ここから本文です
シルバー生活初級編
平成30年3月定年退職してシルバー生活始めました。

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

(続き)
私がマイカー通勤を始めたころ(昭和50年代半ば)には、若手はみんなカローラ・サニークラスの1300cc程度の車に乗ってました。上司はかっこいいスカイラインに乗ってました。

ところが昭和末期あたりのバブル?のころの新人はもう最初から高級車に乗ってる人も結構見受けられるようになってきましたね。新卒でいきなりトヨタの「セリカ ダブル エックス」とか三菱の「パジェロ」とかに乗ってくる人も見受けられるようになってきてビックリしました。親の世代が豊かになってきていたからだろうけど・・・。

平成の今の若い人はどうなんだろう?私の住むような田舎では車はほぼ生活必需品ですが、「若者の車離れ」などと言われるように、あんまり車にはこだわらない人が増えてきているように思います。燃費のいいハイブリッド車とか、便利に使える軽自動車の人も増えてきているようです。

昭和のころはセダンタイプが主流だったと思うけど、今ではセダンと言えばクラウンとかレクサスとか、あとはベンツやアウディなどドイツ車とかの高級車以外はあまり見ることがなくなってきました。今多いのは、7〜8人乗れるワンボックスとか、中が広くて使い勝手のいい軽とか、SUVとか、あとはプリウスなどのハイブリッド車かな?

(田舎なので農作業などに使う軽トラックもよく見ます。軽トラも何かと便利ですね。うちにはありませんが。)

私はコルト→カローラ→カローラ→カローラ→ステップワゴン→ステップワゴンと乗り継いできましたが、人生でもう1〜2回は買い換えることになりそうです。次に買うのはホンダの「フリード」あたりかな?
(続く)

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事