福岡市の防災ブログ

福岡市から災害や防災に関する情報をお伝えします。【管理者:防災・危機管理課TEL092-711-4056】

防災情報

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

平成28年度「博多あん・あん塾」の受講生募集!!             

 福岡市では地域や企業における防災リーダーを養成し、地域防災力の向上を目的とした「博多あん・あん塾」を開講します。
 
 【期 間】 平成28年7月2日(土)〜9月3日(土)の間で全8日間
 
 【会 場】 福岡市民防災センター (福岡市早良区百道浜1-3-3)
        ※8月21日(日)の講座のみ「よみうりプラザ」にて実施
 
 【時 間】 10時30分〜16時20分
 
 【定 員】 90名
 
 【募集対象】 市内居住者、市内勤務者及び市内在学者で全期間の受講が可能な方
          (主に、自主防災組織や自治会メンバーなど、地域や職場での防災の担い手)
 
 【受講料】 無料  ※ただし、日本防災士機構が実施する防災士資格取得試験受験料(3,000円)
             受講者の負担となります。
 
 【防災士資格取得試験】※希望者のみ
  修了者は、日本防災士機構が実施する防災士資格取得試験が受験できます。
 
 【募集期間】 平成28年4月28日(木)〜5月31日(火) ※必着
 
 【応募方法】 はがき、ファックス、またはEメールで
  1.郵便番号 2.住所 3.氏名(フリガナ) 4.年齢 5.電話番号、
  6.職業(市外居住者は、市内事業所(学校)の名称・所在地・所属部署を併記、
    防災組織等については、当該組織名称を併記) 7.応募動機
  を記載のうえ、お申し込みください。
 
 カリキュラムや募集要領の詳細は下記URLをご覧ください。

開く コメント(0)

平成27年度「博多あん・あん塾」の受講生募集!!             ※募集は締切りました 

 福岡市では地域や企業における防災リーダーを養成し、地域防災力の向上を目的とした「博多あん・あん塾」を開講します。
 
 【期 間】 平成27年6月13日(土)〜9月6日(日)の間で全10日間
 
 【会 場】 福岡市立中央市民センター 視聴覚室または第一会議室 (福岡市中央区赤坂2−5−8)
 
 【時 間】 10時30分〜16時20分
 
 【定 員】 70名
 
 【募集対象】 市内居住者、市内勤務者及び市内在学者で全期間の受講が可能な方
          (主に、自主防災組織や自治会メンバーなど、地域や職場での防災の担い手)
 
 【受講料】 無料  ※ただし、日本防災士機構が実施する防災士資格取得試験受験料(3,000円)
             受講者の負担となります。
 
 【防災士資格取得試験】※希望者のみ
  修了者は、日本防災士機構が実施する防災士資格取得試験が受験できます。
 
 【募集期間】 平成27年4月15日(水)〜5月15日(金) ※必着
 
 【応募方法】 はがき、ファックス、またはEメールで
  1.郵便番号 2.住所 3.氏名(フリガナ) 4.年齢 5.電話番号、
  6.職業(市外居住者は、市内事業所(学校)の名称・所在地・所属部署を併記、
    防災組織等については、当該組織名称を併記) 7.応募動機
  を記載のうえ、お申し込みください。
 
 カリキュラムや募集要領の詳細は下記URLをご覧ください。

福岡市では、新たにTwitterアラートの仕組みを利用して、避難情報や気象警報など緊急度の高い情報の配信を始めました。

スマートフォンでツイッターを利用している方へ、市が発信する緊急情報を画面上にプッシュ通知でお知らせすることにより、利用者がより緊急情報に気づきやすくなります。
※受信するためには、事前の登録が必要となります。

発信情報

1.緊急情報 

避難準備情報、避難勧告、避難指示、その他緊急度の高い情報

 2.気象警報等

大雨・洪水警報、暴風・暴風雪警報、大雪警報、波浪・高潮警報、竜巻注意情報、地震情報(震度3以上)、津波注意報、津波警報、大津波警報、光化学オキシダント情報、熱中症情報、PM2.5予測情報

詳細はこちらをご覧ください。
http://www.city.fukuoka.lg.jp/shimin/bousai/bousai/twitteralert.html
平成26年度の市民総合防災訓練が5月25日(日)に福岡大学をメイン会場に開催され,地域住民や学生,防災関係機関など1,000人を超える人が参加しました。
 
この訓練は,毎年,梅雨の時期を迎える前に,防災関係機関の連携強化や地域防災力の向上を図ることを目的に実施しており,今年で33回目になります。また今回は,初めての試みとしてSNS(ソーシャルネットワークサービス)やスマートフォンを活用したソーシャル避難訓練を実施しました。
 
福岡市のホームページに訓練結果等をアップしましたので,ぜひご覧ください。
 
市民総合防災訓練について
 
ソーシャル避難訓練の実施結果
 
市政だより(615日号)12面 
http://www.city.fukuoka.lg.jp/shicho/koho/shisei/shisei/2600615.html
福岡市及び防災関係機関,地域住民が一体となって「平成26年度市民総合防災訓練」を実施します。
特に,今年度は,メイン会場(城南区)において「災害に係る情報発信等に関する協定」を締結しているヤフー株式会社と連携し,「Yahoo!防災速報」を活用した,政令市初のソーシャル避難訓練も実施します。

1.市民総合防災訓練(メイン会場)について
 日時:5月25日(日)8時〜12時
 場所:城南区 福岡大学
 訓練項目:ソーシャル避難訓練,救出救助訓練,瓦礫等の撤去訓練,ライフライン復旧訓練,
    災害対応車両やパネル展示等

2.ソーシャル避難訓練とは
 SNS(ソーシャルネットワークサービス)を活用した避難訓練で,政令市で初めての試みです。

(1)避難情報の発信
 ・スマートフォン向けの防災情報サービスアプリ「Yahoo!防災速報」や「市防災メール」等を使って
  地震発生の訓練通知を福岡市全域に配信します。
 ※訓練参加予定の片江・金山・七隈・南片江校区の住民と福岡大学学生の皆さんは,訓練通知を
  確認した後,校区ごとに協力しながらメイン会場まで避難を行い,途中,初期消火や毛布担架
  よる搬送を体験します。

(2)安否情報の発信と確認
 ・市民の皆さんが安否情報を発信したり,確認したりして,SNSの防災利用を体験します。
 ※安否情報の発信は,Twitterを利用しハッシュタグ「#福岡市避難訓練」をつけて安否情報などを
   つぶやいて頂きます。
 ※安否情報の確認は,市のホームページに訓練用ページを作成し閲覧できるようにします。

【ソーシャル避難訓練のねらい】
 ・災害に備え,「Yahoo!防災速報」など,災害時のSNS活用を体験する 
 ・学生を中心とした若者に「Yahoo!防災速報」登録を促し,防災意識の啓発を図る
 ・SNSも活用しながら,学生と住民が互いに協力し助け合いながら避難を行う

詳細は記者発表資料をご覧ください。

【訓練通知イメージ】

イメージ 1イメージ 2
イメージ 3イメージ 4







全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事