ここから本文です
さくらの花びらの「日本人よ、誇りを持とう」
保守の会会長 松山昭彦のブログ

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]


気ブログランキングに参加しています。 
まずはここをポチッとお願いします。 イメージ 2




イメージ 8
本気でやる気あるのか?

----------------------
韓国「天皇謝罪要求は『誠意を見せろ』という意味。間違った解釈で非難してくるな
文喜相(ムン・ヒサン)国会議長の天皇陛下にかかわる問題発言について韓国外交部当局が無理のある擁護を始めた。
 
「文喜相議長の発言は『日本側が誠意のある姿勢を見せる必要がある』という意味だ。それなのに日本は度の過ぎた言葉で非難を続けている」
 
果たして本当にそうだろうか?
 
改めて文喜相議長の発言を確認してみると、そのような意味ではなかったように思える。
 
イメージ 1

 
イメージ 2
 
日本全体に誠意ある対応を求めるというよりも明らかに天皇陛下をターゲットにして対面での謝罪を要求している。ここまで具体的に言及しておきながら言い逃れするのは苦しい。
 
事実、日本ではすでに多くの人たちが文喜相議長に怒りを露わにしている。
 
イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6
 
それにもかかわらず、韓国外交部が言い訳をして逆に日本に反論してくるのはおかしい。これではレーダー照射問題の際に「日本が低空飛行で威嚇してきた」と逆ギレした一件と全く同じではないか。
 
歴史を振り返ると韓国の行動パターンはいつも同じ。日本人が謙虚に謝ることがあるのに対し、韓国は絶対に自らの非を認めず、むしろ言いがかりをつけることで相手を攻撃してくる。人としての品格などは気にせず口論ではとにかく勝つことが大事だと思っているのだろう。
 
このような話し合いが通じない国に対して経済制裁や国交断絶を望む声があがるのはもっともなことだ。今後もずっとトラブルが起き続けるのは目に見えているから、このあたりでケリをつけておいたほうがいいかもしれない。
(平成31226netgeek
----------------------
 
日本国は“天皇国”と言われる通り”神の国”であり、日本は建国以来、万世一系の皇統を先人達も國體護持のために尊い命を捧げてきた。
 
畏れ多くも、その天皇陛下を朝鮮人如きが「謝罪を要求」し、「戦犯の息子」とデタラメを言い、多くの日本人が怒っているのに、国会で野党の質疑は不正統計だ。
 
いい加減にアホとしか言いようがない。
 
しかしこの対応が朝鮮人に余計に舐められるのだ。
 
レーダー照射しかり、朝鮮人労働者の判決しかり、そして次のニュースもである。
 
イメージ 7
 
≪去年12月、日本と韓国がともに操業できる島根県沖の日韓暫定水域で、能登町の中型イカ釣り漁船が船の姿勢を安定させる漁具を使って操業していたところ、船と漁具をつなぐロープを韓国船に切断される事故があったことがわかりました。26日、石川県漁協は国に対応を訴えることにしています。
 
韓国船側に20メートル以上引っ張られたということですが、乗組員8人にけがはありませんでした。石川県漁協小木支所総務部の神谷洋志郎・部長役は「韓国の漁船がしたことは大変危険だった。漁のルールをしっかり守ってもらうよう国に申し入れをする」と話していました。
(平成31226 NHKニュース)≫
 
韓国船に日本船のロープが切られて20メートル以上も引っ張られた。
 
これは完全にケンカを売られているとしか思えない事件だ。
 
天皇陛下が侮辱されても、国民が危険な目に遭っても、国会では安倍叩きのための不正統計。
 
今の日本の国会議員のレベルはこの程度である。
 
国家観、歴史観のない人間を国政に送り出している国民にも責任がある。
 
事態がここまで来ても韓国への制裁もない。そういう声も聞こえてこない。
 
本来、国会では不正統計以上に、韓国への制裁措置を韓国がビビるくらい議論すべきである。
 
国民の怒りの代弁者たる国会議員が、何も行動しないというのは、日本の国会議員は役立たずのクズの集まりか?

百田尚樹氏は「自民党の8割はクズ、野党は10割クズ」と言った。(2月26日「虎ノ門ニュース」)

バ韓国への怒りとともに、制裁の議論すらしない日本の国会議員にも怒りを覚えるとともに呆れるばかりである・・・。

・・・・・
人気ブログランキングに参加しています。 
いい加減に早く制裁しろ、と思った方はここをポチッとお願いします。
                     イメージ 2


気ブログランキングに参加しています。 
まずはここをポチッとお願いします。 イメージ 2



イメージ 1


平成31225日、「虎ノ門ニュース」で青山繁晴氏が福島原発の事実を話した。
 
----------------------
青山繁晴:「僕は2011415日に福島の被災地に行ったが、みんな避難していて誰もいなかった。桜は咲いていて小鳥は鳴いていて、その中で自分で線量を測っていたら、豚、牛、馬、犬などありとあらゆる動物が足元に寄って来るんだけど1か月でガリガリになっていた。
 
そして線量は当時から低いんですよ。場所によっては避難する必要がないところも避難させて誰もいなくなっていた。
 
放射線障害でなく、おかしな避難の仕方で人々が亡くなった。原子力規制委員会の更田委員長も国会ではっきり『前委員長だった田中委員長も2千人以上が避難して亡くなりました』という重大な証言をしている。しかしこれは報道されない
 
福島はチェルノブイリと違って放射線そのもので亡くなったり、放射線障害で治療を受けた人もいないんですよ
 
僕は422日に中に入った。2号炉と3号炉の間に行くと1シーベルトだったんです。だから僕は被曝していますが、元気です。専門家と言われる人達は東京にいて誰も現地に来なかった。共同通信も記者は福島県外に出ろと指示された。福島民報など地元紙はここで頑張っているのに。つまりマスコミは放射線障害に関する理解が全然ないんですよ。
 
今も僕は福島に行っています。行けばびっくりしますが、行けば行くほどタンクは増えていく。最近は全然報道されないから、この問題は終わったと思っている人が多いが、違います。どんどんタンクは増え続けています。
 
タンクの中にあるのは水です。飲料水にもトリチウムは入っているんです。入っていても問題はないんです。どの水にも入っています。自然物の放射性物質で、量が多いと問題だが、ちょっとなら問題なく飲める。これがタンクに入っているんですよ。
 
今、九州の川内原発とか関西電力の大井原発とか高浜原発は再稼働しているが、トリチウムの水はどうしているか知っていますか?他国と同じように海に流していますなぜ福島だけいけないの?タンクに貯めてどうするかも決めないままなんです。原子力規制委員会の更田委員長は『この水は安全です』と言った。言っただけ。言って終わりなのか?規制委員会は大学の先生か?規制委員会は行政機関ではないのか!海に流せる水をタンクに貯めていては、余計、福島に偏見が積もるでしょう!
 
もう一つは活断層の問題。
原子力規制委員会は東京大学の地震系のOBの影響で、活断層が最大の問題にされている。活断層とは短く見ても十数万年前に一度動いたかもしれない、というのが活断層です。原子力発電って十数万年持つんですか?原発は普通は40年、延長して60年です。
 
大体、日本列島が活断層だらけです。ならば空港や新幹線はなぜOKなんですか?原子炉だけが地震で壊れたことがあったら別ですが。僕は線量が高かったですが4号機に近づいた。するとシャープペンシルくらいの配管や大きな配管があったが、何もズレていなかった。想定外の揺れだったが、一切壊れていないんです。地震では日本の原発は壊れなかった。逆に耐えたんです。
 
本当は津波ではなく、後で染みてきた水で、アメリカに丸投げした地下にあった非常用電源が濡れて、電気が通らなくなっただけの事故だったんです。僕は専門家として壊れていないのをこの目で見た。
 
活断層対策や活断層を掘るのも電気代に跳ね上がった。東大地震研が『地震予知出来る』と言って、そのためにいくらお金を使ったんですか?想像を絶するお金ですよ。全額、皆さんの税金です。
 
しかし阪神淡路、福島、大阪、北海道など予知できていないんです。だからこの間、『出来ない』と発表した。新聞記事も小さかった。なぜ、納税者は怒らないのか?では今まで使った何千億円と言う膨大なお金はどうしたんだ?出来ないとわかっていてやっていたんではないのか?統計不正よりこちらの方がもっと問題だ。
 
出来ないとわかってたのに『出来る』と言い金を吸い上げてた。それが原子力規制委員会の主要メンバーだった。
 
今、今度は火山と言い出している。火山の破局噴火は7千年から1万年に1回なんです。これにお金を使おうとしているんです…」。
----------------------
 
再稼働した川内原発などは、他国と同じようにトリチウムの水を海に流しているのに、福島だけは流せずにタンクに貯め続けている。
 
福島のタンクの水は放射性物質を除去して、残っているのは自然界にあるトリチウムのみである。
 
規制委員会も「安全な水」と言っている。
 
しかも福島基準で汚染水を海に流す基準はセシウムは1リットル当たり1ベクレル以下とした。しかし日本の飲料水はペットボトルでセシウムが1リットル当たり10ベクレル以下である。
 
つまり福島基準はペットボトルの水も海に流せば基準違反とされる。
 
青山氏が「海に流せる水をタンクに貯めていては、余計、福島に偏見が積もるでしょう!」と言った。
 
日本人は、もう冷静になって福島の現実を見るべきである。
 
そして不正統計より問題があるという“地震予知”の件。
 
「出来ない」とわかってたのに、「出来る」と言って莫大な税金を吸い上げて無駄なことをしていたのが実態である。
 
そして“活断層”の次は“火山”で莫大な税金を巻き上げようとしているという。
 
こうしてみても福島は利用されてきたことが分かり、今後も利用されようとしている。

彼らは福島の復興はどうでもいいのだろう。


そろそろ国民は冷静になって真実を見極めよう。

・・・・・
人気ブログランキングに参加しています。 
冷静になって福島の真実を見るべきだ、と思った方はここをポチッとお願いします。
                     イメージ 2

開くトラックバック(2)

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事