かぶきあげのブログ

次回のBrompton in Palaceは9月9日。日記にメモメモお願いします。^^

全体表示

[ リスト ]


「夏休みは計画を立てて有効に使いましょう。」と、小学校の先生に言われた気がします。

よい子のかぶきあげはその言いつけを守るべく、南三陸・気仙沼サイクリング旅行から中一日(主たる目的:洗濯)あけて、北海道旅行もちゃんと計画しときました。私のおともでマイル1万マイル+ダーリンのチケット代約3万円&じゃらんで富良野→中富良野→美瑛の3泊予約済。^^v

北海道のまーーーーーっすぐな道を走ってみたかったんです。前に雑誌で見た憧れの「ジェットコースターの路」にも行ってみたかったし。で、夏の北海道。きっと涼しいに違いないと(勝手に)思い込んでいざ、最寄り駅からリムジンバスにて輪行〜

イメージ 1
ブロ君の納まり具合と比べるとダホンはなんかどさっとしてますね。^^

ちなみに初めての輪行袋搭乗(前回の英国行の搭乗時は箱に収まってたので)ということで、ブロ君には下記のお作法を施してみました。

1。折り畳み部分のヒンジをネジごと取り外し、小さなビニール袋にて別途保管。
 (シルバーの長いコの字的な形をしたのと、黒いネジ部分です。輸送途中、ここは多少出っ張っているので、万が一着けたままの状態でガツン!とあたったりして曲がったりしちゃったら、走行不可能になってしまうので、輪行時には外すか逆に奥まで締めておいた方が良いですよ、ってどっかで読んだの。)

2。左右のペダル・ヒンジ部分各2カ所・地面に近い方のグリップ部分1カ所の計5カ所を、前にクロスバイクで輪行した時に買ってあったオーストリッチのフレームカバーで保護。(ハンドタオル程度の大きさの薄手のウレタンみたいなフォーム、裏にマジックテープがついてるので適当に覆ってとめられるのです。プチプチでも良いかも)

3。そんなブロ君をいつも使っているリンプロさんの輪行袋に、ヘルメットと一緒に収納。

4。さらにIKEAのタイヤ用バッグに収納。ジャストサイズが嬉しい。

5。チェックインの際は、従価料金を払い(18万円なので30円^^)目的地では手渡しをお願い。

結果としてこれで全く問題なく飛行機輪行できました。タイヤの空気をぬいた方が良い、いいや大丈夫だ、と両方のご意見がある様ですが、私は今回空港から走り始める予定でしたので、空気はぬかずにに行きました。私はグリーンラベルなので最高6.8BAR。いつも6ぐらいまで入れてます。

ちなみにダーリンのダホンの方はもっと適当。保護等はなく、普通の輪行袋+ダホン用の輪行バッグ。ペダルだけは取り外してた見たいですけど。外側のバッグはこのモデル専用ではないので、だいぶダブついた感じ。それでも2台ともとくに支障はありませんでした。国内線ならこんな感じで大丈夫なのかしら。


と、言う訳で早めのリムジンバスで羽田着、チェックインに少し時間がかかりましたがお昼を食べる時間は十分あります、ということで、ちょっと奮発してKIHACHI CAFEにてランチ。
お魚のコース。飛行機の発着陸を見ながら美味しいランチをいただきましたの。^^
イメージ 2
羽田空港は夏休みっぽい家族連れの方々で結構混雑している様に見えました。


機内でくつろいでいる間に、先日走った東北地方をびゅん、と飛び越えいつの間にやらもう着陸態勢です。窓からみえるのは広ーい北海道な景色。おお、道がまっすぐだ。^^b
イメージ 3


で、自転車ですが、通常の荷物として預けると、多分ターンテーブルに横になって出てくると思います。今回の様に保護してあればそれでも大丈夫かとは思うのですが、できれば横にしたくなかったので、前述の通り従価料金&手渡しをお願いしてチェックインした次第。
従価料金に関してはぐぐってみて下さいな。保険というより、大切に扱ってねという意味あいで手続きをお願いしました。18万円の申告で30円だし。^^;;;

旭川では慣れているのか従価料金の手続きはさくっと終わりましたが、羽田ではカウンターの方→他のスタッフ→空港のセキュリティらしき方々のチェックが入り、並んでた時間も含めチェックインに多分20分〜30分位かかりました。早めの空港着が必須ですね。

それで、今回は空港が往復とも旭川でしたので、IKEAのバックとかフレームカバーとか、旅行中にいらない物はすべて空港のコインロッカーに入れときました。4日間なので空港の総合案内所で連絡先等を記入し、延長で合計800円かかっちゃったけど、飛行機輪行用にしっかり保護しておきたかったし、余計な荷物をずーっと持ち歩くのはやだったので。


イメージ 4
そんなわけでさて、いよいよ北海道さいくりんぐに出発です。
ですけどね、なんか暑いんですけど。。。先日の東北とたいして変わらない体感温度。。。


イメージ 5
とは言え、空港をでてちょこっと走ったらもうこんな感じのまーーっすぐ道路なわけです。
空港を自転車で出発!という新鮮な感覚も相まって、ペダルが軽い軽い。^0^


イメージ 6
で、ちょっと左右をみれば車窓からの風景はこんな感じ。でっかいどーほっかいどー^0^/


イメージ 7
ちょこっと走って最寄り駅の千代ヶ岡駅につきました。無人駅っす。


イメージ 8
そしてここからは電車で輪行。富良野を目指します。
旅してるっぽくて良いなぁこういう写真。(と、自分で言っちゃった :-p )

やって来た電車は2両編成のワンマンカーじゃない、ワンマントレイン。
みたところ地元の方(学生とか子供連れのお母さん)3割、観光客7割って感じ。
で、美瑛ではさらに沢山の観光客(東南アジアからと思われる若い女性が多かったです。)が乗って来て小さな車内、結構混んでました。

で、富良野駅前のホテルにチェックインをし、さくっとひと風呂浴びた後に美味しいお食事をいただき(富良野駅前のNATULUXというホテルに泊まったんですけどね、お食事美味しかったです。レストランの内装はなんだか殺風景な感じで、雰囲気はあまりないのですが、ひれステーキのディナーも洋食の朝ご飯も大満足の内容でした。)お外にお出かけ。

というのは、手配した時には知らなかったんですけど、後日ダーリンが見つけてきたのがこちら。
なんと、丁度 ”北海へそ祭り”の二日目の日だったんですよ。
富良野は北海道のまんなか、ってことで、7人の人だったかな?が始めたお祭りでいまや日本だけではなく海外からも沢山人が参加するお祭り。
こんなに沢山の人、どっから来たんだ?って言うくらい沢山の方が会場にいました。
踊っているグループも多分30組位はいたんじゃないかなー。
この動画はJR富良野駅のグループ。 
踊っているみなさんも、見ている私たちも笑顔になれる、ステキなお祭りでした。
音頭もいい意味で耳に残るし、踊りも簡単なので、部屋にもどってから踊ってたら、やめなさい。とダーリンに怒られましたが・・・^^;;;

という訳で北海道さいくりんぐ旅行の一日目。
♪ちゃんちゃらららん ちゃらっちゃら。




この記事に

閉じる コメント(3)

顔アイコン

いらっしゃいまし。
夏の北海道へようこそ!

ええと、そうですね。今年の夏は「暑い」です(^_^;)
旭川近郊は、盆地ですから夏は暑く冬は寒い、とはよく言いますが、今年の夏はやっぱり暑い。

へそ祭りに遭遇したんですね!それはラッキーでした。
北海道には年々アジア系外国人が増えています。走りやすい道なので、レンタカーとパックになったツアーが人気なんですよ。

つづき、楽しみにしています。

2014/8/8(金) 午前 6:25 [ まきすけ ] 返信する

パッキングとか従価料金とか、勉強になります…当日空港で申し込むのかな? つづきの走る風景楽しみにしております。

2014/8/8(金) 午後 5:46 [ mok*_* ] 返信する

顔アイコン

>mok*_*サマ
はい、従価料金はチェックインの際に申し込みます。これ従価料金でお願いします。というと、おいくらですか?と聞かれるので自己申告で○○万円です。と申告して下さい。15万円以上のお品物、1万円ごとに10円の費用(もっと高くても良いのにね。^^)がかかります。

2014/8/8(金) 午後 10:24 [ かぶきあげ ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事