らんぶるライフ

元ボクサー&トレーナーのボクシングファンの日常

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全583ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

井上拓真、熱海で合宿


井上拓真が世界戦に向けて兄・尚弥らと熱海で合宿

イメージ 1

12月30日にWBC世界バンタム級暫定王座戦を控える同級4位・井上拓真(22)が13日、兄のWBA世界バンタム級王者・尚弥(25)、日本スーパーライト級1位のいとこ・浩樹(25=いずれも大橋)と恒例の熱海合宿に入った。

 2年前のWBOタイトル戦は、練習中に右拳を負傷して中止になるという不運に見舞われた。それだけに仕切り直しの世界初挑戦となる試合に向け、今キャンプは並々ならぬ覚悟で臨んだようだ。

 約10キロのランニングに始まり、砂浜ダッシュ。そして今回が初の試みとなる、土のうを担いでのトレーニングなどで汗を流した。ただ張り切りすぎたのか、最後の最後で足をつるハプニング。「土のうトレが思ったより足にきて、何年かぶりにつってしまった。もっと追い込まないと。ケガだけは気をつけたいので」

 対戦相手の同級2位ペッチ・CP・フレッシュマート(24=タイ)については「サウスポーなので(WBSS・パヤノ戦での)兄の入り方は、短い時間だったが参考になる。吸収したい」と語った。

 井上拓真、暫定とはいえいよいよ世界の舞台に登場ですなぁ。
 井上尚弥の弟ということで海外メディアも注目してくれそうですなぁ〜〜
 いとこの井上浩樹選手もこれからの期待の星!
  
 楽しみです!


イメージ 2
                         タイのリングでハチャメチャ修行




この記事に

開く コメント(0)


アンカハスVSシーサケット スーパーフライ級統一戦は来年に実現?

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

プロボクシングのIBF世界スーパーフライ級王者ヘルウィン・アンカハス(26=フィリピン)がWBC同級王者シーサケット・ソールンビサイ(31=タイ)との王座統一戦を望んでいるという。10日に米国のESPN(電子版)が報じた。

 母国フィリピンではパッキャオの後継者として期待されているアンカハス。2016年にIBF王座を獲得して以来、すでに6度の防衛を重ねている。一方、シーサケットは最強王者とも呼ばれたローマン・ゴンザレスを判定で下し、WBC王座を獲得。ゴンザレスとの再戦では会心のKO勝利を収めた。

 アンカハスはシーサケットとの対戦について、「闘牛のような試合になるだろう」とコメント。「シーサケットは正面からの打ち合いを望むタイプ。自分は足を使って動くボクサーが好きではないので、シーサケットのようなタイプは自分にとってピッタリな相手なんだよ」と続けた。

 この統一戦にプロモーターのボブ・アラム氏も乗り気。シーサケット陣営との会談で手応えをつかんだようで、来年の2月か3月の実現に向けて動いているという。

 軽量級でアジア人同士の統一戦をボブ・アラムがプロモートですかぁ〜
 時代は変わりましたなぁ〜
 
 WBC王者VSIBF王者と言えばチキータVSカルバハルが史上初のLフライでのミリオンファイトで激戦を繰り広げました。
 階級はそれよりも2階級上ですが、この試合がチキータVSカルバルの様な激闘になってアジア人軽量級のブームを巻き起こしてくれたら日本人ミリオンファイターがどんどん出るかも?

 実現してほしいです!

イメージ 5
                        タイのリングでハチャメチャ修行

この記事に

開く コメント(2)[NEW]


チャベス・ジュニア 12月に復帰戦 アルバレス戦の黒星から1年7カ月ぶり

イメージ 1

プロボクシングの元ミドル級王者フリオ・セサール・チャベス・ジュニア(32=メキシコ)の復帰戦が12月1日(日本時間2日)に米国のカリフォルニア州で行われることが決まった。対戦相手は元WBO世界スーパーウエルター級暫定王者のアルフレド・アングロ(36=メキシコ)。9日に主催者から発表があった。

 同日はデオンテイ・ワイルダー(33=米国)とタイソン・フューリー(30=英国)が対戦するWBC世界ヘビー級タイトルマッチが開催。チャベス・ジュニアの復帰戦はこのタイトルマッチの前座に組み込まれ、試合はスーパーミドル級10回戦として実施されるという。

 父親はスーパーフェザー級からスーパーライト級まで3階級を制覇したフリオ・セサール・チャベス。息子のチャベス・ジュニアもボクサーとしての道を歩み、2011年にWBC世界ミドル級王座を獲得した。昨年5月に現ミドル級王者サウル・アルバレスとノンタイトル12回戦を戦い判定負け。アングロ戦はこのアルバレス戦以来、約1年7カ月ぶりのリング復帰となる。戦績は54戦50勝(32KO)3敗1分。

 チャベスジュニア、復帰ですか〜〜
 
 スーパースターだった親父の二世としてやっぱりメキシコでは人気があるんでなかなかやめられないというか興行主側としては使いたいんでしょうなぁ。

 スーパーミドルでの復帰みたいですが、二階級制覇目指して頑張ってもらいたいですなぁ。
 





イメージ 2
                           タイのリングでハチャメチャ修行

  




この記事に

開く コメント(0)


デビュー戦KO負けからの勝利 19歳・屋嘉部。ひと回り大きくなった

イメージ 1


10日、プロ2戦目となるライト級4回戦に臨んだ屋嘉部悠大(白井・具志堅スポーツ)が、圧巻の初回40秒TKO勝ち。ファーストパンチのクロス気味の右で痛烈に倒すと、最後はシャープな左フックで切って落とした。
7月のデビュー戦で初回TKO負け…
「アマチュアを含めて、今まででいちばん怖かったです」

 今春卒業した沖縄水産高時代はインターハイベスト8。何よりプロ向きのファイトスタイルとハードパンチを伝え聞いた具志堅用高会長がジムに迎え入れた。

 だが、期待された7月30日のデビュー戦は、同じくアマ出身の花田太一(筑豊)に豪快に倒され、初回TKO負けを喫した。「気持ちを立て直すまで時間がかかりました。本当に辛かったです」と苦しい3ヵ月を過ごしてきた。

 試合前は「強気になったり、弱気になったり、自分との勝負でした」と振り返る。「どうしても浮かんでくるんです。倒されたときの映像が……」。

「自信を持ってリングに上がろう」という気持ちを後押ししたのが58ラウンド重ねたスパーリングだった。デビュー戦のときはケガもあり、わずか6ラウンド。「自信がないままリングに上がった」。

 特にこの日、全勝で日本ライト級ユース王者となったジムの先輩で同郷、1歳年上の小田翔夢との手合わせは「日本ランク上位の人とスパーしてきたんだから大丈夫」と心の拠り所になったという。
苦い記憶を払拭
 デビュー戦で倒された左フックで試合を終わらせ、「やられたことをやった感じで気持ち良かった」と屋嘉部。体に染みついた苦い記憶を払拭し、「ホッとしてます」と安堵の笑顔を見せた。

「目標は……試合で100パーセント出すのは難しいじゃないですか。天狗にならず、次の試合でも100パーセント出せるように頑張ります」

「パンチが強いのは知っていたけど、負けたことが勉強になったね。強くなるよ」と具志堅会長が目を細めたように、手痛い敗戦が19歳をひと回り大きくする。

文_船橋真二郎

 アマエリートがデビュー戦でKO負けってちょこちょこあるんですよ…
 元日本王者の玉城信一さんや元世界王者の星野敬太郎さんもデビュー戦負けてるんですよね。
 星野さんも玉城さんもアマエリートでプレッシャーも普通とは違ったんでしょうなぁ。
 そこで潰れちゃう選手だっていると思うんですよ。
 デビューじゃなくてもデビュー間もない時に負けてそのままやめてしまう選手もいます。
 自分はアマ経験もないしジムでも全く期待されずに試合もなかなか組んでもらえないような選手だったんですがデビュー戦でツダジムと仲が良かったサカエジム(日本王者西條岳人さんが所属)の期待されていた選手と試合をして何とか勝ちましたが二戦目に1ラウンドKO負け…
 期待の選手にデビュー戦で勝ってほんの少し会長に期待されたんでしょう、二戦目の試合はチケットを多めにもらいましたがあえなく1ラウンドKO負け…
 会長のほんの少しの期待も一瞬に消し飛んだことでしょう(苦笑)

 まぁ元々自分は自分の才能を信じて上を目指して努力するような目的意識がしっかりしたボクサーではなくただ「あしのジョー」に憧れて同じ舞台に立ちたかっただけの浅はかな若者でした。
 ただ、デビュー戦で勝った時は自分の力を過信したものでしたが(笑)
 で、2戦目でKO負け、結局このKO負けをしたことで最後の最後までデビュー戦時の自信を取り戻すことは出来ませんでした。
 自分は海外に単身乗り込んで試合をしているんで度胸が据わってるとかメンタルが強いと思われるんですが実際はメンタルは相当弱い人間です(苦笑)
 本当に強い人間は負けを乗り越えれる人間なんです。
 自分は2戦目の相手と再戦しなければいけないと決まった時にもうあきらめてしまいましたから。
 負けた奴に借りを返すという心意気のないような人間はボクサーには向いてないんですよ(笑)
 だから自分は大成できませんでした。
 まぁ才能の問題もあるんでしょうが、今考えるとメンタル以外の肉体的才能は「自分」が思ってたよりもあったと冷静に分析してます、まぁ人より努力するタイプではないので大成は間違いなく出来なかったでしょうが(笑)
 
 この屋嘉部部選手は具志堅会長が期待するボクサーなんで大成してほしいですなぁ〜〜
 

イメージ 2
                           タイのリングでハチャメチャ修行

  



この記事に

開く コメント(2)[NEW]

亀海喜寛引退…




亀海喜寛「引退しました」今後はトレーナーになる

イメージ 3

ボクシングの中量級で世界的に活躍した元東洋太平洋ウエルター級王者亀海喜寛(35=帝拳)が現役引退した。7日、帝拳ジムの本田明彦会長が明かした。6日に自身のSNSを更新し、「引退しました」と記していた。8月のスーパーウエルター級10回戦で、グレグ・ベンデティ(米国)に0−3で判定負けしたのが最後の試合だった。


昨年8月、元4階級制覇王者コットとWBO世界同級王座決定戦を戦った。超ビッグネームに奮闘も、世界初挑戦でベルトに届かなかった。引退理由に「最後の2戦は何故かわかりませんが序盤で上腕二頭筋に力が入らなくなり、以前のようにパワーパンチを最後まで打ち続ける事が出来なかった」と明かした。

05年にプロ入りし、13年に東洋太平洋ウエルター級王座を獲得。11年からは米国を主戦場にし、8月のベンデティ戦が米国での10試合目、戦績は27勝(24KO)5敗2分けだった。今後はトレーナーになる。

 亀海選手、引退ですか…
 寂しいですなぁ。
 亀海選手とはブログを始めた頃少し交流があったんですよ。(亀海さんは最初yhooブログをしていた)

 名古屋で帝拳興行の世界戦があった時にお会いしましたが格好良かったなぁ〜〜Wタイトルマッチ観戦記

イメージ 2
                        これでぇ〜〜す!

 ミゲル・コットとの試合は日本人の世界挑戦としては本当に最高峰の舞台でした。
 でも、衰えていたとはいえスーパースターのコットと試合をするというのは本当に凄い事です。
 でも本音を言えばコットみたいな実力者で大物とやるよりもウェルター級で穴王者とやって日本人初のウェルター級世界王者になってほしかったんやけどなぁ〜〜
 まぁウェルター級は人気階級なんで世界戦組むだけでも難しいんでしょうが。

 お疲れさまでした、トレーナーをやるという事ですが、頭の良い人なんで素晴らしい選手を育ててくれると思います。
 期待してます!

 それでは亀海選手の戦績を。

イメージ 1


  亀海喜寛、現OPBFウェルター級王者、元日本スーパーウェルター級王者
               戦績 27勝(24KO)5敗2分け
                  ニックネームはMAWSTRITO マエストリート(小さな教授)
 
 アマチュアで活躍後、帝拳ジムに入門。
 プロデビューの1,2戦はタイ人。
 デビューより6連続KO勝ち、7戦目は判定に終わる。
 10戦目、当時のほーぷ伊藤博文と対戦、6ラウンドTKOで勝利。
 11,12戦目と外国人と対戦し13戦目に最強後楽園トーナメントに出場し7R,TKOde勝利、日本王座への挑戦権を獲得。
 15戦目に日本Sライト王者小野寺洋介山と対戦、9ラウンドTKOで破り日本王座獲得。 
 初防衛を塩谷智行と行い4ラウンドTKOで初防衛。
 元世界ライト級王者で小堀佑介に王座を奪われたホセ・アルファオとノンタイトル戦を行い6ラウンドTKOで勝利。
  日本タイトル二度目の防衛戦前にインフルエンザにかかり試合を流しそのままタイトルを返上…
  西岡利晃VSラファエル・マルケスの前座で米国デビューを6回で終わらす。
 22戦目に米国カリフォルニア、サクラメントでホルヘ・シルバとドロー・・・・
 活動拠点をp米国に移す予定で挑んだWBAインターナショナル王座決定戦で手痛い初黒星を喫す。
 活動拠点を日本に戻し東洋ウェルター級タイトルを獲得。 
  このタイトルは一度防衛。
 27戦目に元世界王者ゲレーロと対戦、判定負けも評価をあげる。
 28戦目オスカー・ゴドイを4ラウンドTKOで再起。
 29戦目はメキシコのアルフォンソ・ゴメス(メキシコ)に判定負け。
 30戦目は日本で試合を行いフィリピン人のネルソン・グルペ3ラウンドTKOに下す。
 ラスベガスにて世界ランカーヘスス・ソト・カラスと対戦、部の良いドローで評価を上げダイレクトの再戦は8ラウンド終了TKOで勝利しアメリ下での評価を確かなものにする。
 元4階級制覇王者プエルトリコの英雄、ミゲル・コットとWBOスーパーウェルター級王者決定戦を行うも判定で負けで王座獲得ならず。

イメージ 4
                            タイのリングでハチャメチャ修行

  



この記事に

開く コメント(6)[NEW]

全583ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事