ここから本文です
さくらの花びらの「日本人よ、誇りを持とう」
保守の会会長 松山昭彦のブログ

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]


気ブログランキングに参加しています。 
まずはここをポチッとお願いします。 イメージ 2



イメージ 1

--------------------
医者による人体実験、731部隊の真相に迫る
813日(日)の『NHKスペシャル』(NHK総合、21:00)は、「731部隊の真実〜エリート医学者と人体実験〜」を放送。
 
日中戦争から太平洋戦争にかけて、密かに細菌兵器を開発し、実戦で使用した731部隊。敗戦の混乱のなか、部隊が証拠を徹底的に隠滅し、元隊員たちが固く口を閉ざしたため、その実像を知る手がかりは限られてきた。
 
今回NHKは、731部隊の拠点があった満州に侵攻した旧ソ連で、これまで存在が知られていなかった資料を発掘した。終戦直後に行われたハバロフスク裁判における、部隊中枢メンバーの肉声、20時間以上に及ぶ音声記録である。
 
そこには、国防や国益のためとして、当時の最新兵器だった細菌兵器開発を推し進めた実態、そして日本の満州統治に反対する中国や旧ソ連の人々を「死刑囚」とし、細菌兵器開発の「実験材料」として扱っていた実態が、克明に語られていた。
 
これまで裁判については、旧ソ連のプロパガンダとして発言を強要されたのではないかとの指摘もあったが、関与していない点については隊員が明確に拒否していたことも確認された。
 
さらに、旧ソ連の機密資料や元隊員がとりまとめた資料などからは、軍だけでなく学術界からも多くの研究者が部隊に参加していた実態が浮かび上がってきた。なぜ日本の知性を代表するエリートであった医学者が、こうした研究に関与したのか。
 
今回入手した当時の学術界の膨大な記録からは、満州事変以降、戦時体制が強化される中、軍と学術界が関係を深めていった過程がみえてきた。さらに、日本軍が満州統治に反対する人々を死刑にすることについて、世論の支持が高まる中で、「死刑囚」を研究に活用しようという動きが医学界で相次いでいた実態も、明らかになってきた。
 
731部隊はどのようにして生まれ、そして医学者たちは、どのようにして731部隊に関わったのか。旧ソ連、そして日本国内で発掘した数百点以上の資料をもとに、731部隊設立の謎に迫る。(2017.8.13 NHKスペシャル)
--------------------
 
NHKが731部隊設立の謎に迫る」とあるが、NHKはなぜ731部隊を取り上げて「謎に迫る」必要があるのか、である。
 
今もシナが日本への歴史戦と位置付けているのが「南京虐殺」「重慶爆撃」そして「731部隊」である。しかも3つとも捏造で、日本を貶めるための道具にしている。
 
NHK本社の中にはシナ共産党の指揮下にある公共放送CCTVが入っているのは有名なことであるが、CCTVの子会社が運営している「北京メディアセンター」というのがあり、NHKスペシャルを始めとするシナ関連番組の制作はNHKの子会社NHKエンタープライズから北京メディアセンターに孫請けされて制作・運営されている。
 
つまりNHKスペシャルはシナ共産党にとって都合の悪い放送は出来ないのだ。このことを知った上でNHKスペシャルを視なければいけない。

イメージ 2
NHKが発掘したという音声記録
 
番組の冒頭で「今回入手した資料や膨大な記録」とあるが、NHKは国民から強制的に受信料を徴収して、その莫大な資金をバックに、あらゆるところから歴史的な資料を買収、収集して、その都合のよいところだけをピックアップして、日本を貶めるのがNHKのやり口である。
 
満州は元々不衛生な土地で、水は飲めず、風土病、コレラ、チフス、ペストなどの伝染病発生地であった。この伝染病対策や水対策として関東軍防疫給水部(731部隊)があった。
 
ここでは共産ゲリラの細菌兵器攻撃も想定して秘密研究に従事していた。この水際の活動がなければ満州はパニックになっていた。

この731部隊は森村誠一の『悪魔の飽食』で有名になったが、ここには人体実験の様子が描かれているが、ネタは共産党の赤旗記者である下里正樹の取材で書いた本で、内容も嘘だらけで、しかも35枚中20枚の写真が偽写真だった事が判明して、出版社の光文社は絶版としたが、その後、問題個所を削除して角川書店から再出版している。
 
今回、番組では731部隊は約3000人の人体実験を行っていたと報じた。しかし後に米国が証拠を探しても見つからなかった。

それよりも米国の広島・長崎の原爆投下は死者数十万人いて、明らかな人体実験であり、日本人はモルモットにされた。そのことは原爆投下後に米軍が現地に来て、被曝者の治療はせずに観察をしていたことがそれを裏付ける。
 
また番組ではハバロフスク裁判の音声記録を紹介して、731部隊の残虐性を報じていた。しかしこのハバロフスク裁判というのはたった6日間で日本軍を裁くための裁判で、ソ連軍による拷問をされての証言であるため、国際法違反であると言われている。
 
また「ソ連の満州侵攻で731部隊は実験施設を破壊して、実験用の人間を殺し、徹底的な証拠隠滅が図られた」と報じた。
 
しかし、破壊されたはずの建物の大半は残って修理され、731部隊本部棟は原型はそのままにして、最近まで小学校として使用されていたのだ(下画像)。

イメージ 3
 
それよりも「ソ連の満州侵攻」を報じるならば、なぜ日ソ不可侵条約を一方的に破棄して、非人道的な日本人の民間人を虐殺した事件、興安街の日本人女性など1200人を虐殺した葛根廟事件、長春第八病院の日本人看護婦強姦事件、170人の日本人女性が強姦された敦化事件などを言わないのか。
 
またNHKが日本の公共放送であるならば、「ハバロフスク裁判」ではなく「ハバロフスク事件」を取り上げないのか。
 
ハバロフスク事件は、昭和30年、ハバロフスク第16.収容所第1分所の日本人抑留者769名が生命の危機に直面したため、ソ連に抗議して、作業拒否と絶食という非常手段に訴え、無警告による弾圧にさらされながらも最終的には目的を達成した。ソ連という共産主義国の中でこのように生き抜いてきた日本人もいるのだ。
 
嘘の様な話で日本を貶めるよりも、理不尽の中で生き抜いた日本人こそ取り上げるべきではないか。

NHKはシナの意向に沿った日本人だけを貶める放送を流して、日本人から受信料を貰って放送することに良心の呵責はないのか。
 
最後に、NHKスペシャルのHPには「番組を見た感想」として5つのうちから一つを選べることになっているが、「見るに堪えない」という項目がない(下図)。つまり選べないのだ。

イメージ 4
 
世に言う世論調査や支持率調査もこの類で、適切な回答項目がないためやむを得ずその中から選んで、テレビ局の意図した調査結果にしようとしているのであろう。
 
・・・・・
人気ブログランキングに参加しています。 
NHKは日本のために働け、と思った方はここをポチッとお願いします。
                    イメージ 2 

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事