らんぶるライフ

元ボクサー&トレーナーのボクシングファンの日常

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全570ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


 林壮一さんの記事です。
 フロイドメイウェザーとマニー・パッキャオの再戦について書かれています。

フロイド・メイウェザー・ジュニアvs.マニー・パッキャオ II が日本で実現???

イメージ 2


2015年5月2日にフロイド・メイウェザー・ジュニアvs.マニー・パッキャオ戦が実現した折、「5年遅かったカード」と囁かれた。かなりの注目を集めはしたが、両者共に全盛期を過ぎたパフォーマンスしか見せられなかった。
 このほど、2人の再戦が日本で組まれるとの案内状がメディアに配布された。案内状には確かに「フロイド・メイウェザー・ジュニアが、協栄ジムと組んでマニー・パッキャオと日本で試合をおこなうことを発表いたします」と書かれていた。
 本日正午から予定されていた会見は、30分遅れでスタート。記者会見を設けたTMT TOKYOの関係者は、開始直前まで「通訳が用意できない」「メイウェザーがドタキャンする可能性もある」と困惑していた。
 会見中、協栄ジムの金平圭一郎会長は「メイウェザーとのビジネスは、1973年にモハメド・アリが日本のリングに上ったことに匹敵する。メイウェザーと協栄が一緒になってボクシング界を盛り上げていきたい」と語ったが、パッキャオとの再戦に関しては「詳細については詰め切れていない」と言った。
 本日の記者会見に出席した記者たちは、一体何のために時間を割いたのか分からなかったーーー。
 
 因みにTMTとは、The Money TEAMの頭文字。同社とMayweather Holdingsは、今後、日本でビジネスを展開していくという。
 50戦無敗27KOのメイウェザーは、かつてパウンド・フォー・パウンドKINGだった。が、もはや41歳。対するパックマンも39歳になった。
 昨年8月にメイウェザーがMMAファイターを相手にカムバックした際、米国のメディアは「税金を滞納し、財産の差し押さえを逃れるための復帰だ」と報じている。
パックマンは2月前にWBAウエルター級タイトルを得た現役の世界王者であるし、メイウェザーに雪辱したい気持ちもわかる。歳を食いながらも闘争本能は生きているようだ。とはいえ、1戦目を超える内容にはならないだろう。
 今日の記者会見の場には、あの亀田3兄弟が同席していた。メイウェザー、パッキャオは引退後も名ボクサーとして称えられる男たちである。メイウェザーが亀田3兄弟と同じ空間にいるだけで、価値が下がると感じるのは私だけだろうか。
  メイウェザーは「日本でカジノをやりたい」とアナウンスしたが、果たして、今後どんな動きをするのか。晩節を汚さないでほしいが…。
イメージ 1
メイウェザーは、PACMANとの再戦についてではなく、日本におけるビジネスの青写真を語っただけだった。 撮影:著者


 正直、賞味期限が切れた試合と言われても仕方がない試合ですが、だからこそ日本で開催できるのかもしれません。
 今まで、アリ、フォアマン、タイソンなどのスーパースターが日本で試合を行ってますが、日本でメイウェザーVSパッキャオがどれだけ盛り上げれるのか?
 まぁ協栄ジムが関わってくるのでWOWOWではなく地上波のTBSで放送になると思うんで一般的には注目度は高くなると思います。
 これをきっかけに日本にもボクシングブームが巻き起こるか?と考えますがあくまでも一過性の事のような気がしますがビジネスとして成功すると日本でドンドンこういうイベントが行われるようになるかも?



この記事に

開く コメント(0)

https://youtu.be/MFclY6Nl3bk

メイウェザー「パッキャオと対戦する」年内に再戦

イメージ 1

ボクシング元5階級制覇王者で50戦全勝のまま現役引退したフロイド・メイウェザー(41=米国)が15日、6階級制覇王者で現WBA世界ウエルター級王者マニー・パッキャオ(39=フィリピン)と年内に再戦すると自らのSNSに投稿した。

同日に東京・お台場で開かれたイベントで、来日中のパッキャオと再会したことを報告し「パッキャオと対戦するために戻る」とコメント。今年12月にも、判定勝利を挙げた15年5月以来となる2度目のパッキャオ戦が実現すると明かした。既に米メディアも一斉に2度目の「世紀の一戦」が実現しそうであると報じた。復帰が実現すれば、17年8月、総合格闘技UFCの2階級同時制覇王者コナー・マクレガー(アイルランド)とのボクシングルール戦以来のリングとなる。

一方のパッキャオは14日に都内でアスリートサポートパートナーに就任したトレーニングギアSIXPAD(シックスパッド)の新商品発表会に出席し、12月9日か来年1月19日に初防衛戦を計画していることを明かした。その上で「現役の時間は多くない。日本で試合がしたい」と98年5月の東京・後楽園ホール以来となる日本リングを希望していた。

 これ、仕組んでたんですかね?
 なぜか東京のお台場というのが日本人としては嬉しいですが(笑)
 でも正直、この二人の対決、めっちゃ見たいとは思ってません…

 第一戦目とそれほど変わらない内容になるような気がしますがどんなもんでしょうか…






この記事に

開く コメント(11)[NEW]

GGGVSカネロ2結果


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8


ゴロフキン、頂上決戦で因縁のアルバレスに判定負け

Gennady Golovkin, left, and Canelo Alvarez trade punches in the early rounds of their rematch in Las Vegas  

<ボクシング:WBAスーパー、WBC世界ミドル級タイトル戦>◇15日(日本時間16日)◇米ラスベガス

王者ゲンナジー・ゴロフキン(36=カザフスタン)が、挑戦者のカネロこと元2階級制覇王者サウル・アルバレス(28=メキシコ)に敗れ、王座から陥落した。

今年最大のビッグマッチ「ミドル級頂上決戦第2弾」は、僅差ながら2−0の判定勝ちでアルバレスに軍配が上がった。

2回にアルバレスの強烈な左フックがゴロフキンの顔面をとらえれば、ゴロフキンも的確にパンチを当てていく。序盤は互角の攻防だった。

中盤、アルバレスは執拗にゴロフキンのボディーを狙った。強打のゴロフキンも闘志むき出しに前へ出る。両者の意地と意地がぶつかった。

10回、ゴロフキンの連打がアルバレスの顔面を打ち抜く。それでも足は止まらず、前へ出る。世界最高峰の戦いは激しさを増した。

そして12回、ゴロフキンの強打にアルバレスがひざをついた。それでも中盤までの戦いでアルバレスに凱歌が上がった。

「第1弾」は1年前。当時3団体統一王者だったゴロフキンに、メキシコの至宝アルバレスが挑む世紀の一戦は、12回を戦い抜いて引き分けに終わった。その後再戦の機運が高まり、5月に決着戦が組まれたが、アルバレスのドーピング違反で延期となったことで、両者の因縁をより深くした。

 GGG,敗れました…
 自分の友人はカネロの勝ちだったと言ってますがまた色々な意見が出てきそうな感じですなぁ…
 ただ、カネロが王者になったことで村田選手とGGGの大一番がなくなったのが悲しいです。
 カネロが王者になることで王座がばらけてしまう可能性が高そう…
 カネロがWBA王者(スーパー)を返上とかしたら村田選手と戦う理由はなくなります。
 村田選手はスーパー王者と戦うことなくWBA王者のトップになるんでしょうけど納得いかないでしょうね。
 でも、カネロは前回のミドル級獲得時の防衛戦でウェルター級のアミル・カーンを選んだんで村田選手組みやすしと考えて初防衛戦に選んでくれたら良いんですが…

 なんにしろGGGの初黒星残念です…



この記事に

開く コメント(8)[NEW]


騒然!ゴロフキンVSカネロ前日計量で一触即発 「ピエロ」「俺の勝ち」と舌戦

イメージ 1

ボクシングのWBAスーパー&WBC世界ミドル級タイトルマッチの前日計量が14日(日本時間15日)、試合会場の米ネバダ州ラスベガス、T―モバイル・アリーナで行われ、統一王者ゲンナジー・ゴロフキン(36=カザフスタン)はリミットより100グラム軽い72・4キロ、元WBC同級王者サウル・“カネロ”・アルバレス(28=メキシコ)は200グラムアンダーの72・3キロでパスした。

 計量後、選手同士が顔を突き合わせる「フェースオフ」となった際、カネロがゴロフキンに額をぶつけるほどの勢いで詰め寄り、ゴロフキンも一歩も引かなかったため一触即発の状態に。計量会場に詰めかけた数千人のファンが騒然となる中、両陣営のスタッフが間に割って入り、乱闘を免れた。ゴロフキンは直後の舞台上のインタビューで「あいつはピエロみたいだった。芸人だよ。真の男じゃないね」と批判。カネロも「計量では俺の勝ちだな。明日の試合も俺が勝つぜ」とやり返した。

 ミドル級の頂点を争う2人は昨年9月の対戦で、議論を呼ぶ採点も含む三者三様の判定で引き分け。今年5月に一度は再戦が決まったものの、カネロのドーピング違反で延期となり、ゴロフキンが批判を展開してから関係が悪化していた。再戦発表の記者会見も別々に行い、2人が7カ月ぶりに同席した12日の最終記者会見でも「ファースオフ」が行われないほどピリピリムードが漂っていた。

 自分はプロになる前に元WBCライト・フライ級王者ヘルマン・トーレスがツダジムに来ていたし実際にメキシコのローマンサラゴサジムでトレーニングして試合もしてるんでメキシコは好きだしメキシカンボクサーも基本好きなんですが、どうもカネロが好きになれないんですよ…
 ドーピング疑惑とかもあって嫌う人もいますが自分はその前から好きじゃなかった。

 まぁアイルランド系のビジュアルがメキシコ人っぽくないんで好きじゃなかっただけなんですが、メイウェザーに何もできずに負けたりキャッチウェイトでミドル級獲ったり、その防衛戦をウェルター級のアミル・カーンとしたりとなんかスター選手の恩恵にあやかりすぎててなんかだんだん本当に好きじゃなくなってきた…
 
 で、前回の試合GGGが勝ってるという意見が多い中、ドローで終わりカネロは俺が勝ってたと息巻いてるし…
 まぁカネロが勝ってたという意見も少ないですがあるのも事実ですが、判定に不服言う選手はあまり好きじゃないんですよ…
 
 で、今回の子の乱闘寸前のフェイスオフの動画見て決定的に嫌いになりました。

 頑張れGGG!!!



この記事に

開く コメント(0)

パッキャオ、来日

a

12月で40歳のパッキャオが来日「日本でも試合がしたい」

イメージ 1

プロボクシング元6階級制覇王者のマニー・パッキャオ(39)=フィリピン=が14日、都内で行われた「MTG SIXPAD」の新製品発表会に出席し、7月15日に返り咲いたWBA世界ウエルター級王座の初防衛戦を早ければ年内に計画していることを明らかにした。「12月9日か来年1月19日に調整中だ。挑戦者は今月中に発表する。現時点で言えることは相手はボクサーってことだけだね。試合会場は米国の可能性はある」と明かした。

 今年の12月17日で40歳。「引退まで残された試合は少ない」と語り「日本でも試合がしたい。日本が非常に好きだ。何回も来ている」。スーパーフライ級だった98年5月以来となる日本でのファイトも熱望した。

 残る競技人生での対戦相手についてにも触れ、WBO同級スーパー王者のテレンス・クロフォード(米国)とも「可能性は十分ある。十分な交渉ができれば」と語った。

 また、15年5月に米ラスベガスで行われたWBA、WBC、WBO世界ウェルター級王座統一戦で判定で敗れたフロイド・メイウェザー・ジュニア(米国)との2度目の対戦にも意欲を示した。両者のファイトマネーの総額が史上最高550億円だった世紀の対決の雪辱戦を「彼が戻ってくるなら可能性はあるかもね。やってもいいが、相手が引退してるので復帰してもらうしかない」と語った。

 出馬する可能性が浮上している4年後のフィリピン大統領選については「ノーコメント」と笑っていた。

 パッキャオ、来日ですか〜〜
 もし、関東にまだ居たら生で観たかったなぁ〜〜
 フィリピンのコネクションがちょこちょこあるのでもしかしたら直接会えたかも?(笑)
 まぁ超、VIPだからちょっとしたコネクション程度では会えんやろうけど…

 いつかはパッキャオに会いたいって思ってたけど田舎に引っ越したんでまぁそういうチャンスはなさそうです・・・・









この記事に

開く コメント(2)

全570ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事