らんぶるライフ

元ボクサー&トレーナーのボクシングファンの日常

林壮一さん関係

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全22ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


 林壮一さんがキース・サーマンとの統一戦に挑むマニー・パッキャオについて書いてます。

WBAウエルター級統一戦直前 〜マニー・パッキャオ40歳の闘い〜


開く コメント(2)[NEW]


 林壮一さんが亡くなったパーネル・ウィティカーについて書いています。


90年代前半のパウンド・フォー・パウンドよ、安らかに瞑れ
 


                   ↑
              ここから記事に飛べます



 前回のの林壮一さんの記事
  リンクが貼れてない状態でした申し訳ございません…

開く コメント(4)[NEW]


 林壮一さんの記事です、亀田昭雄さんが村田諒太の魅力について語っています。
 写真は金子ジムの元プロボクサー写心家、山口裕朗さんです。
 


200年に一人の天才ボクサーが語る「村田諒太の魅力」
 

イメージ 1

 ダイレクトの再戦で一戦目に完敗した相手を完璧に打ち倒すというのは本当になかなかできることではないと思います。
 声からの村田諒太に期待ですね〜〜
 
                    200年に一人の天才ボクサーが語る「村田諒太の魅力」
                                                         ↑
                              ここから記事に飛べます!

開く コメント(4)


 ノンフィクションライター、林壮一さんの記事です。
 本日の村田諒太選手のリベンジマッチについて書かれています。
 写真は毎度おなじみ、金子ジムの元プロボクサー、写心家の山口裕朗さんです。

  必勝!村田諒太!! 今夜再戦のゴングが鳴る!!

イメージ 1
      必勝!村田諒太!! 今夜再戦のゴングが鳴る!!(林壮一) - Yahoo!ニュース
                       ↑ここから記事に飛べます

 いよいよ、本日、村田選手のリベンジマッチです!
 正直な話、厳しい予想だとは思いますがオリンピックで金を獲った時の様に奇跡を起こしてほしいです。
 今回、トレーナーが繊大さんからホルヘ・リナレスの弟、湯場忠志と日本ミドル級決定戦で激闘を演じたカルロス・リナレスに変わったんですがこれが吉と出るか凶と出るか?
 まぁミットの時もリングサイドで繊大さんが目を見張らせてる写真をよく見たんで実際はカルロスと繊大さんの二人体制見たいんア感じなんでしょうか?
 なかなか自分のファイトスタイルを変えるって難しいとは思いますが今晩の村田選手に期待したいですねぇ〜
 


開く コメント(2)


 林壮一さんの記事です。
 毎度おなじみ、アーロン・プライヤーと闘った亀田昭雄さんがワタナベジムの京口チャンプについて語っています。
 写真も、毎度おなじみ元金子ジムのボクサー”写心家” 山口裕朗さんです。
 

イメージ 1

現役時代、所属ジムの会長に「具志堅用高を超える逸材。200年に1人の天才」と絶賛された元WBAジュニアウエルター級1位、日本同級&日本ウエルター級王者の亀田昭雄。彼が、2階級制覇王者について語った。

 ↑の青い字の部分をクリックすると記事に飛べます。
 亀田さんの話の中で懐かしい、喜友名朝博さんの名前が出ていました。
 前に書いた喜友名さんの紹介を張り付けておきます。

イメージ 3
喜友名朝博(協栄)
                 元日本ジュニア・フライ(現Lフライ)級王者
                 アマ戦績 34戦30勝(15KO) 4敗
                 プロ戦績 27戦 23勝(10KO) 4敗
 
 デビューからの5連勝と幸先の良いスタートを切るアマ出身のエリートボクサー。
 しかし6戦目にのちの日本王者の倉持正に判定負けし初黒星。
 7戦目、竹下鉄美に判定勝ちで再起。
 10戦目に後の日本王者、工藤正人(ミサイル工藤)に8回判定勝ち。
 11戦目に田中正人に1ラウンドKO勝ち、この田中正人こそ生涯のライバル、のちの早山進である。(すでに5戦目に一度勝利している)
 12戦目の後のWBAフライ級王者レパード玉熊を10ラウンドKOに下す。
 14戦目に風来ゆうとを7ラウンドKO.
 15戦目に野島嘉章の持つ日本王者に挑戦、判定勝ちで王座獲得。
 初防衛は野島とのダイレクトリターンマッチを判定勝ちで返り討ちに。
 その勢いに乗ってWBAジュニア・フライ級王者、柳明佑に敵地韓国で挑戦。
 しかし、この後17度の防衛を続ける名王者に12ラウンドKOで敗れるのであった…
 18戦目、後の世界挑戦者、小見山勝巳に判定勝ちし再起。
 大城幸成との日本王座決定戦を判定で制し日本王者に返り咲く。
 渡真利誠二に判定勝ちで初防衛。
 吉元勝に判定勝ちで2度目の防衛。
 ノンタイトルでミサイル工藤と対戦、判定勝ちで返り討ちに。
 そして張正九への世界挑戦を失敗に終えて再起し再度の挑戦をうかがう大橋秀行との事実上の世界王者挑戦者決定戦となった3度目の防衛戦で判定負けを喫してしまう…(この試合は喜友名の勝ちを推する声も多い)
 世界への道を取って代わられたが気持ちを入れ替え3度目の日本王者獲得に向けて小野健治と決定戦を行い10ラウンドKOで勝利し3度目の日本王座を獲得。
 渡真利誠二と再び初防衛戦を行い9ラウンドKOで返り討ちに。
 木村健一を判定で下し2度目の防衛。
 そして三度目の防衛戦が以前に二度勝利を挙げた相手、早山進とリングネームを変えた田中正人だった。
 この試合でまさかの3ラウンドTKO負けを喫し、そのままグローブを置くのであった…

                 オイラと喜友名朝博&早山進

 

開く コメント(2)

全22ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事