ここから本文です

書庫全体表示

ご報告

プチバセ”愛夢”が交配して早40日超え。


前回、赤ちゃんに恵まれず再度トライ。


前回は急な交配の為、人工受精。


結果は残念。


今回は しっかりブルセラ病の検査をして自然交配で!


でも、男の子が上手にのれず結局また人工受精…。


はぁ…。


駄目だ…。


30日を過ぎてもお腹も普通。


お乳も張らず。


只、つわりなのか、しばらくご飯が食べられなかったけど前回も食べなかったんだよなぁ。


そろそろノミダニのお薬の季節。


もしかしたら1頭でもいるかもしれない。


40日も過ぎたし、


妊娠、授乳中の使えないお薬もあるので、思い腰をあげて病院ヘ。


体重はちょっと増えた。


はぁ(。・´_`・。)  いないよね。


エコーをお腹にあてて…。


ん?あれ?あれあれ( ゚ 3゚)


いるぅ!


赤ちゃん、いるぅ!


イメージ 1



エコーだからハッキリ頭数は確認出来ないけど、3頭はいるぅ!


ウソでしょ?


本当?


”愛夢”!赤ちゃんいるよ!


もぅ、ご予約頂いている皆様になんてお詫びをしようかと思っていたからビックリ。


驚きすぎて声が出ず先生に「木下さん、何でヒソヒソ話なの?」って言われた位。


でも、妊娠=元気な赤ちゃんではありません。


今からもまだまだ心配はつきません。


以前チャウチャウ”みさ子”3度目の交配の事。


やっぱりシャーペイ”大将”があまり騒がず…。


でも妊娠しました。


そして出産。


1頭目が産まれた時、あまりの小ささに衝撃。


とてもママの乳首を咥えるなんて出来ない程の小ささ。


人口哺乳も飲んでくれず亡くなってしまった。


後、お腹に2頭いるけど待てど暮らせど陣痛が来ず病院ヘ。


そこは豊橋では医療器具や先生も多数いる病院。


でも、予約制。


緊急で行ったのに2時間以上待たされ、挙句の果てには「1日以上かけて産む子もいるから様子を見なさい」と言われ帰宅。


何度か電話で先生と話したけど待ってみたらと言われ。


1頭目から12時間以上たってもかわらず再度病院ヘ。


そしたら担当医は既に帰宅。


代わりの先生からは「子犬が弱ってます。このままだと母子共に危険です。」と…。


緊急で帝王切開したものの子犬は助からず…。


2頭共、すごく小さな赤ちゃんでした。


一番可哀想なのは母”みさ子”


妊娠もわかっていただろうし1頭は産んだのもわかっているから、母ちゃんに「赤ちゃんは?」って言っているように見つめて。


可哀想な思いをさせた経験があるから、まだ凄く喜べない。


出産して赤ちゃんが鳴き、お乳を吸うまで気は抜けません。


あの診断を行った病院の診察券はすぐにゴミ箱ヘ。


マルチーズの”チュラ”が大怪我して運び込んだけど元気に帰って来る事はなかった。


家に帰って包帯取って思った。


何にもしてくれて無いなって。


今は、別の病院でお世話になっています。


とにかく、元気な赤ちゃんが産まれて来ますように!


レントゲン検査は5月前半。


出産予定日は5月中旬です!


イメージ 2


本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事