【壺公栴檀】 / 涯 如水の独行・独断 軽挙妄動の世界 一期一会

古都、薬を売る老翁(壷公)がいた。翁は一つの壺を持ち日暮れ時には、人に知られずこの壺の中に躍り入った。 幻想の世界が拡がる。

空港の定時運航率

イメージ 1

空港の定時運航率、「最悪」は中国 航空会社も同様 米調査

(CNN) 航空サービス関連情報企業の米フライトスタッツは13日までに、世界の空港を対象にした離着陸の定時運航率に関する報告書を公表し、中国の空港が「世界最悪」の水準にあると述べた。

 

今年6月の実績を対象にしたもので、中国の空港の定時運航率は過去半年間にさらに悪化したと指摘。定時運航率のランキング最下位は北京首都国際空港で、定刻通りの離陸便の比率は18.3%。便の約42%が45分以上の遅れを記録した。次に低い比率は上海の虹橋国際空港の24%で半年前の38.9%からさらに低下していた。

 

フライトスタッツの報告書を伝えた香港紙サウスチャイナ・モーニング・ポストは、広州や昆明、南京、成都などの地方空港の定時運航率も50%にも満たなかったと伝えた。

 

アジアでの定時運航率の首位は大阪国際空港(伊丹空港)の95.88%で、羽田空港の95%が続いた。北米ではホノルル86.29%、バンクーバー86.18%にソルトレークシティーが85.55%など。欧州はアムステルダムが83.52%、ミュンヘン83.35%、ウィーン82.15%など。

 

航空会社別の着陸の定時運航率でも中国の低水準ぶりが目立った。フライトスタッツによると、世界の主要航空会社による定刻前後の15分間内の着陸は6月で平均75.85%。定時運航率で90%超の会社が6社あった。

 

半面、中国の聯合航空は27%。大手の国際航空と南方航空には多数の便での遅れが目立った。同紙は中国の空港と航空会社の低調な定時運航率は軍による過剰な空域支配などが原因と指摘。中国の空域の約8割は軍用に充てられ、米国を含む外国とは全く逆の事態になっていると伝えた。


イメージ 2

 日系2社が定時運航で世界最高に−米航空情報サービス会社調査

ANAJAL2012年の航空便の定時運航の部門別ランキングで、共に最高位に輝いた。

 

 米情報サービス会社「FlightStats(フライトスタッツ)」(本社=米オレゴン州、旧ConduciveTechnology)が219日、2012年の「オンタイムパフォーマンス(定時運航)アワード」の調査結果を発表したもの。

 

 それによると、ANAが「Network-GlobalAirlines部門」と「Lowest Global Cancellations部門」で世界1位にランクインした。 ぞれぞれ、同社便名を付けて運航した便の定時到着率の実績(85.46%)と、欠航率の実績(0.22%)が評価された。


  JALは「Major International Airlines部門」と「Asia Major Airlines部門」で1位に着けた。 それぞれ、世界の大手航空会社29社の中で、またアジアの大手航空会社の中での最高位の定時到着率が認められた。同社の国内線・国際線の定時到着率の実績は90.35%。両社とそれぞれのグループ会社は共に、他の多くの部門でも高位にランクインしている。

 

 同サービス会社は、インターネット上で世界中の航空機の運航状況をリアルタイムで確認できる「FlightStats(フライトスタッツ)」を運営する。


 定時到着率のランキングは20121月〜12月の対象期間の、115万以上の便の航空機の運航データを集計したもので、到着時間の遅延が15分未満のフライトを「定時運航」とした。 部門ごとのランキング詳細は同社のアワード特設サイトで確認できる。

 

 今回の調査結果は日本の航空サービスの質の高さをデータで示すもの。世界の航空会社・空港間の競争が拡大する中、今後、日本企業が世界にアピールできる優れた特徴の一つが定時運航率になるだろうと分析する専門家は多い。



 

We are the WORLD  

https://www.youtube.com/tv?vq=medium#/watch?v=OoDY8ce_3zk&mode=transport 

Sting Eenglishman in New_ York 】

http://www.youtube.com/watch?v=d27gTrPPAyk

DEATHVALLEY DREAMLAPSE 2 】

※上記をクリック賜れば動画・ミュージックが楽しめます

 

           

.


みんなの更新記事