ここから本文です

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

キングダム

イメージ 1

ハッタリのかまし方が凄い


原泰久の『キングダム』を1巻〜40巻までを一気読みしました。

時は紀元前——。 いまだ一度も統一されたことのない中国大陸は、500年の大戦争時代。苛烈な戦乱の世に生きる少年・信は、自らの腕で天下に名を成すことを目指す!!

人気漫画なので既に読んでいる方も多いかと思います。
私の場合、中国史が好きなのになぜか敬遠していた漫画です。

この漫画の凄いところは、ハッタリ(虚構)のかませ方。
一線級の将軍たちはどれも実在している武将をモデルにしているのですが、
どの武将もビジュアル面や戦い方のデフォルメが突き抜けているんです。

どの国の武将も濃すぎるぐらいに濃く、中国史における大規模な合戦(万単位)で
キャラを埋没させることなく嬉々として描かれています。
この武将たちの生き様を追うだけでも、かなり面白いです。

一方で主人公の一人である少年、信(後の秦の勇将、李信)の描き方。
下僕から成り上がっていくさまは、そのビジュアルを含め王道的な描写だと思います。
しかし、その前に立ちふさがる武将たち(敵味方問わず)があまりにも濃いので、
印象が薄いです。キャラ負けしています。
この辺り、すごく残念でもう少し濃い敵将に勝つに至る説明付けをしてくれると
共感できるのですが、すごい惜しいです。

40巻まで読んで秦はまだ一国も滅ぼしていません。
一体、何巻で終わるのやら。

個人的には中華統一後の始皇帝も描いて、若かりし頃の政との対比を魅せて欲しいと
願っています。
あのイケメンが不老長寿求めたり、水銀飲んだり、土木事業にはまったりするに至る経緯には興味があります。
でもまぁ、普通に考えれば中華統一して大団円なんでしょうけど。



全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事