ここから本文です
さくらの花びらの「日本人よ、誇りを持とう」
保守の会会長 松山昭彦のブログ

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]


気ブログランキングに参加しています。 
まずはここをポチッとお願いします。 イメージ 2




イメージ 1


沖縄タイムスの「県民投票」の速報がシナ語で発信されていた。
----------------------
绳县民投票”修建美新基地票数超四分之
224日,日本冲绳县实施了关于是否成在该县野古修建新美基地民投票。根据《冲绳时报》、共同社、《琉球新》的投票站出口调查结示,填海造基地投“反”票的人,超民的四分之一(29万票)。
民投票本身没有法律束力,但当投票果的民意达到人数的四分之一知事(省)必尊重投票果,并将其通知日本首相和美国总统
(平成31224日 沖縄タイムス)
----------------------
 
嬉しさ余って本性を現した沖縄タイムス。
 
辺野古の埋め立ての是非を問う県民投票の結果、反対が多数を占めるという速報をシナ語で発信した。
 
沖縄県内で工作活動しているシナ人に伝えるためか?
 
シナ本国への朗報なのか?
 
この情報を一番喜ぶ国はシナである。
 
シナ様が喜んでもらえるなら、日本人が反発しようが不審に思おうが気にしない沖縄タイムスである。
 
この県民投票は公職選挙法が適用されないため、反対派が戸別訪問で「反対」するように要求(脅迫?)していた。
 
また沖縄県はこの県民投票の広告費に13千万円も使っていた。

イメージ 2
(沖縄在住の手登根安則氏の情報)

 
いずれにせよ、この県民投票は法的拘束力がないので反日左翼活動家の“お祭り騒ぎ”に過ぎない。
 
政府も投票前から何度も「投票結果で国の方針は何ら変わることはない」と述べている。
 
当然である。
 
日本国の安全保障やエネルギー政策を沖縄だけの結果、しかも反社会勢力が主導したバカ騒ぎにいちいち振り回されていては国家・国民は守れない。
 
沖縄タイムスでも明らかだが敵国シナが工作したとしか思えないものに流されるわけにはいかない。
 
大体、県民投票の結果で国の方針を変えようというのは議会制民主主義を否定するものであり、日頃から「民主主義」と言いながら、自分達はそれを守ろうとしないのが、嘘”と“騙し”の反日左翼の正体である。
 
国家存亡にかかわる国防やエネルギーは、国民が選んだ政府が責任を持って推し進めていくべきものである。

・・・・・
人気ブログランキングに参加しています。 
県民投票など無視でいい、と思った方はここをポチッとお願いします。
                     イメージ 2

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事