ここから本文です

書庫全体表示

友罪


イメージ 1

★★☆☆☆ テーマ負けしていた

瑛太、生田斗真W主演の『友罪』の感想。

ジャーナリストの夢を諦めて町工場で働き始めた益田は、同じ時期に入社した鈴木と出会う。
無口で影のある鈴木は周囲との交流を避けている様子だったが、同じ年の益田とは少しずつ打ち解けていく。
しかしある出来事をきっかけに、益田は鈴木が17年前の連続児童殺傷事件の犯人なのでは疑いを抱くようになる。

犯罪における加害者家族の物語としては、東野圭吾『手紙』があり、被害者家族の物語としては、同作者による『さまよう刃』があります。
どちらも映画化されており、原作&映画ともに見ました。
原作はどちらも深い問題提起をしていると同時に力強さを感じる内容でした。
残念ながら映像化されたものは、原作の持つ力強さを感じるまでには至りません。

そこで今回の『友罪』ですが、これも原作の評判がすこぶる良い。
しかし、時間の都合もあり、原作未読の状態で劇場に足を運びました。

結果は、「テーマに作品が負けている」と感じました。
登場人物は豊富であり、それぞれに家族の問題を抱えています。
佐藤浩市演じる加害者の父、富田靖子演じる更生施設職員、夏帆演じるDV被害者、生田斗真演じる元ジャーナリスト、そして瑛太演じる元少年A。

エピソードは豊富なのですが、それぞれの繋がりが乏しく、散漫な感じしかしませんでした。
特に佐藤浩市、富田靖子のエピソードは必要だったのでしょうか?
たぶん、原作ではもっと丁寧に描かれているんでしょう。

そして、主演二人の演技。
熱演と取るか、盛り過ぎと取るか。。。
私は後者でした。
特に瑛太については、賞レースを意識したかのような役作りでしたが硬さしか伝わってきませんでした。

割と楽しみにしていたので、かなりの肩透かしでした。
佐藤浩市が瑛太の父親として描かれていた方が、もっと強くテーマを突きつけられたような気がします。

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事