ただのブログ

サッカー日本代表を応援するぞー!

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

本日はロッキー4のサントラ盤です。
先日ラジオからRobert Tepperの曲が流れて、忘れかけていたこのアルバムを出して来て
聴いてみました。やっぱり超いいですねこのアルバムは。
数曲を除けばハードロックのオムニバスとしても通用しそうです。
スタローンのこのチョイスは、私の好みにフィットしていますね。ツボを押さえています。
サバイバーをメジャーにしたのは前作ロッキー3のEye of the Tigerというのは有名ですね。
これも収録されています。

1. Burning Heart - Survivor
これもヒットしましたね、サバイバーのメロディアスロックが全開です。
イントロから涙ものです。
2. Heart's On Fire - John Cafferty
個人的にこのアルバムの目玉的曲です。上質のメロディアスロックは、いかがでしょうか?
忘れてしまったけど映画の中でもいいところでかかるんですね!確か!お勧めです。
3. Double Or Nothing - Kenny Loggins & Gladys Knight
ハードロックではありませんが、ケニーの軽快なボーカルが売りですね相方のボーカルも
中々です。次のEye of the tigerにスムーズに流れてゆきます。
4. Eye Of The Tiger - Survivor
これは説明不要でしょう!イントロのギターエッジングがカッコイイです。曲自体はシンプル
ですけど、アレンジのアイディアの勝利でしょうね!
5. War - Vince DiCola
ドラマティックなインスト曲です。ロッキーが何回も倒されても立ち上がるようなイメージが
見えます。
6. Living In America - James Brown
大御所ジェームズブラウンのファンクな声を聴くことができます。他の曲からは少し異色です
が映画の中ではフィットしてますね!昔のソ連にはビックリのサウンドかもしれませんね!当
時は冷戦でしたからね!
7. No Easy Way Out - Robert Tepper
もう一つの目玉です。こんなアーチストがいたのかと驚いた曲です。メロディアスハードそのも
のと言っていいと思います。カッコよすぎる。少ししゃがれたボーカルもいいですね!スタローン
がフェラーリを駆る時に流れたと記憶してます。
8. One Way Street - Go West
これまた異色な曲。(あまりすきでないので度々スキップ)
9. The Sweetest Victory - Touch
こんなバンドいたんか??っていう衝撃を受けた作品です。一瞬スティーヴ・ペリーが新しい
バンド結成かと思ったほど。(ボーカルはスティーヴそっくり)
10. Training Montage
これもインスト曲。アルバムによって収録されていないバージョンもあるようです。

前述のとおり全体的にメロディアスロックのオムニバス的アルバムです。名盤といっていいと
思います。

閉じる コメント(4)

Living In Americaはこの映画のサントラだったのですね。Burning Heartと共に大ヒットしましたね。おっとこんなところにJohn Cafferty!B・スプリングスティーンそのまんまといったイメージがあるのですが、ここではどうですか?

2006/9/27(水) 午後 7:47 [ - ]

bootsyさん、おっそういう見方もありですか??私はメロディアスハードロックに聴こえますけど…かなりお勧めです。

2006/10/11(水) 午後 3:51 bos**n20*5_y*

顔アイコン

コメントありがとうございます。 ボクもロッキーシリーズの中で一番好きな作品です。ドラゴはまさにシリーズ中最強の敵って感じで、自然の中と機械を使ったトレーニングの対比がよかったですね。

2006/12/25(月) 午後 3:11 [ かんすけ ]

顔アイコン

合掌

2006/12/26(火) 午前 6:17 hay**u2020

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事