らんぶるライフ

元ボクサー&トレーナーのボクシングファンの日常

全体表示

[ リスト ]


 新春第一弾の投稿は林壮一さんの記事で、亀田昭雄さんがメイウェザーVS那須川天心について語っています。

200年に一人の天才ボクサーが語る「メイウェザーvs.那須川」

イメージ 1


 

現役時代のメイウェザーを10とするなら、1にも満たないほど衰えた元王者だったが…(写真:ロイター/アフロ)
 予想通り、茶番にしかならなかったフロイド・メイウェザー・ジュニアと那須川天心とのエキシビジョン。
 今回も、「200年に一人の天才」と呼ばれた元WBAジュニアウエルター級1位、同級&ウエルター級日本チャンピオンの亀田昭雄に、昨夜のイベントを振り返ってもらった。
 亀田が挑んだ世界チャンプ、アーロン・プライアーとは、ピーク時のフロイド・メイウェザー・ジュニアと甲乙つけ難い名王者である。指名挑戦者として、そんな最強の男に挑んだ亀田の言葉には重みがあった。
==============================================================
 見るべきものの何一つ無いスパーリングでしたね。体格云々ではなく、実力差があり過ぎます。赤子と大人、あるいは小型車とダンプカー以上の違いですよ。
 那須川はあくまでもキックボクシングの王者であって、ボクシングはズブの素人であることを示しました。この子にはサイドステップがまるでなく、前後の動きしかできずにメイウェザーの真正面から攻撃を仕掛けてしまった。RIZINやキックの世界では、あれでもいいのでしょうが、ボクシングはそんなに甘いものではありません。
 メイウェザーが既に引退した人間であっても、あの力量で、かつての世界チャンピオンに向かっていくのはボクシングを舐めているとしか思えません。今後、この子がボクシングを真剣にやることは無いでしょうし、やったところで成功は期待できません。日本の格闘技界という狭い世界では通用しても、世界中の強者がひしめき合うボクシング界では生き抜けないでしょう。ボクシングとは、それだけワールドワイドな競技なのです。
 一方のメイウェザーも“元“チャンピオンですから、身体が絞れていませんでした。脇腹の贅肉が目立ちましたよね。でも、那須川を相手に練習する必要も無かったです。パウンド・フォー・パウンド・キングとしてボクシング界のトップに君臨していた彼が、こんな見世物興行に出てしまったことが、非常に哀しいですが…。
 メイウェザーは那須川に対して本気のパンチなど1発も放っていませんよ。あれはマスボクシングです。現役時代のメイウェザーが10なら、昨日の動きは1もいかないでしょう。なのに、那須川は簡単に倒れてしまった。まさに茶番劇です。
 それでもね、見世物興行としては、RIZINもフジテレビも那須川もWIN-WIN-WINと言えるでしょう。「ボクシング界の超スーパースターが日本に来て、格闘技界の神童とファイトする」ということで、3万人近い観客が会場を埋めた。TV局としても紅白歌合戦を相手に視聴率で勝負を懸けることができた。那須川は「やったことのないボクシングルールで伝説の男に挑んだ悲劇のヒーロー」として自分の名を売れた。今後、主催者サイドは、お涙頂戴的に那須川を演出していくストーリーができたんじゃないかな。そういうことが好きなファンも存在するでしょうから、ビジネス的には成立しているように思います。
 最初から勝負にならないことは目に見えていましたが、敢えて述べるならメイウェザーもボクシングの威厳を保てたのかもしれません。
 那須川はやはり、これまでやって来た格闘技の世界で生きていくべきでしょう。今回同様、彼の姿を派手に演出するTV局があってもいい。ただ、那須川にボクシングは無理だと僕は思います。見世物とボクシングは根本的に違うのです。

 この試合は本当に物議を醸しました…
 自分もテレビで見ましたが色々と複雑な気持ちになったものです。
 元ボクサーでボクシングファンとしてはメイウェザーのみじめな姿を見たくないという気持ちもありましたが、日本人として那須川選手に頑張ってほしいという気持ちも。
 ただ、試合直前は自分の中では片八百長なのか?
 という裏読みと化してました(笑)
 那須川は本気でメイは那須川に花を持たせてちょっと那須川の良いシーンを作ってあげて後は流して完勝みたいな(笑)
 この試合について那須川がボクシングをなめてたとかメイが大人げないとか、本当に色んな意見を聞きます。
 これは高橋ナオトさんがFBで言ってたことなんですが、本気でやってる格闘家がめちゃくちゃ強いやと試合するかって言われて断る奴はいないって言ってた。
 まさにその通り!
 そうじゃないとダメなんですよ。
 まぁ自分は後にWBAスーパーバンタム級王者になるソムサック・シンチャチャワンと試合したのはWBFのタイトルマッチだからですが(笑)
 

この記事に

閉じる コメント(8)

顔アイコン

いろんな思いがあるけど、メイが弱く見えなくて良かったと思ってはします。でも、著名選手や引退した選手を使う格闘系団体の手法は最後にして欲しい。ただ、タイのように二足のわらじ(タイではムエタイと国際式ボクシングですね)は認めて良い時期かなとも思います。那須川選手等がキックをしながら、普通にボクシングを並行して行うのは有りの時代かなぁと。ただ、那須川選手はバンタムからフェザーとしても、現時点ではスーパーホープとは現時点では言えないような気がします。サガットはムエタイの名選手でボクシングでゴメスに完敗。でも、その後ライト級まで上げ東洋王者。ファサイという選手はムエタイトップでライオン古山さんとやり2回KOでムエタイにすぐ戻った。センサクは大成功。サーマートは行ったり来たりかな。大場さんとやったベルクレックはムエタイの名選手とは聞いています。ま、要するにキック系で一流であっても、ボクシングは別競技だから、ボクシングをするなら、きちんと挑んで欲しいもんです。 削除

2019/1/8(火) 午後 10:04 [ 輪太郎 ] 返信する

顔アイコン

> 輪太郎さん、成功した、センサクやウィラポンは本当に天才ですからね。
那須川選手も天才って言われてますがキックだけの天才かもしれませんからね。

2019/1/9(水) 午前 6:36 ボクサーひこ 返信する

顔アイコン

> ボクサーひこさん メイ戦えお見た感じでは、突ったっていて、パンチは手打ちで階級とは関係なく、パンチ力がないように見えました。相手が大きいメイだからああなったのかもしれないけど。偶然、3年ぐらい前に那須川選手の試合を生で見ましたが、その時まで知りませんでした。連れてきてくれた人に彼は天才と説明され、試合もワンパンチ1RKOでしたが、ボクシングは初回ワンパンチKOは非常に少なく、連打でKOになることがほとんど。那須川選手のボクシングの才能はわかりませんね。スパーは得意かもしれませんね。 削除

2019/1/9(水) 午後 4:53 [ 輪太郎 ] 返信する

高田が試合後にやるべき試合では無かったとか言ってて笑えた。
ガチをさんざん煽って、まさか二枚舌発動するとは(笑)
天心もあんな3歳児みたいな泣き方して、思わず失笑してしまいました。
バラエティーとしては合格点です。
二十歳のカリスマのメッキが剥がれたかな。
唯一当たったように見えた天心の左のパンチをヘッドスリップでメイがかわしてたのにはビックリしました。

2019/1/9(水) 午後 5:56 [ さぶちゃん ] 返信する

顔アイコン

> 輪太郎さん、何とも言えませんね…

2019/1/9(水) 午後 6:06 ボクサーひこ 返信する

顔アイコン

> さぶちゃんさん、悔しくて泣けるのは本気でやってるからですよ。
自分は試合に負けて泣いたことありません、まぁそれだけ全てをっけていなかったんでしょう。
プロレスラーに誠実さを求めては行けませんよ(笑)

2019/1/9(水) 午後 6:10 ボクサーひこ 返信する

アバター

キックありでも駄目だったでしょう、キックボクサーってまあそういうもので、まあボクシングで言えばグリーンボーイに歴史的名ボクサーが三発レッスンをしてあげたって感じでしたね。でも個人的にはメイウェザーが引退したとはいえ日本で観れたのが個人的にはよかったです、負けて衆人の前で大泣きする格闘技選手で大成したのは記憶にはないなぁ。。。。。

2019/1/9(水) 午後 10:48 気ままに 返信する

顔アイコン

> 気ままにさん,観衆の前で泣くというのは今どきの子だからというのもあるでしょうが、↑でかばうようなこと書きましたが気持ちはわかりません(笑)

2019/1/10(木) 午前 6:22 ボクサーひこ 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事