鉄塔探訪記(北陸・関西の鉄塔なんでもリポート)

身近な存在の鉄塔にスポットを当てて紹介します。

送電線鉄塔

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

新 金津線分岐鉄塔。

イメージ 1

新 77kv金津線分岐鉄塔がお目見えしました。 
旧鉄塔の高さをはるかに超えた大型の分岐鉄塔に生まれ変わっていました。
既に回線は新設鉄塔に架線されており、後は77kv丸岡支線とのドッキングを待つばかりです。

イメージ 2

既に約40年以上に田園地帯のなかで立ちつづけていたNo.36旧鉄塔も役目を終えて脚が残ったまま解体されました。お疲れ様でした。

イメージ 3

こちらは系統変更で接続待ちの新 丸岡支線No.2鉄塔です。新設鉄塔のそばには解体待ちの旧鉄塔が足場として残っています。

イメージ 4

右の154kv北庄線から分岐していたルートから左手の丸岡支線No.1鉄塔に繋がっていましたが系統変更により廃線になってしまいます。
40年以上も健在していましたが姿を消してしまうと寂しいです。

イメージ 1

1970年代に建設された北陸電力77kv金津線【松岡S/S〜金津S/S】No36鉄塔が老朽化ならびに系統変更による建て替え工事となりました。
片側回線のみがまだ原型鉄塔に吊られていますがまもなく片側回線も隣接の新型鉄塔に架線されます。

イメージ 2

これが新No36鉄塔です。出来立てピカピカの高い鉄塔です。この鉄塔より系統変更で丸岡S/Sに通じる77kv丸岡支線が分岐する予定です。

電線張り替え工事

北陸電力で初めて2導体を採用している154kv北庄線(北庄S/S〜新福井S/S)の坂井市丸岡町区間で電線張り替えと碍子取り替え工事が行われています。

イメージ 1

イメージ 2

No33鉄塔での現場です。片側回線のジャンパが外されているのがわかります。上段の北庄線と下段の77kv金津線も合わせて張り替えられます。

イメージ 3

鉄塔の片隅にある新品の碍子です。


イメージ 4

真下から見たNo33鉄塔。
この幹線は旧福井火力線の分割線路として運用しています。1973年建設。

イメージ 5

イメージ 6

まるで線路伝いに至る所で工事が進んでいます。年内にはもう片側回線も張り替えられます。
歴史あるレジェンド幹線。関電 北陸幹線。
福井県坂井市丸岡町竹田地区の上空から見た写真です。

イメージ 1


手前にある現在休校の竹田小学校・丸岡中学校竹田分校(現 体験施設ちくちくぼんぼん)のグラウンド前に2基並んで立つ北陸幹線のコンビ姉妹鉄塔が見えるでしょうか?
この学校が開校したときにも存在していました。

イメージ 2


イメージ 3


昭和30年代ごろの体育祭の様子に、確かに姉妹の北陸幹線はあります。関西電力が昭和20年代ごろに設立されたとき以前に前身の大同大阪送電幹線として敷設されたそうです。この頃から同じ位置でずっと見守っています。

イメージ 4


さらに、昭和50年代の様子で早朝に地元の住民らが学校のグラウンドでラジオ体操しています。その中にも北陸幹線がそっと見守っていますね。足の短いコンビ姉妹鉄塔が並んで立っていてこの当時は鉄塔の周りにフェンスもなかったようです。
全く変わらないですね(笑)

イメージ 5


イメージ 6


さらに、平成2年頃の学校の風景にも姉妹の北陸幹線がそっと見守っています。しかも鉄塔の周りには新たにフェンスが設置されていました。注意書き看板は今は無き初代関電くん付きのだったかもしれません。

世紀を越えても現在もこうしてしっかりと見守って立っているのがすごい存在です。

イメージ 1

これは関西電力管内の送電ネットワークマップで1986年3月現在の様子で後から書き込んでみました。これは北陸地方管内のネットワークマップで、クロヨンからの275kv新北陸幹線や大黒部幹線、154kv庄川水系の北陸幹線ももちろん掲載されていますね。500kv系統としては北陸電力との連系線の越前嶺南線【1986年当時・275kv加賀嶺南線】が掲載されています。

イメージ 2

これは京阪神管内の送電ネットワークマップです。
主に若狭湾付近の原発から伸びる送電線や大規模揚水発電所からくる送電線など、さらに500kv交差二重外輪系統構想により整備された送電線も掲載されています。関電初の500kv運用の奥多々良木線や500kv外輪系統のリーダー格・山城北線、原子力系統の若狭幹線や大飯幹線など様々です。他社との連系線もあり中部電力と連系する三重東近江線と山城東線【旧 西部南京都線】、北陸電力との連系線の越前嶺南線に中国電力との連系線の西播東岡山線、山崎智頭線など他社設備との連系ネットワークシステムが構成されています。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事