ここから本文です
さくらの花びらの「日本人よ、誇りを持とう」
保守の会会長 松山昭彦のブログ

書庫全体表示


気ブログランキングに参加しています。 
まずはここをポチッとお願いします。 イメージ 2


イメージ 1


“国がさくらの花ならば、ひとりひとりが花びらだ 輝く誇りを持っている”
 
これはシンガーソングライターの山口采希さんが歌っている国民の歌「若い日本」である。
 
“輝く誇り”とは何か。・・・
 
爆撃にたふれゆく民の上をおもひいくさとめけり身はいかならむとも
 
これは昭和20年の停戦時の昭和天皇の御製である。
 
この御製が国民に紹介されたのは昭和43年であるから、この時、国民は誰も知らなかった。
 
昭和20814日の御前会議の陛下の御発言「朕の一身は如何にあろうとも、これ以上、国民が戦火に斃れることは忍び難い」を翌815日の新聞各紙が報じた。
 
この御発言が先ほどの御製に繋がり、そしてこれを実践されたのが927日のマッカーサーとの会見であった。
 
「自分はどうなってもいいから、国民を救ってほしい」
 
陛下は国民の知らないところで、国民のために命を差し出されておられた。
 
昭和20128日、大東亜戦争開戦と同じ日であった。手に鎌などを携えた青年達が皇居にやって来た。
 
当時は食糧難で自分が生きるか死ぬかの時に、皇居が荒れ放題と聞いて、宮城県から60名の青年達が上京して清掃奉仕した。
 
数日間、青年達は凄まじいばかりの奉仕ぶりであった。
 
彼らのことは早くも陛下の耳に入り、「一同に会いたい」とのお言葉があった。皇居内でこういうことが行われるのは前例がなく初めてである。

イメージ 2
 
陛下は奉仕の労をねぎらわれ、「郷里の農作はどうか」「肥料の配給はどうか」「地下足袋の配給はあるのか」と次々質問された。
 
さらに10分ほどお話をされた後、最後に「何とぞ国家の再建のために、たゆまず精を出して努力してもらいたい」と仰せになり、一同とお別れになられた。
 
天皇陛下と皇后陛下がもとの道を三十歩ほどお歩きになられた時、突如、奉仕団の間から「君が代」が奉唱された。
 
当時、占領軍が国旗・国歌をやかましく取り締り、誰も口に出来ずにいた「君が代」を歌い始めたのだ。
 
この歌声に陛下は急に立ち止まられ、背中を向けたままじっと聞いておられた。
 
すると今度は青年達の歌声が嗚咽の声に代わり、しまいに歌えなくなってしまった。
 
嗚咽の声を聴かれて陛下はその場で何度も何度もうなづかれて、そして歩いて行かれた。
 
戦時中は二十歳になるかならずの多くの若い編△良霓傭は「私」を捨てて国のために殉じた“無私”であった。この奉仕団の青年達も代価や報酬を求めない“無私”である。そして「わが身がどうなろうとも、国民を救いたい」と言われた陛下もまた“無私”であられた。
 
輝く誇りは、この“無私”である君臣一体の国柄にあるように思う。
 
 
 
「若い日本」
 
一、 日本はいつでも若いのだ 国がさくらの花ならば
ひとりひとりが花びらだ かがやく誇りを持っている
気高い理想を持っている 咲こう 咲こうよ 咲きとおせ
日本よ 日本よ われらの日本
 
二、 日本はいつでも進むのだ 国が火を吐く島ならば
ひとりひとりが溶岩だ 燃えたつ意気と情熱で
世紀を超えて進むのだ
燃えろ 燃えろよ 燃えとおせ
日本よ 日本よ われらの日本
 
三、 日本は大きく伸びる樹だ たまに嵐に折れたとて
若い芽がある 枝がある
がっちり組んで堂々と 世界の上に伸びるのだ
伸びろ 伸びろよ 伸びとおせ
日本よ 日本よ われらの日本




・・・・・・
人気ブログランキングに参加しています。 
日本に誇りを持って咲き誇ろう、と思った方はここをポチッとお願いします。 

                    イメージ 2 




  • 顔アイコン

    転載させて頂きます。
    Facebook転載します。

    その様子を思い浮かべると
    目が潤んでしまいました。

    [ sec***** ]

    2018/12/17(月) 午前 7:40

    返信する
  • おはようございます(*^^*)
    最近は「寛容」とか「共生」などといいつつ、自分勝手な訳のわからない事をいうバカが増えてしまいました。

    素晴らしいお話を、ありがとうございました。

    ナイス!

    [ naruchan6612 ]

    2018/12/17(月) 午前 7:47

    返信する
  • 顔アイコン

    GHQの行いの良い面を見よという意見があるのが驚きですね。
    大和の人の発想とは思えません。

    今日も素晴らしい記事を有り難うございます。

    [ クラフ ]

    2018/12/17(月) 午前 8:21

    返信する
  • 顔アイコン

    ええ記事を有り難うございます。

    「若い日本」も、現代の軍歌って感じで良い曲ですね。
    若い人にどんどん唄ってもらって、日本人として誇りを持ってもらいたいです。

    ナイス&クリクリ

    鉄人軍団

    2018/12/17(月) 午前 8:26

    返信する
  • 顔アイコン

    追伸。

    土曜日の「保守の会大阪」の忘年会、楽しかったですよ(^^)

    鉄人軍団

    2018/12/17(月) 午前 8:28

    返信する
  • 顔アイコン

    良い歌ですね。お蔭様で元気が出ました。ヨイね。ナイス。転載させて頂きます。

    [ nip***** ]

    2018/12/17(月) 午前 8:59

    返信する
  • おはようございます。


    朝から聞くと今日に一日頑張ろうと、元気になる曲ですね!「我らの日本」

    桃太郎

    2018/12/17(月) 午前 9:36

    返信する
  • 顔アイコン

    こんにちは!
    今日も拝読させていただきました。シェアさせていただきました。
    皇紀2678年、ずっと紡いできた日本の形ですね。

    [ yos**oka* ]

    2018/12/17(月) 午前 11:30

    返信する
  • 顔アイコン

    GHQがファシズムから日本人を解放してくれた…?

    私が子どもの頃の教師たちも、似たような話をしてました。
    日本は負けたから民主主義の国になれた、良かったと。

    子ども心にはてな?という気持ちでした。
    日本は戦前から選挙があったよ?五箇条のご誓文には
    「広く会議を興し万機公論に決すべし」とあったよ?
    しかし先生は絶対だったので、怖くて意見は言えませんでした。

    先生方は今も同じまんまなのか、伺ってみたいですね。 削除

    [ おチビ ]

    2018/12/17(月) 午前 11:34

    返信する
  • 顔アイコン

    転載&FBシェアしました。

    [ nar*sa*a_ik**u ]

    2018/12/17(月) 午後 0:01

    返信する
  • 天皇陛下のお話、感動し、日本人として心の支えになりました。
    素晴らしい記事に感謝します、ありがとうございます。
    歌も、とても励まされました。
    どんな辛いことがあっても、陛下がいて下さるなら頑張れます。
    そのことを、この記事が思い出させて下さいました。
    天皇陛下が国民と共にいて下さる国は日本だけです。
    日本に生まれて、日本人に生まれて来れて本当に幸せです。

    応援のランクリ・ナイス・転載させて頂きます。

    -

    2018/12/17(月) 午後 5:38

    返信する
  • 顔アイコン

    滅私奉公、世のため人のためを心掛けたいです。

    ナイス、ランクリです。

    [ nadarechan1113 ]

    2018/12/17(月) 午後 7:26

    返信する
  • 良いお話有り難うございます。

    天皇陛下万歳、日本国万歳と叫びたい気持ちになります!

    [ 痛風のK ]

    2018/12/17(月) 午後 8:41

    返信する
  • 顔アイコン

    >>[ lib***** ]

    あなたはなぜGHQの行いをそれほどに否定するのでしょうか。
    GHQはファシズム主義による洗脳から、日本人を解放してくださったのです。
    GHQは鬼と化していた日本兵に人の心を取り戻し、人間に戻してくださったのです。
    過去のファシズム賛美が現在になっても続いている事こそが、世界に不信感を与えていると私は感じます。色々な捉え方はあると思いますが、そうした一面にも目を向けてほしい。

    ↑お前は人間として相当の屑かゴミレベルなんだろうね。

    鬼と化した日本兵に人の心を取り戻してくれたんだったら

    「原爆や東京大空襲等を落とした奴らは何なんだ?」

    [ ちびっこライダー ]

    2018/12/17(月) 午後 10:02

    返信する
  • 日本国民が天皇陛下を尊ぶ気持ちと、天皇陛下が如何に日本国民を思う気持ちが分かる、良いお話をありがとうございました‼️

    [ にゃあちゃん ]

    2018/12/17(月) 午後 10:07

    返信する
  • 顔アイコン

    ・・・敷島の大和心を人問はば・・・

    新嘗祭に招かれた小林秀雄は、
    このような祭祀が教科書に載っていないことを
    繰り返し、訝りました。
    また、昭和大帝に対して「私心の無い方だ」と語り、
    さらに「陛下は、私たちの先祖に対する
    しっかりした信仰をもっていらっしゃる」
    とも公演の中で語っている。

    『ポツダム宣言』を受諾した際鈴木貫太郎首相が、
    絶望的悲嘆に涙する群臣たちに
    「日本は大丈夫です。陛下がしっかり祭祀に
    つとめていらっしゃいますから」と慰めた・・・

    揺るぎない日本の礎は、きっと
    皇室による祭祀の篤行にあるのでしょうね・・・ 削除

    [ 山桜花 ]

    2018/12/17(月) 午後 10:14

    返信する
  • 顔アイコン

    >lib*****
    >ファシズム…

    はいはい、良かったなぁ!
    性懲りも無く、お前また自分で墓穴掘りやがって!大www
    自ら論理破綻していることにいい加減気づけ、タコ!

    【ファシズム】
    全体主義的あるいは権威主義的で、議会政治の否認、一党独裁、市民的・政治的自由の極度の抑圧、対外的には侵略政策をとることを特色とし、合理的な思想体系を持たず、もっぱら感情に訴えて国粋的思想を宣伝する。(広辞苑)

    アジア・アフリカ諸国を植民地支配して有色人種を奴隷化していた「欧米列強白人アングロサクソン国家群」のことであり、「人種の平等」と「アジアの解放」を唱えて、それらファシズム国家群を相手に独りで戦った「日本」とは確かに程遠い存在だよな!?www

    「語るに落ちる」とは、まさにおまエラ赤い糞パヨクのこと!大www 削除

    [ 歴史の真実 ]

    2018/12/17(月) 午後 10:43

    返信する
  • 顔アイコン

    ・・・鬼と化しても、日本人だったのです・・・

    GHQが、鬼と化した日本兵を
    人間に戻してくださった・・・

    GHQの三百年余り遡った祖先は、
    英国から米国にやって来て、
    原住民の生活の根源、食料・衣服・住居であろう
    ブッファロー数千万頭を殺し、
    その根を絶ってから、原住民の殆どを虐殺し
    その土地を、力ずくで奪った。

    一方、
    メイフラワー号が、英国を出帆する三百年余り以前、
    阿仏尼は、京を立って鎌倉に向かった。
    幕府の所管する裁判を受けるために。

    所領の相続は、
    金・権力・武力などに頼ることなく、
    公平な裁判で決着がついた。

    日本人がどれほど文明的であったことか・・・
    それは、アメリカ建国の五百年ばかり以前の事。 削除

    [ 山桜花 ]

    2018/12/17(月) 午後 11:12

    返信する
  • 顔アイコン

    昭和天皇のお言葉、国民のために何でもできそうだね。感動しました。ただ、自分の国民を戦火に巻き込まらせたくないって言っても、戦時にどのぐらい若い命を失わせたのか覚えてる?それよりもっとひどいこともまさにすっかり忘れたようだけど、お隣の国の国民を何千万人も「虐殺」したことは、今日本の若い世代にきちんと伝えてんの??日本ばっかり見て視野を広げないと、自分が見た世界が全てだと思っちゃうわけ。狭い「愛国心」、まじおそろしい。

    [ amb***** ]

    2019/2/2(土) 午後 1:56

    返信する
  • 顔アイコン

    ↑ないことを覚えてるって言われてもねぇ?

    じゃあ、

    「何千万人も虐殺した」

    ↑って、何のことか根拠を述べて納得のいく説明してみろや。

    すっかり忘れたも何も、やってないことをやったと言っている腐れド外道が何をほざいてんんだ??

    現在・そして後世の日本人に必要なのは日本人としての誇りと真実だ!

    真実を捻じ曲げるクソ野郎、絶対に許さん。

    [ ちびっこライダー ]

    2019/2/2(土) 午後 7:51

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事