SIG229は 特注の依頼にかかわらず完成後 保留に 失礼千万な依頼者 作品を理解しない方の依頼を受けたのが間違いですので 気を取り直し 2018年最初の製作として取り組みます 海軍陸戦隊使用のSIG1920 ドイツベルグマンMP18をスイスSIG社がライセンス 7.62弾に変更 日本に混同して輸入されましたが
一部国産と記載がありますものの 詳細は不明 菊紋と錨マークの目撃書籍がありますが 打刻場所不明の為 研究中 30年式銃剣取り付け部は国内で加工 会場での試射写真も有り これば実存しています
又 上海上陸時の陸戦隊の兵士の射撃写真 背中にしょった写真 長い50発の弾倉 これは良いですね 陸戦隊ファンとして是非1/3で再現してみたくなりました 写真SIG1920です 違いはMP18 放熱穴8個 SIGは7個ですので 目安になりますイメージ 1
 

この記事に

開く コメント(0)

桜のはなびら様より転載記事 固有名詞削除




この写真を見て、「あっ、これは」とわかる日本人は少ない。
 
なぜ日本人が知らないのか?
 
日本のマスコミがほとんど報じなかったからである。
 
平成2691日、来日したインドのモディ首相は*倍総理と首脳会談で日印の安全保障や経済関係の強化と友好を発展させる宣言をした。

イメージ 2
 
その翌日の92日、*ディ首相は、チャンドラ・ボースと親しかった**佐一郎さん(99)と会った。
 
車椅子の**佐一郎さんの前で*ディ首相は、膝を折って、手を握り締め、感謝を表した。その時の写真が上の画像である。
 
かつて三角さんは参謀本部に勤務し、インパール作戦に関わったインド独立の功労者、つまりインドでは”英雄”である。
 
インドにとって「インパール作戦」は英国からの独立戦争である。インパール作戦を日本軍がチャンドラ・ボースのインド国民軍と戦ってくれたお蔭でインドの独立があるとインドの人達は誰でも知っている。
 
この感動的な場面をインドのマスコミは大々的に報道して大ニュースとなっていた。
 
また、平成27年、インド政府は**さんに国家勲章を授与した。これも日本のマスコミは報道しなかった。
 
日本ではインパール作戦は「**口中将が無謀な戦いをした」とされて、そのまま信じている人が多い。
 
しかしインパール作戦は決して英国の一方的な戦いではなく、よく調べれば日本軍は敵を圧倒して戦っていたことがわかる。
 
日本軍が如何に勇敢に戦っていたか、如何に軍紀粛正であったか、そして如何に強かったか。現地の住民はよく見ていた。
 
大激戦地のロトパチン村の村長はこのように語っていた。
「日本の兵隊さんは上の中でも実に勇敢に戦った。そして、この村のあちこちで壮烈なな戦死を遂げていった。この勇ましい行動すべては、みんなインド独立のための戦いだったのです。私達はいつまでもこの壮絶な記憶を若い世代に残していこうと思っています」
 
激戦地コヒマでも日本兵は地元に住民に称賛されており、日本軍が去った後に群生した紫の花を「日本兵の花」と名付けた。
 
日英軍が激しく戦ったマパオの村では「日本兵士を讃える歌」が今も歌い継がれている。
 
こういうことは日本人はほとんど知らない
 
こういう事実は日本が侵略戦争をしたことになっているマスコミにとっては都合が悪いのだ。
 
大東亜戦争をいまだに“太平洋戦争”としか報じることが出来ない占領時のままのマスコミの愚かさは、今やネットで全て見透かされている
真実を知ろう

この記事に

開く コメント(0)

昨年暮れ ドール用にと依頼されて 縮尺や設定も変えて製作 途中経過や完成時の出来あい等 喜ばれ
さてと 最終 色合いがと 保留されました 資料購入も含め コストはとっくに提供価格を超えていますが
勉強の為と依頼を受けましたが 仕上がり後 保留されたのは今までで初めての事 再度 依頼されても 答える気は有りません 無垢材手作りを理解されない方にやはり 購入しますと言われても お渡しする気は全く無く 損得ではありませんので 特に年初初めての 引き渡しですから 縁起が悪すぎる為 リセットします
イメージ 1

この記事に

開く コメント(1)[NEW]

114日の報道番組はやはり「日韓合意」の話題が多かった。
 
TBS「サンデーモーニング」では*崎麻子という“ジェンダー人権屋”がこう言った。
 
 
「”紛争下の性暴力”は女性の人権問題であるということは韓国もすごくよくわかっている。なので日本の主張が国際社会で受け止められるかどうかという時に、日本は今、国内外で女性の人権とか暴力の問題にどういうふうに向き合っているのか、ということも非常に重要なポイントです」
 
*国は紛争下の性暴力が女性の人権問題だとすごくわかっている?

何を言っているのか?
 
*鮮人の男は男尊女卑が根強い民族だ。夫婦は別姓で女性が望んでも男性と同じ姓は名乗れず、女性を口説く時は非常に優しく口が上手いが結婚したとたん手のひら返しで威張り出して暴力的。これが*鮮人である。
 
紛争下で言えば、ベトナム戦争時の*国軍の住民虐殺30万人以上(米議会記録)、強姦によるライタイハン3.5万人である。

紛争下の性暴力の国が韓国である。終戦時、日本人女性も*鮮人の餌食となり強姦された。これが*鮮人の本性だ。女性の人権などない。
 
日本には韓国やイスラム教原理主義に比べると女性の人権どうのというほど、また生きていけないほどの女性差別はない。
 
日本では“差別”ではなく、持って生まれた“役割”の違いを大切にする。ここを間違えてはいけない。
 
 
同じく*BS「サンデーモーニング」で反日極左の*木理はこう言った。
 

「そもそも振り返れば、(慰安婦問題は)かつての戦争中に日本軍が犯してしまった罪のうちのひとつなわけですから、ここでもう一歩踏み込んで韓国政府と一緒になってこの問題を完全に解決しようという努力が必要」
 
*木は慰安婦問題は*日新聞が捏造し、*島瑞穂が*鮮人売春婦をそそのかしてでっち上げた“嘘”だということを知らないのか?
 
当時、慰安婦はどこの国にもあったし、ソ連はなかったが、それはスターリンが「現地の女を戦利品としてよい」としたため強姦がひどかったのは周知のとおりである。
 
元慰安婦という売春婦の嘘は限りなくあるが、例えば*玉珠という売春婦は「戦時中に強制的に慰安婦として働かされ、収入もなかった」と言って賠償を求めていた。
 
しかし、*玉珠はなぜか日本の郵便局と争っていた。「戦時中、ビルマで慰安婦をして働いていた時、野戦郵便局に残高2.6万円があるから返してくれ」と言うのだ。
 
当時、1000円で家が建つ時代である。2.6万円も稼いでいながら「収入がなかった」と嘘を言うのだ。
 
真実の歴史を全く知らない恥さらしの*木理である。
   
同じ日、*ジテレビ「新報道2001」では*海大学の**珠はこう言った。

 
「日韓合意は最終的かつ不可逆的に解決したという合意ではない。未完の合意だ」。
 
不可逆的ではない未完の合意?
よくそこまでデタラメなことが言えるな、この*鮮人は。
 *海大学で教授をやらせているんだ?
もうテレビにも出さないで頂きたい。
 
桜のはなびら様より転載

この記事に

開く コメント(1)[NEW]

イメージ 1


111日、尖閣諸島沖の接続水域に入った潜水艦が12日に東シナ海公海上に浮上してシナ国旗を掲げた。
 
はじめの頃、日本人もシナの船が尖閣周辺に来ると大騒ぎしていたが、
最近では日本人の反応も当然のように無反応になってきた。
 
シナの思い通りである。
 
沖縄が工作されまくり、北海道の土地がシナに買収されて日本人が知らない間にどんどん国土が奪われていく日本。
 
「朝まで生テレビ」でウーマンラッシュアワーの*本大輔が「尖閣を中国に取られてもいい」と言い、その後もツイッターでこう書いた。
 
 
「その前におれも純粋な疑問なんなけど、なぜ侵略してくると思ってるんだろう、歴史からしたら、って言うけど、日本と中国、どっちが多く過去にほかの国を侵略したんだろう。中国の友達と話したらそんなことを言っていた、侵略するわけない、いまイケイケなのに、デメリットしかねーわって」
 
この*本は沖縄極左活動家ともつながっており、特に*池宅居候(自身ツイッターで公言)の極左活動家の*袈裟太郎(本名:*俣東吾)との写真もアップしている。もはや、いちお笑い芸人ではなく、反日極左の下っ端と見るべきであろう。


  
この*本が「中国の友人」というのはどういう筋の人間か定かではないが明らかに怪しい。
 
「日本と中国どっちが多く過去に他の国を侵略したんだろう。中国の友人と話したら(中国が)侵略するわけがない」
 
はっきり言うが、日本は一度も力で他国を侵略したことはない。朝鮮は合意の上の合邦であり、台湾も条約で割譲されたものであり、満州も条約で得た権益と居留民を守るためであり、満州国は満州人により自発的に出来た国である。
 
それに比べて中華人民共和国は周辺諸国の領土を奪うために常に紛争を起こしてきた。
 
韓国とは蘇岩礁、ソ連とはダマンスキー島、タジキスタンとはパミール高原、インドとはカシミール地方やアルナーチャル・プラデーシュ州、チベットや東トルキスタンへの侵略、他、ベトナム、ラオス、ミャンマー、タイ、西沙諸島や南沙諸島の強奪、そして今、沖縄、北海道、尖閣諸島を奪おうとしている。
 
中華人民共和国は誕生以来、大量虐殺と他国侵略をし続けている極悪国家である。
 
114日は「尖閣諸島開拓の日」である。日本人はよく覚えておきたい。
 
明治28114日に日本政府によって日本領に編入した日である。
 
しかし、この日を制定したのは日本国ではなく沖縄県石垣市である。”市の条例”なのだ。
 
制定したのは平成23114日で、当時、民主党政権であった。
 
制定式典には*民党や*明党や立ち上がれ日本の国会議員が出席したが、当時政権であった*主党議員は誰も出席しなかった。*主党の*田克也幹事長(当時)には石垣市長から招待状を出していたが、何の返事もしてこなかった。これが*主党である。
 
ついでに言うと「竹島の日」も、制定したのは島根県である。国ではないのだ。
 
しかし領土を守るのは国家の務めである。
 
日本政府は領土を守る強い意志がないのか?
 
今や北海道の土地の買収も含めて早急な対応が必要である。同時に*本某を取り巻く人脈にある通り、スパイ防止法も早急に必要である。

国会議員は国益を守るためにしっかり仕事せよ!

・・・・・

この記事に

開く コメント(1)[NEW]

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事