鉄塔探訪記(北陸・関西の鉄塔なんでもリポート)

身近な存在の鉄塔にスポットを当てて紹介します。

送電線鉄塔

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

関西電力の資料にて。

地元の図書館で拝借した資料からいくつかリポートいたします。

関西電力25年史(1978年3月25日発行)からのカラー写真より。

イメージ 6




イメージ 3


この写真はいああさんも私も取材しました滋賀県東近江市を通過する中部電力との連系線,西部南京都線(現 三重東近江線・山城東線)です。
このポジションからは、現 山城東線でいうと若番の東近江開閉所No.1〜No.12号鉄塔になるんですね。

1972年の275kvで運転開始間もない時と1980年に500kv昇圧運転の時の鉄塔達も標準的なシルバー塗装でしたが、後々通過ルート周囲の宅地化や工業団地が進出した理由として、現 山城東線でいうとNo.3号〜No.9号鉄塔までがオメデタ紅白塗装になっていて名神高速を大阪方面に走行すれば、南方向にあり遠くからも目立つのですぐ確認できます。

イメージ 2


遠く、白鹿背山(東光寺山)の稜線に中部電力 西部変電所から県境を越えてやってきた栓抜き達が見えますね。(現在は1991年に開設された東近江開閉所に接続されて、またさらに三重県いなべ市に中電 三重開閉所が1999年に開設し、西部〜三重までは三重連絡線。三重〜東近江までは三重東近江線とそれぞれ改称。)

ちなみに三重東近江線は三重県と滋賀県の県境、鞍掛峠付近(1ルート側 中電R25号鉄塔 2ルート側 関電乙1号鉄塔)で中部電力と関西電力の責任管理区域がわかります。


イメージ 4



続きましては、遠くの山から仲良く行進をしてきた500kv栓抜き達。
かつては山奥を縦横無尽に存在した木地道。木地道はほとんど消えかかっているが今、同じ山や峰を越えて関西電力の送電線が走る。
原子力の電気を運ぶ道である。(1983年の関西電力のテレビCMより)

ちなみにこの写真は京都府綾部市の新綾部変電所〜大阪府猪名川町の猪名川変電所間 こう長43キロメートルを結ぶ500kv 丹後幹線です。

主に、福井県高浜町にある高浜原発からの発生電力を京阪神方面に送電する役割を果たしています。(現在は高浜3、4号機は一旦再稼働しましたが、運転差止め判決を受けて停止中でした、しかし大阪高裁の判決で法的に運転可能と判断を下し2017年5月に再稼働。なお1、2号機は規制委員会の判断で40年越えの原発での再稼働適合に合格。)

綾部市から篠山市まで至る一部区間が降雪が多いために氷雪害事故や落雷事故防止のため1回線2ルート方式(栓抜き?いやいや烏帽子鉄塔)を採用しているのが特徴です。

イメージ 5



イメージ 1


こうして仲良く並んで行進をしていく栓抜き達の姿、一直線に並んでいるレジェンド達の姿に拍手っ(笑)

つづく。
北陸電力 松岡連絡線No.1〜3号鉄塔の建替えの近況です。

イメージ 1


若番側 新福井変電所方向の鉄塔群です。遠くからでも2基のピカピカがスラッと立っていますね。

イメージ 2


イメージ 3


老番側 松岡変電所方向の鉄塔群です。
先にチェンジされたNo.5号鉄塔から一直線に行進していますね。遥か先のNo.9号鉄塔の上半身にブルーシートが被されていますが、錆止めの塗装をうけるのでしょうか?

イメージ 4


こちらが起点に立つ建替え免除となったNo.1号鉄塔になります。1968年製の原型タイプ女性で、隣は福井市の北庄変電所から来た154kv 北庄線のラスト鉄塔です。

イメージ 5


イメージ 6


こちらがほぼ完成間近の新No.2号鉄塔になります。片隅に立つ役目を終えて解体待ちの1968年製女性から2016年デビューの若々しいノッポの女性へとバトンを受け継ぎます。ビックリポンやっ(笑)

イメージ 7


こちらもほぼ完成間近の新No.3号鉄塔となります。以前まであった同じく1968年製の男性もほぼ解体されて2016年デビューの若々しいノッポのスレンダー女性にチェンジいたしました。

お次が1989年製の先輩イケメン No.4号鉄塔でおそらくは建替えチェンジの対象にはなっていないようですね。そのまま残ると思われます。はたまた?

もしかすると、今後も松岡連絡線の鉄塔達も至るところでチェンジされる運命なのかもしれないです。
松岡変電所近辺の九頭竜川を越えるNo.14号鉄塔も原型タイプですが、設備更新になると対岸のNo.15号鉄塔と同じ遥かに高い紅白にチェンジされるかも?

お隣の春江線No.6号鉄塔も紅白のオメデタですし、北陸道を走行していれば必ず目に入る存在ですね(笑)
前回取り上げました北陸電力77kv春江線鉄塔の建替え工事は全て完了いたしました。それではチェンジ鉄塔の全貌をご覧いただきましょう〜。(大改造!劇的ビフォーアフターのナレーション風に(笑))

イメージ 1


こちらが若番側 松岡変電所方向のNo.20号鉄塔で1970年代前半に建設された原型タイプです。この周辺は水田だらけでしたが続々と宅地化されてもチェンジされずに残っていますね。

イメージ 2


お次がNo.21号鉄塔です。以前の原型タイプはかなり低いものでしたが。ナナメにそっぽ向いたスタイルで痩せたスリムな女性鉄塔にチェンジしました。

イメージ 3


イメージ 4


さて、お次が市営団地そばの水田に建てられたNo.22号鉄塔です。完成したばかりのピカピカで今は亡き旧鉄塔(I型懸垂碍子の男性)より遥かに高い女性に性転換チェンジしました。

周りも亡き旧鉄塔の足場もキレイに埋め立てられてかつての名残も消えてしまいました。旧鉄塔よ、お疲れさまでした。

イメージ 5


イメージ 6


お次が、なんということでしょう〜。
遥かに高い紅白にチェンジのNo.23号鉄塔になります。もちろんかつてのかさ上げ旧鉄塔も役目を終えて取り壊されました。
今後は紅白に施されたオメデタ女性が後を継ぎます。末永くお幸せに〜(笑)

イメージ 7


塔頂部と中間に低光度航空障害灯が設置されていて、夜間は静かにひっそりと点灯し続けています。もし、この23号鉄塔がもっと高ければ点滅式航空障害灯になっていたのではないでしょうか?

なお、お次のNo.24号鉄塔は2度目のチェンジにはならずに1988年にチェンジされたままで残りました。
坂井市丸岡町の新福井変電所付近の154kv 松岡連絡線No.2号と3号鉄塔で大規模な建替え工事が行われています、

イメージ 1


既に完成した新No.2号鉄塔には本線が移線されており、下段の金津線も旧鉄塔から新鉄塔に移線を待っています。

1968年5月に建てられた旧鉄塔も役目を終えて新たに誕生したチェンジ鉄塔にバトンを受け継ぎます。

イメージ 2


イメージ 3


ということは?起点のNo.1号鉄塔も建替チェンジの運命になってしまうのでは?

イメージ 4


こちらが誕生したばかりの新No.3号鉄塔になります。No.2号と同じく1968年製の原型タイプはI型懸垂碍子でしたが今回の新鉄塔は耐張碍子タイプに性転換チェンジしました。
こちらも本線が移線されており、下段の金津線も解体待ちの旧鉄塔から移線を待っています。

イメージ 5


高鉄塔にチェンジされたのはNo.2〜3号と、1989年にチェンジされたNo.4号を挟んで2013年にチェンジされたNo.5〜6号鉄塔となります。
なお、建て替え以前の鉄塔の画像ははその1に紹介しています。参考に(笑)
坂井市丸岡町郊外を通過している以前レポートした北陸電力 春江線(松岡変電所〜春江変電所間)の一部区間で鉄塔の建替え工事を行っています。
将来、北陸新幹線が通過するための安全確保を理由に交差するルートの鉄塔を従来より高くチェンジすることになりました。

イメージ 1


イメージ 2


こちらがNo.21号鉄塔で周辺が宅地エリア化になるため2009年に建て替えチェンジされました。が、安全確保を理由に移設される運命となりました。

イメージ 3


イメージ 4


こちらがNo.22号鉄塔で雇用促進団地そばの水田にあり、後方には片側回線腕金を伸ばした1970年代から立ち続けていた旧22号鉄塔があり、その前には尖った新22号鉄塔が完成していました。既に、碍子も吊るされていて今後は移線作業に入ります。

嗚呼、さらば旧鉄塔よ。
幼い頃から見続けていたレトロな鉄塔よ。心の記憶に残しておきたい。

イメージ 5


イメージ 6


こちらがNo.23号鉄塔で前者が1970年代に建設されて1980年にかさ上げされた旧鉄塔です。こちらも移線作業のためかアームが伸びています。

そして、後者が安全確保のために高い赤白塗装の新23号鉄塔がベールを脱ぎました。この高さであれば新幹線が通過しても送電線との距離は確保されていますね。おそらく、夜間の赤色航空障害灯も設置されると思われます。

イメージ 7


こちらはNo.24号鉄塔で、元々1970年代に建設されたものはかなり低いものでした、老朽化を理由に1988年にチェンジされましたが今後はきっと高い赤白?若しくはシルバー塗装の新鉄塔にチェンジか?未だわかりません。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事