らんぶるライフ

元ボクサー&トレーナーのボクシングファンの日常

全体表示

[ リスト ]


ドネア、激突バーネットと“粋な晩餐”の1枚を公開「汚い言葉で罵り合う必要はない」

イメージ 1


WBSS初戦で激突のライバルと抽選会後に食事「決してストリート・ファイトではない」
 ボクシングの主要団体王者が出場するトーナメント「ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)」の組み合わせ抽選会が20日にモスクワで行われ、1回戦屈指の好カードとなったのはWBAスーパー王者のライアン・バーネット(英国)と元5階級制覇王者のノニト・ドネア(フィリピン)の一戦だ。そんな2人は抽選後、互いのパートナーを交えて4人で食事を取った様子をドネアが公開。「お互いを汚い言葉で罵り合う必要もない」と一流ファイターの品格を示している。
 リングに上がれば、互いのプライドにかけて全力で戦うが、一歩降りれば、ボクシングを愛するファイター同士。ドネアが自身のツイッターに公開したのは、そんなことを感じさせる1枚の画像だった。
 白のシャツに迷彩柄のグレーのベストをまとい、蝶ネクタイをビシッと決めたドネア。隣から夫人が肩に手をかけ、笑みをこぼいしている。そして、赤ワインなどが並んだテーブルで向かい合っているのはなんとバーネットだった。大きく胸元が開いたドレスをまとった美人パートナーとリラックスした表情で4人そろってカメラ目線を決め、1枚に納まっている。
 バンタム級世界最強を決める一戦で拳を交えることが決まったばかりの2人。しかし、ドネアは投稿に「ライアン・バーネットは自分を対戦相手に指名した。僕たちはこれがスポーツであるという共通認識を持っており、すがすがしい思いだ。決してストリート・ファイトではない。お互いを汚い言葉で罵り合う必要もない」と記している。
バーネット「ドネアはアメージングな王者」、ドネア「バーネットの力は申し分ない」
 強い者であればあるほど、互いに力を誇示し合い、戦前から好戦的な姿勢を示すことも珍しくないが、一流のボクサーである2人は、そんなことは無縁のようだった。

 大会公式ツイッターによると、抽選後にバーネットは「ドネアはアメージングなチャンピオンで、素晴らしいファイターだ。彼は僕のベストを引き出してくれると思った。それこそ僕が求めていることだ」、ドネアは「とても興奮しているよ。彼の力が申し分ないのは分かっているし、ベストを尽くす。保証するよ」とコメントし、互いに敬意を示していた。

 WBAバンタム級王者の井上尚弥(大橋)は元WBA同級スーパー王者のフアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)との対戦が決まり、日本でも注目が集まる大会だが、一流の品格を互いに示した2人の戦いも大きな見所となりそうだ。

 バレラとモラレスは現役時代本気で嫌いあって殴り合いのけんかとかしてました(笑)
 フェルナンド・バルガスは本気でデラ・ホーヤのこと嫌ってたし。
 まぁそういのも自分の様な部外者のファンにとっては面白みの一つとしてとらえることもあるんですが、正直やりすぎのパフォーマンス的なのはやっぱり好きになれません。
 まぁアリの現役時代とかは知らないんですが当時見てたら嫌な印象受けてたかもしれませんが、自分はアリを知ったのは揺るぎないグレイテストとしてだったのでそういうパフォーマンスも良い風にとってしまいます。
 
 でも、実際にパフォーマンスであろうが本気であろうが喧嘩腰のボクサーを見て嫌がる人はいます。
 自分は現役時代は相手を挑発どころか試合前に目も合わせるのも嫌でした(笑)
 実際に自分は殴り合う事、戦う事は割と好きな好戦的な部分のある人間でしたが喧嘩は嫌いでした。
 喧嘩って感情をぶつけ合うんで勝っても負けてもなんかさわやかになれない部分があったりします。
 まぁ漫画なんかで喧嘩して友情が芽生えるなんてシーンはあるし、実際の喧嘩でにあるのはあると思うんですが、やっぱりスポーツとは違います。

 ただ、スポーツと割り切っていても殴り合いなんで色々な感情とかも出てくるんで仲良くは出来なくて当然なんですが、ドネアとバーネット、そして二人の奥さん(恋人?)も凄いと思います。
 特に奥さんなんか自分の旦那を倒そうとする人ですからね…

 こういうエピソードはボクシングという格闘スポーツではあまりない事ですが気持ちの良いものでうれしいですなぁ。
 試合が楽しみになってきますわ。
 
 




閉じる コメント(4)

顔アイコン

このトーナメントは予想できません。ブッチギリでドネアが優勝とか、坦々とミーシャ・アロイヤンが制する可能性もあります。このバーネットもKO率以上にパンチやフィジカルも強そうに思います。この記事を読んでバーネットにも興味が出てきました。楽しみですね。 削除

2018/7/23(月) 午後 0:50 [ ブスカベ ] 返信する

顔アイコン

> ブスカベさん、井上がオールKOで優勝!
これしかないで(笑)

2018/7/23(月) 午後 8:52 ボクサーひこ 返信する

アバター

1970年代のアリの時代は試合前挑発で盛り上がるってのがあったので心理作戦も含めてあえてアリはしていたと思うんですね、今は流行りませんし受けないけど、やっぱりヘビーの頂上対決なんかはド派手に舌戦はOKな気はします。やっぱりエンタメですから、世界のビッグビジネスプロボクシングにもなりますと。

バレラとモラレスはあれギリギリで外していたからスゲーなーって驚愕でしたけどね。まあ井上のモンスターぶりを全世界の強烈アピールする大会にして欲しいですね、ドネアみたいなロートル吹っ飛ばしてください(笑)

2018/7/23(月) 午後 11:00 気ままに 返信する

顔アイコン

> 気ままにさん、ドネアは井上とやる前に消えると思ってます。
最近は挑発行為するのは本物の悪になってますよね、タイソンとかマヨルガとか(笑)

2018/7/24(火) 午前 5:16 ボクサーひこ 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事