鉄塔探訪記(北陸・関西の鉄塔なんでもリポート)

身近な存在の鉄塔にスポットを当てて紹介します。

全体表示

[ リスト ]

北陸電力 松岡連絡線No.1〜3号鉄塔の建替えの近況です。

イメージ 1


若番側 新福井変電所方向の鉄塔群です。遠くからでも2基のピカピカがスラッと立っていますね。

イメージ 2


イメージ 3


老番側 松岡変電所方向の鉄塔群です。
先にチェンジされたNo.5号鉄塔から一直線に行進していますね。遥か先のNo.9号鉄塔の上半身にブルーシートが被されていますが、錆止めの塗装をうけるのでしょうか?

イメージ 4


こちらが起点に立つ建替え免除となったNo.1号鉄塔になります。1968年製の原型タイプ女性で、隣は福井市の北庄変電所から来た154kv 北庄線のラスト鉄塔です。

イメージ 5


イメージ 6


こちらがほぼ完成間近の新No.2号鉄塔になります。片隅に立つ役目を終えて解体待ちの1968年製女性から2016年デビューの若々しいノッポの女性へとバトンを受け継ぎます。ビックリポンやっ(笑)

イメージ 7


こちらもほぼ完成間近の新No.3号鉄塔となります。以前まであった同じく1968年製の男性もほぼ解体されて2016年デビューの若々しいノッポのスレンダー女性にチェンジいたしました。

お次が1989年製の先輩イケメン No.4号鉄塔でおそらくは建替えチェンジの対象にはなっていないようですね。そのまま残ると思われます。はたまた?

もしかすると、今後も松岡連絡線の鉄塔達も至るところでチェンジされる運命なのかもしれないです。
松岡変電所近辺の九頭竜川を越えるNo.14号鉄塔も原型タイプですが、設備更新になると対岸のNo.15号鉄塔と同じ遥かに高い紅白にチェンジされるかも?

お隣の春江線No.6号鉄塔も紅白のオメデタですし、北陸道を走行していれば必ず目に入る存在ですね(笑)

閉じる コメント(3)

こんばんはm(__)m。

青空の下、キラキラ光る鉄塔はやはり絵になりますね。2枚目の御写真の鉄塔さん、大層ベッピンに写っておられます。

福井平野での鉄塔達の更新度合い、なかなかにピッチが早いのでしょうか?

松岡連絡線の鉄塔達、早晩に、みんな、高塔化してしまう勢いですね・・

こないだ、加賀市内で廃線となった烏帽子型鉄塔達を見つけました。

福井平野に限らず、各地で更新作業が進められているのかしら?

2016/4/5(火) 午後 7:19 [ - ] 返信する

いああさん。こんばんはm(__)m

50年前に建設されてから今日までにドンドンとチェンジされていく勢い、今後はスラッとしたスタイルの鉄塔達に様変わりすることでしょうか。

福井県内の至るところでこのような建替えチェンジが進められているのは現状ですね。今回の松岡連絡線や春江線の他も老朽化による設備更新や安全確保の理由などが挙げられます。

石川県加賀市の廃線になった小型のミニ栓抜きは知っています。ルートが大聖寺変電所〜山代温泉近くの山代変電所に分岐するあたりですよね?山代〜粟津方向まで電線がないミニ烏帽子栓抜きがそのまま残っているのは確かに。

おそらくは白山市鳥越辺りの小規模水力からの送電線ではないかと考えられますね。あれは?

コメントありがとうございますm(__)m

2016/4/5(火) 午後 8:32 [ bro**ghum2* ] 返信する

bro**ghum2*さん

そうです。そのミニ栓抜き(笑)です。『沢線』という送電路でした。

このミニ栓抜達の建設年月は昭和14年。レジェンド達がこんなところにも!(笑)

わたくし的には、この送電路、元は、北前船の船主達が作った電力会社、大聖寺水力発電の、手取川水系の小水力発電所との連絡線だったようなきがします。

戦前のこのエリアの電力会社の勢力地図はなかなか面白いです。小松には高岡から、高岡電燈の送電路が来ていました。

2016/4/6(水) 午前 0:22 [ - ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事