らんぶるライフ

元ボクサー&トレーナーのボクシングファンの日常

全体表示

[ リスト ]


こんな記事があった…

那須川天心ボクシング挑戦企画に元WBA世界王者ら最強刺客現る!

イメージ 2

AbemaTVが開設3周年記念として企画している「那須川天心にボクシングで勝ったら1000万円」の挑戦者選定のオーディションが13日、大阪で開催され、二次審査と、その合格者による三次審査のスパーリングが行われた。この日は、書類審査を通過した約80人が参加、午前11時から6人ごとの集団面接が行われ、天心戦への意欲や1000万円の使い道などが聞かれた。面接は、格闘技経験者と素人の部に分けて行われ、午後14時30分に約20人の二次審査の合格者が発表された。合格者の中には意外な大物がいた。元WBA世界スーパーフライ級王者で、現在大阪を拠点にトレーナーとして活躍、キックの大会にも出場しているテーパリット・ゴーキャットジム(30)だ。WBAの世界ベルトを持参して面談で自己アピールをしたという。

 テーパリットは、2011年5月にWBA世界スーパーフライ級暫定王者、ドリアン・フランシスコ(フィリピン)を判定で下して世界ベルトを腰に巻き、その後、正規王者となって同年12月には亀田大毅を判定で蹴散らした。翌2012年には清水智信、名城信男と日本人を次々と破ったが、同年の大晦日に河野公平に4回に逆転KO負けを喫して陥落。以後、世界再挑戦のチャンスはなかった。現在、大阪のムエタイ式フィットネスジムのJOE GYMで専属トレーナーを務めている。まだ30歳だが、ボクサー時代に比べるとシェイプアップはされておらず、昨年末にはキックの大会に出場して黒星を喫しているが、ボクシングルールとなると元世界王者の経験がモノを言うだろう。

 また他にも、元OPBF東洋太平洋、元IBFアジア(JBC非公認)、元日本スーパーウェルター級王者の細川貴之氏(34)、2000年の西日本新人王の村井勇希氏(39)、世界挑戦経験のある戎岡淳一氏(38)、2012年のライト級の全日本新人王、奥田翔平氏(28)、元東洋ランカーの竹本裕規氏(36)、元スーパーライト級の東洋ランカーの松本憲亮氏(40)らの実績のある“引退ボクサー”に、現役のフリーボクサーであるJBC非公認の元WBCアジアバンタム級王者、中村優也(28)、恵良敏彦(44)らが参加。K−1王者にもなり、コスプレファイターとして活躍した長島☆自演乙☆雄一郎(34)の姿もあった。
 二次審査を通過した約20人による3次審査はヘッドギアと14オンスのグローブを使った1ラウンドのスパーリング。この日のスパー順のセミファイナルは細川×松本、ファイナルはテーパリット×中村の組み合わせで行われた。

 ダウンシーンなどはなかったが、スパーリングを見た関係者によると「テーパリットは、体が絞れていないので動きは重たかったが、やはりボクシングの巧さは際立っていた。間違いなくテーパリットは3次審査を通過するでしょう」という。

 今日14日には東京で同じオーディションが開催、東西で合わせて8人の合格者が決められ、5月1日に、その8人による挑戦者決定のワンデイトーナメントが開催される方向で、その優勝者だけが1000万円をかけた天心への挑戦権を得る形式になりそうだ。今週中には、その挑戦者決定トーナメントへの参加権利を得る8人の合格者に連絡がいくというが、天心を無残なTKOに葬ったフロイド・メイウェザー・ジュニアと同じく体重差を生かして勝つつもりでいた細川氏は、この日、辞退を主催者に申し入れた。
 反対していた奥さんの意向に沿ったもの。「子供の教育にもよくない。本当にこれ以上やるなら離婚だとも言われ……断念します。ほとんど練習をしていなかったので動けてもいなかったですしね」。主催者側からは「ボクシングルールに準じたいので体重をできるだけ天心選手に合わせて下さい。63キロまでです」とも言われており、現在、77キロもある細川にとって、63キロまで落とすことも不可能だった。
 天心は、体重差のある“元3冠王者”の辞退に安心したのかもしれないが、さらなる刺客が参加を申し入れていることも明らかになった。
 3月6日に減量苦を理由に電撃引退を表明したばかりの前WBOアジアパシフィック、スーパーフェザー級王者、元OPBF東洋太平洋同級王者の仲村正男氏(31)だ。名門、興国高出身で、2006年にプロデビューすると12試合連続KOで、OPBF東洋太平洋王者となり、2016年に一度引退したが、昨年、2年ぶりに現役復帰。12月にはWBOアジアタイトルを獲得していた。プロ戦績は28戦25勝(24KO)3敗でKO率86%を誇る超ハードパンチャー。オーソドックススタイルだが、右ストレート、アッパーなどが武器で、トップランクと契約を結んだばかりのWBO世界スーパーフェザー級王者の伊藤雅雪には2017年に判定負けしているが、2015年8月には、WBA世界同級スーパー王者の内山高志に挑戦してダウンシーンを演出した金子大樹に判定で勝つなど世界挑戦一歩手前までいった天心を倒す可能性が最も高い男である
 58.9キロがリミットのスーパーフェザー級では減量が苦しくコンディションを保てず引退を決断したが、天心側が譲歩する63キロでOKならウェイト面での不安はない。天心戦のルールは、まだ発表されておらず、使用グローブのオンス数や判定ありなのか、KOのみなのか、によっても勝敗予想は変わってくる。実績と経験ではテーパリットだが、天心のスピードには翻弄されるだろう。天心を凌駕する一発のパンチ力でいえば、仲村。しかもまだ引退したばかりのバリバリ感がある。
 繰り返し書くが、ルールも不明瞭で、ボクシングに対するリスペクトのない企画を厚顔無恥に立ち上げるAmebaTVの姿勢にも、この企画自体にも筆者は反対ではある。JBC(日本ボクシングコミッション)のライセンスを持った人間は、JBCルールに抵触するために出場できないし、運営管理も不明瞭でボクシングの発展につながるような企画ではない。だが、仲村のような“本物のボクサー”が、何らかのメッセージを持って出てくるのは興味深い。彼らは、挑戦者決定トーナメントで、潰し合いをさせられることになるが、ボクシングルール2戦目の天心にとって油断のならない顔ぶれが立ちはだかりそうである。
 (文責・本郷陽一/論スポ、スポーツタイムズ通信社)

 おととしの大晦日、大阪市内のタイ料理屋でテーパリットとあったんですが( 大みそかはタイ料理屋で食べ放 )めちゃくちゃ太ってました(笑)
 あれから1年半、今は少しは痩せたかもしれないけど動けるのかな?

イメージ 3
        食べるの好きみたいで会った時もモリモリ食べてました(笑)
 





閉じる コメント(2)

顔アイコン

テーパリット!動けるのか、天心はボクシングも強いと思うので、天心有利かな。スパークリングみたいな感じ?公式戦ではないし、審判はどこの人がするのかとか色々ありそうです。 削除

2019/4/14(日) 午後 4:52 [ ブスカベ ] 返信する

顔アイコン

> ブスカベさん、テーパリットやとJBC関係ないし元世界王者という名前もある。
でも見栄えがちょっとロートル感がありすぎて選ばれへんやろうなぁ。
タイ人は元世界王者でもプライドない選手多いしなぁ…

2019/4/14(日) 午後 4:57 ボクサーひこ 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事