ここから本文です
さくらの花びらの「日本人よ、誇りを持とう」
保守の会会長 松山昭彦のブログ

書庫沖縄の危機

記事検索
検索

全10ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]

[ 次のページ ]


気ブログランキングに参加しています。 
まずはここをポチッとお願いします。 イメージ 2




イメージ 1


沖縄タイムスの「県民投票」の速報がシナ語で発信されていた。
----------------------
绳县民投票”修建美新基地票数超四分之
224日,日本冲绳县实施了关于是否成在该县野古修建新美基地民投票。根据《冲绳时报》、共同社、《琉球新》的投票站出口调查结示,填海造基地投“反”票的人,超民的四分之一(29万票)。
民投票本身没有法律束力,但当投票果的民意达到人数的四分之一知事(省)必尊重投票果,并将其通知日本首相和美国总统
(平成31224日 沖縄タイムス)
----------------------
 
嬉しさ余って本性を現した沖縄タイムス。
 
辺野古の埋め立ての是非を問う県民投票の結果、反対が多数を占めるという速報をシナ語で発信した。
 
沖縄県内で工作活動しているシナ人に伝えるためか?
 
シナ本国への朗報なのか?
 
この情報を一番喜ぶ国はシナである。
 
シナ様が喜んでもらえるなら、日本人が反発しようが不審に思おうが気にしない沖縄タイムスである。
 
この県民投票は公職選挙法が適用されないため、反対派が戸別訪問で「反対」するように要求(脅迫?)していた。
 
また沖縄県はこの県民投票の広告費に13千万円も使っていた。

イメージ 2
(沖縄在住の手登根安則氏の情報)

 
いずれにせよ、この県民投票は法的拘束力がないので反日左翼活動家の“お祭り騒ぎ”に過ぎない。
 
政府も投票前から何度も「投票結果で国の方針は何ら変わることはない」と述べている。
 
当然である。
 
日本国の安全保障やエネルギー政策を沖縄だけの結果、しかも反社会勢力が主導したバカ騒ぎにいちいち振り回されていては国家・国民は守れない。
 
沖縄タイムスでも明らかだが敵国シナが工作したとしか思えないものに流されるわけにはいかない。
 
大体、県民投票の結果で国の方針を変えようというのは議会制民主主義を否定するものであり、日頃から「民主主義」と言いながら、自分達はそれを守ろうとしないのが、嘘”と“騙し”の反日左翼の正体である。
 
国家存亡にかかわる国防やエネルギーは、国民が選んだ政府が責任を持って推し進めていくべきものである。

・・・・・
人気ブログランキングに参加しています。 
県民投票など無視でいい、と思った方はここをポチッとお願いします。
                     イメージ 2


気ブログランキングに参加しています。 
まずはここをポチッとお願いします。 イメージ 2



イメージ 2


-------------------------
「玉城デニーが当選すると沖縄が中国に乗っ取られる」というデマ情報が飛び交う!沖縄県知事選
沖縄県知事選を巡って怪情報がネット上を飛び交っています。その中でも特に多いのが「玉城デニーが当選すると沖縄が中国に乗っ取られる」というような類の情報で、いずれも発信源はネット上のまとめブログやSNSとなっていました。
 
意外とデマ情報の影響は大きく、解析ツールなどで情報の広がり具合を見てみると、一般の市民層や若者層を中心にかなり浸透しています。
 
また、元東京・中日新聞論説副主幹である長谷川幸洋氏のような人達も玉城デニー=中国論を広げており、先日も「こんな人物が知事になったら、沖縄の支持者だけでなく、中国や北朝鮮は大喜びだろう。祝電どころか、祝意表明の代表団を送ってくるかもしれない。そうなったら、歓迎の中国国旗(五星紅旗)が沖縄中にはためくのではないか」などとコメントしていました。
 
そもそも、玉城デニー氏は沖縄県与那城村(現・うるま市)生まれで、父は沖縄の米軍基地に駐留していた米軍兵士です。中国よりもアメリカ側に近い生まれや育ちであると言え、中国との具体的な関係を示す情報は出てきません
 
まとめブログやネット動画は一部の意見や発言を切り取って、あたかも玉城デニー氏が日本という国を切り捨てているかのように編集して見せています。
 
沖縄以前に安倍政権が大量の中国移民を受け入れているわけで、玉城氏のことを言うのならば、安倍政権のほうが中国人による日本乗っ取りを加速させているところです。
 
その点を指摘せずに、玉城だけを中国の手先かのように誹謗中傷している人達は、玉城氏だけの評判を意図的に落とそうとしているように見えます。
(平成309月27日 情報速報ドットコム)
-------------------------
 

「安倍政権のほうが中国人による日本乗っ取りを加速させている」とある。


玉城デニーは「一国二制度」を言い「日米から沖縄を取り戻す」と言っているが「シナから沖縄を取り戻す」とは言わない。
 
安倍政権には「移民」という名称の政策はないが、外国人の受入れ、特にシナ人・朝鮮人の受入れで、永住権取得や家族の帯同など“移民”に近い状態になっており、その点は保守派からも批判されており「玉城氏だけの評判を意図的に落とそう」というのは当たらない。
 
しかしシナに支援されてきた翁長県政を受け継ぐと明言している玉城は「シナ人による乗っ取り」はあり得るのではないか。
 
一番恐ろしいのは乗っ取りと気づかないうちに乗っ取られていることである。
 
反基地左翼に多いが、沖縄がシナに乗っ取られるのは“デマ”情報で、玉城デニーは米軍兵士から生まれているので米国寄りでシナとの関係を示す情報はない、という。
 
スパイ工作というのは証拠を残さないのが鉄則である。証拠や足跡を残してスパイ工作しているのは、よほどのドジのマヌケであり、そんな者はすぐ処刑される。
 
こういうことに関しては証拠がなくても裏読みや感じることが大事である。
証拠が出てきた時にはすでに遅いのである。
 
シナが頻繁にやっている尖閣への侵犯、南シナ海の軍事拠点化、そして国防動員法、海軍発展計画、領海法など、シナのやっていることには全く危機感がなく何も言わないのが反基地左翼である。
 
そこに何らかの“意図”があると感じるのは当然である。
 
青山繁晴議員は翁長知事の知事選はシナが支援したという「議事録」を入手して、その目的「中国の究極の目的は米軍を追い出すことだ、と書いてある」と明確に述べている。
 
青山繁晴議員はこう続ける。
----------------------
「沖縄のことを考えると佐喜眞候補が負けたのは不幸なことだと思っています。
翁長県政の4年間は国とずっと対立してきた。ただ対立で終わった。これは米軍基地の縮小に役立っていない対立でした。米軍基地を縮小するには必ず国と連携しなければいけない。何故なら安全保障は国の仕事だからです。これは世界のルールです。
 
地元の意見を聞くことはあっても最優先することはあり得ない。地元の反対意見で国の方針が覆ると収拾がつかなくなるんです。これはイロハのイであって、これが守られないからおかしなことになってしまう。日米の政府が決めることを、翁長知事が米国に行って話をしても相手にされないのは当然です。
 
沖縄に佐喜眞候補の応援演説に行って“脅迫”が来たんです。それは「翁長さんが中国のスパイだとお前は言っているが、名誉棄損で捕まえてやる」というもの。
 
しかし、いつ「翁長さんが中国のスパイ」だと言ったのか?彼らは必ず話をすり替えるんです。私が言ったのは、福岡のヤフードームの斜め前の中国総領事館が対沖縄工作活動の、中国共産党は半ば公然と工作活動を行っています。人民解放軍には工作要領もあってネットでも見れます。中国総領事館の総領事が那覇に来て、少なくとも2回以上、華僑の方々を集めて秘密会議を行って、その時の議事録を入手して、その証拠に基づいて中身を言っているだけです。
 
そこには『仲井眞知事への工作がうまくいかないので新しい人を探せ』という指示が書いてあった。『那覇市長の翁長市長は不満を持っている。それは国政や知事に出れない不満である。だから翁長にアプローチしろ。お土産も用意する。それは知事になった暁には、李克強首相と公式に会って、福建省から大量の観光客を入れて、それで沖縄の経済を支える』と書いてある。
 
だから翁長さんがスパイだと僕は一言も言っていない。そこには『翁長を知事にするのは米軍を沖縄から追い出すためである』とあり、これは中国共産党の方針と合致しているんです。
 
翁長県政の4年間は“中国の観光付け”“観光客依存”になっている。中国の観光客の方々は中国共産党が沖縄に行くなと言ったら行けないんです。その気になればあっという間に止められる。現にフィリピンではそれが起きている。
 
沖縄経済が中国の観光客頼みになっていたら中国共産党に間接支配されるのと同じじゃないですか。そこが問題なんです。
 
そこで今後の沖縄を考えると背筋が凍るわけです。中国共産党は必ず沖縄に踏み込んできます。玉城県政で観光客はもっと増やす。翁長県政同様、基地問題は国と対立が続き進展しない。(平成30101日 虎ノ門ニュース)
----------------------
 
裏付けを示しながら沖縄のシナ支配に警鐘を鳴らす青山議員だが、こういうことを全く検証もせずに”脅迫”したり、“デマ”と言って潰そうとしているのは、シナの手先としか思えないのである。
 
しかも「安倍政権こそシナの乗っ取りを加速させている」と話をすり替えて、矛先がシナに向かないようにしているのである。
 
長谷川幸洋氏の「こんな人物が知事になったら、沖縄の支持者だけでなく、中国や北朝鮮は大喜びだろう」もデマのように取り上げているが、実際、シナ共産党の機関紙「環球時報」は玉城初当選を「沖縄人民が日米に重大な勝利を収めた」とが取り上げて大喜びしている。https://www.recordchina.co.jp/b649710-s0-c10-d0054.html
 
イメージ 1

結局、シナをかばうためのデマ情報は反基地左翼の方ではないのか・・・

・・・・・・
人気ブログランキングに参加しています。 
”デマ”と言う”デマ”に騙されないようにしよう、と思った方はここをポチッとお願いします。 
                    イメージ 2


気ブログランキングに参加しています。 
まずはここをポチッとお願いします。 イメージ 2



イメージ 1


イメージ 3


イメージ 2

-------------------------
沖縄県知事に玉城デニー氏 辺野古移設に反対、翁長県政再現
翁長雄志沖縄県知事の死去に伴う知事選は30日投開票され、無所属の新人で共産党、社民党や労組などでつくる「オール沖縄」が推す玉城デニー前衆院議員が、無所属の新人、佐喜真淳前宜野湾市長=自民、公明、維新、希望推薦=ら3人を破り、初当選した。
 
玉城氏は米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に反対しており、政府と対立した翁長県政の再現となる見通しだ。
 
知事選は、安倍晋三首相が920日の総裁選で連続3選を果たしてから初の大型選挙だった。政府・与党が総力を挙げて支援した佐喜真氏が敗れたことで、今後の政権運営にも影響を及ぼしそうだ。(平成30930日 産経新聞)
-------------------------
 
沖縄県知事は玉城デニーに決まった。
 
告示前の選挙運動などの公職選挙法違反や政治資金規正法違反で告訴されても、各地で相手側のポスターを破っても、選管や警察に取り締まられることなく、何をやっても選挙に勝てる。
 
これが沖縄県民の選択であるならばやむを得ない。
 
しかし、前回の翁長当選の時のように、シナと取引してシナに選挙支援してもらっているならとんでもないことである。
 
玉城デニーの主張は「基地反対」ばかりが強調されていたが、それよりも「一国二制度」がある。

これは日本国から離れることを意味するが、県民はそれを望んでいるのか?
それともその意味が分からないのか?
 
また玉城デニーの主張「補助金頼みでない沖縄」「日米から沖縄を取り戻す」も、基地や補助金などの依存体質で成り立っている沖縄が日本政府の補助金などに頼らず、一体どこのお金に頼ろうとしているのか?
 
沖縄県民はシナで起きているウィグルやチベットやモンゴルの民族浄化を他人事ではなく、自分のこととして見た方がよいのではないかと思う。・・・

・・・・・・
人気ブログランキングに参加しています。 
沖縄はますます混迷する、と思った方はここをポチッとお願いします。 
                    イメージ 2

開くトラックバック(1)


気ブログランキングに参加しています。 
まずはここをポチッとお願いします。 イメージ 2



イメージ 1


1:49:20〜

-------------------------
翁長県政4年間の売国 知事にしてもらうかわりに沖縄を中国に売った〜青山繁晴
沖縄県知事選の客観的な情勢を言うと、最初の世論調査で1(佐喜眞):3(玉城)です。玉城デニーさんはラジオパーソナリティで、沖縄で玉城デニーさんを知らない人はいない選挙は知名度なんで、皆さんも自分の住んでいる市長の名前はわかっても、隣の市長の名前はわからない人が多い。同じく宜野湾市長の佐喜眞さんと言っても皆さんわからないんです。だから玉城さんが6割近い時に佐喜眞さんは10%あるかどうかでした。
 
それが期日前投票をやっていますが、今は50(玉城):49(佐喜眞)です。沖縄の地元世論調査では逆転したところもあります。今はそういう状況です。
 
そこで翁長県政4年間で沖縄がどうなったかと言うと、中国からの観光客を大量に受入れたので沖縄経済が自立の反対で中国頼みになっている。
 
翁長を知事にするために福岡の中国領事館が事実上の中国の工作の拠点になっている。その中で開かれた秘密会議の議事録を僕は持っている
 
そこに翁長が中国寄りになってくれるんだったら、中国の李克強首相が特別に会って河野洋平が同行して、福建省からチャーター便を那覇に飛ばして中国の観光客をどんどん入れると約束した。
 
そしてその議事録には、中国の究極の目的は米軍を追い出すことだと書いてある。これは普天間問題に関わってくるわけです。
 
だから僕は行政手腕がしっかりしていることを確認している佐喜眞淳さんを支援しています。これは自民党の議員だからではなく、祖国である沖縄を愛しているからです。(平成30924日 虎の門ニュース)
-------------------------
 
930日に開票の沖縄知事選、当初は知名度のある玉城デニーが圧倒的有利であったが、ここにきてほぼ互角の戦いになってきた。
 
メディアは報じないが、ネットでは玉城デニー候補の、告示前の選挙運動(公職選挙法違反)、佐喜眞淳候補のポスター破り(公職選挙法違反)、玉城デニー告発(政治資金規正法違反)など、反日極左の違法・無法な実態が次々明らかにされてきた。
 
玉城デニーを当選させたら、どういう沖縄になるか明らかである。
 
しかも玉城デニーは故・翁長の”後継者”として知事に推しているが、それは青山氏が指摘していることにつながってくる。

イメージ 2
 
つまり翁長はシナの工作(その手先が反日極左)で知事にしてもらい、その見返りに沖縄を一段とシナ寄りとした。

シナのためにやったということで翁長は反日極左から”神格化”されている。
 
同じように玉城デニーを知事にするためにシナに工作されて、その見返りの約束があるのではないか?
 
玉城デニーの「沖縄を”一国二制度”にして関税を0にして消費税も0発言はこのことなのか。

沖縄を”一国二制度”にして喜ぶ国はシナである。
 
シナの工作にかかれば玉城デニーなどチョロイものである。
 
「中国の究極の目的は米軍を追い出すことだと書いてある」とある。
 
沖縄米軍基地の追い出しはシナの国益のために活動家らがその手先となって妨害活動をしているということだ。
 
イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5
 

まさに滑稽な連中(手先)である。

玉城デニーを知事にするということは、翁長県政のシナ依存をさらに深化させて、“沖縄自治区”への一里塚となるのであろう。
 
結果、一番苦しむのは沖縄県民である。

ただでさえ反日極左をのさばらせて迷惑しているのは沖縄県民である。
 
今回の沖縄知事選は、そういう意味でも沖縄の行く末を決める大事な選挙である。
 
日本国民として沖縄県民の皆さんには正しい判断を下してもらいたい。

・・・・・・
人気ブログランキングに参加しています。 
どうみてもまともなのは佐喜眞候補である、と思った方はここをポチッとお願いします。 
                    イメージ 2


気ブログランキングに参加しています。 
まずはここをポチッとお願いします。 イメージ 2



イメージ 1
玉城デニー候補とその仲間達


930日開票の沖縄知事選、真っ最中である。
 
玉城デニー候補「ネットのデマは刑事告発する」(9月11日「沖縄タイムス」)と言っていたが、何と!自分が告発された。
 
玉城デニー氏を告発 政治資金規正法違反で」(八重山日報 922日号)
 
イメージ 3
 

候補者が選挙中に「刑事告発する」と言って脅すのもあり得ないが、「告発」されるのもあり得ない。
 
こんなのを知事選候補としていること自体、沖縄の恥である。
 
また、知事選のポスターが、玉城デニー候補のは無事だが、佐喜眞淳候補のだけが各地で破られている。
 
イメージ 4

 
イメージ 5


イメージ 6


イメージ 7
 
この露骨な違法行為はあり得ない。
こういうのはメディアは報じないので、ネットで拡散しよう。

選挙ポスターを破ると、公職選挙法第225(選挙の自由妨害罪)で「4年以下の懲役若しくは禁錮又は100万円以下の罰金に処する」であり、逮捕される。
 
普通の人は選挙ポスターを破るなど逮捕されるようなことはしない。
 
こんなことをやるのは玉城陣営としか思えない。
 
玉城デニーは「沖縄の明るい未来」と訴えているが、こんな連中に沖縄の未来を託せるのか?
 
考えなくてもわかることである。

沖縄は極貧となり、シナに乗っ取られる。


反日左翼は「沖縄を乗っ取るなど妄想」と否定するが、「琉球独立」や「一国二制度」と言っている限り、シナのために否定しているというのがわかる。


普通に考えてもシナの動きから、シナが台湾を抑えるために、また太平洋に出るために沖縄を狙っているのは明らかである。


沖縄の明るい未来のためには玉城デニーを当選させてはいけない。


今の候補者で沖縄を託せるのは佐喜眞淳候補しかいないのではないか。


イメージ 2
佐喜眞淳候補

・・・・・・
人気ブログランキングに参加しています。 
玉城デニーを知事にしてはいけない、と思った方はここをポチッとお願いします。 
                    イメージ 2

全10ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事