ここから本文です
★ brillat savarin の 麦酒天国 ★
秋が深まって来ると、和歌山のある御夫婦と、友人のことを思い出します。

書庫全体表示

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

仕事が一段落して、もう1杯。Aecht Schlenkerla Rauchbier Märzen(エヒト・シュレンケルラ・ラオホビア・メルツェン;ドイツ/バンベルグ)。容量500mL、アルコール度数5.1%、原材料:大麦麦芽、ホップ。初期比重1.054、30 IBU。ラオホビア。

突出したスモークのアロマが強烈に香ばしい。苦味が後を引きますが、薫煙の風味に飽きず、むしろ癖になります。苦味が口内から消得ていく過程で渋味の相を舌の奥で感じますが、これも気持ちよい。重厚感があるモルティな甘味も看取できます。

これは、文字通りラオホ・スタイルの元祖です(Aechtは“オリジナル”の意です)。
ラオホ(Rauch)とは、独語で「煙」の意味。このビールは、3年寝かせて乾かした地元フランケン地方の森のブナの丸太を1日以上かけて燃やし、その薫煙で燻して乾燥させた「燻製モルト」を使って醸造しています。

シュレンケルラ・ラオホビア・メルツェンを醸造しているヘラー=トゥルム(Heller-Trum)醸造所はドイツ南部の古都バンベルグ(Banmberg)にあります。起源となっている醸造所併設の居酒屋自体はHPによれば、1405年まで遡ることができます。醸造所は、(ラベルにもあるように)1678年から操業された模様で、現在、トゥルム家の5代目により営まれています。

ヘラー=トゥルム醸造所の製品の95%がラオホであり、シュレンケルラ・ラオホビア・メルツェン以外にも更に濃厚な「シュレンケルラ・ウアボック(Ur-Bock)」、「ラオホビア・ヴァイツェン」などを醸造しています。

なお、シュレンケルラの語源は、フランケン地方の古い言い回しで「千鳥足」のことらしい。独語の動詞にSchlenkern(シュレンケルン;ユラユラ揺れながら歩く)っていうのがありますので、そんな語感なのでしょうが、末尾の“la”の辺が典型的にこの地方(フランコニア)の方言のようです。王冠にも片手にビール、片手に杖をついて歩いている「酔っ払い」がデザインされています。

http://www.schlenkerla.de/indexe.html

この記事に

  • お〜ラオホですか。ドイツの特徴的な地ビールですね。 この写真のグラスってラオホビールに似合いますね!

    [ ala**th20*0 ]

    2007/1/3(水) 午後 11:31

    返信する
  • 顔アイコン

    グラスについであるビールを見て、コーラのように見えました。

    [ bam*e6*0729 ]

    2007/1/4(木) 午前 1:34

    返信する
  • almithさん、ラオホのイメージでグラスは選択しました(笑)。あと、香りが強烈そうだったので、こもらない飲みやすい形にしましたよ☆

    [ brillat savarin ]

    2007/1/4(木) 午前 2:56

    返信する
  • bamseさん、確かに言われてみると、コーラっぽいですね。。。。スモークの匂いが凄いですが、コーラよりもゴクゴク飲めてしまいます。

    [ brillat savarin ]

    2007/1/4(木) 午前 3:14

    返信する
  • へぇ。すごいですね。ドイツから回答が来ましたか! さすが、きっと麦酒に愛着を持っているんですね。 だから、愛飲者にはすごく親切なんですね。

    [ bam*e6*0729 ]

    2007/1/8(月) 午後 10:01

    返信する
  • bamseさん、御礼のメールに「近々御社のヴァイツェンのラオホも飲みますよ」と申し上げたら、「Prost and Enjoy!」と返事が返ってきましたよ(^^)

    [ brillat savarin ]

    2007/1/8(月) 午後 10:43

    返信する
  • Prostってどんな意味なんでしょうか?

    [ bam*e6*0729 ]

    2007/1/8(月) 午後 11:10

    返信する
  • 「乾杯!」の決まり文句です♪♪♪♪

    [ brillat savarin ]

    2007/1/8(月) 午後 11:23

    返信する
  • 顔アイコン

    モンゴゾ! プロスト! サンテ! いろんな国の言葉の乾杯を集めたら素敵ですね。

    [ bam*e6*0729 ]

    2007/1/9(火) 午後 0:09

    返信する
  • 下記をご参照ください! 世界中の「乾杯!」があります。 http://www.geocities.jp/beerforum/bkanpai.html

    [ brillat savarin ]

    2007/1/9(火) 午後 6:32

    返信する
  • なんかここのカキコは盛り上がっていますね〜。ウアボックではこのグラスを使っていませんが、なぜですか?どちらも飲み比べてみたくなりましたよ。

    ジン君

    2007/3/26(月) 午後 1:15

    返信する
  • ジンさん、グラスの相違は全く意味はなく、近くにあったのを手に取ったまでです(^^)。ラオホの場合は、円柱形のものか、入り口がやや広がってるくらいの開放型のものが合うと思います。

    [ brillat savarin ]

    2007/3/26(月) 午後 4:10

    返信する
  • 顔アイコン

    こんばんは。
    初めて、トラバック機能を使ってみました。
    シュレンケラーも良かったです。

    西方見聞録

    2007/12/11(火) 午後 10:40

    返信する
  • nypky810さん、記念すべきTB第1号、光栄です。日本にもこういうビール(ラオホ)はありますが、シュレンケルラは貫禄がありますよね!

    [ brillat savarin ]

    2007/12/11(火) 午後 11:32

    返信する
  • 顔アイコン

    TBありがとうございます。日本にもラオホがあるのは知りませんでした。でもきっと、大手のメーカーが作った一般的なものではないと思います。シュレンケラーもシュナイダーも大好きです。

    このブログは、ビールのカタログみたいで面白いです。

    今後ともよろしくお願いします。

    西方見聞録

    2007/12/11(火) 午後 11:47

    返信する
  • nypky810さん、ありがとうございます。日本のラオホですと、富士桜高原、猪苗代、多摩ビールあたりが有名でしょうか。富士桜高原は限定ですが、ラオホ・ボックにも取り組んでいます。
    いずれも樽生・瓶を試していますが、全般的に(恐らくマーケティング的な観点から)ドイツのものよりは燻香はやや弱めに設定されています。日本にも色々なビールがございますので、是非試してみてくださいね!

    [ brillat savarin ]

    2007/12/13(木) 午前 5:09

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(1)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事