ここから本文です
シルバー生活初級編
平成30年3月定年退職してシルバー生活始めました。

書庫全体表示

記事検索
検索

全60ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

いつもご訪問いただきありがとうございます。

都合により「シルバー生活初級編」しばらくお休みさせていただきます。

(いろいろ多忙のためで、体調不良等ではありません)

いつ再開するかはまだ決めていませんが、その節にはまたよろしくお願いいたします。


(続き)
というわけで、伯父の遺骨はまだ硫黄島のどこかにあるはずなのです。20才で故郷から遠く遠く離れた南の島で、いったいどんな気持ちで亡くなったのだろうなと思うと切ないです。

映画「硫黄島からの手紙」がテレビで放映されたことがあって見たのですが、なんか泣けてきましたね・・・。

父はそのころ、東京の立川にある工場で戦闘機「隼(はやぶさ)」をつくっていたそうです。やはり戦争末期には空襲を受けて死ぬところだったけど何とか運良く生き残ったそうです。

米軍の爆撃機B29がたくさん飛んできて、どんどん爆弾を落としていくんだけど、日本軍は何もできなかった。迎撃用の高射砲を撃つんだけど、超高空を飛ぶB29には全く届かず、むなしく空中で爆発して破片が落ちてきて、その破片にぶつかっても死んでしまうので大変だったそうです。

一度、至近距離で爆弾が爆発したときは、爆発した光は見えるけどなぜか爆発音は聞こえなかったと言ってました。そのとき死んでてもおかしくなかったけど、人が入るぐらいの大きくて丈夫な木製の道具箱が吹っ飛んで自分の上に被さってきたので、破片などが体に当たることがなく軽傷で済んだそうです。

近くにはばらばらになった人の体も散乱していてひどい状況だったそうです。まあ、父は幸いにも生き延びて無事に故郷に帰ってきたのだそうです。

うちには今でも父親が工場で使っていたという、金属製の定規(インチとセンチが両側に目盛ってあります)が置いてあります。あとは空襲の後に近くの柱に突き刺さっていた日本軍高射砲弾の破片もあります。
(続く)
(続き)
というわけで、私の母は、戦死した自分の父をおまつりするための儀式の折に、昭和天皇のお姿を間近で見たことがあったそうです。戦中のことです。(東条英機さんが首相だったころですから)

さて、実は私の父の兄も戦死しています。亡くなったのは太平洋戦争末期の平成20年のことです。戦死した場所は硫黄島です。クリントイーストウッド監督の映画「硫黄島からの手紙」で描かれた激しい戦いの中で戦死しました。

ウィキペディアで見てみると、日本軍では「守備兵力20,933名のうち20,129名(軍属82名を含む)が戦死した」となっています。この「軍属」の一人が私の父の兄に当たる人です。

戦死したのは3月19日となっていますが、実際にはどこでどのように亡くなったのかは分かっていないはずです。「硫黄島から手紙」で渡辺謙さんが演じた硫黄島司令官の栗林忠道大将でさえ、いつどこでどのように亡くなったのか詳しくは分かっていないのですから、軍属の一人にすぎなかった伯父のことは分かるはずもなく、おそらく全滅した前後の適当な期日を命日としたのでしょう。

戦後に骨壺が送られてきたけれども、遺骨は入っていなくて名前の書いた紙が一枚入っていただけだったということです。

子どものころ、祖父母に伯父のことをきくと「戦争の時に硫黄島で、病気で死んだ。体が弱かったから。」と言っていました。分かるはずないので、ただアメリカ軍に砲撃されたり銃撃されたりして死んだと思いたくないので「病死」と言っていたのだろうと思います。
(続く)
(続き)
昭和20年の終戦までは、天皇陛下は現人神とされ、一般人がお姿を直接見ることなどはとてもとてもできなかったと思われる。しかし私の母は、お姿を直接見たことがあったそうである。

母は昭和6年生まれであるが、父親は幼いころに中国戦線で戦死しており、ほとんど父の記憶はなかったそうである。しかしおそらく10代前半のころと思われるが、戦死した父が靖国神社に英霊としてまつられることになり、東京に招待されたようである。

母と似たような世代の少女達がおおぜい、靖国神社の参道の両側にきちんと並び、膝をついてすわっていたのだそうだ。拝殿の前のあたりだろうか?拝殿と本殿の間の場所なのだろうか?それは分からない。

みんな緊張してすわっていたが、宮内庁の職員であろうか?担当者が説明してくれたそうで「陛下と総理(東条英機さん)が皆の前をお通りになるが、姿勢を正して顔を上げているように。」と言われたそうだ。

まもなく、天皇陛下、東条首相、と戦死者名簿を高く捧げ持った従者が一列になって母達の前を通っていったそうだ。

私が母から聞いた記憶では「戦死者の名簿を捧げ持った従者・天皇陛下・東条首相」の順で通ったと聞いたような気がするのだが、おそらくは私の記憶違いだと思う。「天皇陛下・従者・東条首相」だったのだろう。

母は、自分の父の名簿が東条首相よりも前を進んでいるところを見て「自分の父は、総理大臣よりも尊い立場になったのだ。」と思ったそうだ。
(続く)
育苗の短期アルバイト本日で終了!
 
平成から令和にかけてのバイトでした。
午後から「うちあげ」やったので昭和シリーズは今日、お休み。見に来て下さった皆さんスミマセン。
農家は高齢化進み、どこも人手不足。田植えの手伝いや、キュウリの収穫の手伝いなどにもスカウトされました。ヒマなときには小遣い稼ぎに、行こうかな・・・。

全60ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事