源氏物語のすべて=写本・本文・訳・音=美しい文章と文字(紫式部)

古典は小学生から学ぶとよい。[源氏物語] 写本・本文(原文)・現代語訳 を比較して見ると便利。 古典を読む-小中高大学生涯教育、

01 桐壺

すべて表示

[源氏物語] 01 桐壺 KIRITUBO

 
イメージ 1
 
イメージ 2

・(写本)
京都大学附属図書館所蔵 貴重書 中院文庫 [享禄四年写]
http://edb.kulib.kyoto-u.ac.jp/exhibit/genji/image/gm01/Gm01s003.htm

・ (本文・原文)
渋谷栄一研究室(高千穂商科大学)
http://www.sainet.or.jp/~eshibuya/text01.html

・(現代語訳)
渋谷栄一研究室(高千穂商科大学)
http://www.sainet.or.jp/~eshibuya/version01.html 
インターネットの電子図書館(与謝野晶子訳)
http://www.aozora.gr.jp/cards/000052/files/5016_9758.html
和紙/源氏物語(やさしい現代語訳 )
http://homepage1.nifty.com/WAKOGENJI/01kiritu/01kiritu.html

・(朗読) 源氏物語の音読
本文,原文 (文迷(ふみまよう)) 
http://genjibaa.fc2web.com/sound/01_kiritsubo.wma
http://genjibaa.fc2web.com/sound/mp3/01_kiritsubo.mp3
http://genjibaa.fc2web.com/sound/download_.htm
 (源氏物語〜音かたり)
原文
http://www.1-em.net/sampo/genjimonogatari/rodoku/genji.htm
現代訳 http://www.1-em.net/sampo/genjimonogatari/rodoku/genji_yaku.htm

・ 少年日本史(源氏物語)
http://www.1-em.net/sampo/genjimonogatari/

 ※(ブラウザを併用すると便利です)

第一部 (1)生立ちと遍歴
01 桐壺(源氏1-12歳)  KIRITUBO
帝(桐壺帝)はそれほど身分の高い家の出ではない桐壺更衣を寵愛し皇子を儲けるが、更衣はやがて病死してしまう。これを深く嘆く帝を慰めるために亡き更衣生きうつしの藤壺が入内し、新たな寵愛を得る。一方で更衣の遺児は帝のもとで育てられ、亡き母に似るという藤壺をことに慕うようになる。元服した彼は帝によって源氏を賜り、左大臣家娘葵の上の婿となって、その光り輝くような美貌から光源氏と呼ばれるようになる。
 
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
続くーすべて表示  ・(写本)京都大学附属図書館所蔵 貴重書 中院文庫 [享禄四年写]
         http://edb.kulib.kyoto-u.ac.jp/exhibit/genji/image/gm01/Gm01s003.htm
 

.


みんなの更新記事