Bontakaのブログ / from Duesseldorf

'09年7月11日開設。宜しくお願いします。【お友達もコバマズ大募集中!】

全体表示

[ リスト ]

口蹄疫ワクチン。これがどうにも分からない。
 
卑近な例で言えば、例えば自分の子が風邪をひいていたとする。インフルエンザ・ワクチンを注射しますか?
悪化の恐れがあるからしないですよね。
 
しかも口蹄疫ウイルスは、大きく分けてO型A型C型SAT-1型SAT-2型SAT-3型Asia-1型7タイプに分類され、そして各タイプはさらに複数のサブタイプに分けられる。
 
なんだか、インフルエンザに似てますね。しかも、ワクチンを接種された牛は一定期間後、殺される事になっています。
 
農林水産省のホームページ、
からリンクされている「動物衛生研究所」の「口蹄疫との共生(http://wwwsoc.nii.ac.jp/jsvs/05_byouki/prion/pf116.htm)」を見てみましょう。
え?共生???
口蹄疫が発生してワクチンを接種すると、ワクチン接種した動物がすべて屠殺された後、3ヶ月間、病気が発生しない場合に初めて清浄国に戻ることになっています。
現在のワクチンには次のようないくつかの問題があります。
(1)口蹄疫ウイルスには前に述べたように、7つの血清型があり、さらに多くのサブタイプがあるため、ワクチンは流行株に適合しなければ効果がありません。時折、これまでのワクチンが効果を示さない新しいタイプのウイルスが出現することがあります。流行株に合致しないとワクチン効果が期待できない点はインフルエンザの場合と同様です。
あちゃ(^^ゞ ハッキリ書いちゃってますね。不思議とインフルエンザとシンクロしています。
(2)ワクチン接種した動物でも感染することがあります。その際には症状はほとんど出ませんが、動物はキャリアーになってウイルスを放出してほかの健康な動物に感染を広げることがあります。
(3)不活化が不十分でウイルスがワクチンの中に生き残ってしまうことがあります。現実に1980年代にヨーロッパでこの事態が起きて、それ以来、ヨーロッパでは口蹄疫ワクチンの使用は完全に中止されました。ただし、現在の品質管理システムでは、このような事態が起こることはないと考えられます。
これも、人間のワクチンと同様ですね。ポリオ・ワクチンなどでも、同様問題が起きています。
見逃しやすいですが、この文章の中ほどには、重要な事が書かれています
英国に口蹄疫が出現したのは1839年で、アルゼンチンから輸入した肉や乾草についてきたものと推測されています。19世紀には地方病として定着し、農民に大きな被害を与えてきました。そして1892年から、発病した動物とその周辺のすべての動物を殺処分する方式(stamping out)が始まりました。

 ところが、1920年代に起きた発生では、殺処分対象の動物数が多くなりすぎて順番が回ってくる前に回復する動物が出始めて、農民は殺処分に疑問を持つようになりました。殺処分するか、それとも口蹄疫と共存するかという議論が起こり、議会での投票の結果、わずかの差で殺処分が勝ったと伝えられています。これが現在まで続いているわけです。
「農林水産省のホームページ」にも明記されているように、口蹄疫は人間には無害。
 
牛だって病気になる事もあるでしょう。熱が出たり、水疱が出来たりして元気がなくなる。それは体が直るための反応をしているのです。オトナの場合の死亡率は数パーセントという。でも、直る前に殺されてしまう。
 
あるいは、ワクチンを打たれ、そして殺される。その肉は、活かされることもない。
 
 
 
後編:「口蹄疫ワクチンの経済効果 」
に続きます。

この記事に

閉じる コメント(12)

全く胸と耳が痛い話です。
肉骨粉にしても外国で問題が起きて使わなくなったものをわざわざ輸入して狂牛病のあの有様です。
主将が吹き込まれた沖縄の基地問題の間違った情報といい、日本の官僚は勉強不足&へっぴり腰無能外交やろうばかりで使えません。
なのに一番の特権を有志いばってる。
そして商品価値の上がり下がりばかりを連呼するメディア。
牛や豚が生き物だと言うことを忘れているのか、そう言う報道をするように国から警告されているのか、血の通わない冷たい報道。
費用とか売り上げとか金のことしか言わない日本国は、いつか人が住まない 住みたくないゴーストランドになるでしょう
アイスランドの火山が爆発した時も、そこに住んでる人たちのことを始めに心配しなきゃいけないのに、なんの値が上がるとか株が下がるとかそんなことばっかり報道されてました。
ほんともう嫌だ。

2010/5/22(土) 午前 11:50 [ クリリン ] 返信する

顔アイコン

bontaka様

本当に胸の痛くなる出来事です
殺すのに打つ必要が有るの??
殺す必要が有るの??

答えは役人のとおり一辺倒
切ないですね

2010/5/22(土) 午後 5:52 [ Ryou ] 返信する

アバター

緩衝ゾーンを作って感染エリアを拡大させないという効果があるそうです。(僕は専門家ではないのでテレビのニュースの受け売りですが・・・)

そのために毎日日本全国から借り出された獣医たちが頑張っていらっしゃるようです。殺されてしまう家畜にはなんともつらいですが、一日も早くこの非常事態が収束の方向に向かったくれることを祈っています。

2010/5/22(土) 午後 9:24 けんたろうα 返信する

本当に日本はどうなってしまうのでしょうか・・・

2010/5/22(土) 午後 10:34 yuko 返信する

顔アイコン

表に出ている問題のほかに、隠された何かがあるのでしょうかね?
本当に殺処分されなければならない理由はなんなんでしょう・・

2010/5/23(日) 午前 2:56 [ ベティ ] 返信する

クリリンさん
病気の牛を殺すのは、やはり経済効果も大きな理由のようですね。乳が出ない、体重が減る。そんな牛を飼う余裕は無いと。

それにしても、鳩山さん、粘り腰で頑張りますね←あれ?世間の見方と違うかな?

米軍が沖縄基地は不要としているのは既にスッパ抜かれていますが、Bontakaは、

「煩悩くん フルスロットル」
http://aioi.blog6.fc2.com/blog-entry-1528.html
の見方を支持しています。ちと、長いですがご一読を!

2010/5/23(日) 午前 4:25 Bontaka 返信する

Ryouさん
1892年から、発病した動物とその周辺のすべての動物を殺処分する方式(stamping out)が始まりました。

もう2010年なんですが!?

効果も期待されない、それどころか副作用(口蹄疫の発病や悪化)もあるワクチンを何故打つのか? インフルエンザ・ワクチンと同じ構造ですね。

莫大な金が動くはずです。

2010/5/23(日) 午前 4:30 Bontaka 返信する

けんたろうさん

多くのかり出される獣医さんに悪意はないでしょう。

だけれども、マスコミのなんと不勉強なことか。あるいは製薬会社の言いなりなのか・・・ 緩衝地帯なんてありえません。

また、ワクチンの効果も疑問視されていることも、前述したとおりです。

唯一可能性があるとすれば、予めどの型が流行るか分かっていた・・・ つまり、インフルエンザと同様の「生物兵器」です。

感染経路は、感染した家畜や、ウイルスに汚染されたふん便等との接触、器具・車両・人などによるウイルスの伝搬、空気感染などです。

家畜の伝染病の中では最も伝染力の強いく、感染動物からの体液、分泌物、糞便との接触だけでなく、病原体が付着した塵により空気感染もします。空気感染では水疱が破裂した際に出たウイルスや糞便中のウイルスが塵と共に風に乗るなどして陸上では65km、海上では250km以上移動することもあります。

なので、緩衝地帯などウソだと断言します。

2010/5/23(日) 午前 4:44 Bontaka 返信する

Yukoさん
ウソだよそれ、マジメな顔してバカバカしいよ(^^ゞ
と気が付く時が来るのだと思います。百匹目の猿現象。

2010/5/23(日) 午前 4:49 Bontaka 返信する

ベティさん

「順番が回ってくる前に回復する動物が出始めて、農民は殺処分に疑問を持つようになりました。殺処分するか、それとも口蹄疫と共存するかという議論が起こり、議会での投票の結果、わずかの差で殺処分が勝ったと伝えられています。これが現在まで続いているわけです。」

つまり、普通は、病気を克服して免疫を獲得していくわけですが、その前に殺してしまう。

あくまでも可能性ですが、これはコントロールしやすいわけです。豚インフルエンザのように、わざわざコストをかけて新しいウイルスを開発しなくても、手持ちのウイルスが何回でも使えます。

だから免疫を獲得した、ワクチンを打った牛も、自然に回復した牛も、病気の牛も、皆殺しwww

なんちゃって、この想像が当たっていないことを祈ります。

2010/5/23(日) 午前 4:58 Bontaka 返信する

顔アイコン

なんでもありの、食品業界・・想像したらきりないけれど、
想像出来てしまう事実も怖いよね〜

2010/5/24(月) 午前 2:32 [ ベティ ] 返信する

ベティさん
特に英米の製薬会社の利益が絡んでいると、彼らはWHOの役員にもなっていますし、何でもありの状態です。

2010/5/24(月) 午後 6:43 Bontaka 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事