ここから本文です

書庫全体表示

藤子・F・不二雄さんの人気漫画「ドラえもん」の最終話を勝手につくって漫画化し、

販売した男性(37)が、出版元の小学館(東京都千代田区)と著作権を持つ藤子プロに謝罪し、

売上金の一部を支払ったそうです。

ストーリーは、

電池切れで動かなくなったドラえもんを、35年後にロボット工学の第一人者に成長したのび太が修理し、

よみがえらせるというもの。

よくあるパターンですなぁ、ジュブナイルでもそんなかんじだったよなぁ。

でも、この男性が「田嶋・T・安恵」の名で2005年秋ごろに漫画化し一部約500円で書店に販売を委託し、

昨年夏までに約1万3300部を販売したみたいです。

やっぱり昔から人気の漫画だから興味があるんですかね。

それにドラえもんには、最終回の都市伝説まであるみたいですね。

たとえば、「ある日、事故にあって植物状態になったのび太を、ドラえもんが天国へと連れて行く」

「植物状態ののび太が見ていた夢」「実はのび太は心身障害者で、ドラえもんは彼による作り話」

とかね・・・なんだかな!?。

問題になったストーリーも都市伝説のひとつになってたみたいですね・・?。

信じるか信じないかはあなた次第・・・。


・・・って全て否定されてますけどね^^;。


この記事に

  • 見つけてたら偽者とわかっても買っていたかもしれません^^;

    3 1 9

    2007/5/30(水) 午後 0:52

    返信する
  • この前「アメトーーク」って番組で、のび太がタイムマシーンでおばあちゃんに会いにいく話があり、号泣してしまいました。この勝手に作られた最終回の本は、いまから高値で取り引きされることになるでしょう。

    SAKU39

    2007/5/30(水) 午後 11:29

    返信する
  • アバター

    さんいちきゅうさん、わたしもたぶん買いますよ^^。。

    博多のひろ

    2007/5/30(水) 午後 11:51

    返信する
  • アバター

    SAKUさん、なんかそんな気がしますね。いやだねーー。。

    博多のひろ

    2007/5/30(水) 午後 11:54

    返信する
  • 顔アイコン

    ひろちゃんさん。最終回、玉屋も気になっていたけれど、ドラえもんはなくてもいいような気がするよ。

    tam*y*5548

    2007/5/31(木) 午後 9:23

    返信する
  • アバター

    なんてゆうか、なくていいんです、最終回なんてね。
    だからこそ、都市伝説が生まれるんでしょうね

    博多のひろ

    2007/5/31(木) 午後 10:48

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(1)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事