ここから本文です

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

座布団、何枚?

イメージ 1

本名の方が面白かったけど


私のお気に入りブログ、< 果てしない欲望 > さんで、面白い記事があったのでチャレンジしました。



自分の名前を入力すると、笑点のお題でよくやっている「あいうえお作文」を作ってくれます。

で、私も早速、ハンドルネームで試してみました♪ (画像をクリックすれば大きくなります)

個人的には、ちょっと笑いが足りないのが残念!


で、本名の方でも試したのですが、自分自身で大笑いしてしまいました (*^_^*)
公表したいのですが、謎の永遠の25歳なので内緒です。

皆さんもお試しあれ。

開くトラックバック(1)

画像:綾瀬はるか

イメージ 1

女優の 綾瀬はるかさん です。

注目したのは、やはりドラマ「世界の中心で、愛をさけぶ」からでした。
(それまでは、たぶん知らなかったと思います)

温かみのある瞳と口元が上品で、若手女優の中でも独特の雰囲気を醸し出していると思います。

あとは、アレですね。 最近のポカリのCMですよ。

 「生まれたて〜の 僕らの・・・ブクブク.。o○」ってお風呂に潜るヤツ。

大好きです

髪を短くしてから、古風な感じというか、大人っぽくなったと思います。



開くトラックバック(1)

いま、会いにゆきます

イメージ 1

また、観ちゃったよ


映画館で2回、DVD化されてからは何回目でしょうか?

竹内結子さん主演の「いま、会いにゆきます」を観ちゃいました。

ストーリーは、皆さんご存知だと思うので省略します。
まだ観てない人には、ネタバレになりますしね。
特にタイトルの意味が分かったときには、涙ものです。私、いつもウルウルしてます。ウルルンです。

で、一番好きなシーンといえば、ひまわり畑での告白シーンです。


イメージ 2

 澪  「もう、なんて顔してるの・・・そんな顔しないの」

 巧  「だって、僕は澪には、相応しくないと思うから」

 澪  「そんなことない。馬鹿ね」

    「大丈夫よ、大丈夫。私たちは・・・」

    「私とあなたは、ずっと一緒なの。そう決められてるのよ」

    「たった一人の相手なのよ・・・好きよ」


イメージ 3


ひまわり畑のシーンは、劇中で2度使われていますが、最初のシーンのとき、劇場で「あれ?」と思いました。

学生であるはずの澪が、すごく大人びて見えたからです。
それまでの巧との再会シーンなどの初々しさと比べると、すごく包容力があって母性を感じさせたからです。
その奇妙な違和感は、映画のラストで明らかになりました。
妻であり、母親であることを経験した澪ならではこその表情と包容力だったんですよね。
と、同時に2つの時代の澪をきっちりと演じ分けている竹内結子という女優に感服したものです。

私が竹内結子さんのファンであることを差し引いても、とてもよく出来た物語だと思います。
原作も映画館の帰りに買って、その晩のうちに一気に読みきってしまいました。
とても暖かくてステキな物語です。




独身の自分ですが、いつかは家庭を持つことになるんだろうなぁ・・・
運命の人よ、いま、会いにゆきます・・・


いや、いまは無理かも・・・

そのうち、会いにゆきます・・・




たぶん、会いにゆけると思います・・・




ってか、思いたい・・・

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事