らんぶるライフ

元ボクサー&トレーナーのボクシングファンの日常

林壮一さん関係

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全20ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


 林壮一さんの記事です、挑戦者村田諒太について書いてます。
 写真は元プロボクサーの写心家、山口裕朗さんです。

ひと味違う「挑戦者、村田諒太」

イメージ 1
                      撮影:山口裕朗

「今回の村田は、目の色がまったく違う。非常にいい姿勢で取り組んでいますよ」

 帝拳ジム、本田明彦会長は、練習前にそう語った。

 実際、村田諒太がリングに上がり、ミット打ちを始めると、その言葉の意味が分かった。

 本田会長はニヤリとして続けた。

 「前回と180度違う村田を見せられれば、ブラントは驚くでしょうね」


イメージ 2
                               撮影:山口裕朗
 

初防衛戦、2度目の防衛戦の頃とは比較にならない程、村田の手数が多い。また、膝の使い方を意識して重心を下げていた。

 ミット打ちは合計で5ラウンド。必ず4発以上のコンビネーションを放ち、素早く相手にプレッシャーをかけるイメージも忘れなかった。追い足、バックステップを含めて、かつてよりも激しくリングを動きながらパンチを繰り出した。

 この日、ミットを持ったカルロス・リナレスは話した。

 「村田と僕のサイズが同じくらいだから、今回ミットを持っています。前回までは、一発、一発、強く打つスタイルだったけど、沢山動いて、沢山手を出すトレーニングをしています。大丈夫、彼なら出来るよ!」

 10月20日に村田がロブ・ブラントに敗れた日、会場には元WBOヘビー級王者のシャノン・ブリッグスがいた。ブリッグスは、「ムラタは世界王座にもう一度就けるだけのモノを持っている。でも、もっとBUSYに動かないと」と語った。

 前WBAミドル級チャンピオンは、そのBUSYな動きを課題とし、リターンマッチに臨もうとしている。


イメージ 3
                             撮影:山口裕朗
 

王座を失った一戦の映像を見直した村田は、次のように反省点を挙げた。

 「自分のガードの上を打たせて疲れさせて、その後を打つという、グータラなボクシングをしました。それで結局、相手にリズムに乗られて、逆にこっちが打たれ疲れて負けるという最悪なパターンでした。まずはそうならないこと、その最低限のことを守ること。自分から手を出せるバランスをテーマとしています。そこからは発想に頼っていきたいと思います」

 カムバックを決めた際、村田は言ったものだ。「ブラント戦をボクサー生活の最後とするのは納得できない」

 その通りだ。トップボクサーとは、誰もが自身の生き方をファンに見せる。

 己のプライドを懸け、新たな村田諒太を築こうと鋭い視線で汗を流す様は、敢えて述べれば藤の花のような優美さがある。


イメージ 4
                      撮影:山口裕朗
 

 挑戦者、村田諒太の闘いを見届けたい。

                      村田選手の王座返り咲き、期待してます!

開く コメント(4)


 林壮一さんの記事です。

同窓生が醜態を晒すなか、志を感じさせるボクシング指導者

イメージ 1
                  日体大ボクシング部の佐藤恒雄コーチ 撮影:著者

つい先日、茨城県高萩市の中学3年の女子卓球部員(15)が、顧問の暴言に耐え切れずに自殺の道を選んだ。同顧問は「いい加減にしろ」「馬鹿野郎」「殺すぞ」など繰り返していたそうだ。
 この顧問は、教師としていかなる道を歩んでいたのか? 
 同時に私が思い出したのが、ある大学についてであった。
 2012年にバスケットボール部員を自殺に追い込んだ大阪市立桜ノ宮高校の元教師、第93回全国高校サッカー選手権大会で島根県代表の座を勝ち取りながらも、暴行事件で全国大会のベンチに入れなかった立正大淞南高校のサッカー部監督(既に現場復帰を果たしている)、そして先の選抜高校野球で埼玉県代表となりながらも、体罰が表沙汰となり、甲子園で采配を振えなかった春日部共栄高校の野球部監督――彼らは全て、日本体育大学の卒業生である。
 こうした件が明るみに出る度に、同大学のイメージダウンは計り知れない。一体、どういった教育をしているのか? と懐疑的な視線を向けたくなるのが自然だ。
 そこで今回、日本体育大学ボクシング部の佐藤恒雄コーチに話をきいてみた。全日本アマチュア選手権で3度の優勝経験がある指導者だ。
 先に挙げた3名や高萩市の卓球部顧問に佐藤コーチの言葉が伝わるとは思えないが、母校に向けられる厳しい目を払拭しようとする彼の言葉を紹介したい。
==============================================================
 同じ校門を潜り、同じ教室で授業を受けた人間が教師や指導者になって、こういった問題を起こすことを、非常に恥ずかしく感じます。実に情けない話ですよ。僕自身は、母校に誇りを持っていますからね…。
 彼らには、驕りがあったのでしょう。バスケ、サッカー、野球と競技人口が多く、アマスポーツのなかで注目される環境です。団体競技ですから選手の数も多い。ピラミッドの頂点に自分がいて、その下に選手がいるように錯覚し、己の立場が強いように感じたのではないでしょうか。
 ビンタをすればシュートが入ったり、ヒットが打てたりする筈がないのは、分かるでしょう。叩いて強くなるのなら、それほど簡単なことはありません。でも、やられた方は心の傷になります。まさしく逆効果ですよ。ただ、自分が学生時代にやられたから、同じようにやっているのかな、という気はします…。
 スポーツ選手の育て方、教え方って2通りあると思います。一つは長所を伸ばすやり方です。もう一つは、短所と言うか、課題・弱点を克服していく方法ですね。僕自身、選手時代に日本ボクシング界で伝説となっているエディ・タウンゼントさんの指導を受けました。エディさんは短所には目を瞑って、徹底的に長所を伸ばしていくスタイルでした。
 僕も自分なりにエディさんを真似て、まず、誉めて誉めて選手のいいところを伸ばし、その次に課題を克服する作業に移るということを心がけています。
 新入生が入って来て、最初に伝えるのは「試合に負けたとしても、謝るな」ということです。何故ならば、選手は一生懸命やって負けたんです。一番悔しいのは本人だということを、僕らは分かっています。なので、指導者に謝る必要なんてこれっぽっちも無いんですよ。
 それから、ボクシング以上に勉強を頑張れ、ということ。必ず教職を取るんだぞと。日本体育大学に入る子は基本的に、入学時に、教師になることを望んでいますから。また何か悩み事があったら、直ぐに言って来てくれと。事が深刻になる前に解決策を考えるのが我々の仕事だと考えています。
 ラウンド終了のゴングが鳴って、選手がコーナーに戻って来ますね。まずはいい部分を誉めてから、深呼吸させます。怒らないで指示を出す。伝えることは1つだけ。短いインターバルに3つ、4つと指摘しても選手の頭には入りません。だから1つでいいんです。
 日常的には「○やれ」「●やれ」と口うるさく言うのではなく、選手側から話しかけて来る空気を作っているつもりです。高校生まではやらされるボクシングでいいかもしれませんが、大学生になれば自分で考えて、自分でやらなければ伸びません。
 「世界チャンピオンとスパーリングをやりたいなら、△ジムに出稽古に行きたい」って言って来なさいと常に伝えていますね。ですから、選手は出稽古の終わりに、自主的にスパーの相手や、あちらのコーナー、そして我々指導者に「アドバイスをお願いします」と口にするようになっていますね。
 スポーツって本来、個人の喜びの追求じゃないですか。そこに暴力が入るっていうのが、僕には信じられませんね。


 学校のクラブ活動の指導者の行き過ぎた指導により自殺者が出たみたいですね。
 大人になってしまうとまだ子供だった自分の感覚と言うのをたいていの人が忘れがちになると思うんですよ。
 最近「中2病」って言葉が流行ってますが自分自身の14歳前後の心の不安定さとか大人になるとわすれてしまい、現在「中2病」にかかってる子供の気持ちを理解できない人は多いと思います。
 まぁそういう自分はいまだに中2病が完治してないようなところがあるダメな大人なんですがだからと言って現在の子供の気持ちがわかってるのかというとやっぱりわかりませんが…
 自分はボクシングトレーナーを10年以上勤めていましたが、いわゆる選手を育てるジムではなかったんで厳しくすることはありませんでした。
 トレーナー生活の後半3年間は川崎でのプロジムの指導でしたが選手志望の練習生は会長代行にまかせてましたし。
 愛知県小牧市でのトレーナー生活は指導者と言うよりも練習生と友達のような感覚で友達に自分の知ってることを教えてるみたいな感覚だったんで自分は指導者と胸を張って言えるようなものではなかったです。
 この記事の佐藤恒雄さんはFBで知り合いパッキャオのサイングローブを頂いたり神奈川渥美ジムに選手をスパーリングに連れて来てもらったりと大変お世話になった人です。
 佐藤さんの様な人格者が指導者であるなら生徒、選手としての生活は充実したものになると思いますが選手はやっぱり指導者を選ぶことは難しいんですよね。
 今は情報社会なんで大学でボクシングをすると考えた時にその大学にどういった指導者がいるかとか調べればわかりますが調べても実績は出ても人間性はあまり表立ってわかりにくいですからね…
 佐藤さんは実績もめちゃくちゃすごいですが人間性も素晴らしいので信頼できます、佐藤さんの様な指導者が増えて行く事を願いたいものですね。

イメージ 3
                  忠さん劇場で佐藤さんとホーさんと





開く コメント(4)


 林壮一さんの記事です、亀田昭雄さんが村田諒太のリベンジ戦について語っています。
 写真は元ボクサーの写心家、山口裕朗さんです。

200年に一人の天才ボクサーが語る「村田諒太、勝利の鍵」-

イメージ 1
                                            前回の反省を活かせ! 村田諒太!! 撮影:山口裕朗

現役時代、所属していた協栄ジム会長、故金平正紀に「具志堅用高を超える逸材。200年に1人の天才」と絶賛された元WBAジュニアウエルター級1位、日本同級&日本ウエルター級王者の亀田昭雄。

 本シリーズでお馴染みの彼に、ロブ・ブラントとのリターンマッチに挑む村田諒太について訊いた。


イメージ 2
               指名挑戦者として、当時のPFP、アーロン・プライアーに挑んだ亀田昭雄 撮影:著者
 

村田諒太とロブ・ブラントとの再戦が7月12日に決まりましたね。ブラントは村田からベルトを奪った後、2月15日に初防衛を飾り、余裕を持っていることでしょう。第11ラウンドという終盤に相手を仕留めたことも大きいですね。

 村田については、10月20日に勝利した“いいイメージ”を感じながらの対戦になる筈です。つまり、ブラントは揺るぎない自信を持ち、前回と同じスタイルで戦うことが予想されます。遠目からジャブを出し、グローブを叩きながらリズムを取っていく、あのスタイルですね。


イメージ 3
                                                     撮影:山口裕朗
 

村田にとっては、そこがチャンスなんです。ボクシングというのは、考え方ひとつでいくらでも変われます。特に村田は頭のいい選手ですから、10月20日の彼と全く違う姿を見せれば、ブラントが困惑して、ペースを握ることができますよ。

 僕が考えるキーポイントは、村田がいかにブラントのジャブを殺すかです。

 ブラントは、村田の方が自分よりもパンチ力で優っていることを自覚しています。つまり、村田の右を警戒している。また、恐怖心も感じている筈。だから、あまり近付き過ぎずに、浅く、浅く、ジャブを放つんです。

 10月20日の村田は、固いガードでブラントのジャブをブロックしていました。でも、ブロックだけでは、またブラントを勢い付かせてしまいます。なので、このリターンマッチにおいては、ブロックではなく、ブラントのジャブをパリングで外してほしい。ジャブをパリングすれば、ブラントの右ストレートも封じることができます。左が当たらなければ、右もクリーンヒットしないものです。ジャブを殺せば、連打を浴びることもなくなっていくんです。

 ブラントのジャブをパリングして、リターンジャブ。そして村田の代名詞である右ストレートと繋げていけば、大いにチャンスがあると僕は見ています。

 もう1点、挑戦者となった村田は、より積極性を見せるために、腰を3〜5センチ低くするといいですね。

 ブラントが前回と同じように小刻みにジャブを打ってくるのは間違いありません。その際、標的が思ったよりも低ければ、重圧を感じますし、さらに村田の右を喰わないようにと考えるでしょう。

 3〜5センチの差で、村田が目にするリング上の景色は変わって来ますよ。

 繰り返しになりますが、村田はスマートな男です。前回の反省を活かして、チャンピオンに返り咲いてほしいですね。頑張ってもらいたい。応援しています。

  

開く コメント(2)


 林壮一の記事です、亀田昭雄さんが現在日本の格闘技界に苦言してます。

200年に一人の天才ボクサーが語る「いつまでもパッキャオvs.メイウェザーに拘るな」

イメージ 1
2015年の時点で「遅過ぎた実現」「5年遅れのカード」と評された(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)

 

現役時代、所属していた協栄ジム会長、故金平正紀に「具志堅用高を超える逸材。200年に1人の天才」と絶賛された元WBAジュニアウエルター級1位、日本同級&日本ウエルター級王者の亀田昭雄。

 本シリーズでお馴染みの彼が、昨今のボクシング界について語った。

==============================================================

 マニー・パッキャオ(40)とフロイド・メイウェザー・ジュニア(42)の試合が行われたのは、もう4年も前のことです。2015年5月2日でしたよね。今でも、このカード、つまり彼らの再戦がボクシング界で最も注目されている現実って、哀しくないですか?

 パッキャオとメイウェザーがBIG NAMEなのは間違いありませんが、言ってしまえば40過ぎのロートルです。彼らを脅かす若手が出てこなければ、ボクシング界は盛り上がりませんよ。その打開策について具体的にこうすればいい、というのは正直、今の僕には思い浮かばないのですが…。ボクシングの醍醐味を味わうのなら、今更、「パッキャオvs.メイウェザー2」じゃないだろうという気がします。

 それから、ボクシングと関係のない人間たちが、メイウェザーやパッキャオをビジネスに利用しているのも見たくありませんね。自分が手掛けている格闘技を認知させたいのでしょうが、名前のある他業種の人間を連れて来てリングに上げるというのは、どうなんでしょう。僕は嫌ですね。

 ただ、那須川天心だとか、ああいうのをスーパースターに仕上げて、バンバン宣伝して会場を満員にする興行力は、評価せざるを得ません。ボクシング界には無いものですから。単なる見世物でも商売にはなっている。演出力が高いと言えるでしょう。

 かつてのボクシング界では、亀田3兄弟みたいなレベルにマスコミが飛びついて、ワーワーキャーキャーやったことがありました。取材する側がボクシングを知らないから、あんなのに目が行ってしまうんです。それでも、メディアの力は強いですから、少なからず、亀田3兄弟が強いと感じてしまった人もいました。

 アメリカで客を呼べるのって、多くの場合、ウエルター級より重いクラスでしょう。でも、日本は強ければ軽量級だって大スターになれる。そういう意味ではマーケットとしては可能性がある筈です。

 今日の日本は、ボクシングみたいなシンドイことをしなくても、食っていけます。それでもボクシングを選んで努力している子たちがもっと輝けるような演出が必要なように感じます。

 パッキャオ、メイウェザーと騒がれている状況は、本当に寂しいですね。

  本当にパッキャオ、メイウェザーに続くビッグスターが出てこないのが寂しいです。
 今まではアリが引退した後は中量級の4強がが盛り上げ、4強が黄昏時になった時にはタイソンが現れ、タイソンがスキャンダルで崩れていったときにはデラホーヤが活躍。
 デラに引導を渡してパッキャオの活躍が始めるという感じでスーパースター、ボクシング界の中心的な人気者が常にいましたが、現在の中心的ボクサーがロマチェンコだと思うんですが一般層へのインパクトが弱いですよね。
 
 




開く コメント(7)


 林壮一さんがワタナベジムの期待のルーキーを紹介してます!

高校5冠からプロヘ「必ず世界王者になる」と太鼓判を押された男 

イメージ 1
                                               重岡銀次郎の名を覚えてください  撮影:著者
 

「必ず、世界王座に就ける素材。ワタナベジムから生まれた世界王者たちと比較しても、才能は申し分ない。どうやってキャリアを積ませるかですね」
 渡辺均、ワタナベジム会長が太鼓判を押すのは、19歳の若きファイター、重岡銀次郎である。
 銀次郎は1999年10月18日生まれ。2つ年上の兄・優大(現拓殖大ボクシング部)の影響で、幼稚園の年長から自宅近くの空手道場に通った。
 「空手は小6まで続けましたが、体も小さいので普通に負けていました。小4からは、空手と並行してボクシングジムにも通い始めたんです。それ以降は空手が週3、ボクシングが週4になりましたね」
 中学1年からボクシング1本に絞る。学校の部活には目もくれず、自宅と学校、ボクシングジムを往復する生活を送った。
 「体が小さいと空手ではハンデです。ボクシングの方が将来性ありだなと思って、選びました。小5からU15の試合に出ていて、負け知らずだったことも大きいです。自分に合っているな、と。僕のアマチュア戦績57戦には含まれないのですが、全て勝ちました。結構ガチガチ殴りあうタイプでしたよ。ジュニアはストップが早いので、かなりRSC勝ちした記憶があります」
 兄の後を追うように、開新高校(熊本)に入学する。
 「1年生の頃は『そんなに甘い筈はない。どこかで負けるだろう』と思っていました。自信もなかったんです。でも、同じ階級だった兄貴が引退後の10月からに試合に出始めました。新人戦でした。これで優勝し、春に行われた全国大会、『選抜』でも勝てちゃって…自信が付きましたね」
 開新高校時代に5冠(高1選抜・高2インターハイ、国体、選抜・高3インターハイ)を成し遂げ、鳴り物入りでプロ入りした。
 「高3の国体は、怪我で出られませんでした。アマ戦績は56勝1敗です。“1敗”の相手は兄貴です。インターハイ予選熊本県大会の決勝でした。試合開始のゴングと同時にコーナーからタオルが入って、僕が負けることにしました。兄貴と食うか食われるかの殴り合いはできませんから。親や監督とも話し合って、そう決めたんです。今思えば試合前に棄権という手もあったようですが、当時はそうしなければいけない、ということでした。特に拘りもなかったので『いいや』と思ったんですよね」
 卒業後、銀次郎は上京してワタナベジムの門を叩く。
 「ワタナベジムには兄貴がスパーでちょこちょこ行っているので雰囲気を聞いていましたし、田口良一さん、京口紘人(現WBAライトフライ級王者)さん、谷口将隆さんら、軽量級の強い選手が沢山いますから、練習になるだろうと感じたんです。京口さんとは何度かスパーをやっています。最初にやったのは東京に来て5ヵ月後くらいの夏だったかな。3〜4ラウンドでしたね。“プロ”というものを教わった感じがしました。京口さん、無茶苦茶強かったですね。体が強いんですよ。レベルが違いましたし、自分にはスタミナが無いと思い知らされました。京口さんとはトータルで、30ラウンドくらいやっていると思います」
 2018年9月25日、銀次郎は京口の前座でプロデビューを果たす。サンチャイ・ヨッブン(タイ)を3ラウンド1分22秒で沈めた。
 「プロの試合はお客さんがいっぱいいて、倒せば盛り上がるし楽しいものだなという印象でした。高校のアマチュアとは雰囲気が違いますよね」
 プロ第2戦は、今年の2月26日、谷口が世界挑戦した前座だった。銀次郎は何なく相手を初回1分35秒でKOした。
 「相手が弱過ぎたので、盛り上がらなかったですよね。正直、あまり嬉しくなかったです」
 そして、3月14日。銀次郎は3戦目でフィリピン人選手、ジョエル・リノと対峙した。リノはWBOアジアパシフィックタイトルに挑んだ経験を活かし、粘る。結果は銀次郎の8回判定勝ち。
 「リノは予想通り強かったです。相手への入り方が分からなくなってしまい、冷静に戦えなかったです。もっと、サイドからとか、色んなアングルで相手の懐に入る策、パンチを当てた後の組み立てを覚えなければいけないと思います。色々と次に向けての課題が見えましたので、また頑張ります。」
 渡辺会長も話す。
 「内容はワンサイドでしたが、ちょっと苦戦しました。それもまたいい経験ですよ。今まで重岡は、強打の一発で相手を倒すボクシングをイメージしていましたが、今後は連打で圧倒するスタイルを身に付けさせたい。あまり焦らずに、一歩一歩階段を上っていけばいいんです。彼は世界チャンピオンになれる逸材ですから」
 先輩の京口も言い切る。
 「あいつのセンスはヤバいですね。絶対に世界チャンプになれるでしょう」
 重岡銀次郎、一度、生でご覧ください。

 アマでも兄弟対決とかあるんですね…
 でも、殴り合いさせられなくて良かったです。
 プロであった江口兄弟対決は本当に嫌な対戦でした…


  

開く コメント(4)

全20ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事