ここから本文です

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

イメージ 1

昨日に引き続き、『大空港2013』を観ました。

今度は、副音声のオーディオコメンタリー。

竹内さん、三谷監督、八木亜希子さんによるトーク。

内容的には、ワンカットワンシーン撮影の舞台裏と苦労話。

NGが許されない撮影の中で、役者の方々がばんばんアドリブを入れているのには
びっくりしました。

あと印象深かったのは、三谷監督が

「生瀬さんは攻めて演じる役者ですが、竹内さんは攻められて演じる役者です」

と感想を述べていた点ですね。



イメージ 1

知らなくてはいけない時代


安彦良和の『天の地脈』第1巻〜第3巻までを読みました。

時は明治三十六年、満洲と朝鮮の国境付近に、日本から「好太王碑」調査委に来た一団がいた。嬉田貞一教授率いるこの調査隊に参加していた安積亮は、ロシア兵に捕らわれたが脱出に成功。だが現地で出会い心を通わせたハナという女性がさらわれてしまい、傷心の日々を送る。日本へ戻った安積は、実家近くの諏訪大社の巫女・翠と祝言をあげ、一高での学生生活に平穏が訪れていた。だが世の中は日露戦争に突入して動き始める――。

安彦良和の歴史物は大好きで「ナムジ」「神武」「王道の狗」「虹色のトロツキー
と楽しんで読むと同時に勉強にもなり、ブログでも感想を書きました。


で、本作ですが、むむ難しい。。。

日露戦争開戦前夜を舞台としており、内田良平、張作霖、内村鑑三、大杉栄など
知らない名前が続々出てきます。
でも、登場しても何をやった人なのか分からないんです。モドカシイ。

その一方で古代日本の神功皇后、武内宿禰なども登場するのですが、こちらの方は
古代史が好きなのでワクワクして読めます。

でも、これってかなり変なことです。
100年ほど前の話は分からないのに、古代のことは分かるんです。
日露戦争に至る経緯って、教科書レベルでしか知らないんです。
時代が時代だけに後人に伝えにくいんでしょうか。
改めて学校教育における近代史の欠如を感じます。

ウィキペディアで調べると、どれも興味深い人物ばかり。
これは知らないと勿体ない。

安彦良和の著作の中でも難しい部類に入ります。
難しいんですよ。知らないんですよ。

でも、知った方が絶対にいいんです。
何かそう思わずにはいられないものを感じる内容でした。


紹介になってなくて、スイマセン。。。


全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事