度を取り入れる愚を改めないといけないと思います

    [ yam*mot**un3* ]

    2018/4/14(土) 午後 6:43

    返信する
  • 日本には日本なりの正義があり、東洋平和のために必死に軍人たちは戦いました。この事実を忘れてはなりません。

    ナイス!

    [ MTK ]

    2018/4/14(土) 午後 7:54

    返信する
  • 素晴らしい記事です

    ナイス

    ランクリ

    [ 博多の鷹 ]

    2018/4/14(土) 午後 10:13

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事