ここから本文です
さくらの花びらの「日本人よ、誇りを持とう」
保守の会会長 松山昭彦のブログ

書庫全体表示

記事検索
検索

気ブログランキングに参加しています。 
まずはここをポチッとお願いします。 イメージ 2



イメージ 1


平成31225日、「虎ノ門ニュース」で青山繁晴氏が福島原発の事実を話した。
 
----------------------
青山繁晴:「僕は2011415日に福島の被災地に行ったが、みんな避難していて誰もいなかった。桜は咲いていて小鳥は鳴いていて、その中で自分で線量を測っていたら、豚、牛、馬、犬などありとあらゆる動物が足元に寄って来るんだけど1か月でガリガリになっていた。
 
そして線量は当時から低いんですよ。場所によっては避難する必要がないところも避難させて誰もいなくなっていた。
 
放射線障害でなく、おかしな避難の仕方で人々が亡くなった。原子力規制委員会の更田委員長も国会ではっきり『前委員長だった田中委員長も2千人以上が避難して亡くなりました』という重大な証言をしている。しかしこれは報道されない
 
福島はチェルノブイリと違って放射線そのもので亡くなったり、放射線障害で治療を受けた人もいないんですよ
 
僕は422日に中に入った。2号炉と3号炉の間に行くと1シーベルトだったんです。だから僕は被曝していますが、元気です。専門家と言われる人達は東京にいて誰も現地に来なかった。共同通信も記者は福島県外に出ろと指示された。福島民報など地元紙はここで頑張っているのに。つまりマスコミは放射線障害に関する理解が全然ないんですよ。
 
今も僕は福島に行っています。行けばびっくりしますが、行けば行くほどタンクは増えていく。最近は全然報道されないから、この問題は終わったと思っている人が多いが、違います。どんどんタンクは増え続けています。
 
タンクの中にあるのは水です。飲料水にもトリチウムは入っているんです。入っていても問題はないんです。どの水にも入っています。自然物の放射性物質で、量が多いと問題だが、ちょっとなら問題なく飲める。これがタンクに入っているんですよ。
 
今、九州の川内原発とか関西電力の大井原発とか高浜原発は再稼働しているが、トリチウムの水はどうしているか知っていますか?他国と同じように海に流していますなぜ福島だけいけないの?タンクに貯めてどうするかも決めないままなんです。原子力規制委員会の更田委員長は『この水は安全です』と言った。言っただけ。言って終わりなのか?規制委員会は大学の先生か?規制委員会は行政機関ではないのか!海に流せる水をタンクに貯めていては、余計、福島に偏見が積もるでしょう!
 
もう一つは活断層の問題。
原子力規制委員会は東京大学の地震系のOBの影響で、活断層が最大の問題にされている。活断層とは短く見ても十数万年前に一度動いたかもしれない、というのが活断層です。原子力発電って十数万年持つんですか?原発は普通は40年、延長して60年です。
 
大体、日本列島が活断層だらけです。ならば空港や新幹線はなぜOKなんですか?原子炉だけが地震で壊れたことがあったら別ですが。僕は線量が高かったですが4号機に近づいた。するとシャープペンシルくらいの配管や大きな配管があったが、何もズレていなかった。想定外の揺れだったが、一切壊れていないんです。地震では日本の原発は壊れなかった。逆に耐えたんです。
 
本当は津波ではなく、後で染みてきた水で、アメリカに丸投げした地下にあった非常用電源が濡れて、電気が通らなくなっただけの事故だったんです。僕は専門家として壊れていないのをこの目で見た。
 
活断層対策や活断層を掘るのも電気代に跳ね上がった。東大地震研が『地震予知出来る』と言って、そのためにいくらお金を使ったんですか?想像を絶するお金ですよ。全額、皆さんの税金です。
 
しかし阪神淡路、福島、大阪、北海道など予知できていないんです。だからこの間、『出来ない』と発表した。新聞記事も小さかった。なぜ、納税者は怒らないのか?では今まで使った何千億円と言う膨大なお金はどうしたんだ?出来ないとわかっていてやっていたんではないのか?統計不正よりこちらの方がもっと問題だ。
 
出来ないとわかってたのに『出来る』と言い金を吸い上げてた。それが原子力規制委員会の主要メンバーだった。
 
今、今度は火山と言い出している。火山の破局噴火は7千年から1万年に1回なんです。これにお金を使おうとしているんです…」。
----------------------
 
再稼働した川内原発などは、他国と同じようにトリチウムの水を海に流しているのに、福島だけは流せずにタンクに貯め続けている。
 
福島のタンクの水は放射性物質を除去して、残っているのは自然界にあるトリチウムのみである。
 
規制委員会も「安全な水」と言っている。
 
しかも福島基準で汚染水を海に流す基準はセシウムは1リットル当たり1ベクレル以下とした。しかし日本の飲料水はペットボトルでセシウムが1リットル当たり10ベクレル以下である。
 
つまり福島基準はペットボトルの水も海に流せば基準違反とされる。
 
青山氏が「海に流せる水をタンクに貯めていては、余計、福島に偏見が積もるでしょう!」と言った。
 
日本人は、もう冷静になって福島の現実を見るべきである。
 
そして不正統計より問題があるという“地震予知”の件。
 
「出来ない」とわかってたのに、「出来る」と言って莫大な税金を吸い上げて無駄なことをしていたのが実態である。
 
そして“活断層”の次は“火山”で莫大な税金を巻き上げようとしているという。
 
こうしてみても福島は利用されてきたことが分かり、今後も利用されようとしている。

彼らは福島の復興はどうでもいいのだろう。


そろそろ国民は冷静になって真実を見極めよう。

・・・・・
人気ブログランキングに参加しています。 
冷静になって福島の真実を見るべきだ、と思った方はここをポチッとお願いします。
                     イメージ 2

開くトラックバック(2)


気ブログランキングに参加しています。 
まずはここをポチッとお願いします。 イメージ 2




イメージ 1


沖縄タイムスの「県民投票」の速報がシナ語で発信されていた。
----------------------
绳县民投票”修建美新基地票数超四分之
224日,日本冲绳县实施了关于是否成在该县野古修建新美基地民投票。根据《冲绳时报》、共同社、《琉球新》的投票站出口调查结示,填海造基地投“反”票的人,超民的四分之一(29万票)。
民投票本身没有法律束力,但当投票果的民意达到人数的四分之一知事(省)必尊重投票果,并将其通知日本首相和美国总统
(平成31224日 沖縄タイムス)
----------------------
 
嬉しさ余って本性を現した沖縄タイムス。
 
辺野古の埋め立ての是非を問う県民投票の結果、反対が多数を占めるという速報をシナ語で発信した。
 
沖縄県内で工作活動しているシナ人に伝えるためか?
 
シナ本国への朗報なのか?
 
この情報を一番喜ぶ国はシナである。
 
シナ様が喜んでもらえるなら、日本人が反発しようが不審に思おうが気にしない沖縄タイムスである。
 
この県民投票は公職選挙法が適用されないため、反対派が戸別訪問で「反対」するように要求(脅迫?)していた。
 
また沖縄県はこの県民投票の広告費に13千万円も使っていた。

イメージ 2
(沖縄在住の手登根安則氏の情報)

 
いずれにせよ、この県民投票は法的拘束力がないので反日左翼活動家の“お祭り騒ぎ”に過ぎない。
 
政府も投票前から何度も「投票結果で国の方針は何ら変わることはない」と述べている。
 
当然である。
 
日本国の安全保障やエネルギー政策を沖縄だけの結果、しかも反社会勢力が主導したバカ騒ぎにいちいち振り回されていては国家・国民は守れない。
 
沖縄タイムスでも明らかだが敵国シナが工作したとしか思えないものに流されるわけにはいかない。
 
大体、県民投票の結果で国の方針を変えようというのは議会制民主主義を否定するものであり、日頃から「民主主義」と言いながら、自分達はそれを守ろうとしないのが、嘘”と“騙し”の反日左翼の正体である。
 
国家存亡にかかわる国防やエネルギーは、国民が選んだ政府が責任を持って推し進めていくべきものである。

・・・・・
人気ブログランキングに参加しています。 
県民投票など無視でいい、と思った方はここをポチッとお願いします。
                     イメージ 2


気ブログランキングに参加しています。 
まずはここをポチッとお願いします。 イメージ 2



イメージ 1

---------------------
宮内庁「天皇陛下が文喜相と会ったことはない」
韓国の文喜相国会議長が「天皇陛下から『謝罪したいから仲立ちしてほしい』と10年前に言われた」と証言した件について宮内庁が事実関係を否定した。
 
おそらく文喜相議長は日本における天皇陛下の存在がどのようなものなのかいまいち理解していないのだろう。メディアの取材においてその場しのぎの嘘誤魔化そうとしたが、作り話だとバレてしまった
 
宮内庁に確認をとったのは夕刊フジ。天皇陛下が政治的な発言をするとは考えにくいという考えのもとで念のために質問状を送付し、事実を否定する回答を受け取った。
 
≪夕刊フジは同日、(1)天皇陛下が、文議長と面会された事実はあるのか(2)面会された場合、いつのことか(3)天皇陛下から韓国訪問をご希望される発言があったのか(4)文議長の発言が事実と異なる場合、宮内庁として抗議される考えはあるのか−という質問状を宮内庁に送った。≫
 
イメージ 2
 
宮内庁は「そもそも面会した記録がない。今後の対応については回答を控える」と返答。
 
要するに文喜相議長の口から出まかせだったというわけだ。
 
もし今後も文喜相議長が発言を撤回しないなら、いつ、どこで面会したのかを説明してほしい。またその場しのぎの嘘で誤魔化して泥沼にはまっていく姿が目に浮かぶ。(平成31223netgeek
---------------------
 
日本に対して「盗っ人猛々しい」と言った韓国議長の嘘が明らかになった。
 
こんな嘘が通用すると思ったのか?
 
どうせ真っ赤な顔して話をすり替えて、またわけのわからない嘘を言うのだろう。
 
例えばこうだ。
「実は10年前にそう言ってきたのは鳩山由紀夫だ」。
 
鳩山由紀夫といえば、先日の北海道の地震を「人工地震の人災だ」と言うくらい信用のない元総理大臣であるから十分あり得る。
 
いずれにせよ朝鮮人といつまでも話をしても時間の無駄である。
 
朝鮮人の話はいつも「嘘」「騙し」「話のすり替え」で、正直を旨とする日本人が相手する連中ではない。
 
日本政府がやるべきことは速やかに制裁を加えて、日本が本気で怒っていることを体で教えてやることである。
 
日本の甘い対応が朝鮮人の嘘を助長しているのだ。

・・・・・
人気ブログランキングに参加しています。 
朝鮮人は噓つき、と思った方はここをポチッとお願いします。
                     イメージ 2


気ブログランキングに参加しています。 
まずはここをポチッとお願いします。 イメージ 2



イメージ 1
プロ主婦 森松明希子

----------------------
原発事故で自主避難の家族に密着 ドキュメンタリーの第3弾、MBS24日深夜放送
東日本大震災の発生から今年で8年。東京電力福島第1原発事故により、福島県内からの自主避難を余儀なくされた家族の日常に密着し、長引く事故の影響と風化を問うドキュメンタリー番組「映像’19 フクシマの母〜母子避難8年・闘いの記録」24日深夜(25日午前)050分から、MBS(毎日放送、大阪市)で放送される。
 
福島県郡山市で暮らしていた森松明希子さん(45)は現在、長男の明暁(めいよう)さん(11)、長女の明愛(めいあ)さん(8)と3人で大阪市内のマンションに住んでいる。
 
原発事故から約2カ月後、「子どもの健康を守るため」と、夫の暁史さん(49)を郡山に残して自主避難した。避難生活が長引く中、県や国は帰還を促し、自主避難者への支援を20173月末で終了させた。
 
8年前までは普通の主婦だった森松さんだが、国や東電に対し避難に伴う慰謝料などを求める集団訴訟に参加し、原告らで作る連絡会の共同代表を務めている。
 
「原発事故による被ばくを免れる権利は人として当然ある」などと訴える講演活動も継続。昨年3月には2人の子どもを連れてスイス・ジュネーブの国連本部を訪れ、避難者の人権を守るためのアピールも行った。
 
福島第1原発では廃炉に向けた作業が進むが、原子炉格納容器内の溶融燃料(燃料デブリ)の取り出しもできていない。避難生活の終わりも見えない状況だ。
 
MBS13年から森松さん家族を取材。今回は14年と16年の放送に続く第3弾で、子どもたちの成長が避難生活の長さを実感させる。津村健夫ディレクターは「時間の流れを視聴者に見せたいと思い取材を続けてきた。フクシマを忘れないでほしい」と話した。【倉田陶子】(平成31220日 毎日新聞)
----------------------
 
極左活動家主婦の森松明希子といえば、医者の夫を福島に残して自分は大阪のマンションで悠々自適に暮らしながら、反原発の極左活動をして国や東電にお金をたかる“プロ主婦”である。 
 
森松明希子は「金をよこせ!」「子供と3人に4500万円よこせ!」と裁判までした。
 
弁護士は部落解放同盟全国連合会とつながりを指摘されている金原徹雄(下画像)である。
 
イメージ 2
 
毎日放送の津村健夫も反日左翼である。
 
イメージ 3
 
彼らがどういう繋がりかは想像つくであろう。
 
森松明希子は元看護婦で夫は医者である。
お金が必要であれば送金してもらえばいいのだ。
 
またそんなにお金がほしいならば看護師として働けばいい。
大阪には病院はたくさんあり、看護師はどこも不足している。
 
森松明希子は子供を利用して国連に行き、反日のグリーンピースの一員としてスピーチした。「福島の放射能が危険なのに日本政府は帰還させることばかりだ。私達の人権を守るように国連人権委員会の勧告を受け入れて直ちに実行すべきだ」と訴えた。

イメージ 4
 
しかし、そもそも福島原発事故で自分の判断で自主避難したのだから自己責任である。しかもその避難生活が長引いてお金が必要だというのも自己責任である。
 
放射線防護学の専門家は福島事故直後に福島県内に入り、原発近くの線量を測定したが「避難する必要はない」と強く言っていた。

しかし正しいことを言う専門家の意見は全く報道されなかった。
 
帰らずに自主避難を続けるのは勝手だが、その補償を国や東電に求めるのは完全に筋違いである。
 
二宮尊徳はこのように言っている。
 
「枯木にいくら肥料をやっても生き返ることはない。

怠け者はその怠け心のために枯木のように滅びてしまう。だから情をかけると生き返るどころか益々滅んでしまう。


怠け者に情をかけるのは一見「仁」のように見えるが、本当は仁ではない。


怠け者に情をかける前に仕事に精を出させ、善行を行うように心を改めさせてから情をかけるべきである。そうすれば若い木が成長するように立ち直る。


何度教えても改心しない者は滅びるしかないのであって援助する必要はない」


・・・・・
人気ブログランキングに参加しています。 
お金が欲しければ働け、と思った方はここをポチッとお願いします。
                     イメージ 2

開くトラックバック(1)


気ブログランキングに参加しています。 
まずはここをポチッとお願いします。 イメージ 2



イメージ 1


平成31221日の「虎ノ門ニュース」で有本香氏と小野寺まさる氏の「アイヌ新法」の中で、とんでもないことがわかった。
 
-----------------------
有本香:「これは問題です。朝日新聞が同じ日に『アイヌ新法』の記事を日本語と英語で伝えた。日本語を読むと普通に淡々としているんですが、問題は英語です。
 
【日本語版】
≪政府は、アイヌ民族を「先住民族」と初めて明記したアイヌ新法案を今国会に提出する。自民党の国土交通部会などの合同会議が5日、法案を了承した。法案は差別の禁止や、観光振興を支援する交付金の創設からなる。政府には、アイヌ文化を観光資源とし、訪日外国人客数の目標達成の一助にする狙いもある。近く閣議決定し、今国会での成立をめざす≫
イメージ 2
 

【英語版】
≪1世紀以上にもわたって同化と差別を強いられてきて、アイヌの文化を消されるくらいにまで追い込まれたアイヌの人々が、ついに国会で先住民族と認められた≫
イメージ 3
 

この朝日新聞の日本語版と英語版はどうしてこんなに違うのか?
 
朝日はまるで国際社会に向けて、日本においてアイヌが米国のネイティブアメリカンやオーストラリアのアボリジニみたいな、ひどい扱いを受けてきたかのような印象をバラまいている。
-----------------------
 
朝日新聞は英語版でアイヌは差別されてきたと嘘を書いて世界に発信していた。
 
多くの日本人が知らないところで、まだこんなことをやっている朝日新聞。
 
以前、慰安婦でも朝日新聞は英語版で「forced to provide sex」と発信して「強制で性行為を強いられた」という印象を世界に発信したため、昨(平成30)年7月にケントギルバート氏が「朝日新聞英語版の『慰安婦』印象操作中止を求める有志の会」で指摘したばかりであった。
 
しかしこの時、朝日新聞は「申し入れには応じない」と突っぱねた。
 
朝日新聞は、世界に向けて嘘を発信して日本の名誉を貶めることには何ら悪びれることがないのだ。
 
朝日新聞はそこまで日本が嫌いで憎いのか?
 
ならば日本から出ていけよ。
 
なぜ朝日が世界にアイヌの嘘を発信しているのか、小野寺まさる氏がこのように指摘した。
 
「朝日新聞が日本語と英語で違う情報を外国に発信しているが、これは東京オリンピックの開会式でアイヌの方々1800人が開会式で踊ることが決まっているからなんです。
 
外国の方が朝日のそういう情報を知っていて、アイヌの方々が躍るのを見ると『こんなに虐げられてきた方達が、ここでこんなに一生懸命踊っている』ということで、世界の世論が大変なことになる危惧があります」。
 
アイヌ民族はもう存在しないが、自称アイヌ1800人が東京オリンピックの開会式で踊ることが決まっているそうだ。
 
その時、世界が「日本に侵略、虐殺されて虐げられてきたアイヌ民族」という捏造の見方をするように朝日新聞が発信しているというのだ。

しかし、こうしてネットでバラされる朝日であった・・・

・・・・・
人気ブログランキングに参加しています。 
またバカ朝日新聞か、と思った方はここをポチッとお願いします。
                     イメージ 2

開くトラックバック(1)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事