笈の小文 ( おいのこぶみ ) 松尾芭蕉 -俳句-

笈の小文(おいのこぶみ) 朗読好評 [架蔵本] 風羅坊 松尾芭蕉;『笈の小文』の他さまざまな呼称がつけられている。 俳句

◎笈の小文 (全文全朗読

すべて表示

笈の小文 (全文、全朗読)

笈の小文 風羅坊 芭蕉                 すべて表示をクリック
 
序章

百骸九竅の中に物有、かりに名付て風羅坊といふ。誠にうすものゝのかぜに破れやすからん事をいふにやあらむ。かれ狂句を好こと久し。 終に生涯のはかりごとゝなす。
ある時は倦で放擲せん事をおもひ、ある時はすゝむで人にかたむ事をほこり、是非胸中に  たゝかふて、是が為に身安からず。 しばらく身を立むことをねがへども、これが為にさへられ、暫ク學で愚を曉ン事をおもへども、是が為に破られ、つひに無能無藝にして只此一筋  に繋がる。
西行の和歌における、宋祇の連歌における、雪舟の繪における、利休の茶における、其貫 道する物は一なり。しかも風雅におけるもの、造化にしたがひて四時*を友とす。見る處花にあらずといふ事なし。 おもふ所月にあらずといふ事なし。像花にあらざる時は夷狄にひとし。心花にあらざる時は鳥獣に類ス。 夷狄を出、鳥獣を離れて、造化にしたがひ、造化にかへれとなり。
 
旅立ち

神無月の初、空定めなきけしき、身は風葉の行末なき心地して、
 旅人と 我名よばれん 初しぐれ
  (たびびとと わがなよばれん はつしぐれ)
 又山茶花を宿々にして
 (またさざんかをやどやどにして)
岩城の住、長太郎と云もの、此脇を付て其角亭におゐて関送リせんともてなす。
 時は冬 よしのをこめん 旅のつと
 (ときはふゆ よしのをこめん たびのつと)
この句は、露沾公より下し給はらせ侍りけるを、はなむけの初として、旧友、親疎、門人等、あるは詩歌文章をもて訪ひ、或は草鞋の料を包て志を見す。かの三月の糧を集に力を入ず。紙布・綿小などいふ もの帽子したうづやうのもの、心々に送りつどひて、霜雪の寒苦をいとふに心なし。あるは小船をうかべ、別墅にまうけし、草庵に酒肴携来たりて行衛を祝し、名残をおしみなどするこそ、ゆへある人の首途 するにも似たりと、いと物めかしく覺えられけれ。


旅の日記

http://em8608.webcrow.jp/mp3/haiku/oinokobumi/03.mp3


抑、道の日記といふものは、紀氏・長明・阿佛の尼の、文をふるひ情を盡してより、餘は皆  俤似かよひて、其糟粕を改る事あたはず。まして浅智短才の筆に及べくもあらず。其日は雨 降、昼より晴て、そこに松有、かしこに何と云川流れたりなどいふ事、たれたれもいふべく覺 侍れども、黄哥(奇)蘇新のたぐひにあらずば云事なかれ。されども其所そのところの風景心に残り、山館・野亭のくるしき愁も、且ははなしの種となり、風雲の便りともおも ひなして、わすれぬ所々跡や先やと書集侍るぞ、猶酔ル者の猛語にひとしく、いねる人の 讒言す るたぐひに見なして、人又妄聽せよ。


鳴海

http://em8608.webcrow.jp/mp3/haiku/oinokobumi/04.mp3


 星崎の 闇を見よとや 啼千鳥
 (ほしざきの やみをみよとや なくちどり)

飛鳥井雅章公の此宿にとまらせ給ひて、「都も遠くなるみがたはるけき海を中にへだてゝ」  と詠じ給ひけるを、自かゝせたまひて、たまはりけるよしをかたるに、
 京までは まだ半空や 雪の雲
 (きょうまでは まだなかぞらや ゆきのくも)
 

三河の国保美〜伊良古崎

三川の國保美といふ處に、杜國がしのびて有けるをとぶらはむと、まづ越人に消息して、鳴 海より跡ざまに二十五里尋かへりて、其夜吉田に泊る。
 寒けれど 二人寐る夜ぞ 頼もしき
  (さむけれど ふたりねるよぞ たのもしき)
あまつ縄手、田の中に細道ありて、海より吹上る風いと寒き所也。
 冬の日や 馬上に凍る 影法師
  (ふゆのひや ばじょうにこおる かげぼうし)
保美村より伊良古崎へ壱里計も有べし。三河の國の地つヾきにて、伊勢とは海へだてたる所なれども、いかなる故にか、万葉集には伊勢の名所の内に撰入れられたり。此渕(州)崎にて碁石を拾ふ。世にいらご白といふとかや。骨山と云は鷹を打處なり。南の海のはてにて、鷹のはじめて渡る所といへり。い らご鷹など歌*にもよめりけりとおもへば、猶あはれなる折ふし  鷹一つ 見付てうれし いらご崎
 (たかひとつ みつけてうれし いらござき)
 
熱田御修覆
 磨なをす 鏡も清し 雪の花
  (とぎなおす かがみもきよし ゆきのはな)

蓬左の人々にむかひとられて、しばらく休息する程、
  箱根こす 人も有らし 今朝の雪
  (はこねこす ひともあるらし けさのゆき)
箱根こす人も有らし今朝の雪
有人の會
 ためつけて 雪見にまかる かみこ哉
 (ためつけて ゆきみにまかる かみこかな)
 いざ行む 雪見にころぶ 所まで
 (いざゆかん ゆきみにころぶ ところまで)
ある人興行
 香を探る 梅に蔵見る 軒端哉
 (かをさぐる うめにくらみる のきばかな)

此間、美濃・大垣・岐阜のすきものとぶらひ来りて、歌仙、あるは一折など度々に及。
師走十日餘、名ごやを出て、旧里に入んとす。
 旅寝して みしやうき世の 煤はらひ
 (たびねして みしやうきよの すすはらい)

「桑名より食はで来ぬれば」と云日永の里*より、馬かりて杖つき坂上るほど、荷鞍うちか へりて馬より落ぬ。
 歩行ならば 杖つき坂を 落馬哉
  (かちならば つえつきさかを らくばかな)

と、物うさのあまり云出侍れ共、終に季のことばいらず。
 旧里や 臍の緒に泣く としの暮
  (ふるさとや ほぞのおになく としのくれ)

宵のとし、空の名残おしまむと、酒のみ夜ふかして、元日寝わすれたれば、
  二日にも ぬかりはせじな 花の春
  (はつかにもぬかりはせじなはなのはる)


初春

http://em8608.webcrow.jp/mp3/haiku/oinokobumi/06.mp3


 春たちて まだ九日の 野山哉
  (はるたちて まだここのかの のやまかな)
 枯芝や やゝかげろふの 一二寸
  (かれしばや ややかげろうの いちにすん)
伊賀の國阿波の庄といふ所に、俊乗上人の旧跡有。護峰山新大仏寺とかや云、名ばかりは千歳の形見となりて、伽藍は破れて礎を残し、坊舎は絶えて田畑と名の替り、丈六の尊像は苔の緑に埋て、御ぐしのみ現前とおがまれさせ給ふに、聖人の御影はいまだ全おはしまし侍るぞ、其代の名残うたがふ所なく、泪こぼるゝ計也。石の連(蓮)台・獅子の座などは、蓬葎の上に堆ク、双林の枯たる跡も、まのあたりにこそ覺えられけれ。
 丈六に かげろふ高し 石の上
 (じょうろくに かげろうたかし いしのうえ)
 さまざまの こと思ひ出す 櫻哉
 (さまざまのこと おもいだす さくらかな)
伊勢山田
 何の木の 花とはしらず 匂哉
 (なにのきの はなとはしらず においかな)
 裸には まだ衣更着の 嵐哉
 (はだかには まだきさらぎの あらしかな)


伊勢.

 http://em8608.webcrow.jp/mp3/haiku/oinokobumi/07.mp3


菩提山
 此山の かなしさ告よ 野老掘
 (このやまの かなしさつげよ ところほり)
龍尚舎
 物の名を 先づとふ芦の わか葉哉
 (もののなを まずとうあしの わかばかな)
 梅の木に 猶やどり木や 梅の花
 (うめのきに なおやどりぎや うめのはな)
草庵會
 いも植て 門は葎の わか葉哉
 (いもうえて かどはむぐらの わかばかな)
神垣のうちに梅一木もなし。いかに故有事にやと、神司などに尋ね侍ば、只何とはなし、を  のづから梅一もともなくて、子良の館のうしろに一もと侍るよしをかたりつたふ
 御子良子の 一もとゆかし 梅の花
  
(おこらごの いっぽんゆかし うめのはな)
 神垣や 思ひもかけず ねはんぞう
  (かみがきや おもいもかけず ねはんぞう)
 

吉野へ.

彌生半過る程、そヾろにうき立心の花の、我を道引枝折となりて、よしのゝ花におもひ立んとするに、かのいらご崎にてちぎり置し人の、いせにて出むかひ、ともに旅寐のあはれをも見且は我為に童子となりて、道の便リにもならんと、自万菊丸と名をいふ。まことにわらべらしき名のさま、いと興有。いでや門出のたはぶれ事せんと、笠のうちに落書ス。
乾坤無住同行二人
 よし野にて 櫻見せふぞ 檜の木笠
  (よしのにて さくらみしょうぞ ひのきがさ)
 よし野にて われも見せうぞ 檜の木笠     万菊丸
  (よしのにて われもみしょうぞ ひのきがさ)

旅の具多きは道ざはりなりと、物皆払捨たれども、夜の料にと、かみこ壱つ、合羽やうの物、硯、筆、かみ、薬等、昼餉なんど物に包て、後に背負たれば、いとヾすねよはく、力なき身の跡ざまにひかふるやうにて、道猶すゝまず、たヾ物うき事のみ多し。
 草臥て 宿かる比や 藤の花
  (くたぶれて やどかるころや ふじのはな)
初瀬
 春の夜や 籠リ人ゆかし 堂の隅
  (はるのよや こもりどゆかし どうのすみ)
 足駄はく 僧も見えたり 花の雨     万菊
  (あしだはく そうもみえたり はなのあめ)
葛城山
 猶見たし 花に明行 神の顔
  (なおみたし はなにあけゆく かみのかお)
臍峠 多武峠より龍門へ越道也
 雲雀より 空にやすらふ 峠哉
  (ひばりより そらにやすろう とうげかな)
龍門
 龍門の 花や上戸の 土産にせん
  (りゅうもんの はなやじょうごの つとにせん)
 酒のみに 語らんか ゝる 瀧の花
 (さけのみに かたらんかかる たきのはな)
西河
 ほろほろと 山吹ちるか 瀧の音
 (ほろほろと やまぶきちるか たきのおと)
蜻鳴瀧
布留の瀧は布留の宮より二十五丁山の奥也。
津の国幾田の川上に有    大和
布引の瀧 箕面の瀧  勝尾寺へ越る道に有


 櫻狩り きどくや日々に 五里六里
  (さくらがり きどくやひびに ごりろくり)
 日は花に 暮てさびしや あすならふ
  (ひははなに くれてさびしや あすなろう)
 扇にて 酒くむかげや ちる櫻
  (おおぎにて さけくむかげや ちるさくら)

苔清水
 春雨の こしたにつたふ 清水哉
  (はるさめの こしたにつたう しみずかな)
 

.


みんなの更新記事