ポンコツラビリンス

2輪という名の迷宮に入ってしまい、戻ろうにも入り口を忘れてしまったおバカさんです

全体表示

[ リスト ]

荒磯道(最終回)

イメージ 1
 
歩道が無い事にすら慣れてきた頃、次の通過予定ポイントを探りながらも、岸壁降下を開始する。。。
それにしても、ナンだ?この有り得ない画像は??(苦笑)
 
 
イメージ 10
 
 
 
 
無事に岩場まで降りてきました!
下からの眺めも意味不明だ〜(笑)
 
 
この高巻き行動に出た事によって、
この先に道があるのを知り得ていた♪
迷わず岩場を飛び移って移動〜
 
 
 
 
 
 
すると・・・・
 
 
イメージ 11
 
 
 
 
 
ちゃ〜んと歩道が復活したのだ(><)
 
これで冷や汗から通常の汗にと変化!
 
岩陰で指先を冷却スプレーで冷やす・・・
ついでに水分補給〜、超ウメェ〜〜
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 12
 
 
 
 
 
 
いつまでも平穏な道は続かない・・・
もちろん望むところだ!
 
ここで草むらの崖を一気に登る!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 13
 
 
廃遊歩道、逃さん!!!
 
 
 
 
イメージ 14
 
 
 
 
 
無事に歩道位まで辿り着いた途端・・・
荒磯さん、アッサリ掌を返してきた(汗)
 
 
スゲー藪だ〜、ヤブはマジで嫌い!
でも我慢、我慢!!もうちょい突進〜
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 15
 
 
 
 
 
もう限界。。。
 
歩道の形跡すら無いし、
軽く迷子になってきた(汗)
 
 
 
 
 
 
 
高巻きは激ヤブで歩行困難と判断、再び海岸沿いの岩場に降りる
(この辺りから、気力&体力を大幅に激ヤブに奪われたせいか、画像を撮ってないです(^^ゞ)
 
 
再び岸壁を登攀するも・・・
 
 
イメージ 2
 
 
 
極悪非道!!
 
 
遊歩道手前の崖崩れエリアは死道!
ほぼ間違いなく滑落する(滝汗)
 
何より歩道頭上にあるヒビ割れて、
剥落しそうな岩が嫌過ぎる!!!
 
 
 
 
敗北。。。とても悔しいが、これ以上はムリだ。。。
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
敗者は上大沢に背を向けて、
再び皆月へと戻るのであった〜
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
いや、まだ敗者復活戦がある!!
 
望楼台遊歩道(迂回路)が残って
いるではありませんか〜(><)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
これまた草ボーボーな道だな〜、
中途半端な階段路になってるし(汗)
 
 
足を見えない段差に取られながらも、
なんとか登り続けると・・・・
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6
 
なんて鮮やかなグリーンカーペット。。。つーか、歩道はドコ消えた!?
どうやら斜面ごと、海の藻屑と消えてしまったみたいだ(汗)
こんな急斜面登る気にならね〜、ルパン三世『カリオストロの城』みたいな事になるよ??(場面、分かる?笑)
 
 
イメージ 7
 
 
 
 
 
 
荒磯さんにボコボコにされた敗者は、
おとなしく皆月口まで戻る結果に。。。
 
 
あぁ〜、ホントに悔しいなぁ〜(TT)
 
 
 
 
 
 
このままでは不完全燃焼すぎるので、車でゴール地点の上大沢まで訪れる事にしました!
 
 
 
イメージ 8
コチラが上大沢口となる、荒磯自然遊歩道の姿になります!
遊歩道が確認出来たでしょうか?ズームアップしますよ〜
 
 
イメージ 9
 
 
 
 
矢印で示した位置が道形となります
大きな崩落は見受けられないけど・・・
 
 
近所の農作業していたお爺さんに、
遊歩道の近況や状態を尋ねてみた!
 
 
 
 
 
 
昭和60年代後半でも既に荒廃が進んでいたものの、当時はまだ市の職員が除草等の作業は
行っていたらしいが、平成に入った頃から徐々に除去困難な落石も目立ってきたとか、
一番の原因は予想通りの能登半島地震(2007年、マグニチュード6.9M)によるものだとも。。。
 
(他にも驚いた事に、隧道は全部で4本あるってハナシだ!他にも大きな鉄橋が架かっていたのだとか〜)
 
素晴らしい自然の景勝地が一つ減るのは、能登の貴重な観光資源の損失なのは言うまでも無いが・・・
容易な事ではないだけに、遊歩道の再整備を望む声が出ないのも理解出来る、失われたモノはあまりに大きい
 
 
他にも能登には失われた遊歩道が存在するという、機会があれば此方も探索したいと思います!!
 
(おしまい)

この記事に

閉じる コメント(22)

顔アイコン

しかしまぁ、あれだけの隧道や道路を乏しい(であったろう)装備で
良く造ったものですねぇ〜(感心)
昔の人はエライわ。

2010/9/13(月) 午前 8:42 CUBき者 返信する

顔アイコン

フリークライミングを習いに行った効果が出ているじゃね〜か!!
最後の絶頂岸壁は初心者には無理だわな、上級者でもカナビラ無しではやらね〜とは思うけどさww

残る隧道も気になるな、こりゃ一度は上大沢側から攻めてみたいね♪

2010/9/13(月) 午後 0:51 [ A君 ] 返信する

すごいクライミングしながらとは恐れ入ります。(笑)しかしその行動力に脱帽ですわ

2010/9/13(月) 午後 2:38 ケンケン 返信する

顔アイコン

完結ですか、いやいや恐れ入りました。
しかし、昔の物を探索するのはドキドキしますね。
どうして・・・こうなの?とか考えながら・・・。
私も少々影響を受けているような・・・。
菌が広島にも飛来して来ております(^^)

私も藪は大っ嫌いです。

2010/9/13(月) 午後 4:41 我流兄者 返信する

顔アイコン

おぉ!冒険野郎マクガイバーも真っ青の…
まさにアドベンチャーですね♪
次回は本格的な装備での、アタック期待していますよ〜!

2010/9/13(月) 午後 7:31 たくん 返信する

顔アイコン

万年NAさん

ポチ、ありがと〜ございます!
画像にはありませんが、上大沢の入口までは進入したのですが・・・
カラスの仕業でしょうか?漁で不要となった雑魚が付近に散らばっていて、
恐ろしいほどの腐敗臭による、見えない規制線がありました(爆)
それを抜きにしても、体力や技量の7〜8割で止めておくのが廃道を安全に楽しむコツだと考えています(^^;

小説の舞台になっても不思議じゃないほど、能登の魅力を遺憾なく発揮している場所だったと思います!現役当時は・・・(苦笑)
小説ではありませんが、門前の郷土史等も併せて歩むと楽しさ増しますよ♪

2010/9/13(月) 午後 8:40 崔君 返信する

顔アイコン

ぱぱんさん

でしょ〜?あまりの強敵出現で、完全にビビってしまいました(^^;

そんなに古くからあったワケではないのですが、元々の条件が酷なだけに、
短期間での熟成があったものと思われます。。。

2010/9/13(月) 午後 8:44 崔君 返信する

顔アイコン

CUBき者さん

今でこそ本当に『安全第一』な工事が行われているものだと思いますが、
昔は公共工事での殉職者が出て当たり前とも思える難工事を進めていたのかと思うと、
本当に昔の人は色んな意味で強かったんだなって思います!

2010/9/13(月) 午後 8:55 崔君 返信する

顔アイコン

A君

どうでしょね〜(^^;競技としてのクライミングは嫌いだし、
今後もず〜っと初心者のままで終わると思います(苦笑)

上大沢側のほうが崩壊進んでるらしいよ?山菜取りの人も滑落して亡くなっているらしい(汗)

2010/9/13(月) 午後 8:59 崔君 返信する

顔アイコン

ケンケンさん

そんなつもりは無かったのですが、自然の成り行きでクライミングを
する事になっちゃったんですよ〜(^^ゞ

完全に歩道が消えていれば良かったのですが、奥にチラリと見えるものですから・・・(笑)

2010/9/13(月) 午後 9:02 崔君 返信する

顔アイコン

我流さん

メグロと同じですよ!言うならば、探究心の暴走です(笑)

百聞は一見に如かずですね♪実際に歩いてみて、初めて発見する事がいっぱいありました(^^)

我流さんまで、こんな悪影響を受けてはイケませ〜ん!
でも・・・広島にも時間に埋もれた道が潜んでいるハズ・・・(苦笑)

2010/9/13(月) 午後 9:09 崔君 返信する

顔アイコン

たくんさん

あはは!冒険野郎マクガイバーときましたか〜(笑)
バイクでの冒険も好きですが、歩きもたまには良いもんですね♪

これ以上、本格的なホンキの装備で行っちゃうと・・・ホントに逝っちゃいますよ〜(爆)

2010/9/13(月) 午後 9:16 崔君 返信する

顔アイコン

こんばんは。
激藪に敗退、私も何度かあるので、気持はよくわかります。
遊歩道としては、危険すぎますが、リベンジも期待してしまいます〜

2010/9/13(月) 午後 10:23 たからった 返信する

顔アイコン

ああ〜! その景色!
なんか記憶の片隅にある地名だと思ったら・・・やっぱりごく近くを通ってました(^^;)

ラスボスいましたね(^^;)
しかも極悪ダンジョンの反対側はバイオハザードチックな腐敗臭ですか(^^;)
色んな意味で危険極まりないですねヽ(゚Д゚)ノ

いや〜すごかった〜♪
面白かったです(^^) 動画で見たくなりました!
N○Kとかで特集やってくれないかな​ゞ(≧​ε≦​ )ププッ

2010/9/13(月) 午後 11:10 airheads_masa 返信する

顔アイコン

実は、例の出張先の高知の廃鉄がかなり気になっております。
先日は、藪の中に新たに隧道を発見してしまいました。
まだ通りすがりですので、今度言ったらゲットしたいです。
明治の遺産です。昔の人は凄いですね。

2010/9/14(火) 午前 0:03 我流兄者 返信する

顔アイコン

お疲れ様でした。地震以前に皆月から猿山灯台までW650で行ったことあります。遊歩道は在ったのですが昼間とはいえ一人では恐ろしく進めませんでした。だからこれだけ探索しただけでも立派だと言えますね。「皆月」という映画見たことあります。
「みんな月でした。がまんの限界です。さようなら」という手紙を残し去ってしまった妻を追って、冴えない中年の男と義理の弟、そして知り合ったばかりのソープ嬢がともに暮らし始め、そして旅に向かう…。自分では輝けず、太陽の光でしか輝けない月になぞらえ「みんな月でした」(皆月)という台詞が落ちでしたが。
DVD出ています。

2010/9/14(火) 午後 9:55 トモ 返信する

顔アイコン

たからったさん

こんばんは〜!
激ヤブ、ホントに困ったもんですよね(^^;ヘリオス同行となると、場合によっては地獄ですよね。。。

一度は上大沢から未踏路だけでも攻略したいですね、その時はまたリポートします♪

2010/9/14(火) 午後 10:21 崔君 返信する

顔アイコン

masaさん

ということは・・・県道38号を通過されたのでしょうか(^^)
ある意味、気付かなくて命拾いしたかもしれませんよ(笑)

ラスボスは強敵でした、どんだけレベル上げれば倒せるんだろ〜(爆)
閉塞隧道の独特な土壌臭も嫌ですが、魚の腐敗臭もキョーレツ!!
真夏ですからね、呼吸困難で倒れそうになりましたよ(^^;

N○Kの特集ですか・・・プロジェクト廃!!
岩の中の隧道〜、藪の中の歩道〜、みんな何処へ逝ったぁ〜♪(核爆)

2010/9/14(火) 午後 10:40 崔君 返信する

顔アイコン

我流さん

例の高知の林鉄ですね〜♪藪の中にって・・・
我流さん、どんだけ『廃』に染まってきたんですか〜(笑)

明治となると、レンガ造りの坑門ですかね!?レポ待ってますよ!
あっ、くれぐれも無茶しないでくださいね(^^;

2010/9/14(火) 午後 10:45 崔君 返信する

顔アイコン

トモさん

皆月から猿山灯台までW650で走った事あるのですね(^^)
そのルートは外浦海岸沿いの道でしょうか?ちょうど皆月〜吉浦の
区間にもショートカットな廃道あるのですが・・・W650では厳しいですけどね〜(苦笑)

小説を映画化したのでしょうか〜、皆月の地名由来は分かりませんが、
実際に現地で見る満月や三日月も空気が澄んでて綺麗だと思います♪

2010/9/14(火) 午後 11:03 崔君 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事