ここから本文です
さくらの花びらの「日本人よ、誇りを持とう」
保守の会会長 松山昭彦のブログ

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]


気ブログランキングに参加しています。 
まずはここをポチッとお願いします。 イメージ 2



イメージ 1

-------------------------
ネトウヨ像覆す8万人調査 浮かぶオンライン排外主義者
「ネット右翼」はどのくらいいて、どのような人たちなのか。その実像に迫ろうと、8万人規模の過去に例のない大規模調査が行われた。
 
ネット右翼と呼べる人たちは全体の1・7%だったほか、これまで語られてきたネット右翼像とは異なるタイプの「オンライン排外主義者」が3・0%存在することも浮かび上がった。
 
ネット右翼とは一般的に、保守的・愛国的な政治志向を持ち、中国や韓国などの近隣アジア諸国に対して排外的な言動を行う人を指すことが多かった。
 
規模は小さいとされるが、膨大な情報を生み出すことから、その影響力に注目が集まっている。一方で、ネット右翼の担い手がどんな人たちなのかについて実証的に検証したケースは少なく、多様なネット右翼像が流通しているのが現状だ。
 
靖国公式参拝、憲法九条の改正、学歴や雇用形態など、アンケートで尋ねた項目から「ネット右翼像」に迫ります。・・・・

こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。(平成30107日 朝日新聞)

-------------------------
 
朝日新聞デジタルは記事を途中まで読ませて、そこから先はお金を取って読ませようとしている。
 

しかし絶対にお金を出して読んではいけない。朝日にお金を出すというのは反日に資金援助することになるからである。

 
今、反日マスコミはネットをかなり警戒している。
 
それは今までのような「捏造」や「嘘」がすぐにバラされて反論されてしまうので、何とかして潰したいのだ。
 
普段は「言論の自由」「表現の自由」と言いながら、自分達に都合の悪いネットには「ネトウヨ」とか「ヘイト」とか「排外主義者」というレッテルを貼って言論封殺して潰そうとしている。
 
しかし逆に言えば、彼らが「ネトウヨ」と言っている人達は日本のために正しい発信をしているということになる。
 
反日のTBS「報道特集」(106日)もネットを警戒してこのように報じている。

イメージ 2

イメージ 3

「学生にネットの情報で、辺野古に基地を造らないと尖閣を中国にとられてしまうが大丈夫ですかと言われた。ネットの情報をうのみにしてしまって、それを学生から聞いた時、ドキっとしました。いや、そうじゃないんだと言った」(沖縄国際大学の照屋寛之教授)。

尖閣をシナが狙っているのは常識であり、それは米軍があるから手を出せないという抑止効果もある。


こういう簡単な常識も「ネットのデマ情報」にしたいというのは、シナの工作員だと思われても仕方がない。
 
朝日新聞が言う「ネット右翼」とは、
「保守的・愛国的」な人
「中国や韓国などの近隣アジア諸国に排外的な言動を行う人」
「靖国公式参拝」を推進する人
「憲法九条の改正」を推進する人
である。

これらは戦後体制から目覚めた普通の人だと思うが、朝日には右翼に見えるらしい。
 
ならば朝日はこれと逆の人達を「ネット左翼」と呼ぶのか?
 
朝日がそう呼んだことは見たこともない。

 

朝日新聞にとって邪魔なのはあくまで「ネット右翼」だけなのである。

 

ならば「ネット右翼」とどんどん呼んでもらうためにも、日本のためにどんどん正しい発信をして朝日新聞に嫌われようと思う。




--------【講演会のご案内】---------
 「田母神俊雄・西村真悟ダブル講演会 『日本の危機』」
     (保守の会大阪・日本高志会 主催)

イメージ 4

国歌斉唱、海ゆかば斉唱、教育勅語奉読から始まります。
関西の皆さん、大阪で「日本」を熱く語りましょう
日時:10月27日(土) 開場1400〜 講演 14301700
場所:国民會舘 住友ビル12
参加費:事前申込み1,500円(当日2,000円)
懇親会:17301930 ホテル京阪地下1階(参加費3,500円)
お問合わせ・申込み:050-3568-7220(日本高志会代表 六本(ろくもと))
イメージ 4


・・・・・・
人気ブログランキングに参加しています。 
朝日に嫌われよう、と思った方はここをポチッとお願いします。 
                    イメージ 2


気ブログランキングに参加しています。 
まずはここをポチッとお願いします。 イメージ 2



イメージ 1


106日の「みのもんたのよるバズ!」でこのような場面があった。
-------------------
佐藤正久外務副大臣:「中国の軍事力を冷静に評価すると、近代化のスピードはかなり顕著になっています。さらにアメリカとの関係で強み、宇宙、深海、サイバーとかにかなり予算を付けている。自衛隊のサイバー部隊は500人いないんです。中国は13万人とか15万人です」
塩村あやか元東京都議:オスプレイよりそっち(サイバー)にお金を使った方がいいんではないですか」
イメージ 2
佐藤正久:「いや、オスプレイも必要です
塩村あやか:オスプレイも必要?
佐藤正久:「いろんなものが必要なんです。塩村さんみたいに短絡的にサイバーをやってオスプレイをやめる?そんな考えでサイバーが作れるわけありません
-------------------
 
-------------------
伊波洋一元宜野湾市長:「私達の国がそんなに危ない国なのかということを考えればいいんです。だって今月、安倍首相は訪中しますよね。さらに来年には習近平主席が日本に来る。今年は日中安全保障条約40周年なんですね。つまり日本と中国の関係は戦争しない関係が作られているんです。その時に、どこの敵を相手に様々な基地をつくったり、イージスアショアだとか、もろもろの武器をつくるの?
イメージ 3
佐藤正久:それは伊波さん全然間違っています。それは考えが甘い。違う!
-------------------
 
塩村氏や伊波氏などの反日左翼というのは、どうしてこう安全保障や国防に音痴なのか。
 
占領憲法を「平和憲法」などと寝ぼけたことを言っているからこうなのか、それともシナ工作員の手先なのか・・・。
 
やはり日本にはスパイ防止法が必要である。
 
スパイ防止法が制定されて、マスコミや議員などで誰が捕まるか、よく見てみたいものである。
 
佐藤正久議員の言うことは当たり前なのだが、相手が幼稚過ぎてまるで切れ者に見えてしまう。
 
サイバーについてだが、シナという民族は自ら新たに開発したりすることはできない。できないから盗むのだ。
 
スパイや工作員を相手国に潜入させたり、技術ある企業を買収したり、サイバー部隊を用いてペンタゴンや各国の防衛産業の企業に入り込んで情報を盗む。
 
またシナは「サイバーセキュリティ法」をつくって、EUや日本や米国のIT企業がシナで事業展開する時は機密の暗号の開示をしないとシナでビジネスが出来ないようにした。
 
もちろん情報を盗むためである。
 
シナはサイバー育成のため、一流大学に入る優秀な人間をサイバーの高等教育を受けさせる。
 
そしてシナは世界の工場であることを利用して、米国の兵器などに「マルウェア」を埋め込み、いざという時に使用不能にさせたり、誤作動させたりして兵器を無力化させる。
 
シナはこのサイバーに1315万人の体制で取り組んでいるという。
 
日本がこれに対抗するには、塩村氏が言うオスプレイの導入をやめただけではできるわけがない。そういう問題ではなく、サイバー部隊をどこまで構築するか、同時にスパイ防止法も必要になるはずである。
 
一方の伊波洋一氏も相当の平和ボケかシナ工作員の手先である。
 
大体、日本とシナの間に「日中安全保障条約」など締結していないし、それを今年が「40周年」というのは「日中平和友好条約」のことではないのか。


しかもそれを根拠に「日本と中国の関係は戦争しない関係が作られている」と、真剣な顔をして妄想を言うのだ。
 
佐藤議員に「それは間違いだ」と言われて当然である。
 
シナが日本に戦争をしないならば、なぜ日本に核搭載ミサイルを何百発も日本に向いているのか。
 
しかし、塩村氏や伊波氏のような考えのような甘い日本国民が多いのも事実である。
 
だから反日左翼団体のある大学生は「もし本当に中国が攻めてくるなら、僕が九州の玄関口で、とことん話して、酒を飲んで、遊んで、食い止めます。それが本当の抑止力でしょう?」と堂々と言うのだ。
 
日本にはこういう「内なる敵」ならぬ「内なるバカ」が多くいるから、国民投票を必要とする憲法改正すら慎重にやらねばならないのである。
 
これが「日本の危機」でもある。
 
 
--------【講演会のご案内】---------
 「田母神俊雄・西村真悟ダブル講演会 『日本の危機』」
     (保守の会大阪・日本高志会 主催)

国歌斉唱、海ゆかば斉唱、教育勅語奉読から始まります。
関西の皆さん、大阪で「日本」を熱く語りましょう。


日時 10月27日(土) 開場1400〜 講演 14301700
場所 国民會舘 住友ビル12
参加費 事前申込み1,500円(当日2,000円)
懇親会 17301930 ホテル京阪地下1階(参加費3,500円)
お問い合わせ・申込み 050-3568-7220(日本高志会代表 六本(ろくもと))

イメージ 4


・・・・・・
人気ブログランキングに参加しています。 
反日左翼は日本を滅ぼす、と思った方はここをポチッとお願いします。 
                    イメージ 2

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事