ここから本文です

書庫全体表示

星に願いを。

イメージ 1

疲れたときは、竹内結子さん


土曜、日曜と休日出勤が続いたので、疲れた体を癒そうと「竹内結子さんの映画でも観るか!」と。

で、今日のメニューは「星に願いを。」です。

舞台は北海道・函館。3年前に交通事故で失明し声も失いながらも、看護師の奏(竹内結子)の
厳しくも温かい看護により心を開いて再び生きる勇気を取り戻した笙吾(吉沢悠)は、
ある日車にはねられ絶命してしまう。
しかし、別の人間として数日間だけ生命を与えられた彼は、奏にある想いを伝えようとするが…。

「白い影」に続き、竹内さんのナース姿が見れます。
しかし、こともあろうに子役のガキが、ナース姿竹内さんの胸にタッチするのです。怒りです(-_-メ)

まぁそれはそれとして、この映画、結構好きなんです。
竹内さんの映画は、全て好きだけど、この映画は時間が空いたときなどに割りと観ています。

竹内さん演じるところの「奏」は、厳しさの中にも患者の将来を考えて行動する素敵な女性ですが、
視覚と言葉を失った笙吾に「看護師と患者」以上の感情を抱くようになっていきます。
その矢先に訪れる笙吾の死。
大きな喪失感に見舞われた「奏」と、別人として生き返った「笙吾」とのすれ違い・・・

笙吾の奏でるハーモニカの曲が凄くいいんです。サントラ買おうかと思ったぐらい。
もしかしたら、竹内さん演じる「奏」もココからの引用なのかも。

私の好きなシーンは、事故により視覚と言葉を失い、自暴自棄になった笙吾にあえて、厳しく辛く
接する竹内さんです。

「死にたいなんて、なに甘えたこと言ってるのよっ!」
「みんな、必死で生きてるんだからぁっ!!」

そう叫びながら、笙吾を何度も何度も叩く竹内さん。凄くいいシーンだと思います。
ん?待てよ。その後のリハビリで、笙吾演じる吉沢悠も竹内さんの胸にタッチしているぞ。許せぬ行為。

まぁなんだかんだ言いながら、この映画の竹内結子さんは、健気です。
その健気さに癒されるのか、疲れたときに観る映画となっています。

ちなみに、この映画は、香港映画「星願」をリメイクしたものです。
こちらの方も観て、結構泣けました。
リメイクものって、だいたい成功しない例が多いですが、この「星に願いを。」は大成功だと思っています。

あと印象的なセリフは、

「笙吾ぉぉ!どこにいるのぉ!会いたいよぉ・・・」

泣かせの女優、竹内結子さんの本領発揮のシーンです。

  • 見たい・・・スゴクミタイデス。でも一人で見たいの。家族がお邪魔。GWなどの夜更かしできる時にこっそり見よう!『疲れたときは竹内さん』わ〜かりまっす!「『癒し系』ってこ〜ゆ〜人の事を言うんだゾ」って、ナイスバディで癒してる女性に言ってやりたい!

    -

    2005/4/19(火) 午前 0:41

  • え?くるくるさん、まだ観てなかったのですか?意外です。近所の TSUTAYA には、4本ぐらい在庫があったので人気があるみたいです。まぁ、納得の内容なんですけどね。竹内さんは、癒される上に元気までくれる素晴らしい女優さんです。

    ぶらうに

    2005/4/19(火) 午前 0:45

  • 見てないんですよ〜。『天国の本屋』と一緒に見る予定だったのですが、『イノセントワールド』があいていたもので、先に借りる事にして、その次にいったときに『あすか』を発見して、それっきりになってました。

    -

    2005/4/19(火) 午前 1:09

  • 私は、近所の TSUTAYA で「あすか総集編」を探したのですが在庫がない・・・。アマゾンで予約発注してしまいました。物欲ですw。BSで再放送している「あすか」ですが、いつまで経っても、子役なんですもの。あすか・・・

    ぶらうに

    2005/4/19(火) 午前 2:14

  • 顔アイコン

    初カキコでっす! 「星に願いを。」私も大すきでっす!ハーモニカの曲超いいですよね! 私なんか、見終わってすぐネットでサントラ取り寄せましたヨ!♪ 笙吾と同じハーモニカも買ったし、今、あの曲練習してるんです♪ まだまだ笙吾みたいには吹けないけど(^^;) 再放送、早く竹内結子出して欲しいよね!!でも、今週中には出るみたいだし!!もう少しの辛抱!!

    -

    2005/5/2(月) 午後 4:56

  • サントラの中にハーモニカの曲が入ってるんですかぁ。う〜ん、買っちゃおうかな。名曲ですものね。「あすか」の再放送は、思ったより子役時代が長くて戸惑ってますw。でも、総集編のDVD買ってしまったからなぁ。TVの方もじっくり楽しみたいと思います。

    ぶらうに

    2005/5/2(月) 午後 9:12

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事