らんぶるライフ

元ボクサー&トレーナーのボクシングファンの日常

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全602ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


黒田雅之「怖いものはない」新元号第1号王者狙う

イメージ 1

 

ボクシングIBF世界フライ級4位黒田雅之(32=川崎新田)が、新元号第1号の世界王者を狙う。6年ぶり2度目の世界挑戦が18日に都内で発表された。5月13日に東京・後楽園ホールで、同級王者モルティ・ムザラネ(36=南アフリカ)のV2戦に挑む。

当初の予定から2カ月延び、改元となる5月の開催となった。3階級制覇王者井上尚の世界戦より5日早い。黒田は「昭和生まれで平成を経て、新元号初の日本人世界王者になる」と意気込む。中学までは剣道部で2段。初めてスパーリングした元世界王者川嶋氏から愛称「ラストサムライ」を譲り受けた。「技術で負けても気持ちで負けないファイトを」とのエールも送られた。

井上尚のプロテストで相手を務めた。アマ時代からのスパー量は150回を超す。田口、比嘉、拳四朗、木村らも世界王者と追い抜かれた。黒田は世界初挑戦失敗後も日本王座挑戦に2度失敗している。「どん底を見て、引退も考えた。6年かけて戻ってきた。井上君を想定すれば怖いものはない。練習も迷いなく楽しい」。高1からボクシングとバイト生活で、17年目の悲願を期した。【河合香】

 黒田選手、二度目の世界戦がとうとう決まりました!
 6年ぶりですか…
 世界戦後に日本タイトル挑戦を二度も失敗してそこからここまでこぎつけたというのは凄い事ですよ。
 本当に頑張って今度こそ世界タイトルをとってもらいたいですなぁ〜〜

  

この記事に

開く コメント(0)


天心で味しめたメイウェザー、日本人と試合予定か

イメージ 1

プロボクシングの元5階級制覇王者フロイド・メイウェザー(41=米国)が、今年7月に日本でボクシングのエキシビションマッチを予定していると15日(日本時間16日)、米国ゴシップサイトTMZが伝えた。


メイウェザーは昨年大みそかのRIZIN14大会のボクシングエキシビションマッチで、那須川天心に1回TKO勝ち。わずか3分足らずで約10億円のファイトマネーを荒稼ぎしていた。

これに味をしめたメイウェザーは、今回も同様のエキシビションマッチを4〜5試合予定しており、8000万ドル(約88億円)の収入を見込んでいるという。対戦相手は日本の元ボクサーというが、そんな大金を出す興行主が見つかるかは疑問が残る。


 メイウェザー楽して儲ける味を占めましたな…
 相手は現役ではなく”元”ボクサーとのことですが誰でしょうか?
 FBのボクシングコミュニティーでも批判的な投稿がされてましたが、とりあえず自分は元ボクサーということなので吉本の芸人で元ボクサーの島木譲二とトミーズ雅を予想しときました(笑)
 自分の皮肉がわかってくれたようでイイネをちょこちょこもらいました(笑)

 しかし、前回はあの、メイウェザーが日本で観れる!とか那須川天心がどこまでできるか?なんて話題性がありましたが二回目となるとそれほど注目されないのでは?と思います。
 まぁ二回目の興行で大失敗したらこのシリーズも打ち止めになるとは思いますがどうなることやら…
 事故だけは勘弁してほしいです。

この記事に

開く コメント(2)[NEW]


3月予定のアジア選手権の代表選考会中止 高山勝成アマデビュー予定も…

イメージ 1

 

国内アマチュアボクシングを統括する日本ボクシング連盟は15日、3月に都内で予定していたアジア選手権の代表選考会を中止すると発表した。4月のアジア選手権(タイ・バンコク)は2020年東京五輪で実施予定の新階級で、9月の世界選手権(ロシア・エカテリンブルク)の予選を兼ねて行われるはずだったが、13日にアジア連盟から「大会は現行階級で実施する」との通知があったためという。

 統括団体・国際ボクシング協会(AIBA)の運営が問題視されるボクシング競技は東京五輪での実施が決まっていないが、通常なら五輪前年の世界選手権に出場枠獲得が懸かる。日本連盟も開催国枠(男子5、女子2)を除く東京五輪出場枠獲得をにらみ、国内トップ選手を集めたアジア選手権代表選考会を3月1〜4日(フライ級以外の男子)、同10〜13日(男子フライ級と女子)に開くと発表していた。プロボクシングのミニマム級で世界主要4団体で世界王者となった高山勝成も、同選考会のフライ級でアマデビューを予定していた。

 なんか、オリンピックのボクシングゴタゴタが続きますなぁ…
 せっかく、高山選手、アマの選手登録を認められてオリンピック出場へのチャレンジが始まろうという矢先にこれですか…
 東京オリンピックにボクシングの開催がないのではという噂もあるし、 問題山積みです…
 





この記事に

開く コメント(0)


 自分の友人で元プロボクサーの漫画家、森重水さんが袴田さんの事を欠くことを前に記事にして投稿しましたが

 発表されたので森さんの許可を得てブログで紹介させていただきます。
 
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

 出来るだけ多くの人に読んでもらい、袴田さんがどれだけひどい目にあっているのか知ってほしいです。




イメージ 9
                          タイのリングでハチャメチャ修行

この記事に

開く コメント(0)



辰吉寿以輝、11戦目へ「左と足を使って極めていきたい」

イメージ 1
                                                    辰吉寿以輝

イメージ 2
                                                                松浦大地 
 

元WBC世界バンタム級王者・辰吉丈一郎(48)の次男で日本スーパーバンタム級22位の辰吉寿以輝(22)=大阪帝拳=が13日、プロ11戦目となる松浦大地(29)=ワタナベ=との56・5キロ契約8回戦(4月5日・エディオンアリーナ大阪第2競技場、報知新聞社後援ドラマチックボクシング)へ、スパーリングを開始した。

 この日は父も見守る中、ノーランカーの竹嶋海刀(20)=勝輝=と4回を消化。課題とする左のジャブやボディーブローを果敢に繰り出し、何度も右ストレートをヒットさせた。タイトル挑戦権のある12位以内を目指し「もっと左と足を使って極めていきたい」と息巻いた。通算成績は寿以輝が10勝(7KO)、松浦が6勝(2KO)3敗2分け。

 辰吉ジュニア、寿似輝の次戦が決まりました。
 ワタナベジムの松浦大地選手。
 11戦6勝(2KO)3敗2分けの選手です。
 この選手、元大阪帝拳のトレーナーだったそよかぜたかしこと、井上孝志(神風鷹志)トレーナーの選手です。
 元大阪帝拳に居たんでもちろん寿似輝選手の事は知ってはずです。
 まぁ、長い間ボクシング業界にいるんで知ってる選手の敵側のセコンドにつくなんて別に珍しい事ではないんでしょうけど、自分としては寿似輝選手、松浦選手、どっち応援して良いかわかりません。
 別に特別に寿似輝選手のファンというわけでもないんですが、辰吉ファンなんで…
 





この記事に

開く コメント(4)

全602ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事