らんぶるライフ

元ボクサー&トレーナーのボクシングファンの日常

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全558ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]



木村翔7・27中国でサルダールと2度目の防衛戦

イメージ 1

ボクシングのWBO世界フライ級王者木村翔(29=青木)が7月27日に中国・青島市で同級4位フロイラン・サルダール(29=フィリピン)と2度目の防衛戦に臨むことが19日、発表された。昨年大みそかに五十嵐俊幸(帝拳)に9回TKO勝ちして以来、中国では昨年7月、五輪2連覇の鄒市明(中国)に11回TKO勝ちして以来の試合。都内で会見した木村は「短期間での練習でしたが、勝つ自信はあります」と自信を示した。

 挑戦者となるサルダールは16年9月、井上拓真(大橋)と対戦。1回のダウンを奪ったものの、後半に2度のダウンを喫して判定負けしている。その後はKOで5連勝中と好調をキープ。侮れない挑戦者となる。木村は「手が長くてパンチのある選手。当日はタフな試合になると思います」と気持ちを引き締めていた。

 今回の防衛戦は興行権を持つ中国サイドから6月中旬にオファーが届いたものの、最終交渉がずれんで正式発表が試合直前となったという。減量は残り3キロという木村は「体調はいいですし。減量も順調。ベストコンディションです」と強調していた。

 急きょ決まった試合の様ですが準備はしていたでしょうからその辺は大丈夫と思いたいですね。
 中国でも興行ですか、海外での試合はお手の物でしょうからそちらも心配ないでしょう。
 中国でフィリピン人と試合ということでアウェイでもないですし。

 しかし、青木ジムの有吉会長と言いワタナベジムの井上会長といい自分の友人がボクシング界ででこうやって活躍するのを見るのはうれしいです。(繊大さんは出会った時はもうバレラのトレーナーだったんでまた違う)
 自分はもうボクシング界から離れた人間なんで昔の仲間が活躍するのを見るのは羨ましいと思う反面、自分は努力しなかったんで当然とも思います。
 これからのボクシング界を背負って行ってほしいです!
 


この記事に

開く コメント(2)[NEW]


WBSSバンタム級出場8選手決定 注目の井上尚弥の初戦の相手は…

WBA世界バンタム級王者・井上尚弥(25)=大橋=が参戦する階級最強決定トーナメント「ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)」のシーズン2・バンタム級に出場する全8選手が決定した。17日、公式サイトで最後の出場枠としてロンドン五輪フライ級銅メダリストのミシャ・アロイアン(29)=ロシア=が決定したと発表した。出場選手は以下の通り。


 【1】ライアン・バーネット(英国)WBAスーパー王者、19戦全勝(9KO)
イメージ 1



 【2】エマニュエル・ロドリゲス(プエルトリコ)IBF王者、18戦全勝(12KO)
イメージ 2



 【3】ゾラニ・テテ(南アフリカ)WBO王者、30戦27勝(21KO)3敗
イメージ 3


 【4】井上尚弥(日本)WBA王者、16戦全勝(14KO)
イメージ 4


 【5】ノニト・ドネア(フィリピン)世界5階級制覇、43戦38勝(24KO)5敗
イメージ 5


 【6】フアンカルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)元WBA王者、21戦20勝(9KO)1敗
イメージ 6


 【7】ジェイソン・モロニー(オーストラリア)IBF指名挑戦者、17戦全勝(14KO)
イメージ 7


 【8】ミシャ・アロイアン(ロシア)無敗の挑戦者、4戦全勝
イメージ 8


 初戦となる準々決勝の組み合わせは、20日にモスクワに全選手が集まり決定する。ロドリゲスの初戦はIBFの指名試合で、モロニーと対戦することが決まっている。現在タイトルホルダーであるバーネット、テテ、井上がシード選手となる見込みで、シード選手同士が初戦で対戦することはない。井上の初戦はドネア、パヤノ、アロイアンから選ばれる可能性が高くなっている。

 いよいよです!
 わくわくしてきますなぁ〜〜
 このトーナメントに勝ったものこそ真実の世界王者と言えると思います。
 各団体のチャンピオンはシードという事ですが、つまりそういうことなのだ!
 各団体の世界王者というのはシード権を手に入れた選手に過ぎない。
 このトーナメントこそ真実の世界王者を決めるものという事になりそうです。
 各階級もどんどんトーナメントを開催して本物の世界王者を作って頂きたい。


この記事に

開く コメント(12)[NEW]


イメージ 1

スポーツ長者番付メイウェザーがトップ復帰



イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

5階級制覇王者フロイド・メイウェザー(米)が経済誌フォーブス発表のスポーツ選手および芸能人所得番付で年間トップに返り咲いた。リストによるとメイウェザーがこの1年間で得た収入は2億8500万ドル(約320億円)。
 2位は俳優のジョージ・クーニーの2億3900ドル(約268億円)、3位はテレビタレントのカイリー・ジェンナーの1億6650万ドル(約186億円)だった。(いずれも税引前の金額)
イメージ 13
 メイウェザーはボクシング以外の所得がほとんどなく、この金額は昨年8月対戦した総合格闘技UFCのスター、コナー・マクレガー戦で稼いだもの。PPV購買数が430万件に達した異色対決は、15年5月のメイウェザーvsマニー・パッキャオの460万件に続く史上2位の数字を残した。同年の有名人所得1位もメイウェザーだった。
 今回のリストでスポーツ選手はサッカーのレオネル・メッシが1億1100万ドル(約124億円)で8位。クリスティアーノ・ロナウドが1億0800万ドル(約121億円)で10位に入っている。
 ちなみに前出のマクレガーは12位。ほかにボクシングで100以内に入ったのは62位のサウル“カネロ”アルバレス(メキシコ)と80位のアンソニー・ジョシュア(英)。

 メイウェザー、”マネー”の面目躍如ってやつですなぁ〜〜
 メイウェザーは面白くない試合するのにお金を稼ぎすぎてるという人もいます(正直、自分もそう思う)。
 でも営業努力をものすごくしてるのも確か。
 この自分を売るスキルは一時期関わってたプロレスで得たものでしょう。
 プロレスに関わる前はメイウェザーはスターボクサーでしたがみんながみんな知ってる様なボクサーではなかった。
 でもプロレスしてからカンバックして、注目度がものすごく上がった。
 モハメド・アリもプロレスラーの真似をしてパフォーマンスをし出して注目ボクサーになったのです。
 プロレス転向するまでのニックネームは”プリティ・ボーイ"だったんですがこの”マネー”といニックネームはプロレス時代に与えられたニックネームなのだ。
 ちなみにプリティ・ボーイは西部開拓時代のアウトローにプリティボーイ・フロイドなる悪党が居たらしいんでそこからとられてますが性格はともかく若い頃のフロイド・メィウェザーは本当に可愛らしい顔をしてたんやよな。
 今でもその面影を残した男前ですが悪そうというか性格悪そうなのを押し出すようになったので可愛らしさはなくなりました(笑)

 なんにしろ、ボクサーが長者番付に載るというのは注目度も上がるしボクサーを目指す若い人に夢を与えるので良い事だとは思います。
 
 


この記事に

開く コメント(6)[NEW]

パッキャオのWBAベルト


 前にも書いたけど自分は主要4団体のベルトを全部持ってるかとかが気になるんですが、今回パッキャオが初めてWBAのベルトをとったというのは報道でも書かれてたしFBなんかの記事でもそのことに言及してる人が多かったんでそういう事に注目してる人が多いという事にちょっと嬉しくなりました(笑)


 ちょっと古い話なんですがもう、亡くなってしまったけどジョニー・タピアという人気ボクサーが居ました。
                     ジョニー・タピア死亡記事
イメージ 3
                         ジョニー・タピア
                      ジョニー・タピア紹介記事

 タピアはSフライ、バンタム、フェザーの3階級を制覇してるんですがSフライではWBO、そして統一戦で勝利してIBFも吸収、そしてバンタム級にあげてWBAのベルトを獲った。
 そして、スーパーバンタムをとばしてフェザー級でIBF王者決定戦に勝利して3階級制覇したんですが、この時のスーパーバンタム級のWBC王者が確かオスカー・ラリオスだったんですよ。

イメージ 4
                オスカー・ラリオス

 タピアはフェザーでは身体も小さいし一階級落としてラリオスとやったら良いのになぁ〜
 と思ってたんですが、IBF王者を放棄して当時タイトルを持ってなかったのにフェザーキングとして君臨していたマルコ・アントニオ・バレラと試合をして負けてしまい一線から消えて行った…
 あの時、ラリオスと試合して勝ってたら4階級制覇&4団体のベルト制覇だったのになぁ〜って良く考えたものです。
 まぁラリオスも強豪なんで勝てたかどうかわからないんですがバレラVSタピアよりラリオスVSタピアの方が勝敗の行方がわからないという意味では好カードだったと思うんですよ。
 まぁプロモーターの関係かなんか知りませんがこの二人の対決は噂話にもならなかったような気もしますが自分の中ではしてほしかった試合です。

 プロモーターの関係で持ってるベルトの色が変わるというのはちょこちょこあると思うんですが(帝拳がWBCに強いとか)ウィルフレド・バスケス・シニアは三階級制覇してますが全部WBAのベルトです。
 
イメージ 14
                      ウィルフレド・バスケス

 ナジーム・ハメドは階級制覇ではなく統一戦でベルトをコレクトしていったけどWBA王者だったウィルフレド・バスケスとの試合が決まったけどWBAが統一戦を認めなかったのでバスケスはファイトマネーをとってWBA王座を剥奪されてからハメドと闘った。
 まぁバスケスはハメドにボコボコにされて負けちゃいましたが…
 だからハメドはWBO,WBC,IBFは持ってるけどWBAベルトは持ってないはずなんですが…
イメージ 1
                   あれ?WBAベルトもつけてるよ?

イメージ 2
                    この写真なんかWBAベルトだけ(笑)

 やっぱりハメドのWBAベルトをつけてる写真はって見たことなかったから凄い違和感感じませんか?
 
 やっぱり見慣れてるWBOのベルトつけてるハメドの方がしっくりくる気がします。

 たぶん辰吉のWBAベルト巻いてる写真とか内山のWBCつけてる写真があって見たら凄い違和感があると思うんですよ(笑)

 で、本題のパッキャオのWBAベルト!
 まだ試合終わったばっかりでパッキャオがWBAベルトを腰に巻いてる写真が出回ってませんが腰には巻いてませんが肩にかけてる写真とかあるんであげておきます。
 やっぱり違和感感じますね(笑)

イメージ 15

イメージ 8


イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7


 で、このベルト普通のWBAベルト違いますよね?
 なんか特別ベルトらしいです。
 WBCはカネロとチャベスJRの試合に

イメージ 9
       こんなベルト賭けさせたり(勝者のカネロは受け取り拒否したみたいですが(笑)

 WBAもマネしてリナレスVSロマチェンコやゴロフキンVSカネロに特別ベルトを作ってた

イメージ 11
             GGG−カネロ戦の特別ベルト

イメージ 10
              リナレスVSロマチェンコの特別ベルト

イメージ 12
                   これは村田選手のノーマルベルトです。

イメージ 13
 これは今はなくなりましたがWBAのスーパーベルトで5度以上防衛したチャンピオンにだけもらえるスーパーベルト。
 日本では具志堅会長と鬼塚が持ってるはずです。
 内山高志の頃はもうなくなってたはずで持ってないと思います。



この記事に

開く コメント(6)

元ボクサーなのに(笑)


 自分は現役時代、デビューはフライ級(50・8kg)で、最後の試合はタイトルマッチだったんで増量してスーパーバンタムでやりましたが、まぁスーパーフライ級(52.15kg)ぐらいのボクサーでした。
 減量に苦しむのが嫌で日頃から節制、フライ級時代は試合が決まってなくても日ごろから55kgを越えると落とすような自己管理ができてると言えば聞こえが良いけど心配性なボクサーでした。
 胃が強くないんで消化が遅いのとお金を節約する為にお昼はいつもカロリーメイトだけでした…
 で、24歳の時に一度ボクシングをやめました。
 で、27歳の時に意を決してカンバックしたんですが引退していた三年間、それほど運動してなかったのに全然太りませんでした。
 なのに29歳で引退した後、太りだして一番太ってた時期で85kgぐらいに増えました、現役時より30kg増えてます。
 今から考えたら引退した後太りだしたと言ってもたかが知れてたんでちょっと運動すればすぐに元に戻ってたんでしょうがその時期、就職できずに困ったりと運動する余裕が精神的にも金銭的にもなかった。
 小牧のNAボクシングジムのトレーナーになってからは朝走ったりウェイトトレーニングしたりしてた時期もあったんですが、元ボクサーって現役時代の自分が理想の体型としてあるんでまだまだでぶやって思ってた…
 一時期はガンガンウェイトトレーニングして身体も結構も大きくなってきたんですが脂肪がついてるんで自分では納得してなかった。

イメージ 3
             この頃はウェイトトレーニングしてて全然太ってなかった
                  39歳のころ岐阜県郡上の山奥で

 でも、ちゃんとした目的がないと食事節制ってなかなかできないんですよね…
 途中で何もかも嫌になってウェイトも食事制限もやめてそこからどんどんデブに一直線(笑)
 その後、川崎に転勤させられてストレスMAX、完全にデブになって神奈川渥美ジムのトレーナーになった。
 本田秀伸を招聘、神奈川渥美ジムをプロ加盟したんですが久しぶりに会った本田が自分のデブっぷりに驚いてた(笑)

 一応、自分は元プロボクサーで無名ですがちゃんと試合をしてるんで元ボクサーという意識はあるんですが、控室で会った某ジムの会長と話して元々グリーンツダでやってたという話をしたら
 「えっ?元選手?」
 と言われた…
 正直、ボクシングジムのスタッフで選手経験のない人は結構いるんですが選手の方が断然多いんですよ…
 それに自分は打たせすぎで鼻はつぶれてるしバッティングで切った傷も眉毛にあるんでボクシング経験がないと思われるとは思いもよらなかった(苦笑)

 もう一つ同じようなことがあった。
 自分はフェイスブックもやってるんですがやっぱりボクシング関係のFB友達が多いんです。
 で、色々な人と会ってFBにUPしてるとその友達の友達にもみられるんですよ。
 で、ちょっとした用事で大橋会長がいる酒席に顔出した時に
 「あっ、俺、自分の事知ってるよ!」
 ッテ言われました(笑)
 大橋会長に顔を覚えられてるってかなり嬉しかったんですがそれからどれぐらいたったか忘れましたが川嶋勝重さんが神奈川渥美ジムに来てくれたことがあるんですよ。 
 で、その時に川嶋さんが
 「あっ、河合さんでしょ、知ってますよFBでよく観ます」
 と言われました。
 二人の世界王者に顔を覚えられてるなんて俺もなかなかのもんだなって密かに喜んでてたんですが川嶋さんと話してる時に自分がグリーンツダで本田の先輩だったという話をしたら
 「えっ?試合とかしてたんですか?」
 と言われました…
 まぁ川嶋さんは写真でしか自分の事見てなかったから鼻の潰れ具合とか目の傷とか意識はしてなかっただろうしかなりミーハーな事ばかりしてFBにUPしてたんで選手経験のないマニアと思われてたのでした(苦笑)

 若い、痩せてた頃はボクサーって言うとそんな感じとか言われてましたが今はただのデブ親父なんで面影ないんですよね…
 現役時代、引退しても絶対太らないと言ってたのに情けない話です(苦笑)


イメージ 1
                      28歳、タイにいた頃です。

イメージ 2
47歳川崎にいた頃です


この記事に

開く コメント(6)

全558ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事