映画・社会・政治・本について少々。

「このような日本人でないところの日本人へ」

音楽

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

SEAMO!!

最近シーモにはまってます。

2nd アルバムのlive goes on 素晴しい出来だった。

何故シーモにはまったかというと、

友人のWがカラオケでルパンザファイヤーだけを歌いまくって、

それに巻き込まれた(笑)

というのがきっかけでした。

彼は普段はラップなんて歌わなさそうなのに、練習までしてきて

かなり盛り上げてくれた!!

W&SEAMOに乾杯!

開く コメント(0)

偽者ロッカー

サンボマスターがこの前テレビに出てお笑い芸人と対談してた。こいつら自分達がロッカーだと思ってるらしいがとんでもない。サンボマスターのボーカルが、石原慎太郎から、詩が三島由紀夫に似てると言われたと自慢してた。こいつあほとちゃうか!ロッカーには体制に反発・対抗するような態度が必要だと思う。たかが石原慎太郎ごときに褒められて喜んでるのもバカだと思うが、クソ権力者であるこいつから言われたことを自慢げにテレビで語るのは単なるアホだろう。ロッカーとか言ってんじゃねえよ!!

開く コメント(0)

尾崎豊の命日

今日は尾崎豊の命日。1992年4月25日に彼はこの世を去った。あれからもう14年が経つ。
何だか早いなあ。ついこの間のことのように思い出すよ。
今日は尾崎の曲を聞きながらいろいろと考え事をしよう。

開く コメント(0)

自由になりたくないかい
熱くなりたくはないかい
自由になりたくないかい
思う様に生きたくはないかい
自由っていったいなんだい
どうすりゃ自由になるかい
自由っていったいなんだい
君は思う様に生きているかい

2006年を生きている我々は自由に生きられているかな。日本ではみんな自由に生きているように思われるかもしれないけど、果してそうだろうか?「仕組まれた自由」じゃ意味がない。周りから縛られることなく、どれだけ自分の意思で自由になっているのか考えないといけない。例えば、バカなネット右翼はナショナリズムの奴隷になっている。奴隷根性を捨てて、そろそろ一人歩きする時だろうよ。

開く コメント(0)

再び尾崎豊

これまで持っていた映像資料は『THE DAY』と『Ozaki 19』だったんだけど、つい先日、最近発売されたDVD『尾崎豊 625DAYS』を買った。これは尾崎の十代の625日を、彼のライブ映像やそのリハーサルの映像を織り交ぜて収録したもの。もちろん初めて彼が新宿ルイードでやったライブも、一部ではあるが収録されている。彼の全力のライブを映像で見ただけでもすごく感じるものがあった。生で見たらもっとすごかったんだろうなあ。最後は彼の『卒業』のプロモを流してエンディングロールが流れる。こんな大きな存在を失って14年、あまりにも大きすぎた彼の存在は、まだ我々の心に大きな穴を開けたままだ。
それから、『THE DAY』はこれまではビデオだったんだけど、DVDで新たに完全版として出てたので買った。言わずと知れた尾崎最後のライブ。彼の表情の柔らかさが印象的。

開く コメント(2)

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事