即興音楽ブログ

即興音楽をメインにオーソドックスJAZZからAvan Rockまでを網羅しています。

最近聴いたLPやCD

すべて表示

SortieとDisposabilityの正規再発CD

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

Steve Lacy "Free For A Minute" Emanem 5210 (2CD) 2017年 を調達しました。
SortieとDisposabilityの2作に別セッションの未発表音源を追加したもの。

SortieとDisposabilityは以前、Free Factoryから2in1でCD化されましたが、音質は今一歩でした。
今回のEmanemのCDの音質は言うこと無し。(SortieとDisposabilityともにモノラル音声。)

Sortieのイタリア盤LP3種のみに収録されていた"2 Fou"も収録されています。

CDの中袋はSortieとDisposabilityのオリジナルLPのジャケットを再現。
しかしCDのレーベルデザインはオリジナルLPのレーベルは再現されていません。

ちなみにSortieのLPは以下が存在します。

1) 伊GTA:グレーEYEラベル(モノラル)所有2枚ともグレーEYE。
2) 伊GTA:黒一色ラベルで銀文字(モノラル)
3) 伊MIURA:水色ラベル(モノラル)
4) 独International Polydor:黒ラベル(所有2枚ともステレオ。モノラル盤は未確認)
5) 日本ビクター:「突撃」GLOBE赤ラベル(ステレオ):白無文字ラベルのテストプレス盤を所有

Sortieは伊GTA:黒一色ラベルが初版とのうわさがありますが、私はグレーEYEが初版だと思っています。
その理由として、Basso-Valdambrini "Exciting 6"(1967年発売)は黒一色ラベルのみですが、
1966年発売のMal Waldron "All Alone"とSteve Lacy"Sortie"にはグレーEYEと黒一色ともに存在する為、
グレーEYEは1966年プレス、黒一色は1967年プレスと考えています。
但し"Exciting 6"にグレーEYEが存在していれば、この考えは間違えといえますが。

本日は以上です。

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。



.


みんなの更新記事