らんぶるライフ

元ボクサー&トレーナーのボクシングファンの日常

全体表示

[ リスト ]


イメージ 2


ちばてつや氏「ジョーの死は一切考えていない」 最終回秘話を明かす


イメージ 1

「あしたのジョー」「のたり松太郎」などで知られる漫画家、ちばてつや氏(78)が27日、TBSラジオ「伊集院光とらじおと」(月〜木曜前8・30)に出演。マンガ「あしたのジョー」最終回にまつわる裏話を明かした。

 「あしたのジョー」最終回では、試合を終えたジョーが“真っ白に燃え尽きる”描写が有名だが、ちば氏は原作者の梶原一騎氏から届いたシナリオは違うものだったと明かした。

 ちば氏は、パンチドランカーになったジョーが日なたぼっこをしており、白木葉子が少し離れたベランダからじっと見ているというものだったと説明。「それもいい絵なんです。僕も別の絵で描いていますけど、マンガではラストシーンは変えました」と語った。

 結末を変更した理由について「梶原さんは大人だから、大人の文章で来るわけですよね。それを私は(週刊)少年マガジンだから、子どもたちが読んでも分かるように料理をした」と説明した。

 番組MCを務めるタレント、伊集院光(50)は、ちば氏が描いた最終回について、「ジョーは死んでいるかもしれない」と解釈を読者に委ねているのではないかと指摘した。ちば氏は「描いてるときは、死んでるとか生きてるとか、何も考えていない」と振り返り、「全部力を出し尽くして何も残っていない。そこで満足しているジョーの姿。ああ、俺はやったぞっていう感じで力がスーッと抜けていくという姿を描いたわけで。死んでたら笑えないと思うんですよ。膝に肘を乗せて、もたれてますけど、あれも(死んでいたら)崩れてしまうと思うので、だから私は死を一切考えていないです」と断言した。

 ただ、ちば氏も最終回の絵をときどき見ると明かし、「私がうんと元気なときは、『ジョーはまだ生きてる、これから元気に立ち上がって明日がある!』と思えるんですけど、自分がうんと疲れていてへとへとなときに見ると、『もしかしてジョー死んじゃったのかな』って思うんですよ。自分でも見るときによって感じ方が違うので、不思議な絵を描いたなと思いました」と語った。


 これ、かな〜〜〜り前の記事なんですがいつか記事にしようと思って残してたんですがもう何年もたってしまった(笑)
 前はちばてつやはジョーの生死は読者にゆだねるとい風な言い方をしてましたが、ここ何年かではっきり生きてるという言い方をするようになりました。
 まぁ、原作者の梶原一騎が書いたラストもジョーは死んでないし梶原の弟の真樹日佐夫も死んでないと言ってました。
 でも、未だに読者で死んでた説を推す人は多いんです。
 自分は昔は死んでた派でしたが今は生きてる派なんですが、正直どちらでもその人が思った方で良いと思います。
 こういう言い方をすれば元も子もないんですが漫画にあまりリアリティを求めすぎるのはナンセンスです。
 医学的な見地で死んだ人間は笑わないとかあぁいう風に座ってられないとかを検証する本も出ましたがそういうのはあくまでもお遊び感覚で楽しむものでだから「絶対ジョーはしんでないんだ!」って声高に宣言するようなものではないと思う。
 リアリティ言い出したらハリマオのロープ使って打つの反則ですから(笑)
 まぁそれ以前にできないと思いますし…

 ただ、ちばてつやが生きてた説を口に出すようになったことを批判するつもりもありません。
 やっぱり作者は漫画の創造主、間違った受け止め方をされるのをすごく嫌がる作者も多いですからね。
 まぁちばてつやは間違いどうこうではなく”あした”というテーマを掲げた作品があしたもなく終わった形になるのが嫌なのかもしれません。
 
 生きてた派の人でジョーのその後を考えるとボクシングトレーナーというのが多いと思うんですが、梶原一騎の原作では完全にパンチドランカーぽくて白木葉子に養われてる感じですが、カーロスと二人で白木邸を抜け出して放浪、西成あたりで日雇いやってる感じが漫画内のリアリティじゃないでしょうか?(笑)


この記事に

閉じる コメント(12)

顔アイコン

ビリーも、死んた説ですね。
ジョーが日なたぼっこしている姿は、想像ができないですね

2018/7/1(日) 午前 11:02 billy 返信する

顔アイコン

> billyさん、梶原一騎の原作は最後、主人公が悲惨な感じなの多いですしね。
タイガーマスクは交通事故死、侍ジャイアンツはマウンド上で憤死、愛と誠は致死の傷を負ってヒロインと結ばれる、巨人の星は利き腕を駄目にしてひっそり引退…
燃え尽きる=死ぬということととらえるのは普通ですしね。

2018/7/1(日) 午前 11:30 ボクサーひこ 返信する

ひとつ、言えるのは、あの、ジョーのラストの絵は漫画史上で、いちばん、カッコいいですよね。

むかし、師匠の総帥に、ジョーのラストを聞いたら、ニイちゃん{一騎先生
はそう書いたが、俺は死ぬことを提案したなんて、適当なこと言ってましたが、
ちば先生のあの絵がまさに、漫画の歴史を変えたくらいカッコいいす。

2018/7/1(日) 午後 4:18 [ sido.takuya ] 返信する

顔アイコン

> sido.takuyaさん、あのラストシーンは本当に格好よすぎというか完璧ですよね。
編集王のオープニングでも使われてましたが漫画史上の頂点の1ページですよね!

2018/7/1(日) 午後 4:28 ボクサーひこ 返信する

顔アイコン

リアルを考えると「西成で日雇い」もあります。燃え尽きた=死ぬとの考えも美しい。カンバックして栄光を掴む、ではここまで愛された存在にはならなかったと思います。燃え尽きた、いい表現ですね。 削除

2018/7/1(日) 午後 5:37 [ ブスカベ ] 返信する

顔アイコン

きっと最初は死んだつもりで描かれたんだと思う
後から作者の気分で設定変わるのは嫌ですよね
ちばさんは生きてるように描きたかったけど一騎がジョーは死ぬんだと言い張り最後は一騎のラストになったと昔聞きました
あしたのジョーは一騎の漫画と言っても良いとちばさんは言ってたし
俺は燃え尽きて死んだラストと、パンチドランカーで生きているラストは両方あると思っています。 削除

2018/7/1(日) 午後 5:54 [ ] 返信する

顔アイコン

> ブスカベさん、みんな燃え尽きれるなら燃え尽きたいんやけどぶすぶすとくすぶってるというのが現実なのかもしれん。
ボクシングに関して完全燃焼してても後の人生の方が長いしね…

2018/7/1(日) 午後 7:06 ボクサーひこ 返信する

顔アイコン

> あさん、ご訪問&書き込みありがとうございます。
えっ、梶原一騎そんなこと言ったんですか、初耳です。
梶原はちばてつやに最後は任せると言ったという話は聞いたことはあるんですが。
でも正直、何が真実かはただの読者である自分にはわかりません…
その人なりの受け止め方で納得するしかないのかもしれませんね。
自分は今は生きてる派ですが元々死んでる派だったんでどっちもありで良いと思います!

2018/7/1(日) 午後 7:13 ボクサーひこ 返信する

顔アイコン

あしたのジョーはリアルタイム世代です。ずっと最後にジョーは亡くなったと思っていましたが、最近は違うのかな、って感じるようになりました。でもいろんなとらえ方が可能で、最高のフィナーレのような気がします。梶原さんは、ほろびの美学みたいなものがあるみたいな感じを受けています。 削除

2018/7/1(日) 午後 10:12 [ 輪太郎 ] 返信する

顔アイコン

> 輪太郎さん、年とともに受け取り方変わる部分ってありますよね。
梶原は文学青年でしたからね…

2018/7/2(月) 午前 5:20 ボクサーひこ 返信する

アバター

連載当時、ちば氏も梶原氏もケンケンガクガクやりあっていたそうですね。なんか最終的には読者の判断に委ねるみたいな処がある漫画のような気はします。ボクサー・丈はとりあえず燃え尽きたって理解かな、自分は。
山谷のどこかの居酒屋で今のボクサーはなあぁとぼやいてるトレーナーみたいなセカンドストーリーを妄想しますね。

2018/7/2(月) 午後 9:20 気ままに 返信する

顔アイコン

> 気ままにさん、自分はジョーはトレーナーには向いてないと思うんですよ。
飛雄馬はピッチングコーチやってるシーン「巨人のサムライ炎」って漫画でありましたが。

2018/7/2(月) 午後 9:26 ボクサーひこ 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事