ここから本文です
さくらの花びらの「日本人よ、誇りを持とう」
保守の会会長 松山昭彦のブログ

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]


気ブログランキングに参加しています。 
まずはここをポチッとお願いします。 イメージ 2



イメージ 1
この容器は他の航空会社も使用しているのに日本航空にだけ抗議する朝鮮人

----------------------
JAL、「旭日旗」理由での容器変更を否定
機内食の容器デザインが「旭日旗を連想させる」と韓国で物議を醸していた問題をめぐり日本航空(JAL)は22日、抗議を受けてデザイン変更するとの韓国メディアの報道を否定。取材に対し、該当の機内食の容器変更は仕入先の都合によるものと説明した。
 
韓国のコミュニティサイトには、6月上旬にJALを利用した際のものだというコシャーミール(ユダヤ教徒食)の容器のフタが投稿され、そのデザインが「旭日旗を連想させる」として物議を醸していた。
 
中央日報などによると、韓国・誠信女子大の徐敬徳教授がJALに対し、「全世界の多くの旅行客が利用する、それも戦犯国家の日本を代表する航空会社の日本航空で、旭日旗デザインを使用してきたというのは衝撃的」などと是正を求めた。
 
旭日旗を連想させるとの理由でデザインを変更するのかJALに確認したところ、容器の変更は仕入先の都合によるもので、「抗議を受けての対応ではない」と韓国メディアの論調を否定した。
 
なお、機内特別食の容器は、「海外の会社が作っているもので、他の航空会社も使っている」ものだという。(平成30622BIGLOBEニュース)
----------------------
 
JALの機内食の容器の投稿を見た大学教授が「戦犯国家の日本航空が旭日旗を使用した」「早期に変更しないと不買運動する」と抗議した。

日本には何でもイチャモンをつける民族である。

それを受けて日本航空が「容器を変更した」、と報じられた。

しかし実際は抗議を受けて容器を変更したのではなく、始めから変更が決まっていたのであって、しかもその容器は他の航空会社も使っていたという。

ならばすぐに反論すべきである。
 
「戦犯国家」と言った朝鮮人の大学教授は「全世界戦犯旗退治運動」に取り組んでいるという。
 
日本を「戦犯」にしたのは東京裁判だが、これは戦勝国が敗戦国を裁いた復讐のための“裁判ごっこ”であることは国際法学会の中でも常識であり、今や「戦犯」といえば”戦勝国”であることが常識である。
 
しかも朝鮮人が日本を「戦犯国家」などと言う資格はない。
 
朝鮮人というのは日本の庇護の下で生き延びてきた民族で、敗戦と同時に手のひらを反して日本人に対して戦勝国気取りで威張りちらした低俗な民族である。
 
しかも朝鮮人はベトナム戦争で民間人30万人を殺害し、ライタイハンは35千人もいる。これこそ戦犯である。
 
「戦犯旗退治」よりも、朝鮮人こそ退治されなければならない。
 
 
今回、別の件でもう一つ問題が起きた。
 
日本航空と全日空はウェブサイトで「台湾」を「中国台湾」と表記していると台湾が抗議してきた。
 
日本政府も日中共同声明で「台湾はシナの一部」というシナの見解は受け入れていない。
 
日本はサンフランシスコ講和条約で台湾の“主権を放棄”したが“帰属”は明確にしていない。
 
つまりシナが法的根拠もなく勝手に「中国台湾」と言っているだけで、そんな出鱈目な表記などすべきではなかった。日本の大企業としてよく歴史的経緯を知っておくべきである。
 
台湾は東日本大震災や今回の大阪地震などで見せたように、どこの国よりも早く支援をしてくれた日本にとっては“真の友好国”である。
 
一方、朝鮮やシナは日本に大地震が起こると「お祝いの言葉」が溢れる“永遠の敵国”である。
 
企業といえども日の丸を背負っている限りは、敵国の要求や抗議などは突き返して、そんなに嫌なら「二度と乗るな」、そんなに日本が嫌いならば「日本に来るな」とはっきり言ってやるべきである。

・・・・・
人気ブログランキングに参加しています。 
敵国におもねる必要はない、と思った方はここをポチッとお願いします。 
                    イメージ 2 

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事