みりたーわーるど

アイポット設定が変わって写真の取り出しが複雑

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全500ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

DT車載機関銃

ソ連製DP28軽機関銃を基に1929年に車載機関銃として開発されソ連製の戦車、装甲車輛に数多く装備された。基本的な機能はDP28とおなじであり狭い車内で取り扱いやすいよう、ストックを伸縮式となりキャンパス性のクッション、ショルダー・レストが追加された。グリップはピストル・グリップに変更されて平たく平のパン・マガジンは複烈式の直径が小さく分厚いタイプへ改良装弾数が63発へと増加となった。マガジンの厚みが増すに合わせて背が高くなったリアサイトも特徴の一つである。

DP軽機関銃 47発
DT軽機関銃 63発

T34/-85 副武装
7.62 mm DT機銃×2(1890発)



おいおいおい


<T-34-85中戦車 1944年型>
7.62mm機関銃DTまたはDTM×2 (1,953発)

<T-34-85中戦車 1943年型>
7.62mm機関銃DT×2 (1,953発)

弾の数は判る
一体 何本のマガジンが入っているの?
弾数だけで判らん
1890発で 63発のマガジンで30個
1953発で  63発のマガジンで31個

って書いてない 今回調べて判った件 弾の数でポロポロ装填?
ドラムマガジン数で書けって
イメージ 1

DT車載機関銃の壁の横にマガジンラックがあって6個収納
イメージ 2

主砲横にラックがあって4個収納

イメージ 3

イメージ 4

DT車載機関銃の下10個ラック
イメージ 5
イメージ 6
どう計算しても収納数が20個 残り10個はいずこへ


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


猛暑の夏もひと段落したかと思いきや超大型台風の直撃で日本はまたもや自然のダメージを受けてぐちゃぐちゃの状況となってしまいましたね。そんな2018年の後半は穏やかな天候の下で過ごせればと思っております。
さて、第88回の準備を開始いたしまして、まずは87回会場で受け付けた出店申し込みを整理してVショーのHPにアップ致しました。
こちらの方々の出展希望は受理済みという事で、参加確認はがきの発想は行いませんが、未提出の方には来週あたりから確認はがきの発送を致します。
はがきが到着次第に必要事項明記の上で速やかなる返送をお願いいたします。

ご報告:本年末を持ちましてミリタリヤ池袋店は閉店となるので、次回分より住所が変わりますのでご注意下さい。
以上 宜しくお願い致します。
ミリタリヤ

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

45年日付の WW2 USMC 固定ハンドル シャベル海兵隊第二次世界大戦

WW2USGI 第二次世界大戦問題アメリカ海兵隊 - 海洋研究所 - まれな固定ハンドル シャベル -
海兵隊硫黄島と沖縄の戦いの間にこれらを使用している。

典型的な第二次世界大戦折りたたみ E ツール - この世界戦争の 1 つの時代の塹壕用シャベルのようにちょうど固定木製のハンドルが付いていますが T 型になっていない。

米 E.M.P. 株式会社 1945 年
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5

イメージ 6
柄の部分に黒色のOD色で柄を一回り塗ってある。
オーストリア軍のエンティングツールではないか?
イメージ 7

太とくなって細くなり丸い柄の先となるが
イメージ 8

M1951エントレンチングツールと比較してみる

イメージ 9

ほとんど類似系体。オーストリア軍エントレンチングツールとは別と判るはず。

当時のカバーの改装の説明がのっている。上の金具を下の方に降ろす。空挺部隊系のカバー作りである。
空挺部隊、山岳部隊とも呼ばれているカバーは海兵隊用のカバーでもあるようである。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

まさか 使用例が出るとは

イランへ輸出されて使用
イメージ 1



この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

昨日 ヒトラー研究家後藤修一さんが亡くなった。ドールショウ初期から顧問役としてスタッフ参加していただいた後藤修一氏ボードゲーマー・吾妻ひでお研究家、NSドイツ研究者、すーぱーがーるカンパニーの代表者またodessa、オデッサ、飯田橋修一等の幾つかのお名前で活躍されていたというのは有名だが、実はパソコン通信の時代、ミンキーモモのファンのお一人として「IIDABA」というハンドル名も持っておられた。亡くなったodessaさんこと後藤修一さんが主催していた「東京ゴジラ団」の会誌。odessaさんの最後のネット書き込みが18日の夜8時、メーリングリストにも同じくらい。昨日、21日の昼頃に、打ち合わせメールにも返事がないし…どう考えてもおかしいと思い、携帯2つに交互にかけたけど繋がらず。直接確認する決心をしたのでした同時に、友人にお願いして所轄の警察にも連絡して貰いました。何かあったら自分は家を開ける事ができないので。勘違いだったら怒られてもいいや…と。その時点では親族が先に異変に気がついて警察に連絡し現場処理は終わっていました。又聞きですが、亡くなられたのは、19日から20日未明との事でした。もう少し早く気づいていれば良かったのに
イメージ 1

odessaさんは本宅が配管の故障で、伊勢佐木町のお店で仮住まい中に亡くなりました。まさに、水木しげる先生が書いておられる部屋です。どうも後藤修一さんが熱中症を原因の一つとする病で急死されたというのは本当の様だ。
イメージ 2
イメージ 3


原因は熱中症他でも熱中症で本日点滴の治療の話も出でいる。電気代がもったいないということより、異常な暑さ対策にエアコンを使って寝ることをお勧めする。ご冥福をお祈りします。養女のマリちゃんが気になる次第です。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全500ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事