らんぶるライフ

元ボクサー&トレーナーのボクシングファンの日常

ボクシングニュース

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全67ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


井上尚弥の決勝は日本かLAが有力? 主催者は「日本は強力な選択肢」と注目発言

イメージ 1


ザワーランド氏が英メディアの取材に応答、決勝開催地候補に日本とLAを挙げる
 ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズWBSS)バンタム級準決勝でIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)を259秒KOで下し、新たにIBF王座を獲得して2団体王者となったWBA世界王者・井上尚弥(大橋)。決勝では5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)と戦うが、その舞台についてWBSSのプロモーターは「日本は強力な選択肢」と注目発言。米ロサンゼルスとともに今大会2度目の日本開催の可能性を明かしている。


 昨年10月、横浜アリーナで元WBAスーパー王者フアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)をわずか70秒で仕留め、全世界にその名を知らしめた井上。欧州初上陸となったグラスゴーでは無敗王者だったロドリゲスを259秒で粉砕し、更なるインパクトを残した。「フィリピンの閃光」と呼ばれるドネアとリング上でフェイスオフを披露するなど、頂上決戦に早くも期待が高まっている。

 そんな中、WBSSのプロモーターを務めるニッセ・ザワーランド氏は英ボクシング専門メディア「セカンズ・アウト」公式YouTubeに登場。アジアの名手同士決勝の舞台について明かしている。「日本が強力な選択肢であることは間違いない」とザワーランド氏は語った。日本を有力候補の一つに挙げながら、他の候補地の存在についても言及した。

 同氏は「ドネアはロサンゼルスにフォロワーがいる。日本の人々も住んでいる。(井上ファンは)みんな旅行好きみたいだし、今夜、激しく盛り上がっていましたよね」とし、ボクシングのビッグマッチが行われるロサンゼルスも候補地として紹介。準決勝の舞台で100人以上の応援団が駆けつけ、大きな「ナオヤコール」を送っていた日本人ファンの熱心さにも触れていた。

 ザワーランド氏は「それでも、日本は理に適った選択肢ですが、様子を見てみましょう」と慎重ぶりも崩さなかった。日本では大会を盛り上がる設備を入れ、ショーアップに対応できる会場が必要となる。果たして、井上はどこでファイナルの舞台に立つのか。いずれにしてもファン垂涎のメガマッチになりそうだ

 WBSSの決勝戦、ドネアVS井上が中東で開催される予定と書いたんですが色々動きが出てきてますね。
 ドネアは日本でも有名で人気もあるから東京開催、大橋会長に頑張って実現してもらいたいですね。
 もう一つの可能性はLAですか。
 自分としてはやっぱりラスベガスでしてほしいですなぁ。
 今まで日本人もラスベガスで世界戦を行ってますが日本のジム主宰だったり大きい試合のアンダーカードだったりすることが多かったんで、やっぱり真のメインそれも全世界注目のカードとしてラスベガスでのメインに出て欲しい。
 漫画でラスベガスにメインで出るボクサーとか出てきてたりしてても夢物語で日本人俳優がハリウッド超大作で主演するみたいな夢のノリでしたが現実にそういうことが考えられるようになったのは本当にびっくりです。
 
 後、ロドリゲス戦の時にロドリゲスが自ら試合を放棄したような書き方をしましたが2ラウンドの2回目のダウンの時にセコンドに向かって首を振ったのはタオルを投げるなのサインだったようです。 
 自分から試合を諦めたように思った自分が恥ずかしいです。
 ロドリゲス、やったぱり無敗の世界王者だったプライドとファイティングスリッツを持った真の世界王者だったようです。
 すいませんでした、ロドリゲスはこれからも応援したい選手になりましたね〜〜 




開く コメント(2)[NEW]


仲里周磨、地元で初勝利 ボクシング「MUGEN」

イメージ 1

ボクシングの「MUGEN 挑 vol・11」は21日、沖縄県豊見城市民体育館で行われ、メーンのスーパーフェザー級8回戦のリングに上がった仲里周磨(ボクシングクラブナカザト)は3―0でローレンス・ロサス(フィリピン)に判定勝ちした。仲里の戦績は11戦8勝(6KO)1敗2分。セミファイナルの50キロ契約8回戦の荻堂盛太(平仲)と、女子バンタム級6回戦の平安山裕子(同)も判定勝ちだった。同イベントは全6試合行われたほか、ルーキーズトーナメント2019として計5試合が行われた。


◆着実にポイント重ね判定

 プロになって初めて沖縄のリングに立った仲里周磨(中部商高出、ナカザト)は、フットワークで攻撃をかわすローレンス・ロサスを着実に追い詰め、3―0で判定勝利した。マイクを握ると応援に駆け付けた友人や親類に感謝しつつ、「KOを見せたかったけど、相手の守備がうまくて倒せませんでした」と、強い向上心を見せた。

 序盤から脚でかわす相手サウスポーに対し、仲里は左のジャブ二つから、右のボディーストレートやフックを当てていく。テンポとキレの良い攻撃が相手を追い詰めると思いきや、3回から「左足ふくらはぎがつって、踏み込むたびに『ビキッ』ときた」と、追撃できない。そこに相手の返しを被弾したが、クリーンヒットはなし。

 主導権は仲里が握っていた。終盤はしつこいクリンチにいらだちながらもペースを乱さず、着実にポイントを重ねて勝利をつかんだ。

 9カ月前の試合で左まぶたを深く切り、本試合まで間が開いた仲里。今秋にランカーとの試合も想定しており、不要なブランクを作らないよう、父の繁会長も「バッティングを受けないように無理なく攻めさせた」という。

 それでも興業のメーンを担える実力を証明した仲里は、地元での勝利を糧に「大きな目標もありますが、まずは日本の頂点を目指します」と、ファンに誓った。
 (嘉陽拓也)

 仲里繁会長のご子息、仲里周磨選手が初めて地元の沖縄で試合して勝利を挙げた模様です。
 全日本新人王はドローで不運でしたが、頑張ってほしいです。
 全日本新人王の時は仲里会長からチケットを買って後楽園ホールに応援行きました。

イメージ 4


イメージ 2
              その時の写真です、目の上を切って痛々しいですが、周磨選手、男前でした。
            仲里会長も男前ですが、周磨選手はもっと今受けする格好良さでした(笑)

 全日本新人王は不運でしたが、お父さんが取れなかった日本、世界のベルトを巻いてほしいですなぁ〜〜



開く コメント(2)


フューリー、ワイルダーとの「ダイレクトリマッチ」はなし 最低1戦挟む予定

イメージ 1


ボクシング、元世界ヘビー級王者のタイソン・フューリー(Tyson Fury、英国)が、現WBC王者のデオンテイ・ワイルダー(Deontay Wilder、米国)との再戦の前に、別の相手とのファイトを予定していることが分かった。対戦相手についてはまだ判明していない。


 ワイルダーとフューリーは2018年12月、米ロサンゼルスのステープルズ・センター(Staples Center)で12ラウンドの激闘を繰り広げ、ヘビー級への関心に再び火をつけた。そのため再戦が正式に決まれば、2019年屈指の期待のカードになる可能性が高く、WBCもすでに両者の「ダイレクトリマッチ」にゴーサインを出していた。

 ところがフューリーが前週、米プロモーターのトップランク(Top Rank)社、そして米スポーツ専門チャンネルESPNと契約したことで、ワイルダー陣営との交渉が難航する可能性が浮上。再戦自体もお流れになるのではないかという声も上がり始めていた。

 そうした中で世界ボクシング評議会(WBC)は26日、フューリー陣営からワイルダー戦のリングへ上がる前に少なくとも1試合をこなす予定があるという連絡が入ったことをツイッター(Twitter)で明かした。

「タイソン・フューリーの次の対戦相手がワイルダーになる可能性は正式に消滅した。両陣営とは手続きの一環として連絡を取り合っているが、ワイルダーが再戦の意思を示しているのに対し、フューリーは別のファイトを挟み、再戦を後日にずらすことを考えている」

 1回目の対戦は微妙な判定の引き分けに終わり、ワイルダーがベルトを防衛した。ワイルダーは早期の再戦を希望しており、昨年12月の時点で「もう一度やる用意はある」「できる限り早い再戦を楽しみにしている」と話している。

  どうでもよいけど、ワイルダーVSジョシュア優先してほしいです(笑)
 自分としてはワイルダー、フューリーとやったら負ける可能性もかなりあると思うんでそうしたらジョシュアとの4冠統一無敗対決がなくなってしまいますからなぁ…
 ジョシュアが次にやるミラーに負けることはまずはないとは思うんですけどね。
 かといってそんな大きな試合をフューリー戦の前にねじ込むなんてことはないでしょうからワイルダーVSジョシュアはまだまだ先になるんでしょうなぁ…


  

開く コメント(4)


WBOミニマム級戦、両選手とも計量パス 谷口「勇気を持って戦う」


 
イメージ 1

あす26日、東京・後楽園ホールで行われるWBO世界ミニマム級タイトルマッチの調印式と計量が同会場であり、チャンピオンのビック・サルダール(フィリピン)、挑戦者の同級2位・谷口将隆(ワタナベ)とも1回で計量をクリアした。サルダールはリミットいっぱいの47.6kg、谷口は100gアンダーの47.5kgで無事に減量を乗り越えた。公開練習から予備検診、調印式、公開計量と連日、初体験の世界戦行事が続いた谷口だが、試合はいよいよ明日。「もっと緊張するかと思った。リラックスできています」と、頬の削げた顔に笑顔を浮かべた。

初防衛戦のサルダールが「体調は万全。谷口は強いので警戒して戦う」と言葉少なだったのに対し、谷口は明るく饒舌。「明日は技術プラス気持ち。破壊力を見てほしい」と言い切った。

「勇気を持って、もう一歩踏み込む。それができてこそ世界チャンピオンです」

ボクシングを始めて13年。「一番になったことがない」という谷口が、もう一歩の「勇気」を最大のテーマに掲げて頂点に向かう。

[WBO世界ミニマム級タイトルマッチ・オフィシャル]
レフェリー:ケニー・ベイレス(アメリカ)
ジャッジ:ルイス・ルイス(プエルトリコ)、スラット・ソイカラチャン(タイ)、クリス・テレス(アメリカ)
スーパーバイザー:レオン・パノンシロ(アメリカ)



 いよいよ、ワタナベジムの谷口選手の世界戦が本日行われます。
 勝利を願います!

開く コメント(2)


イメージ 2

ミドル級王者アルバレス ライトヘビー級進出否定せず コバレフとタイトル戦構想も

イメージ 1

 

プロボクシングのWBA、WBC世界ミドル級統一王者サウル・アルバレス(28=メキシコ)が、将来的に階級をライトヘビー級にまで上げる考えがあることを明らかにした。

 2019年にミドル級の4団体王座統一を狙うアルバレスは、5月4日にIBF王者ダニエル・ジェイコブス(32=米国)との王座統一戦を予定。ジェイコブスに勝ち、3本のベルトを手にすれば、WBO王者デメトリアス・アンドラーデ(30=米国)が次なるターゲットとなる。

 階級に関係なく、主要4団体の王座を統一すれば、メキシコ人としては初の快挙になるが、これまで3階級を制したアルバレスは、4階級目となるライトヘビー級の王座獲得も視野に入れているとのこと。

 ESPNのスペイン語サイト「ESPNデポルテ」が22日に掲載した記事の中で、アルバレスは「現時点では頭にないが、ライトヘビー級で戦う可能性について否定しない」とコメント。対戦相手の候補として、WBO王者セルゲイ・コバレフ(35=ロシア)の名前を挙げたが、目先の目標はミドル級の4団体王座統一で、ライトヘビー級進出はその後の話になるという。

  まぁ、ライト・ヘビーにあげるとしてもまだまだ先の事みたいですが、そういう構想があるようですなぁ。
 メキシコで大人気のカネロですが自分のFBのボクシングコミュニティの中では物凄い嫌われてます(笑)
 最近はボクシング関係者やボクシングファンとリアルに話し合ったりすることが少ないんでFBのコミュニティの中での意見が日本ボクシング界の流れの様に感じてしまってますが実際はどんな感じなんでしょうかね?
 まぁ自分は元々、カネロのメキシカンぽくないルックス(アイルランド系メキシコ人)があまり好みじゃないので好きじゃなかったんですが心は完全にメキシカンの帝拳のトレーナー、田中繊大さんはカネロがこっどもの頃から知ってる様なので好きなようです。
 
 日本人は基本ズルするような輩が嫌いな人が多いんでドーピング疑惑のあるカネロやネリが嫌いなんでしょうなぁ。




開く コメント(4)

全67ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事