全体表示

[ リスト ]

竹は農薬で枯らせられます。

全国各地で問題になっている放置竹林ですが
その竹林の枯らし方について1人でもできる実戦的な方法を紹介します。実際に私は1人でやっています。
ここで紹介するのは竹の間伐・間引きではなく根絶・全駆逐を目標としています。
1人で時間も予算もあまり無い人用の方法です。
参考にしていただけたらと思います。
多人数、予算もあるならまた違うやり方も考えられます。

竹林にて農薬を使わない方法と農薬を使う方法を試しました。
その結果農薬を使わなければならない結論になりました。
紹介する方法で竹林を駆逐してください。

<農薬を使わない方法>
切る時期は竹の子で養分を使い果たした後の初夏から夏に切り倒します。
竹を切り倒すと小さな竹や
笹みたいな草みたいな竹草がどんどん生えてきますのでこれを刈ります。
すぐ生えてくるので2-4週間ごとに何年もかけて刈って下さい。だんだん小さくなって枯れて無くなります。
とあちこちのホームページに竹の刈り方は書いてますが無くならないんです。無くなった気になっているだけです。
竹林を刈ると陽が入るようになって下草も雑木もどっと生えますから毎月その中に分け入って何年も竹草を探して全部刈るなんて大変すぎて無理です。
少しは残ります。竹草は1つでも残っていたら少しずつ増えてまた竹林に戻ります。
あなたが死んだらだれも管理しないんですからまた元に戻っちゃいますよ。

竹草は年月をかけ増えて行き
少しずつ大きな竹を生やして、養分を貯めていって元の大きな竹林に戻ります。

竹草はこつこつと農薬をかけるか、地下茎を掘り起こしていくしかないです。
地下茎を掘り起こして駆逐するのは大変すぎて現実的ではないです。
また斜面地の場合実質不可能になります。

<農薬を使う方法>
http://www.roundupjp.com/maxroad/weed/
http://www.roundupjp.com/maxroad/faq/use/wither/


l充電式電気ドリルで地面から30センチから50センチ位の所へ穴を開けます。節から2,3センチ下です。
ドリルは木工用ドリルで5ミリほどで良いです。注意:必ず木工用ドリルを使ってください。
その穴に農薬を入れます。ラウンドアップが良いです。
予算が無ければグリホアップとかのグリホ系の安いのでもいいです。
ラウンドアップは値段高すぎますが良いです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%89%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97
農薬を入れて差し入れる容器は洗浄びんというビニール製の瓶です。目盛りがあり、フタから細いチューブが底までささっていて容器を握ればチューブの先から液が出るものです。形、サイズが色々あります。

原液のままラウンドアップなら10ml、グリホアップなら安いので20mlほど多めにいい加減に入れます。太い竹には30mlと多めに入れます、量が少ないと枯れないので基本的に多めに入れます。
穴に雨が入らないようにガムテープを巻いておきます。農薬を入れた目印にもなります。
以上の道具をホームセンターで、農薬を入れる大工腰袋も購入して作業ベルトで腰に身につけます。ガムテープもひもを通して携帯してください。

イメージ 1
フタだけ交換した場合。

イメージ 2

農薬の時期は竹が活動する春から秋までの暖かい時期にします。初夏-夏の方が早く枯れます。
竹は地下茎でつながっていますが、全部の竹にやってください。隣の竹であっても地下茎がつながっているとは限りません。

半年から1年でほぼ9割以上が完全に枯れます。枯れなかった竹は再度農薬で枯らしつくしてください。
枯れなかったしぶとい竹には再び農薬を多めに注入して、枯れるまで繰り返してください。

目安として葉が全て落ちてたらその竹は枯れます。
地上部の竹の状態で地下の地下茎が枯れてきていることが分かります。
竹草、竹の草が生えてきたら農薬を撒いて枯らしてください。
翌年出てきた竹の子は農薬のため食べられません、竹の子は折らずに竹に成長させてから農薬を注入して枯らしてください。
竹が枯れたら切り倒して処分していきます。

●何故竹にドリルで農薬注入する方法が良いかの説明
・連年全伐式
竹の子が伸び切り地下茎が養分を使い果たした夏季に全伐します。
翌年竹が生えてきます。これをまた夏季に全伐し、これを数年繰り返し
竹草になったところで農薬を使い枯らします。
噴霧するか筆で塗るか、ゴム手袋に軍手をはめて手で塗る
全伐の回数分手間がかかりますし、処分する竹も増えます。年数もかかります。
草竹の範囲も広くなります。
農薬使用量は一番少なくなります。
竹草の見逃しがあるので再び竹やぶになります。
・全伐後節抜き農薬注入式
根本で全伐後の根側の節を突き抜いて農薬を注入してもいいですが、節を抜く手間と、根の後処理が手間が増えます。伐採と農薬注入を同時に行うので一日に農薬注入できる本数が減ります。雨と蚊の問題があります。
・ドリル注入式
ドリルに注入した場合ほぼ地下茎が枯れますので、ほとんど竹草も生えてきません。全伐は一度で済みます。枯れた後に処分すればいいので竹の処分に時間的余裕ができます。
・腰高で切り倒し後、残った竹に農薬注入式
この方法は1,2度しかやった事なくデーターが足りません。竹を切る季節によるのか、竹から大量に水がふきだし。農薬が薄くなります。
これで枯れた事が無いので私はもうやりません。このやり方がどうなのか私には分からないです。

いずれの場合も最後の竹草には農薬を使います。
一番手間がかからず労力が少なく、処分する竹の量も少なく、短期間で駆逐できるのがドリル注入式になります。
斜面地の場合にもドリル注入式の方が安全で手間がかかりません。



<竹の処分方法>
まずチェンソーで地面から50センチから1メートル位の所で切り倒します。
切り倒す竹が多すぎるので疲れます。疲れたら続けられませんのでチェンソーを買ってください。
坂用に手ノコも要ります。歯の荒い園芸用とかsilkyの銀河 仮枠用がオススメです。荒目の歯でザクザク切ったほうが早くて楽です。
手ノコは刃が交換できるのにしてください。切れなくなったら交換してください。
竹用ノコとして売られているものは加工用で伐採用には不向きです。
水平に切ってください。ナナメに切ると体が倒れたとき刺さるので危険です。
木と一緒で、倒したい方向に水平に受け口と段差をつけて反対方向から追い口を切っていけば倒す方向をコントロールできます。
竹を切り倒したら両刃の鉈で枝を落とします。上から下へ向けて枝を落とします。
竹を切った根側は腐らせるためと水がたまり蚊がわくので鉈で割っておきます。
竹はまとめて積み上げます。坂ならば竹を長めに残してつっかえ棒にして積み上げます。
根側は何年かしたら根本が腐るので倒せば簡単に抜けます。50センチから1メートル残すのはこのためです。
低く切るとつまずいてこけやすいです。
切った竹は屋外日陰に10年放置していても腐って無くなるものじゃないです。
予算があればチッパー・シュレッダーで粉々に、もしくは業者に処分してもらうか
パイプ単管で玉切用馬を作ってチェンソーで細切れにして
ドラム缶焼却炉を作って燃やすか、粗大ゴミか家庭ゴミとして出すか、あきらめて日陰に放置しましょう数十年かけて虫が巣食い無くなります。
チッパー・シュレッダーはレンタルで借りたら良いです。

<ドラム缶焼却炉>
竹を燃やすのに安くて大きく安全な焼却炉の作り方です。
ヤフーオークションか通販で売っているドラム缶焼却炉用 蓋を手に入れます。
ドラム缶を手に入れて平タガネかグラインダーで上側は全部抜いて 
下側はフチから10-15センチほど残して真ん中を丸く切り抜きます。
煙突はステンレス火の粉止め煙突を付けます。
ロストルは必要です。
フタはサビやすいので波板トタンに穴を開けて煙突を通して屋根を付けます。すき間はコンクリで埋めます。
基礎はブロックを積んで作ります。底から空気が入り、灰や燃えカスが底の穴から下に落ちてきますので灰が貯まるように取り出しやすいようにコの字型に組んでください。地面を掘り込みより灰が貯まるようにしてください。
下の所でも燃えます。
ドラム缶の横に穴が開いていないのでサビなくて長持ちしますし火の粉が飛ばないので安全です。
強風で倒れる時は倒れないように工夫してください。
ドラム缶焼却炉は錆びて穴が開くので寿命は数年です。
焼却炉については、地元の行政、消防に確認願います。

<隣の土地からの侵入竹>
自分の土地に生えてきた竹は自分の物になります。
竹の子を折り続けるか、伸ばしてからラウンドアップを大量に注いであげてください。
親の方も枯れてくれます。
もしくは許可をもらって隣の竹を枯らして下さい。
他人の土地の放置竹林を管理できる仕組みがあります。行政に相談してみてください。

<次世代に竹林を残さないで>
個人やグループで竹の子や竹炭や竹加工で竹林を活用する活動をされていますが
活用なんかしないでください。
あと何年生きられてそんな活動ができるのでしょうか。
竹の地下茎は1年で8メートルも伸びます。
土地境界線付近の竹はほったらかしで、跡継ぎもいないのじゃないですか?
次の若い世代はそんなことしません、竹林が増えても関係ないめんどくさいからどうでもいいのです。
それよりも体が動く間に竹林を無くす活動をしてください。

先人達のせいで放置竹林は隣の土地もその山全てを、日本中を放置竹林にしようとしています。
竹を枯らす活動をしてください。今何歳ですか?あと何年体が動きますか?
同世代の仲間うちだけの活動だから若い世代の仲間は増えないでしょう?
農薬を注入して立ち枯れさえすれば、そのまま放置しておけば良いです。
そのうちに竹も倒れて朽ちてはてて、下草も生えて木も生えてきます。

竹林を持っている方は竹林を無くして土地を違う事に活用してください。
竹林よりもっと良い使い方が他にもあるでしょう?
タケノコが竹林放置の言い訳になっていませんか?
せめて隣の土地に迷惑かけないように雑木林にでもしてください。
死んでからよそ様や子や孫、ひ孫から怨まれますよ
使い道がなくても他の土地に迷惑かけないように枯らしてから死んで下さい。
タケノコ畑の方で跡継ぎいない方は竹を枯らしてから死んでください。
農薬嫌いな方は元気な間はがんばって刈ってください。死後に立派な放置竹林ができます。

http://www.pref.tottori.lg.jp/secure/292483/shinrin02.pdf

新しい方法として現代農業という雑誌には
竹は1mの高さで切れば根まで枯れる
との特集が組まれていました。休息期の真冬に竹を地上1メートルで切っておくと生育期に水が吹き出して枯れるということです。
検索してみてください。
雑誌の記事では狭い範囲でしか行っておらず。広範囲では行っていません。
竹の子が逆に増えた事例も書かれています。
切った竹が枯れるのならば、その竹林を全てこのやり方で伐採して数年ほど、竹の子、竹草が生えないのか確かめて記事にして欲しいです。この方法で枯れなかった場合は翌年竹がどっと生えて手間が増えます。
この方法を試された方の書き込みをネットでいくつか見かけましたが。試したという方ばかりで経過報告や全駆逐できた書き込みはまだ見つけていません。
http://lib.ruralnet.or.jp/libnews/sin/keiei/002.html

http://homepage3.nifty.com/e2akabo/2take.html
この人、引用はいいのですけど引用元を書くべきです。典型的な農薬を使わない連年伐採式の貴重な資料です。いかに大変かが分かります。この人が亡くなったらまた竹やぶになるでしょうね。あとビニールシートは外に放置しておくと数年でボロボロになります。


この記事に

閉じる コメント(40)

顔アイコン

冬にやったことは無いのでわかりません。
全く枯れないことは無いでしょうけど、冬季は成功率がかなり下がるでしょうね。

ラウンドアップのサイトでは春から秋からしか書いていませんね
http://www.roundupjp.com/maxroad/take.html
低温時の効果や、分解されることについても書かれていますね。
http://www.roundupjp.com/maxroad/007.html
http://www.roundupjp.com/maxroad/009.html
地域によると思いますが冬は休眠期ですから農薬がゆきわたりにくく、農薬はそのうちに効果なくなりますから。

2013/1/13(日) 午前 0:17 [ bre**on1*3 ] 返信する

顔アイコン

こんにちは。床下にまで根を伸ばし、困っています。農薬注入を試す予定ですが、大切にしている樹木も同じ場所にあります。注入後に竹が枯れ、地下茎も分解する時に土壌中に農薬が広がって、他の樹木に影響はないでしょうか?宜しくお願い致します。

2013/3/7(木) 午前 7:14 [ ket*me*on ] 返信する

顔アイコン

農薬のことはメーカーに問い合わせてください。

2013/3/12(火) 午後 1:36 [ bre**on1*3 ] 返信する

顔アイコン

検索でここまできました。勉強になります。
本当に悪魔と毎年2月間毎週末戦っていますが、
自分がやめればすぐに自分の畑地も竹林でしょう。

自分の畑地には農薬を使わず、
竹林本体(他人の土地!)には農薬を使ってみたら、
畑地の竹が元気になってしまいました。悩ましいです。
100円ショップ品の除草薬(農薬ではない奴・・・)、、、
使うには微妙なのでしょうね・・・ 削除

2013/7/15(月) 午後 4:58 [ かみ ] 返信する

顔アイコン

竹駆除の方法有り難いです。
ドリルは木工用と書いてありますが、なぜでしょうか。
なぜ鉄板用ではだめなのでしょうか。

2014/6/16(月) 午後 3:30 [ m2m*g*n ] 返信する

顔アイコン

ドリルの形、穴が開く時間が全然違います。確認してください。

2014/7/21(月) 午後 3:11 [ bre**on1*3 ] 返信する

顔アイコン

竹の駆逐にはデゾレートが一番では?
生育期に撒くと完全に枯れます
費用的にグリホより割高かも知れませんが
手間が大違いです
わずか800坪くらいで、5万円ほどかけましたが
この薬剤でほぼ全滅させました
5年近くなりますが隣地からの侵入を阻止している
ようです
都合の良いことに、大きな樹木は枯れません
薬害が心配という人がいますが、竹林なんて
もうこりごり
薬害よりも藪蚊の被害、散策できないことの方
がより大変です
ボランティアが竹林を整備して、竹炭や竹細工を
造る記事を良く見かけますが、まったくの無駄
だと思います
全伐して広葉樹を植えることが一番です
ま、一度、竹が侵入すると地域ぐるみでやらないと
撲滅は不可能でしょうけど
この勢いだと100年後、いや500年後には、手入れする人口も減り温暖化も相まって、日本全国いたるところで、それこそ山の頂上までなんのおもしろみもない孟宗竹の単一風景が延々と広がって外人観光客も寄り付かなくなることでしょう
そうならないためにも、元気なうちに少しでも竹の全伐
をやりたいものです

2014/7/22(火) 午前 8:00 [ - ] 返信する

顔アイコン

7月に休日毎に分けてグリホ注入しました。
現在全く枯れてないの竹と、みるみる枯れていく竹とが有ります。
枯れてない竹を見てみると、注入口より水があふれているようで、効果がないようです。
注入する天候も関係するのでしょうか?
注入する日は、晴が続いた後のがいいのでしょうか?
雨上がりだと水分を吸い上げて薬剤が薄まるのでしょうか?
また吹き出してる竹を注入口の下の節の上に穴を開けてみましたが大量の水が噴き出してきました。
昨日、下の穴を塞ぎ、上からもう一度グリホ注入してみました。
どうなんですかね?

2014/8/19(火) 午前 11:12 [ B4YUKI ] 返信する

顔アイコン

たいへんわかりやすい説明で、参考になりました。
早速、ためしてみたいと思います。

ダメだったら、 gjk*gjk*dg さんの書かれています「デゾレート」を使う方法もあると思いますが、「デゾリート」は、Amazonや楽天では、売っていないようですね。どこで購入すればいいのでしょうか?

2014/8/23(土) 午後 10:28 [ ユックン ] 返信する

顔アイコン

ありがとうございました。
私の竹林は60度くらいの斜面ですがこの方法で全伐採すると斜面は崩壊するおそれがあると思うのですが(土質は粘土質です)ご意見はありませんか? 削除

2014/9/29(月) 午前 11:17 [ 新次 ] 返信する

顔アイコン

竹の地下茎は浅いので元から土砂崩れ防止には役に立っていないと聞きました 削除

2016/12/2(金) 午後 6:52 [ にしひ ] 返信する

顔アイコン

竹害に困っていました。
詳しい説明をありがとうございました。
今年は、この方法を試してみます。

2017/3/17(金) 午後 3:24 [ クッキー ] 返信する

顔アイコン

うちも竹害に困ってます。
ドリルで穴を開け、ラウンドアップを注入し、ビニールテープで穴をふさいで放置しましたが根全体に行き届かなく一部しか枯れないし、まわりの芝生が枯れてしまったので思い切って根っこを根こそぎ掘り起こすことにしました!毎日ちょっとずつですが掘ります。根っこを根こそぎとらないとやっぱ竹は駆除できませんね😣

2017/5/22(月) 午後 2:27 [ jus*y*kk ] 返信する

顔アイコン

全くその通りだと思いました。

義母と主人は「うちの竹は隣の家から来たんだ」と、言うだけで何もしないでいました。お隣は重機を入れて駆逐したそうで、もう竹の根がもぐって来ないような立派な塀もこしらえてありました。

嫁に来た私は、薄暗い藪が嫌でしたし、虫も嫌なので、実父に頼んで電気ノコギリ?で切ってもらい、8割ほどスッキリしました。それから数年、現状維持の為、この季節毎朝、竹の子と戦っていました。一日に80本程切ることもあります。
なぜ、夫は自分の家なのにやってくれないのだろうと、子供を背負いながら、竹の子を切り、腹がたつことも、涙が出ることもありました。

最近、その藪がまた移動しているように感じました。
今度はうちの藪がよそ様に迷惑をかけ始めているようです。

ドリルを借り、農薬は使ったことがなく、緊張しますがこちらのブログで教えて頂いた通り、子供の為にも、私が生きている間に、全て駆逐します!

ありがとうございました。
頑張ってみます。 削除

2017/6/9(金) 午後 1:53 [ heye ] 返信する

顔アイコン

竹の性質上地面と水平に地下根が伸びます。深さ20cm位のところ。生えて欲しくない場所を50cmくらいの深さの溝を掘ってごらん。竹はその溝を越えられない。なんだってその習性に弱点はある。 削除

2017/11/29(水) 午後 6:53 [ みやぎ野造園安倍仁 ] 返信する

現在この方法で駆除始めています。絶対に諦めません! 又別の場所ですが隣地から竹が攻めて来ます。これも農薬で枯らそうと思いますが、隣地の方にもやって欲しいです。私が言えばやってくれるか思案しています。

2018/2/26(月) 午前 1:34 [ myskyrain. ] 返信する

顔アイコン

達観した実地の文章です、大納得。私も白子のたけのこは好きですが、はびこる孟宗竹との戦いに嫌気が差していました。
温暖化による活性化、北限の上昇も怖いですね。
ただ、グリホ施行周辺(15メートル範囲とサイトにはある)のたけのこは食用するなとありますが、そもそも「枯死させたのちすみやかに不活化する」グリホ剤適用したたけのこなのに食用に適さないのはなぜなのかは、「いろいろある」のでしょうね。 削除

2018/3/31(土) 午後 9:24 [ 里山とかクソ食らえ都会人 ] 返信する

顔アイコン

うちは、長年たくさんの竹が、いろんな所に出てきており、毎回、竹と戦い、そばには松の木もあり、除草剤が出来ないです。
いい方法ありませんか?
誰か助けて〜 削除

2018/5/1(火) 午後 9:36 [ ローズ ] 返信する

顔アイコン

うちは、長年たくさんの竹が、いろんな所に出てきており、毎回、竹と戦い、そばには松の木もあり、除草剤が出来ないです。
いい方法ありませんか?
誰か助けて〜 削除

2018/5/1(火) 午後 9:37 [ ローズ ] 返信する

顔アイコン

近況:この文章をかいた当時はラウンドアップ注入式での竹枯らし方法はまだまだ一般的ではなく、業者間では秘中の技でありました、2018年現在では随分と一般に認知されてきているようになっているようです。未来では日本中の山が放置竹林にとなりますが、皆さんの自分の土地だけは竹林を駆逐できてことを祈ります。
15年程竹枯らしをやっていますが、ラウンドアップを使って枯らしたところは竹を駆逐できていますが、初期の刈っただけの所は竹林に戻りつつあります。

2018/5/5(土) 午後 0:07 [ bre**on1*3 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事