ここから本文です

書庫全体表示

イキガミ

イメージ 1

とても良く出来たエピソード集


間瀬元朗の『イキガミ』(全10巻)を読みました。

国民に生命の価値を再認識させることを目的として制定された法律「国家繁栄維持法」。この法律の名のもと、1000人に1人の確率で国民に注入される特殊カプセルは、対象者が18〜24歳の期間に破裂し、その者の命を奪う。そして、そんな「死」の24時間前に対象者のもとへと届く死亡予告証こそが、通称“逝き紙(イキガミ)”と呼ばれる一枚のカードである。武蔵川区の“イキガミ”配達員・藤本賢吾が、今回届ける対象者は…!?

24時間後に待つ死にまつわる数々のエピソード。

ある者は愛する者のために。
ある者は復讐のために。
ある者は成し遂げられぬ夢のために。

与えられた残り24時間の人生模様は、どれも考えさせられるものでした。

国是として執行される「国家繁栄維持法」。
それに逆らう者は退廃思想者として再教育(洗脳)の対象となる。
イキガミ配達人の主人公は国家繁栄維持法に疑問を持ちつつも、退廃思想者として
再教育されることを恐れ、ただ職務に忠実にあろうとする。

この辺りの主人公の葛藤は終盤になるまで表立つことはなく、各エピソードの
主軸は死亡予告証(イキガミ)を受け取る側で語られることになります。

物語終盤で明かされる国家繁栄維持法の正体。
この部分は、上手く考えたなあと思いましたね。

単行本1冊の中に2つのエピソードが収めらており、とても読みやすかったです。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事