ここから本文です
シルバー生活初級編
平成30年3月定年退職してシルバー生活始めました。

書庫全体表示

(続き)
というわけで、伯父の遺骨はまだ硫黄島のどこかにあるはずなのです。20才で故郷から遠く遠く離れた南の島で、いったいどんな気持ちで亡くなったのだろうなと思うと切ないです。

映画「硫黄島からの手紙」がテレビで放映されたことがあって見たのですが、なんか泣けてきましたね・・・。

父はそのころ、東京の立川にある工場で戦闘機「隼(はやぶさ)」をつくっていたそうです。やはり戦争末期には空襲を受けて死ぬところだったけど何とか運良く生き残ったそうです。

米軍の爆撃機B29がたくさん飛んできて、どんどん爆弾を落としていくんだけど、日本軍は何もできなかった。迎撃用の高射砲を撃つんだけど、超高空を飛ぶB29には全く届かず、むなしく空中で爆発して破片が落ちてきて、その破片にぶつかっても死んでしまうので大変だったそうです。

一度、至近距離で爆弾が爆発したときは、爆発した光は見えるけどなぜか爆発音は聞こえなかったと言ってました。そのとき死んでてもおかしくなかったけど、人が入るぐらいの大きくて丈夫な木製の道具箱が吹っ飛んで自分の上に被さってきたので、破片などが体に当たることがなく軽傷で済んだそうです。

近くにはばらばらになった人の体も散乱していてひどい状況だったそうです。まあ、父は幸いにも生き延びて無事に故郷に帰ってきたのだそうです。

うちには今でも父親が工場で使っていたという、金属製の定規(インチとセンチが両側に目盛ってあります)が置いてあります。あとは空襲の後に近くの柱に突き刺さっていた日本軍高射砲弾の破片もあります。
(続く)

  • アバター

    終戦を迎える約2ヶ月前6/19にこのB29で静岡でも2,000人近くが亡くなり、遺体の安置が間に合わず、本通りという安倍川に通じる大通りに並べられるままだったそうで、折しも梅雨時、腐敗が進んだ遺体の腸が膨張して「ぽん、ぽん」という破裂音がしていたという証言をした人のことを思い出しましたよ、そう言えば。硫黄島からの手紙、も再現以上の史実だったと思うと本当に辛いばかりです。父上の奇跡は銀ノ介さんの奇跡ですね☆

    佳句恋慕

    2019/5/4(土) 午後 6:44

  • 顔アイコン

    高射砲は、実際には、何の役にも立たないんですよね…。

    まあ竹槍に比べればマシなのでしょうが…(笑)。

    山上有人

    2019/5/4(土) 午後 10:32

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事